『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 23日

近所には野生生物王国がある?ナンテ♪ そこで、雉とバッタリ出逢ってしまった!

a0031821_08210729.jpg
2017.7.19 06:17
朝の散歩。日差しがあったのでこの時刻、もうすっかり明るくなっていた。
傍の川でハグロトンボを撮り飽きて(^-^; イオン方面へ歩き始めたんだけど、
ふと左目の視界に何かが・・・?と思って目をやれば
ワ~オ! キジが・・・それもオスが・・・
ノコノコと脇の農道を向こうへ歩いているではないか!
こっちは初めて気が付いてビックリだったけど、彼はこっちの存在はとっくに分かっていたんだろうな(^-^;
私が歩き始めたので距離を置く様に動き始めたって訳か? するって~と・・もっと近くに居たって事かい?♪
気が付きませんでm(__)m

イヤイヤ・・・何しろ国鳥だし♪ この大きさだし、立派な尾羽だし、スッゲー綺麗だし・・・
素晴らしい野生生物!・・・モウ撮るしかないよね!♪
距離は15m位だったな。向こうは逃げる気配無し!流石に貫禄十分だったナ♪
こっちはワクワクドキドキでフリーズ状態に陥っていたっけ♪

ハグロトンボの飛び出しを狙っていたので、SSが1/2000のままだった(^-^;
よってISOが2000!・・・に、なってた・・・ので、若干画像が・・・(;´・ω・)
突然のバッタリ出会い頭だったので、気が回らずというお粗末(;´・ω・) 慌てていたんだわ(笑)


2.
a0031821_08375737.jpg
家から100,200m位の場所でこんな野生にバッタリ出会えるというラッキ~♪
ここは放し飼い野生生物王国か!・・・なんて♪
イエ、只の田舎って事だろうね(;´・ω・)
田舎ってイイよね♪

過去何度かここら辺りでキジは撮っているけど、馴れないと言うか、何時も心臓バクバクになるんサ♪
息を止めてファインダーを覗いていると、その内呼吸困難になりそうでもある(笑)


3.
a0031821_08503310.jpg
これは810mm相当の画。上の二枚は500mm相当なんだけど、何れもトリミング無し。
勿論画角の違いは分かるけど、背景のボケ具合とか、立体感もかなり違って来るのが分かるね。
絞りはF5.6開放で。

雉の後ろ姿だけど、ン、この佇まいは好きだ♪ 侍ジャパン!って・・・♪
獲って食っちゃえ、なんて言わんで下さいよ・・・国鳥でっせ!


4.
a0031821_08585821.jpg
それが・・・この子、こっちに向かって来ちゃったのよ!
わ~どうしよう?(^-^;
こっちも、ちょっと後ずさりして道脇に遠慮申し上げたんだけど・・・
この堂々たるお姿にちょい威圧されちゃったナ(^-^;



5.
a0031821_09024841.jpg
直後、脇のブッシュに歩いて入ってしまったんサ♪
結局飛び出しは無かった(^-^;

それで、殆ど姿が見えなくなってしまったけど、未練がましくブッシュに見え隠れするのを
無理して撮ってる(^-^;

夏草や兵共の隠れ場所ってか♪

ピントは?・・・これが意外にピシピシ来たりするからV3って面白いよね♪

ラメに煌めく首の後ろ周りの羽模様! 独特のメタリックブルーがキレイなのよ♪


6.
a0031821_09083990.jpg
?そこのオッサン! 未だ撮ってるの?! シツコイね!
ハイ、どうもすみませんです(^-^; 
目にキャッチライト入ってくれたぞ♪・・・
何やってるの? 大体こんなブッシュ隠れじゃ画にならんじゃないの?!
イヤイヤこういうのって、結構大事なシチュエイションだよ。
AFでピントがどうなるのか? 露出補正はどうする?とか、 SSはどうする?とか
やっておきべき事は一杯あるんよ。


7.
a0031821_09145947.jpg
何とか顔が見えそうな位置へ移動だ。
むこうもこっちを監視してるぜ(^-^;

もうこれでお仕舞にするからネ♪ ハイ、どうもありがとさんでした(笑)
侍ジャパンにお別れして又散歩へ戻る♪

散歩はグルっと一周してからもう一度ここへ戻ってみようと思う。
若しか、未だ居てくれるかも・・・ナンテ♪

以上、折角なので、画像をクリックして、大画面でご覧いただければ幸いですm(__)m





by sdknz610 | 2017-07-23 15:00 | キジ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sdknz610.exblog.jp/tb/237285545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 散歩の帰り、雉と再び遭遇! 今...      ツバメ幼鳥達の朝は賑やかだった >>