『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:男体山( 4 )


2016年 10月 22日

両雄並び立つ・・・紅葉の中禅寺湖に男体山

紅葉の中禅寺湖へ行くとなると、男体山と湖面をどう絡めるか?・・・実は中禅寺湖というものが良く分かっていないから
結局のところアングル探しのロケハンになってしまう♪
周囲の山々もいいし、素敵な湖だよね。
好きなんだけど、何がどうキレイなのか? ビュウポイントはどうなの? 何処がいいのか?
奥が深すぎて殆ど何も分かっていないんだわ(;´・ω・)

それでも少しずつ・・・行く度に新しい発見があるというのは、飽きる事が無いし、
季節毎の変化も大きくてこれからも探索を続けてみよう!と、思うのさ♪

昨日の続きです。時刻を追ってみます・・・。
1.
a0031821_16302285.jpg
06:54
巨大倒木、オブジェ、ここは終日日差しが入らない場所、北の男体山を背景に

2.
a0031821_1633856.jpg
07:13
こんなシチュエイションは多分他には無いだろうと、随分しつこくここで(;´・ω・)

3.
a0031821_16344714.jpg
07:26

4.
a0031821_1635205.jpg
07:36

5.
a0031821_16355156.jpg
08:54
エ~っ! もうこんな時刻に!
ジワリ日が昇って来て日差しがほんの少し差し込んでくれそうな♪

6.
a0031821_1637479.jpg
08:58
#4と比べると黄葉が明るく♪

7.
a0031821_1639418.jpg
10:30
これはもう狸窪にて♪ 南にグッと入った湾になっていて男体山を望む絶好のポジション!と踏んで
地図を眺めながら考えていた場所。八丁出島を間近で見たかったというのもある♪

ところでこの時刻まで何してたの? 
いやね、途中イタリア大使館別荘に立ち寄ってそこでウロウロしてたのサ♪
その時の画は別途という事で。

8.
a0031821_1645712.jpg
10:43
八丁出島は遊覧船ならグルッと回ってくれるから紅葉のこの時期大人気の様だ。
こっちは湖沿いを電動アシスト自転車で軽々と(;´・ω・) 脇見しながらポイント探しだったけど、
結局八丁出島の付け根の渚が一番! という事に♪
多分朝一からここに来て、日暮れまで居れたらそんな幸せな事は無いだろうな(笑)

9.
a0031821_16512373.jpg
10:45
初めての場所だった。素敵な男体山望見場所!♪ パワーボートや遊覧船が近くに来る度にざわつく渚♪
波の打ち返す音のみでそれ以外は静寂に包まれて・・・素晴らしい時間が経過する。
風が殆ど無かったというのも幸いしたな♪

出合ったカメラマンは二人。皆さん歩きだ。私にはそれが苦手で、リチウムイオン電池頼り(;´・ω・)

八丁出島の紅葉、黄葉はご覧の通り、ピークにはもうちょっとという感じでした。




by sdknz610 | 2016-10-22 17:30 | 男体山 | Trackback | Comments(2)
2014年 10月 14日

真っ赤に燃える男体山!

10月10日の夕方。戦場ヶ原赤沼Pにて仮眠の準備をして、ちょっと寝転がっていたら外が何やら赤っぽくなってるのに気がついて・・・
アレ?若しか夕焼け?と・・・車の外に出てみたら・・・
ワ~オ\(◎o◎)/!

1.
これでした!♪
a0031821_2123617.jpg
17:12
真っ赤に燃える男体山が目の前に!
赤富士もこんな風になるのかなと思える、ホントに赤いんですよね~ビックリしたなモウ!

2.
a0031821_2195387.jpg
17:13

3.
a0031821_21103527.jpg
17:22

4.
a0031821_2111344.jpg
17:23

5.
a0031821_21115977.jpg
17:24

6.
a0031821_21122429.jpg
17:26

7.
a0031821_21125371.jpg
17:27
これのみフラッシュファイヤ~!♪

夕焼けが始まって30分程で終末になる、という感じですね。
消えてしまう前にと思って、せっせと撮っていたけれど、気が付いたらカメラはSTYLUS1だった(^_^;)
おっとり刀で車を出る時に持ったのがこれだった・・・。
マア何とか、結構いい感じで、撮れていてホッとしたよ(^_^;)

この夕焼け空の赤は千変万化! 少し黄色っぽいゴールド! 見た事も無い様なピンク色! そして言葉ではいい表せない赤!
将に息を飲む赤い夕空だった。

こういう夕焼けはなかなかチャンスが巡って来ないんだけど、今回は勿怪の幸いだったかと♪

でもしかし・・・実を言うと・・・なんでこの時刻に小田代に居なかったのか?何で戻ってしまったのか?・・・
もうちょっとガマンして、あそこに居れば・・・もっと素晴らしい小田代の夕焼けが撮れたんじゃないか?
ウ~ンこれからはどうすればいいか?判ったぜと・・・今は大反省してます(泣)

マア、それにしてもこういう燃える様な夕焼けは雲が適度にあるって事が大前提なんだよね。
この後、どんどん雲が濃くなって来て駐車場が濃い霧に包まれてしまったのさ・・・
アレマ・・・このままだと真夜中の星景写真はダメかもな~と・・・
少々がっかりで、まあでも真夜中に一回目を覚まして様子見しようと・・・仮眠する事に。
とは言え殆ど眠る事は出来ず・・・うつらうつらと時が過ぎて行く・・・。

by sdknz610 | 2014-10-14 22:00 | 男体山 | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 25日

奥日光の朝霧♪

湯ノ湖・戦場ヶ原・男体山に朝霧を掛けて・・・真夏の奥日光のスペクタクル♪

1.
a0031821_12224922.jpg
8月23日 23:46
手前湯ノ湖。東岸の街灯らしき光だけが目立ってました。湖面が風で揺れているので縦長の光に(^_^;)
湯元周辺はこんな真夜中、光が乏しくとても静かなものなんですね。
戦場ヶ原は霧がユックリ流れていて、夜明けにはどうなるのか?このままでは戦場ヶ原が見えないからね~・・・。
男体山は、こんな真っ暗な中でも巨大な姿がわかり、存在感十分♪

2.
a0031821_12234252.jpg
8月24日 4:08
もう白み始めてます。肉眼ではこんなには明るく見えないんだけど。

3.
a0031821_12241914.jpg
4:27
色がピンクっぽくなって来ました。
淡い星は次々に見えなくなって行くんだけど、男体山の真上に来たシリウスだけは、流石に明るいんだわ!

4.
a0031821_12244786.jpg
4:39
手前、湯ノ湖。その向う、戦場ヶ原の朝霧がだんだん薄くなって行きます。
こんな朝霧をイメージしてこのポイントに来た訳だけど、ほぼ予想通りになってしまった(^_-)-☆
この時に若し戦場ヶ原に居たとすると、霧に囲まれて何も見えない?んじゃないかと思う。

5.
a0031821_12252286.jpg
4:47
淡い真綿の様なヴェールを纏った戦場ヶ原。この優しい雰囲気が良かった♪

6.
a0031821_1226320.jpg
4:59
戦場ヶ原には微妙な高低差があるんだね。背の高い木の頭が出て来て、朝霧が薄くなって行く・・・。

7.
a0031821_1226325.jpg
5:14
連日夕立があって、湿度が溜まっていれば、朝の冷えできっと霧が出るんじゃないかと思っていたんだけど、これは大当たりだったかな♪

8.
a0031821_12271015.jpg
5:28
この時刻ではもう白々と・・・こうなると写欲は急に衰えて撤収!って事に♪

もっとダイナミックなシ~ンがあるんだろうな?と思う奥日光の朝。
又行ってみたいな♪

by sdknz610 | 2012-08-25 17:00 | 男体山 | Trackback | Comments(4)
2012年 03月 20日

男体山の見え方

3月19日。快晴、但し猛烈な赤城颪で体が飛ばされそう(^_^;)
遠くの山がクッキリと・・・前夜の雨は山では雪だったようで、かなり白くなっている。
男体山、日光白根、袈裟丸山、赤城山、榛名山、そして富士山も・・・。真冬でもそうは無い長距離視程の日に。
中でも男体山がとても良く見えて・・・何とか撮っておきたくなった。
神社の狛犬と一緒に・・・・♪
1.
a0031821_21351133.jpg

2.
a0031821_21354793.jpg

3.
a0031821_2136571.jpg

4.
a0031821_21362452.jpg

5.
a0031821_21371078.jpg

6.
a0031821_21372686.jpg

7.
a0031821_21374345.jpg
灯篭の窓を通して、男体山西方の日光白根山、更に袈裟丸山を望む。
去年の大震災でこの灯篭は倒れたんだった・・・。勿論今は基礎固めしてしっかり立ってます。

関東平野のドン詰まり・・・群馬県・館林市多々良沼からは周辺の高い山々が途中重畳する山の彼方に、
乾燥した晴れの日なら良く見えるのです。
中でも男体山は私にとっては富士山みたいなもの(生まれも育ちも静岡県・清水、沼津なので)。
何かと気になる存在なのでR♪

CASIO FH-100 (#5,6を除く)
PENTAX K/r + smcPENTAX 12-24mm (#5,6)

FH-100というチープなコンデジ。
こんな風景ではどうかな?と一抹の不安があったけれど・・・何の何の! 結構見られる画になっていて
ハイパフォーマンスにはビックリした♪
昨日のオオイヌノフグリの記事はこのカメラのマクロで撮っているけど、総合するとかなりオールマイティなんだよね♪
そして・・・+max40コマ/秒の連写こそ、このカメラの真骨頂・・・。
マアでも・・・鳥以外なら、と言う制限はあるんだけど・・・。
今の所、我がスーパーサブなのだ♪

by sdknz610 | 2012-03-20 12:00 | 男体山 | Trackback | Comments(6)