『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 17日

ちょとした晴れ間にホテイソウを撮ってみた

a0031821_16124574.jpg
2017.8.17  我が家にて
相変わらずお天気はっきりしません。晴れれば行く所一杯なのに消化出来ていません。
季節はドンドン進んでいるので少々焦ってますが、
今日の午後、ほんのちょっと日差しが出て
カミさんがホテイソウ咲いてるわよ!となり、そんじゃあ撮っておこうかと♪
メダカの水槽用に増やしてるホテイソウが薄紫に輝いて、久し振りの太陽に喜んでいる様でもあり・・・
ただ、明暗差が大きくて難しい局面だった。


2.
a0031821_16192111.jpg
ホテイソウをまともに撮るのは初めてかな・・・
良く見ればこりゃキレイな花じゃん!♪


3.
a0031821_16210593.jpg
E-M10に60mm(120mm相当)F2.8のマクロレンズを付けていたのは幸いだった。



4.
a0031821_16223005.jpg
雄蕊の接近撮影。ネバネバの繊毛が一面に生えていたとは!♪



5.
a0031821_16235896.jpg
花の奥深い中心部も・・・。


6.
a0031821_16243844.jpg
F2.8開放で・・・ボケ過ぎか(-_-;)


7.
a0031821_16254340.jpg
キラキラするのが背景にあったのでこれ幸いと。
円形絞りでないのがバレちゃったワ(^-^;


8.
a0031821_16271374.jpg
小さな鉢に一株・・・マクロレンズなのでこういう時は周りがバレずに済む。

なにしろこの不順な天気のせいで、出掛けられずにウダウダしてる(泣)
偶に高ボッチへ行けばホワイトアウトに祟られて惨敗するし・・・
気象がおかしくなっているぜ。
と、グチっても致し方なし。

ユックリこの世の行く末に思いを馳せてもいいし、
何もしない時間を、無為に過ごしてもいいかな?状態。貴重だよ♪






# by sdknz610 | 2017-08-17 17:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 16日

イトトンボの止まり木争い

a0031821_19110177.jpg
2017.8.9 赤城自然園・トンボ池
イトトンボが沢山。この子はどうやらクロイトトンボと見た。
池の中で枯れ木の枝が水中から突き出ているのにトンボが停まっているシーンが多い。
中でもイトトンボはどの枝にも止まっていて・・・ならば次は飛び出すだろうと狙うか、
或いはほぼ確実に止まりに来るのをねらうか?で・・・
この場合は将に止まろうかという瞬間を狙ったもの。
来ましたよ!♪
SSは1/1600だ。何とか翅の動きを止められるかな?だった。


2.
a0031821_19173080.jpg
止まる寸前。脚が枝の先端に触った?


3.
a0031821_19190704.jpg
と、アレっ!? ちゃんと止まらないんかい?・・・
左から何かが来たのね・・・同じクロイトトンボだ!オス同士だぞ。


4.
a0031821_19210918.jpg
ワ! 又離れちゃったな・・・。


5.
a0031821_19220006.jpg
止まり木争いか・・・休憩場所の取り合いか?♪


6.
a0031821_19234784.jpg
秒40コマは・・・位置や、姿勢の微妙な変化を捉えている。



7.
a0031821_19253723.jpg
この後、結局どちらも止まらずにここを離脱してしまったのさ(;´・ω・)


8.
a0031821_19273760.jpg
ところでこの止まり木に何やらブツブツとしたものがくっ付いているの分かりますか?
コレ・・・ミズスマシです!
ミズスマシが日向ぼっこしてる~・・・♪


9.
a0031821_19300726.jpg
止まり木争いしてたのはこのトンボ。違う個体です。
クロイトトンボではなかろうか?ですが、間違ってたらごめんなさいです。
画面右下に黒々と何かが固まっていますね。これミズスマシですね。

ミズスマシをネットで調べても、こういう風に水面から出て甲羅干しするという説明を見た事がない。
何でだろう?(;´・ω・)

次のチャンスにはもちっとちゃんと撮っておきたくなった。


8月14日、長野県塩尻市の高ボッチ高原へ。15日の諏訪湖花火の前乗りで。駐車場所確保と、三脚ポイントの確保のため。
ア~でもしかし・・・16日の朝まで、2車中泊3日も、結局全日霧に阻まれてホワイトアウト状態で・・
花火は音だけという・・・惨敗に終わって、
富士山も、北アルプスも泡沫の夢に終わったのさ。
今日16日に、帰宅。往復500kmのドライブだった(^-^;
このままでは今年は終わらせないぞ!きっとリベンジするからネ(笑)







# by sdknz610 | 2017-08-16 20:00 | トンボ | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 15日

クマバチがカクトラノオで大忙し

a0031821_07382380.jpg
2017.8.9 赤城自然園
ピンク色の絨毯になってる群生を見て、きっと何か来てるんじゃないかと行ってみた。
居ましたね~クマバチがブンブンでした。5,6頭が大忙しの蜜集め中と見た。
これはもう撮らせてもらうしかないと・・・
花は・・・何だっけ?ど忘れして思い出せず、マいいかとクマバチに集中だ。
スタッフが偶々通り掛かったので聞いてみたら、カクトラノオ、との事。
ア、そうだったか。
茎の断面が四角なので、角虎の尾。
後でネットで調べ直したら、基本ハナトラノオと言うらしい。
別名でカクトラノオ・・。外来種、繁殖力強大らしい。

ブンブンと忙しいクマバチを、1/3200で撮ってみた。翅は結構止まる・・・。
この画では先に来ていた小さい蜂がクマバチが来たもんだから急いで逃げる様子が写っていたよ♪
ダンプカーと軽みたいな・・・。


2.
a0031821_07501154.jpg
クマバチ撮り・・・正面顔を撮りたいとか、要望はあるものの演出は効かないので
ドンドン撮るしかない。
飛んでるのを翅の動きを止めてみようと今回は1/3200で。
上と同じなんだけど、これなら何とか、かな?
毛深い様子も産毛が良く解像してくれるとウレシイ♪


3.
a0031821_08020164.jpg
花粉籠に花粉が・・・無いじゃん。これから集めに掛かるのかな?


4.
a0031821_08034247.jpg
ここではオスは来ておらず。
メスは子育てに忙しいみたいだ。蜜を沢山巣に持ち帰らないと・・・。


5.
a0031821_08055413.jpg
頭隠して尻隠さず状態ばっかしで・・・なかなか顔をしっかり撮れるチャンスが無かった。
大きなお尻はクマバチの特徴だな♪


6.
a0031821_08083253.jpg
クマバチ・・・見つけ次第撮りたくなる。
動態撮影の練習には格好の標的だ。なかなか慣れないけど・・・。


本記事は予約投稿です。
15日、遠出中です。






# by sdknz610 | 2017-08-15 15:00 | 蜂の仲間 | Trackback | Comments(0)