カテゴリ:未分類( 27 )


2016年 11月 05日

オカヨシガモが来てる!・・・・近所で鳥撮り♪

2016年11月5日。朝の散歩で遊水池をパトロールしたら、なんと! オカヨシガモがもう来てたのね(^_-)-☆
って事で、今朝は若しか鳥撮りになった場合に備えて、V3に810mm相当になる超望遠レンズで武装してたので、
ヨ~し!ちゃんと撮ってみよう!に♪
オカヨシガモだからね~ウレシイのサ♪ 数は数ペアだったか・・・。
他に数では圧倒的に多いのがアオクビ、そしてコガモだ。
少数派ではヒドリガモが僅か。ほんの数羽といったところだ。地鳥の主たるカルガモは、でもそんなには居ない。

オカヨシガモの静止画をご紹介しておきます。
これからもうちょっと増えて来るかな? そうなれば色んなシ~ンをと思っている。

1.静かな、大人しげな、特にオスは何ともシックな装いの一見地味なカモさんだけど、好きだ♪
a0031821_2048880.jpg


2.
a0031821_20511686.jpg


3.
a0031821_20514410.jpg


4.
a0031821_2052203.jpg
朝寝坊?♪ 遠路遥々お疲れモードかも♪

5.
a0031821_20533089.jpg
どう撮ってもカワユイ♪

6.
a0031821_20543096.jpg
傍に居たマガモが羽ばたきをはじたので咄嗟に(;´・ω・)
お腹に何かが刺さってる!?・・・これは菱の実だな。
この池、夏にはビッシリと菱に覆われてその名残りでまだ一杯残ってる実が・・・。
カモ達はこの菱を食べるのか? ヒシクイが来てくれればいいんだけど♪

7.
a0031821_205953.jpg
ペアが揃って頭隠して・・・に♪

8.
a0031821_2101330.jpg
距離は数十メートルで800mmでも少々遠い(;´・ω・)
こっちに来てくれないので、じゃあと反対側へ行けば彼らはサッと移動して・・・になり、鼬ごっこ(泣)
次は望遠鏡を持ち出そうか?考え中(笑) 
960mm相当だから多少遠くても撮っちゃうゾ^~なんだけど。

オカヨシガモが11月初めに来ちゃうなんて事は想定外だったから今朝はビックリポンだったぜ♪
北はもう雪が続いてるなんてニュースを見ると今年の冬到来は早そうな予感もするけど、
そうなると冬鳥三昧になるから由としようナンテ♪

一方、多々良のハクチョウはどうなのか?気になる(;´・ω・)

2016.11.5 午前9時を回った頃
太田市イオン直ぐ西の遊水池Aにて
NIKON1 V3
1NIKKOR 70-300mm
手持ち
トリミング若干




by sdknz610 | 2016-11-05 21:12 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 02日

紅葉の中禅寺湖・・・イタリア大使館別荘の風情は好き!♪

英国大使館別荘の後、イタリア大使館別荘へ。
霧は少し下火になって来て、でも日差しの無い紅葉撮りは相変わらずだった(;´・ω・)
輝く紅や黄色の錦とは行かずになってしまったけれど、
落ち着いた佇まいの、紅葉に包まれるイタリア大使館別荘も良かったな~です♪

そんな素敵な雰囲気が伝わるかどうか?・・・以下、ご笑覧いただければ幸いです。

1.
a0031821_18156100.jpg
この橋を渡れば直ぐに大使館別荘です。

2.
a0031821_18162623.jpg
独特の雰囲気を持つ杉皮貼りの異様が迎えてくれます♪
この出会いがとても好きで・・・リピーターになってます。
一見とても古そうに見えて暫し見とれ、暫く経つと何か非常にモダン?に見えたり、不思議なこの異形は素敵だ♪

3.
a0031821_18193199.jpg
深まり行く秋の好日に訪れる事が出来る幸せを感じます。

4.
a0031821_1821384.jpg
このアングルも好き♪

5.
a0031821_18224140.jpg
暖炉用の積み上げられた石積みの存在感が半端ない♪

6.
a0031821_18292423.jpg
英国大使館別荘より立地は低く、直ぐ前の渚に降りるのは楽。
桟橋に出てみたら、澄んだ湖面を漂う紅葉が目についた。向こうに八丁出島。

7.
a0031821_18321394.jpg
ここの渚もいいですよ~♪

8.佇む・・・。
a0031821_1832577.jpg
屋外にベンチもあって・・・♪

9.
a0031821_1834660.jpg
ちょっとレトロなベンチはモチーフとして使うには絶好♪

10.
a0031821_18351133.jpg
このアングルはイタリア大使館別荘を狙うベストポジション!と思っていて・・・♪

11.さて、中に入ります。
a0031821_18362718.jpg
一階南西の角には休憩ルーム、というかお洒落なカフェ風の小部屋。ここからの窓外の景色は素敵です♪

12.
a0031821_1839257.jpg
ここでも窓枠紅葉(^-^;

さてさて、紅葉ピークの中禅寺湖での撮影行も終わって見ればあ~もこ~もしたかった事が一杯で
その何分の一しか出来ていなかったかな~だったけど、
念願の中禅寺湖を少し分かって来たのは一応収穫だったと思っている。
I shall return!
I will be back!
ナンテ♪(^-^;(^_-)-☆




by sdknz610 | 2016-11-02 23:26 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 21日

オオスカシバの飛翔を撮るチャンスだった。どうなったか?♪

朝の散歩。又オオスカシバが現れた!♪
どうしよう?(;´・ω・)

120mm相当のマクロを付けたPanaのG7だった。
4Kフォトモードで撮った中から切り出した画を以下・・・(^-^;

1.
a0031821_1926331.jpg
絞りはこの際思い切ってF2.8開放で・・・
これって、非常にリスクが高いんだよね。被写界深度が極端に薄いから・・・(-_-;)
SSは1/1000なので、翅の動きがブレるのは覚悟の上だ。
ISOを出来るだけ上げたくないというのが本音。それでも800になってた(^-^;

後は・・・こんな場合どう撮っているのか・・・細かい事は非公開という事にしておきます。

2.
a0031821_19362391.jpg
兎に角被写界深度が極端に狭いので(泣)
目にピンが来てるのを探すのが大変(^-^;

3.
a0031821_19365924.jpg


4.
a0031821_19371790.jpg


5.
a0031821_19374370.jpg
新発見!♪ 
翅が随分変な風に曲がってるよね・・・。
ホバリング中にこんな風に翅が撓んでるなんて・・・
空中静止がどれ程大変な事なのか! オオスカシバの高度な飛行術に感動だ♪

6.
a0031821_193851.jpg
これも翅に注目!

2016.9.16 朝のイオンモール植栽で。アベリアが満開なので、オオスカシバやホシホウジャク等が良く出る(場所がある♪)。
Pana G7
OLY ZUIKO 60mm F2.8 MACRO(35mm版換算120mm相当)
手持ち
トリミングあり
1/1000
0EV
F2.8開放
ISO800

ポイントは秒30コマの連写スピード!
秒7~10数コマというのではとても今回の様な画は殆ど不可能だ。
撮れないより撮れた方がいいと思っているので・・・♪

4Kで撮って、必要なコマの切り出しが出来るというのは・・・今のところPanasonicしか無い。




by sdknz610 | 2016-09-21 20:02 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 09日

2016年佐渡紀行(6)・・・朝焼け・大野亀遠望・そしてミサゴ♪

2016年6月3日。佐渡トビシマカンゾウ詣でもいよいよ今日が最終日だ。

午前2時半には目が覚めてしまい、空は?雲は?・・・どうやら昨夜の雲は晴れてくれたみたいで、
じゃあ朝焼けをと、決めていたポイントへ向かった。
さて朝焼けはどうだろう?・・・ところが東の遥か遠方、地上に張り付く雲で・・・
スッキリしてないじゃん(^^; マアね毎年こんなものなんだけど♪ 
何とか色付いてくれよと・・・待つことにしたんだけど・・・。
ポツポツとカメラ抱えた人達が集まり始めたのさ。
ここからの朝焼けを狙ってる人がやはり居るんだね♪ 後で、来てる車のナンバー見たら、
大宮とか、岡山とか!福島とか・・・新潟ナンバーだけじゃなかったよ♪

1.
a0031821_22501544.jpg
御来光は、名勝「二つ亀」のちょっと右から上がるんだよ。

2.
a0031821_2253509.jpg
イメージしてた様な紅く色付く事ならずで(^^;

3.
a0031821_2255130.jpg
昨日までの強風がすっかり治まって海上の靄がかなり少なくなって視程が随分伸びた。
海絡みでのトビシマカンゾウにはいい具合になってくれた。

4.
a0031821_22571648.jpg
右の切り立ってる崖は大野亀の南側斜面だ。この山の様な大岩は海抜160m余。

5.
a0031821_22584291.jpg
この際、大野亀を遠くから見た景観を再確認したくなって、相川方面へ海岸を西へと移動してみる。
過去何度も撮っていて、ポイントは大体頭に入っているんだけど、やっぱりこの辺りからの眺めは好き!♪

6.
a0031821_2314659.jpg
これも定番だけど。

7.
a0031821_232261.jpg
もっと近くで大野亀を撮っておこうと、若干道無き所を波打ち際まで降りてみた。
ここからは初めて撮る。気に入ったぜ♪ 車を何とか置けるスペースも確認出来たので来年は・・・♪

さて、その後両津港に辿り着いたんだけど・・・実は初日に両津港に着いてイザ大野亀へという時に、
港の上空を舞うミサゴを確認していたのよ。なのでミサゴは帰りに撮ろうかと思っていた。

出航は12:40のにしたんだけど、およそ一時間半ほど時間があったので、その間にミサゴを撮れるか?と、
暫し岸壁で待つことにしたのさ。

そしたら・・・
8.来てくれた~(^_-)-☆
a0031821_2315395.jpg

オスプレイが頭の上を遊弋!♪
取り敢えず証拠写真だ♪
割ときれいな個体だったな。

9.
a0031821_23204640.jpg


10.
a0031821_232175.jpg
ダイブをやってくれ~とお願いしたんだけど、聞き入れてもらえず、こんなソアリングだけだった(泣)
マ、でもいいか・・・久しぶりのオスプレイを佐渡で撮るなんて・・・♪ うれしいじゃないか!

11.さて間もなく新潟港という時刻になっていて、気が付けば後ろに大型の日本海フェリーが迫ってる~♪
こちらのフェリーに群がるウミネコの数は未だ少なくて・・・
女性が一人、?ジャガリコらしきのをウミネコに手渡ししようとしてた。
a0031821_23281121.jpg
パクリと持って行く瞬間を・・・。
これを見納めに、この後、間もなく車両デッキに戻らなくてはならない。

両津港を出港する時、何かトラブルがあった様で20分程遅れていたけど、
結局新潟港佐渡汽船埠頭に着いたのは午後3時を回っていた。
途中スピード上げて遅れを取り戻す、という事はどうやらやっていないみたいだ。
法規制でもあるのか?分からんけど・・・。

そして・・・この日午後7時過ぎていたけど、途中何事もなく、ガラガラの高速道路で、
快調に飛ばして・・・無事帰宅出来た♪
途中覆面パトに捕まってる車アリ(^^; 追い抜かれた覚えのある車だったな・・・。
覆面パトに抜かれた覚えはないから・・・先の方を走っていたみたいだけど。
こっちは混み具合によるけど、今回の様に空き空きだと、車間距離を500mとか十分取ってのマイペースだ♪
そうすると前が空いてるとみた後ろに接近して来た車が忙しなく追い抜いて行き、
直ぐ目の前に入るヤツがいるけど・・・
余裕があるんだから、こっちは余裕を作る様に走っているんだから・・・
ズーッと前に行ってから入れよ!だけどね♪

高速道路でストレスフリーで、というのは車間距離を広く取るってのが流儀だ。
こうすると殆ど疲れ知らずで走れる。これは長年の研究の結果なのさ(笑)
そして、安全上の武器があるとすれば、「車間距離」が最強なのさ!・・・これ鉄則ですよ!♪

今回の土産は・・・地元の魚屋さんで一夜干しのマイカ(スルメイカ)を大量に予約購入(^^;
宇佐美さんというお店だけど、両津警察署の直ぐ近くにある。
まあね、ここの一夜干しは絶品な訳で、初めて買った時に余りの旨さにビックリして・・・
以来定番の持ち帰りとなっているんだけど、
両津港に着いたら先ずこの店に行って、帰りまでに用意してもらう事にしてるのさ。
そうしないと、量にもよるけど、在庫だけで間に合わなくなるおそれアリなので。
今年は今のところイカは不漁?らしく、ちょっと値が上がってるかな?(^^;

海上を40kmというフェリーを除けば、実走行距離は片道300km程だ。
家から270kmを4時間切る位、+佐渡内は36kmを1時間弱。
大凡5時間走って、フェリーが2時間・・・という感じだ。
新潟港を9時過ぎのフェリーに乗るべく、朝は5時ちょっと前位に家を出る事にしてる。

マアちょっと遠い佐渡だけど、トビシマカンゾウに掴まってしまってるので・・・しょうがない(笑)

長々と佐渡・トビシマカンゾウ撮影行を続けてしまいましたが、最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。

今年はトビシマカンゾウが満開になるのが10日程早く、民宿「三景館」の女将さんによれば、
今でしょ!となって・・・例年なら6月10日前後がピークなんだけど・・・んじゃあ行かなくっちゃに♪
カンゾウ祭り前夜祭は11日、本番は12日な訳だけど、どうだろうか?花が残ってるといいんだけど・・・。

懲りずに又来年元気があれば佐渡へ流れて行くんじゃないかと予想しております。
長年通ってる定点観測地なので・・・止められない、止まらない、車の中には泊まります♪
まだまだ奥が深い佐渡です。あ~しよう、こうしよう等と限が無いんですが・・・。

この後、更新は平常ペースに戻れそうです(^^;
これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m




by sdknz610 | 2016-06-09 15:00 | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 30日

2016年春の東北紀行(3) 残雪の岩手山を八幡平から

2016.4.25。西木町のカタクリの後、午後4時過ぎに八幡平アスピーテライン最高点の見返り峠に着く。
幸い快晴!でも、風は何時もの事ながら随分と強く、真冬支度でないと外で長い事居られないのよ(泣)
車は空いていたな。ゴールデンウィーク前の平日だもの♪
雪はどうだろう?・・・今までで一番少ない様に感じた。雪の回廊も背が低く迫力が無い♪

ここに来るのは毎年の恒例ながら、メインはここからの岩手山!狙い♪
夕方から夜中、そして明け方まで撮りたいので車中泊とは言え、実は殆ど寝てられないのよね~(-_-;)

以下、時刻を追ってご紹介します。
1.25日16:04
a0031821_15113726.jpg
岩手山! 一年ぶり♪
ちょっと靄があってスッキリしないんだけど・・・。
岩手山のここからのシルエットは好きなのさ♪

2.16:41
a0031821_15141025.jpg
岩手山の雪も今年は少ないな。そのせいか、望遠で切り取ってみると深く刻まれた鋭い谷筋が目立ち、
なだらかな岩手山というイメージとは大分違って見えた。

3.16:49
a0031821_15195265.jpg
見返り峠展望台から西を望む。
枯れ木のオブジェは何時も通りだ♪

4.16:50
a0031821_15212155.jpg
展望台の足元には分厚い残雪! これは何時もと同じ光景だった。

5.16:51
a0031821_15244070.jpg
展望台から駐車場を望む。向こうがほぼ真北になる。
この時刻では既にそれまで何台かあった車はみんな居なくなったよ♪
アスピーテラインの東西のゲートが午後5時に閉ってしまうから・・・。
ここに停めてるのは誰だ?って・・そりゃあ私だわな♪
この後、パトロールが廻って来て職質?(^-^;
イエイエ、今夜は星の写真を撮るのでどうも済みませんm(__)m ここから動きませんので。
ア、そう!分かりました。じゃあ気を付けて! ハイ、どうもで~す♪

6.19:39
a0031821_15325318.jpg
とっぷりと日が暮れて真っ暗な空になって来た。
月が未だ出てないのは勿怪の幸い♪ 
と、なれば岩手山と星空のグルグルを急いで撮らないと(^-^;
ウ~ン・・・でもしっかりと纏わり着く靄がね~・・・
この時期、黄砂も来ているらしく、今一スッキリしないんだよ(泣)
岩手山の右手のボーっと明るいのは盛岡方面の街灯りみたいだ。

7.20:23
a0031821_15394879.jpg
北極星を入れてグルグルを♪
こんなに星が沢山! 肉眼ではこうは見えないから、ビックリよ♪

8.20:51
a0031821_1547014.jpg
縦位置ではどうか?♪
そしたらこの時刻、アレマ月が昇ってきちゃったのね(^-^;
こうなると、最早星のグルグルは諦めだ・・・。
南を向いてこういうのを撮るのは、月があると明暗差が大き過ぎて、星も大分消えてしまうし・・・。
しかしそれだと、月明りの山が撮れない事になるから、悩ましいところなのさ。
月光写真も順光で撮れるのが理想なんだけどね。

9.21:19
a0031821_15532073.jpg
グルグルは止めて、月を入れての一枚(^-^;
靄でボーっと光る月。山の雪は、やはり見えないわ(^-^;
マアでもこんな雰囲気になるというのは分かったよ♪

10.22:20
a0031821_15555790.jpg
満月をちょっと過ぎた月だけど、月明りはかなり明るくて、ライト無しでも歩くのは大丈夫だ。
雪の回廊という程のものでは無かったけれど、夜のアスピーテラインはこんな感じに♪

11.22:25
a0031821_1604151.jpg
真夜中にウロツク♪ 何しろ車が来る事は無いので、道路を占有で・・・。
動物の気配も何も無く、全くの静寂の世界を独り占め! 満喫する訳だ♪
こんな事やってるのは日本でたった一人♪ 世界でも只一人って事で(笑)

12.22:31
a0031821_1652133.jpg
真昼の太陽ならぬ真夜中のお月様♪

13.26日04:56
a0031821_1672122.jpg
その後車に戻り日の出まで仮眠しようかと・・・思ったけれど、
睡眠導入剤を飲むと肝心な時に起きられないかもしれず、飲むのは止めて、ウトウト・・・。
3時半過ぎていた時にハッと外を見ればピンク色の空が! ア~っ!ヤバイ!
日の出を撮らなくっちゃと・・・(^-^;
靄は相変わらずで、しかしこういう時はNDフィルターと似たような事で強烈な太陽も
大人しく全身が撮れるんだよね♪

14.06:44
a0031821_16152697.jpg
早朝の斜光線での岩手山だ。
谷の深い切れ込みは夕方の時より更にクッキリと見えた。

15.08:24
a0031821_16173077.jpg
アスピーテラインの開門は8時30分との事で、その前に・・・雪の回廊の様子を。
例年に比べると道路脇の雪の壁の高さは半分位?の場所もあって、
マアでもこういう景色は、良く晴れた朝だったし、素晴らしい景観だった♪

この後、後生掛温泉で立ち寄り湯♪ そして、五所川原方面へ移動します。




by sdknz610 | 2016-04-30 17:00 | Trackback | Comments(4)
2016年 04月 29日

2016年春の東北紀行(2)西木町のカタクリはピークを過ぎていた(泣)+キケマンをめっけ♪

2016.4.25日。事前に分かっていたけれど・・・見ておかなくっちゃと、
仙北市西木町八津字鎌足のカタクリ群生地へ。ここは年来の定点観測地だからね・・・。
前夜は道の駅なかせんで車中泊、翌25日の早朝に現地へ着く。
今年は霜は降りていなかったけど、秋田の朝は寒い!(^-^; 
カタクリ達も花びらを閉じていて・・・
あ~でも、やはり・・・もう殆どが、花びらが焼けて縮み既に花期の終わりという状態になっていて・・・
世界一と言われるカタクリの大絨毯は見る事が出来ずだったのサ(^-^; 
マアね、早く行かなくっちゃとは思っていたものの、天気やらあれこれあって、ピークを逃がしてしまったな・・・
こんな事もあるさ、又来年!という事に気分を切り替えた♪

で、ついでと言っては申し訳無いんだけど、カタクリ畑の脇の林縁で、何やら黄色の鮮やかな花を見つけて、
何だろう?と思いながら、?エンゴサクというのが出て来たけれど黄色というのが引っ掛かっていて・・・
やっぱり 後で調べてみようと・・・撮っておいたんだけど、
これ、どうやらキケマンではなかろうかとなり、載せてみます。
黄華鬘・・ケシ科 Corydalis heterocarpa var.japonica・・・ジャポニカだったのね♪
corydalisはギリシャ語でヒバリ雲雀の事
華鬘は仏殿にある垂れ下がった造花の様な飾り物を差す言葉で、天女や花鳥を現すものらしい。
今まで植物園等では見過ごしていたかもしれないけど、普通の生活の中で見た事は無く、
極自然に生えているものだからビックリだ♪ まさか絶滅危惧種ではなさそうだけど・・・。

では、カタクリから・・・ですが、絨毯はありません(^-^;
1.
a0031821_15273781.jpg
朝6時ちょっと過ぎ。未だ誰も居らず(^-^; 朝露に濡れるカタクリ・・・。

2.
a0031821_15293040.jpg


3.
a0031821_1529567.jpg
こんな風なカタクリだと、どこで撮っても同じになっちゃいます(^-^;
ここに来た目的は、ビッシリと一目百万本?というカタクリの赤紫に染まる大絨毯をご覧頂ける様にしたかったのですが、
今年はピークを逃がしてしまいました(泣) 花の方が早かったナ・・・。

4.
a0031821_1533427.jpg
未だ何とか咲き残りの子を見つけて・・・でしたが。

5.
a0031821_15344329.jpg


6.
a0031821_1535784.jpg
花後には受粉出来た花はこういう種を育んで子孫を残します。

7.
a0031821_15363446.jpg
こんな風に種が出来ているのが一杯ありました♪

8.
a0031821_15372143.jpg
この後成熟した種が地上に落ちて、
それをアリンコが運んで・・・途中種にくっ付いているリボソ-ムという美味しい所をアリンコが巣に持ち帰るんだけど、
そこに残された種が発芽して・・・というサイクルが繰り返されて気が遠くなるような年月を経て、
ここのカタクリの大絨毯が形成されたそうです・・・。
ここは西明寺栗という大粒の栗を栽培している広大な栗畑なんです。

さて、ここからはキケマンになります。
9.
a0031821_15434191.jpg


10.
a0031821_1544281.jpg


11.
a0031821_15445461.jpg


12.
a0031821_15474493.jpg


13.
a0031821_154848.jpg


今回のカタクリ行は残念ながら大絨毯を見られずだったけど、キケマンを発見したからマいいかと♪

この後、八幡平を目指してアスピーテラインへ向かいます。




by sdknz610 | 2016-04-29 17:00 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 23日

長ものはちょっと(^_^;)・・・オオタカ撮りのオマケ?♪

オオタカ待ちしてたら昼になって・・・一旦車に戻ってオムスビ昼食。暫し休憩の後、再びオオタカ待ちに戻ろうかと
カメラの設定を確認しながら林間の道を歩いていたら、何かがフト目に入り、?何じゃ?・・・
ワ~オ\(◎o◎)/!・・・ヘビだ~・・・(^_^;)
長いのはチト苦手で・・・一旦停止だ~♪
?シマヘビか?・・・実はシマヘビって・・・ノッタリとくねるのをこんな近くで見るのは生まれて初めてだったのサ(^_^;)
イヤイヤうっかり跨がなくて良かった~(汗)

で、マクロレンズを着けたもう一台のカメラをバッグから引っ張り出して、撮り始めたんだけど・・・
結構早いんだよね~やっとこんな画に(^_^;)
しゃがんでもっと近くで撮れたら良かったのに・・・イヤイヤちょっと苦手で、冷汗モノだったな(笑)

1mをちょっと越えてたかな?・・・長いわ(^_^;)
1.
a0031821_20511326.jpg


2.
a0031821_20524030.jpg


3.
a0031821_20525869.jpg


4.
a0031821_20531266.jpg
ちょっと腰が引けたか?ピン外れ(^_^;)

7月13日 13:22頃
シマヘビか~・・・あらためて調べてみました。
wikiによれば
シマヘビ:爬虫網 有鱗目 ナミヘビ科 ナメラ属 シマヘビって事らしい。
Japanese striped snake
無毒だけど、噛まれるとそりゃあ痛いだろうな♪
アオダイショウやヤマカガシより神経質で攻撃的だと!
エ~!そりゃあ知らなかったよ。ヤバかったな(^_^;)

by sdknz610 | 2015-07-23 21:30 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 07日

2015年佐渡紀行(2)・・・絶景「二つ亀」も

6月4日。大野亀で夕陽を待っていると、上空の雲が徐々に消えて行くので、日の入りがちゃんと見えるんじゃないかと期待が高まる♪

1.
大野亀から見る「二つ亀」も、絶景なり♪
a0031821_14265696.jpg
17:41だった。
未だ雲がこの有様で(^_^;) 雲間から漏れるスポットライトがかなりの速さで移動する。

2.
a0031821_14285888.jpg
スポットライトが二つ亀だけを照らす事があるのが分かって、次のチャンスをジッと待っていたのサ(^_^;)
と言ってもこの時は常時10m/sec程の猛烈が風が吹き荒れていて・・・風が息をつく瞬間にシャッターボタンを押す様に心掛けた。
こういうのって心臓に良くないね・・・(^_^;)

3.
a0031821_14331673.jpg
ドラマチックな演出を試みた。
E-M10内臓のアートフィルタには、ドラマチックトーンというのがあって・・・
時々使ってみるんだけど、結構シチュエイションを選ぶのが分かって・・・。

4.
a0031821_14384020.jpg
これも・・・です。

5.
a0031821_14394192.jpg
18:53
何時の間にか、あれ程あった雲が消えて来た!♪
遙か西方の水平線上の雲も無くなって来たのサ\(◎o◎)/!

6.
a0031821_14411810.jpg
18:57
これだとお日様が水平線にダイレクトに落ちそう!だよね♪
不思議な事にアノ猛風がもうかなり治まって来て、何なんでしょう?♪!
こんな事になるなんて、ここではもう何年もこんないいお天気に恵まれた事が無く・・・ラッキ~としか♪


荘厳華麗豪華絢爛の夕陽が間も無く始まります!

by sdknz610 | 2015-06-07 17:00 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 11日

浄土ヶ浜宵闇・・・2014年春の東北紀行(その8)

5月3日。秋田県仙北市西木町から岩手県宮古・浄土ケ浜へ。浄土ヶ浜パークホテル隣接の一般Pへ着いたのは午後4時を廻っていた。
ナビでは、およそ150km三時間余掛かるという表示だったが、ほぼ正解だったか・・・。
岩手県は広いよ(泣) 一番難儀すると思っていた盛岡市内通過は然程の渋滞が無かったのは幸い♪
そこから山道を、国道46号線を延々と宮古目指してになる。

先ずは、夜の撮影に備えて浄土ヶ浜の偵察だ。
このPは一段と高い岬の突端みたいな所で、帰りの浜からの登りが延々とキツイのは前回経験しているので、
今回は、電動アシスト自転車で行く事にした。帰りは鼻歌だろうな♪

2010年の5月以来、二度目の浄土ヶ浜・・・さてどうなるのだろう・・・。

1.
a0031821_943781.jpg
17:35
天気予報では晴れと曇り・・・どっちに転ぶか?賭けだった。着いた時は曇り、風あり・・・。
靄が薄く掛かっていたし、今一スッキリしない天気で、夜は大丈夫?・・・ちょっと心配だな。

2.
a0031821_9934.jpg
浄土ヶ浜・・・大津波に飲み込まれてビジターセンターの二階も浸かったとの事だけど、
今は傷痕は殆ど見当たらず、修復は完了している様で、以前見たのと違いは無い。
寧ろ道路や歩道などインフラの整備は進んでいて小奇麗な浄土ヶ浜になっていた。
それが驚異だったな。この景観が又見られたのはうれしい限り。

この後、雲は一向に張れる気配も無く、一旦車に戻る。パンを齧るだけの夕食の後は、睡眠導入剤を飲んで
早めに寝袋に入った。
夜中、目が醒めてくれれば、若しか晴れなら、星景を撮ろうと・・・さてどうなるやら・・・。

3.
a0031821_9163475.jpg
5月4日 01:45
ISO1600、F2.8 15秒でインターバル合成。およそ15分間。

夜中11時過ぎに目が醒めた♪
空には・・・お星様が! ワ~っ!これはラッキ~じゃないか!♪
又自転車で浄土ヶ浜へと急ぐ。誰も居ない(^_^;)   又一人旅か・・・。
東の海には、光害が無いぞ♪ 写り込む星の数が半端じゃ無いわ。
只、月が無いのはこういう夜景ではチト困るのさ(^_^;)
強力なLEDランプで岩を照らす。これが難しいのね・・・光の当て方がね~・・・・(^_^;)
アレコレ撮ってみるしか無いんだけど・・・。

4.
a0031821_9244883.jpg
01:51
コンポジットではなく通常の長時間露光。
ISO2500、30秒、F2.8

ちょっと雲が湧き始めた・・・。

5.
a0031821_9385729.jpg
03:09
どんどん雲が張り出して来て・・・インターバル合成で撮るのは止めた。
ISO2000、30秒、F3.2
LEDは柔らか目に当てている。

6.
a0031821_943862.jpg
03:14
遙か洋上に船の灯。
ISO2000、30秒、F3.2
ライトの当て方としては、これが一番穏やかに撮れていたようだ。
浄土ヶ浜の夜景・・・これはこれで、ほぼ目標達成したかの感アリ♪
満月の時に撮ってみたいんだけど・・・それはなかなか・・・何時かチャンスがあればね・・・。

そろそろ薄明が始まっている時刻だけど、厚い雲が益々勢いを増す雰囲気で、これだと朝日は・・・ダメかも?と
少々気が萎え気味になって来たよ(^_^;)

浄土ヶ浜で日の出を!・・・これが今回の東北行の目玉の一つと思ってここまでガンバって来たんだけど・・・
敢え無く撃沈かもな・・・ヤバイわ(^_^;)

by sdknz610 | 2014-05-11 15:00 | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 06日

小岩井農場一本桜:星景写真・・・2014年春の東北紀行(その3)

5月2日、夜も忙しい(^_^;)
西木町から又一本桜へ舞い戻って来たのサ♪
お天気がね、どうやら快晴という事になる予感♪・・・予報通りか?♪

日中とは異次元の世界になります。お楽しみいただければ♪

1.
時間の進みに沿ってのご紹介になります。
a0031821_10474337.jpg
19:34 
GR 21mm ISO1600 10秒 F2.8
車のライトが予測外で照らすのが写ります。短い露光時間では星は未だ点像になってますよ。

天文薄明が未だ残っているようです。肉眼ではほぼ真っ暗にしか見えないけど、光を蓄積する写真では結構明るく写ってしまいますよ。
露光量をどうするか?は、マニュアルモードでカメラマンの意思で決めましょう。

2.
a0031821_1052353.jpg
19:43
GR 21mm ISO1600 F2.8 一枚10秒露光で、インターバル合成です。
およそ12分間、70枚程の画を重ねて明るい変化部分のみを残すコンポジット合成した結果がパっと現れるというものです。
比較明合成とも言われるものですが、GRには元々この機能が入っているんですよ。

3.
a0031821_110138.jpg
19:54
GR 21mm ISO1600 F2.8 8秒 15分間
ここ雫石の小岩井農場の上空は航空路の交差点みたいな所なんですね。
夜間飛行の点滅する光が何時も何本か画面に残ります。かなり頻繁に航空機が行き来してるのが分かります。
こういう線が入るのを嫌う人も居るみたいだけど、私はコレ結構好きだな♪

相変わらず露光中に直ぐ傍を通過する車のヘッドライトやら、Pを出入りする車が一本桜を照らしたり、
LEDライトで一本桜を照らすカメラマンが居たり・・・なので、一体どんな画になるのやら?・・・
予測がつかない面白さがあります♪
その間、星の日周運動は着々と軌跡を残す・・・。
ポーラスターを画面に入れるとなると21mm程度のワイドレンズが必須です。

4.
a0031821_11131920.jpg
20:09
GR 21mm ISO1600 F2.8 8秒 15分間

5.
a0031821_11151816.jpg
21:03
GR 21mm ISO1600 F2.8 15秒 15分間
岩手山が暗闇に沈んでいます。下弦の月にまだ間がある月齢で、とっくに西に沈んだお月様・・・
なので岩手山を照らすのは星明かりだけという・・・
せめて下弦の月が出てれば岩手山がクッキリと、画になる筈なんだけどマアね。。。しょうがないですよ(^_^;)
この場所、岩手山の丁度真上が真北って事になってる超レアなポイント♪

6.
a0031821_11214135.jpg
21:19
GR 21mm ISO1600 F2.8 15秒 15分間

7.
a0031821_11232786.jpg
21:56
GR 21mm ISO1600 F2.8 15秒 15分間
これも一本桜は色んな光源で照らされて・・・複雑な色が交錯する事に(^_^;)

一本桜と岩手山を入れて日周運動のグルグルを撮りたくて・・・ズ~っとイメージして来たのがやっとこさ実現して・・・
それはウレシかったのでありますが・・・なかなか予測が難しい画ばっかしで・・・
又来年の課題にしなくっちゃなのであります。

23時を廻ると、雲が湧いて来て、アレ?これじゃあ朝は大丈夫かな~?・・・ちょっとヤバイかも・・・。
この後、車に戻って仮眠しますzzz・・・朝焼け期待だけど、どうなるのか?・・・
何だかんだ思って居ると、結局寝られずで・・・
徹夜になってしまうナ・・・(^_^;)

寝袋二枚重ねでも足が冷えて堪らんワ(泣) エンジン切っちゃうしね。

by sdknz610 | 2014-05-06 15:00 | Trackback | Comments(6)