『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:建造物( 10 )


2016年 12月 05日

江戸東京たてもの園(2)・・・なかなか手強い被写体ばかり

昨日に続いて江戸東京たてもの園で出会った被写体を。
今日はちょっと長くなるのですがご容赦を。。。m(__)m
では早速・・・
a0031821_782179.jpg
東ゾーンの下町中通りへ向かうと真っ先に目に入る都電7500形。
この鮮やか黄色はどうしてもシャッターを押してしまうな♪
都電は昭和47年(1972年)頃から順次廃止され、今は荒川線のみになっている。
7500形は渋谷~須田町を走っていたみたいだ。都電って、乗った事ないワ♪

2.
a0031821_717399.jpg
デ・ラランデ邸。3階建て。元は新宿信濃町にあったものらしい。

3.
a0031821_721575.jpg
園内「山の手通り」のベンチ。座ろうと思ったらこの手すりが目について・・・
90mm相当で、背景をボカしてみた。

4.
a0031821_7245481.jpg
場所は飛んで東ゾーンの下町中通り。リヤカー付のレトロな自転車がさりげなく置いてあった!♪
うっかり見過ごすところだったゼ(^-^; 余りに、普通に、街並みに溶け込んでいたか♪
18mm相当で接近戦を試みたが、未だちょい迫り切っていないナ(-_-;) 
このモチーフだけで30分程格闘してもいいかも(^-^;

5.
a0031821_729448.jpg
子宝湯。東京の銭湯を代表する建物だって。昭和4年足立区千住元町にあったみたいだ。
外観の豪華な唐破風やら玄関上の七福神の彫刻等素晴らしい。
この画は玄関の中、上がり框から暖簾越しに街を入れてみた。

6.
a0031821_7362127.jpg
西ゾーンには古い農家が多い。土間にはこうした竈があって、とても懐かしいんだよね。
お袋の実家は浜松なんだけど、昔、小学生の頃まではまだ大きな竈で炊いていたからね~。
夏休み、冬休み中とズーッと居座っていたよ。ご飯の美味しかった事は忘れられない思い出だ♪

7.
a0031821_743095.jpg
東ゾーンの下町中通り。ガラスの映り込みに拘ってみた(^-^;
薄っすらと中の様子に外の景色が多重露出みたいに重なるんだけど・・・。

8.
a0031821_745359.jpg
さて、モミジも今回の撮影会の目玉な訳だけど、探さないとなかなか無かったのサ(^-^;
で、見つけたのが高橋是清邸の中庭だった♪ ここはたてもの園では随一だと思ったナ♪
広大な庭に入って、先ずはレトロなガラス戸に映る紅葉狙いだった。
平面度が無いランダムなガラス面に歪んで映る紅葉が目当て♪

9.
a0031821_7502331.jpg
自分が映りこまない様に気を付けて♪

10.
a0031821_7511364.jpg
一転南側に広がるモミジ林! 逆光になるので紅色が燃える!♪

11.
a0031821_752343.jpg
順光になるけど、高橋邸も入れて・・・。素晴らしいモミジで紅色に染まる感じは得難い思い出になりそう♪

12.
a0031821_7552296.jpg
東ゾーンの下町中通りにはレトロな店がズラリ♪
これは小寺醤油店。港区白金5丁目にあったものだって。
清酒大関の空ビンが並んでいるのを店の中から狙ってみた。

13.
a0031821_7595395.jpg
和傘問屋川野商店。
和傘がね・・・店内に飾ってあるのを見て撮らなくっちゃ!と熱中してしまった(;´・ω・)
目星を付けたのが、火鉢と、座卓(笑) それに和傘をどう絡ませるか?だった。

14.
a0031821_851315.jpg
この火鉢がね~お気に入りに♪
今時火鉢を知る人、使ったことのある人も少なくなってるのかな~・・・
小学生の頃の冬の暖房のメインがこれだったのよ。
炭に火を着ける、灰をどう被せるか、五徳の上で焼くスルメの美味さよ!なんてネ!♪
懐かしか~(笑)

15.
a0031821_8101674.jpg
座卓に目が行った(;´・ω・)
座卓紅葉風に仕上げてみた♪ 京都・実相院の床モミジを思い出すのサ(;´・ω・)

16.
a0031821_8123629.jpg
園内をそぞろ歩くお二人さん。写真家とモデルさんだった・・・。

2016年12月3日。所属フォトクラブの撮影会に参加して、再びの東京たてもの園だった。

何しろまるで雲が無い、これ以上無いという好天に恵まれたのが先ずは祝着という事かな♪
関係者皆さんのお陰でありまして、感謝で一杯です。

今回あらためてスーパワイドレンズが大活躍してくれたのは今後の自信になりそうで、良かったと思う。
後は200mm位までの望遠レンズも必携だと感じた。




by sdknz610 | 2016-12-05 15:00 | 建造物 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 04日

江戸東京たてもの園・・・撮影会

2016年12月3日(土曜日)は小金井市・小金井公園隣接の「江戸東京たてもの園」に居た。
所属フォトクラブの撮影会があって、参加したんだけど、快晴無風の好天に恵まれ、楽しめたので
幾つか並べてみます。雰囲気をご紹介出来たらいいかな?ですが・・・。
a0031821_1728576.jpg
ここは去る6月19日に下見に参加していたので今回は二度目の訪問になった。

紅葉もという狙いで決めた日程だけど、紅葉はちょっとピークを過ぎていたかな?
でもマア何しろ雲一つない快晴だったし、
こういう園内をブラブラと獲物を求めてというのには絶好のコンディションだった(^_-)-☆

2.
a0031821_17341054.jpg


3.
a0031821_17342535.jpg


4.
a0031821_1736585.jpg


5.
a0031821_17371186.jpg


6.
a0031821_17372365.jpg


7.
a0031821_17373848.jpg

ここは昭和レトロな雰囲気を味わえる不思議な空間がありますよ♪
今回ガラスの映り込みに拘った画にも挑戦してみた。
18-36mm相当のワイドレンズを多用したけど、90-350mm相当の望遠ズームとの二台態勢で望んだ。
ただ、今日の画像は全てワイドレンズでのものですが・・・。
魚眼レンズ程ではないものの、こういうワイドレンズは扱いが難しいと思っていたけど、
大丈夫! 2倍ズームというのも非常に有効だった。
広角側だけど、多分24mm相当クラスのレンズでは画角の不足感があるかもしれないと思った。

全て手持ち。
屋内は暗いので手ブレが天敵になるけど、何とか(;´・ω・)
9:30~12:00迄だったけど、前回も感じた様にジックリ建物について説明を読んで、等の余裕は無く、
主に外観を駆け足でという事になった。

ただ、こんな機会が無ければどうだろう?・・・自発的に行く気になるかどうか?難しいところだな(;´・ω・)
千載一遇のシャッターチャンスを逃さない様に・・・ガンバッテみたんだけど・・・消化不良感が残るのは致し方なしか(^-^;

カメラは:
Panasonic G7
Panasonic GX7
何れもm4/3なので、軽いのが◎だ♪ 半日ブラついても首、肩、腰等には特段問題無しで済んだ♪

明日も続きをと思っております。




by sdknz610 | 2016-12-04 18:30 | 建造物 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 08日

イタリア大使館別荘(2)・・・魚眼でどうだ!♪

中禅寺湖の素晴らしいリゾート。イタリア大使館別荘を見学するのは初めてで・・・英国大使館別荘もそうなんだけど、
外国人が何でここを、というのが分かったような気がするよ。
イヤイヤ何とも素晴らしい自然に囲まれるこの地は将に天空の別天地だよね♪
あらためて中禅寺湖を見直さねばと思うのサ♪

今回、建物を撮るのにどういうレンズで?と考えて、結局魚眼の出番が一番多かったな・・・。
今後の参考になると思う。

1.室内を撮るのも魚眼は面白い!♪
a0031821_15444068.jpg


2.
a0031821_1547043.jpg
窓枠額縁・・・これはもっと色々バリエーションが考えられる・・・。

3.
a0031821_15485861.jpg
ディナーテーブルの雰囲気もいいです♪

4.
a0031821_15494314.jpg
ティーポット♪

5.
a0031821_15504446.jpg
外に出る。

6.
a0031821_1552466.jpg
広大無辺な中禅寺湖が目の前に広がる。

7.
a0031821_15532967.jpg
仰角に気を付ければ魚眼で、という風には見えず、通常の超広角レンズで撮った様に見える(^-^;

8.
a0031821_1555288.jpg
イタリア大使館別荘の桟橋に出てみた。

9.
a0031821_15562374.jpg
これで分かった!ここからは男体山が見えるのサ(^_-)-☆

それにしても、素晴らしいロケーションの二つの別荘を初めて訪れてみたんだけど、奥日光を見直したよ♪

高速だと家から1時間半なので。。。これからもっと色んな季節毎に訪ねてみようと決~めた!♪
クリンソウの千手ケ浜だけでなく・・・(^-^;




by sdknz610 | 2016-07-08 17:00 | 建造物 | Trackback | Comments(6)
2016年 07月 07日

中禅寺湖・イタリア大使館別荘(その1)

英国大使館別荘に隣接するイタリア大使館別荘も訪れてみたんですが・・・これが、又素晴らしい雰囲気の♪
森の中の一軒家、リゾートってこういう感じが素敵、何やら魔法使いの棲家みたいな雰囲気も気に入りましたよ♪
ここはもうご存知の方は多いと思いますが、何しろ初めてだったので・・・思いつくままシャッターを切り続けていました(^-^;

1.
a0031821_9504731.jpg
この佇まいは・・・普段の生活では有り得ない不思議空間という印象で、
暫し静謐な森の中で足を止めて味わって来ました♪
魔法使いのオバハンがひょっこり顔を出してこっちへおいで!と招かれそうな(^-^;

2.
a0031821_9561853.jpg
シンプルな外面!♪ 

3.
a0031821_9573355.jpg
反対側から。

4.
a0031821_958780.jpg
別荘の全貌を、別のアングルから。

5.いよいよ内部へ侵入します♪
a0031821_10295291.jpg
フラッシュは炊かず、自然光のままで・・・。

6.
a0031821_10311865.jpg
広大なワンルームというのは、開放感もあるし何かおおらかな気分になるもんですね♪

7.
a0031821_1033951.jpg
外光を取り入れるのがメインで照明は控えめ・・・こういうのは日常では得難い経験。
煌々とLEDで照らしてしまってはこの雰囲気が台無しになるんだろうな・・・。

8.
a0031821_10364230.jpg
このソファに座って何を語るのか?(^-^;

9.
a0031821_10373615.jpg
やはりここでも長大な広縁が効いてます。
魚眼なので、飛行船のキャビン風になったかな♪

10.
a0031821_1039680.jpg
廊下のソファに座り・・・湖を眺める。この時は流石に内蔵フラッシュを光らせてます。
・・・又素足かよ!(^-^;m(__)m
今は冬でも靴下は履かないんですよ(^-^;

イタリア大使館別荘って・・・初めてだったけど、英国大使館別荘とは又趣が違って、面白か~(笑)
特に杉皮張の内外装は一見の価値ありって事でしょうね。

どちらもお勧めです!
栃木県って、なかなかイイ事やってるよね♪


明日も、続けます。




by sdknz610 | 2016-07-07 15:00 | 建造物 | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 06日

英国大使館別荘記念公園(その2)

1.アプローチで最初に目に飛び込んで来る別荘外観です。
a0031821_9593760.jpg
RICOH GR 21mm相当ワイコン付き

7月4日は月曜日と言う事で、それも9時を少し回った時という事もあったのか、人が少なくて・・・♪
スタッフの方に聞いたんだけど、前日の日曜日は大混雑だったそうな。予想外の800人程が来園し・・・ビックリしたらしい♪
ウ~ン・・・やはりここは平日がお勧めかな?♪
それはそれとして、この佇まいがとても好きになった♪

2.
一階のズド~んと突き抜けの広縁がとても開放感があって、イイんですよ。
a0031821_1041142.jpg
で、ここのソファに座って中禅寺湖を眺めてゆっくりと過ごす・・・理想でしょうね♪
長い廊下の半分はガラス戸、半分は直接外と繋がる設計に。

3.
a0031821_1062883.jpg
外と中、アウトとイン・・・画面を真ん中で分けるアングルを選んで・・・。
縁側から直ぐ外と言うのは非常に開放感があるよね。
湖を手近に引き寄せるイメージが助長されて、巧みな設計をしたもんだと♪

お袋の実家が大きな農家で、広縁のガラス戸を開けると広い庭だったというのを思い出すけど、
直ぐ下は作業場になっていて、大きな屋根が被さっていた・・・
それに比べると、ここは屋根の張り出しが小さい! だから空も近く感じて、開放感が大きいんだ♪

4.
a0031821_1019382.jpg
二階への階段。吹き抜けになっていて、ここもイイ雰囲気なのさ。

5.
a0031821_10201629.jpg
アーネスト・サトウの書斎。昨日の画は机の傍で湖方向を撮ったものです。

6.
a0031821_10213635.jpg
さて、二階ですが、書斎の隣には食事処と言いますか、ちょっとしたカフェがありまして・・・
10時オープンで、この日一番で席に着いた次第(^-^;

7.
a0031821_1025219.jpg
席に着いて周りはこんな感じでした♪

8.さて・・・注文は?
a0031821_1026972.jpg
メニュウは多くはないですが、今回はスコーンとティーのセットを。
これは今でも英国大使館で出されるものと同じ、との事。

食レポは?どうなの・・・スコーンに特製バター、ブルーベリージャムを付けてになるんですが、ウン!結構行けます♪
ティーがね・・・英国大使館御用達というのにしたんですが、これもイケます♪
お八つに丁度いいかな?でしたが、朝っぱらから、というのはあまり経験無しだったので、新鮮な気分に♪

9.別荘の外でロケハンをしつこくやってました(^-^;
a0031821_10334771.jpg
中禅寺湖の遊覧船が回って来るんじゃないかと、待っていたらやはり来ましたね~♪
晴れていたら、紅葉の時期だったら等と・・・イメージが膨らんで来たゾ~・・・ナンテ♪

10.別荘裏手と言うか、微妙に周囲の自然とのコラボが良さそうなアングルあり、です。
a0031821_1038550.jpg

英国大使館別荘はイイですね~♪

他に一杯画像がありますが、だらだら並べるのは止めて、
この後、隣のイタリア大使館別荘へ向かうんですが、
実は・・・イタリア大使館別荘はこれまで訪れた事が無く、初見になるんですよ(^-^;
それで私にとっては新鮮な画像をご紹介しようと思いますが、みなさん既にご存知でしょうから・・・
でも懲りずにご笑覧いただける様、厳選して・・・ナンテね(^-^;

今は英国大使館別荘とイタリア大使館別荘を通しでチケットを買うと300円です。
別だと各200円になりますので・・・。




by sdknz610 | 2016-07-06 15:00 | 建造物 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 05日

英国大使館別荘記念公園へ・・・中禅寺湖は曇りだったけど

2016年7月4日(月曜日)だった。中禅寺湖東岸の英国大使館別荘がリニューアルオープン!というニュースでは
7月1日が初日という事で狙っていたんだけど、草津本白根のコマクサを優先してしまい、
じゃあ何時にしようかと、天気の様子を見ていて・・・
4日なら何とか雨が無さそうな予報だったので、行くぞと!決めて(^-^;
8時半現着。歌ケ浜Pに駐車、自転車で♪ (自転車は後で行く所があったので・・・)
歩いても5分位なんだけどね♪

イヤービックリしました。驚きました。建物も、中からの景観も、周りの景観も・・・こりゃイイワ(^_-)-☆
と言う事で、幾つか撮った中からご紹介してみようと思います。

1.湖側からの別荘の外観です。
a0031821_1575539.jpg
基本は避暑用の別荘と言う事ですから、どデカい建物では無く、
スッキリと纏まった和+洋の見事に融合した、シンプルな中にも周囲の景観を乱さないといった風情で、大いに気に入りましたよ♪
マア兎に角・・・言葉は邪魔になるだけなので・・・余計な事は無しにします(^-^;

2.
a0031821_15143976.jpg
アーネスト・サトウという英国の外交官が個人別荘として明治29年に建て、その後英国大使館別荘として長年使われて来た建物を、
今ここに当時の姿に復元した、という事で、7月1日から一般公開となりました。

この画は、サトウの書斎で、ここで仕事をしていたテーブル越しに中禅寺湖が一望出来るんですよ♪

3.
a0031821_15204723.jpg
広縁越しに中禅寺湖を望む、といったシ~ンをイメージして、魚眼を付けたカメラを床に置いて撮ってます(^-^;

4.
a0031821_1523548.jpg
立ったままの目線で魚眼で中禅寺湖を見てみると・・・♪

5.
a0031821_15241114.jpg
柱を思い切って真ん中に持って来て(^-^;

6.
a0031821_1525111.jpg
ガラス戸越の中禅寺湖もいい雰囲気で望めます。
何処から見ても中禅寺湖が目に飛び込んで来ます!♪

7.
a0031821_1527229.jpg
半分!♪

8.
a0031821_15272636.jpg
廊下にはソファーが並んでいて、皆さん暫しここに座って中禅寺湖を鑑賞されてましたよ♪
円周魚眼の面白いところは、周辺の直線がグルっと曲線になっちゃう事ですが、
そこを、どれがどうなるか?見極めて・・・カーブの入り組む図柄をイメージして、という事で♪

9.
a0031821_15295486.jpg
?何だ?誰だ?・・・失礼をば(^-^;・・・私が自撮りを・・・素足でm(__)m

取り敢えずここに座って半日でも過ごせたら・・・ナンテね♪

今回は建物か~どうしよう?・・・魚眼でどう撮れるかやってみよう!と・・・
無謀にもアレコレ魚眼で撮ってみました。
イヤ、結構面白かったですよ♪

奥日光でイイ場所メッケでR♪・・・これからは何かとここに立ち寄る事にしようかと思ってます(笑)
まだまだ全貌は紹介し切れてません。この後、私なりに気に入ったものを幾つか続けてみますので悪しからず。




by sdknz610 | 2016-07-05 16:00 | 建造物 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 23日

居酒屋「鍵屋」のレトロ・・・江戸東京たてもの園でタイムスリップ♪

これは、何とも居心地のいい居酒屋だった♪
a0031821_10595017.jpg
F5.6 -1.0EV 1/50 ISO3200 WB太陽 手持ち OLY E-M10 ELEPHOTO 8mm円周魚眼 フラッシュ発光無し

ここは東京・小金井公園隣接の「江戸東京たてもの園」。
その中にある昭和レトロの雰囲気ムンムンの居酒屋「鍵屋」ですが、外観も然ることながら、
中の雰囲気に飲み込まれて(^-^; 何とか画面に定着出来ないものかと悪戦苦闘(でもなかったけれど♪)。
狭い店内に入り、目の前に大きな鈎が! それをメインに魚眼で迫る!♪

参考に・・・「鍵屋」って、こんなんですよ;
台東区下谷の言問通りにあった居酒屋。
震災・戦災をまぬがれた鍵屋は、1856年(安政3)に建てられたと伝えられている。
建物と店内は1970年(昭和45)頃の姿に復元。
[台東区下谷二丁目/1856年(安政3)]
現在は根岸に店があるみたい。

ここは普段営業してないけど、年に一度?店をやるという話もある・・・。

カブトビール♪
a0031821_1185436.jpg
鍵屋店内にこのポスター♪ 非常に暗い店内だけど、大いに気になって撮ってみた。

カブトビールって?
調べてみると・・・半田市にあったビールメーカーだった。

「赤煉瓦倶楽部半田」のHPには以下・・・
ご存知ですか?戦前の五大ビールメーカーを。
明治時代に、大都市をひかえた既存4大ビールメーカーに挑戦した一地方都市のビール会社がありました。
そのビールとはカブトビール。 今となっては幻のビールとなってしまいましたが、その工場は、半田赤レンガ建物として現存しており、半田の先人たちが、大ビールメーカーに立ち向かった心意気と、豊富な財力と技術力を有していたことを雄弁に物語っています。
私たちの半田の地で明治時代に五大ビールメーカーの一社が設立され、活躍していたことは驚きであり、あらためて当時の創業者精神に敬服しています。この精神をぜひ後世に伝えたく、私たち赤煉瓦倶楽部半田の活動のキーワードを「ものづくり」としました。その「ものづくり」の原点として、私たちは当時の「カブトビール」を復刻させたいと願いつづけ、プロジェクトを進めてきました。そして、2005年6月4日、ついに明治22年に半田から初出荷されたビール3,000本を記念する、3,000本限定の復刻カブトビールを皆さんの前にお披露目することができました。

今流行りの地ビールという認識でもいいのかな? ネット注文も出来るみたいだ。

園内には洋館もあります。
a0031821_11233168.jpg
ドイツ人建築家デ・ラランデの三階建て洋館。
新宿信濃町にあったものを移築。
中のカフェは営業しています。今回は試していないけど、次回は・・・♪

縁側にあった梅?が目についた♪
a0031821_11271840.jpg
園内の農家も興味深々♪

床の鏡映りが気になって♪
a0031821_11275646.jpg
これも古い農家の一コマですが・・・撮ってみたくなるモチーフが次々と現れるので、
時間が幾らあっても足りないんだよね(^-^;

2016年6月19日(日曜日)だった。
所属フォトクラブの撮影会を小金井公園・江戸東京たてもの園でという計画があり、
事前のロケハンをという事で参加した。

小金井公園は単身赴任7年間を過ごした小金井から自宅へ週一で往復していた道すがらだったのに
一度も途中下車したことも無く・・・今回初見だった♪
あの桜も見た事は無く・・・何とも真面目過ぎるリーマン時代だったかと(^-^;

今は緑緑の鬱蒼たる桜の群れは、それなりに大迫力で、やはり一度は自分の桜まつりをやっておかないと、と思ったり♪

たてもの園は・・・レトロな建物群の外観も面白いけど、ここの建物は殆どが中に入れるのが又時間が掛かる要因で、
一日では足りないかもと思ったり(^-^;
ジブリ所縁の建物も沢山あるみたいだ・・・
私はジブリについては殆ど分かっていないんだけど(^-^; マニアにとっては聖地らしいな♪




by sdknz610 | 2016-06-23 15:00 | 建造物 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 30日

東京駅・・・KITTEへ行ってみる

6月27日。東京駅丸の内口、外へ。雲行きが怪しくて、早いとこKITTEへ行こうと・・・。
そうなんです、KITTEの屋上に人が居るのが見えて、若しかあそこへ行ける?・・・
あそこからなら東京駅を眼下に見るアングルで撮れそうじゃないかと・・・
実はKITTEの事、良く調べてないもんだかから、完全に行き当たりバッタリという何時ものパターンだった(^_^;)

マ、その前に・・・東京駅の外観を相変わらずの定番写真ですが(^_^;)

1.
a0031821_2113421.jpg
E-M10のアートフィルター内のドラマチックトーンで。
怪しい雲を撮るには丁度いい♪

2.
a0031821_21192834.jpg
行幸通り。向うが皇居。

3.
a0031821_21194557.jpg


4.
a0031821_2120123.jpg


5.
a0031821_21234574.jpg
丸ビルのガラスに映る東京駅をと思ったが、これではちょっと不満だった(^_^;)

6.
a0031821_21242683.jpg
いよいよKITTEに。6階でした。展望デッキ。
ところがこの時にはもう雨が・・・(^_^;)
傘差してカメラだけは濡れない様にと必死で♪

さて、ここからのアングルとなると・・・やっぱ夜景で決まり!な訳ですが・・・マ、今回はロケハンと言う事で。

7.
a0031821_21292912.jpg


8.
a0031821_21295942.jpg


9.
a0031821_21301932.jpg


10.
a0031821_21303834.jpg
KITTEの巨大な吹き抜け。
SOYO KAZEキャンペーン?中みたいだったけど、意味不明(^_^;)

このアングルもレンズの性能検査には丁度いい被写体だ♪

今回の東京駅スナップは、KITTEで新しいアングルが試せて面白かったな♪
すっかり定点観測ポイントになってしまったけど、意外に飽きない面白い場所だ。

by sdknz610 | 2014-06-30 22:30 | 建造物 | Trackback | Comments(2)
2014年 06月 29日

魚眼レンズで東京駅を撮ってみる

1.
6月27日。先ずは葛西臨海公園駅から東京駅へ。夜は新宿・歌舞伎町で飲み会だ(^_^;)
京葉線各駅停車の電車が入って来た。
a0031821_14484255.jpg
16:15 66mm相当 1/320
これはNIKON1 V3で入線して来る電車を秒20コマで連写した中からの1枚。
AF自動で追ってみたが、どのコマも電車のフロントフェイスにはしっかりピンが来ていた。
今日はカメラは2台。NIKON1 V3に10-30mmと、OLY E-M10に9-18mmの魚眼ズームだ。
主に魚眼レンズの画角を確かめるのを目的に考えていた。

以下も同様ですが、トリミング無しでのご紹介になります。シャッタースピードも添付してます。ご参考方。

2.
a0031821_1455471.jpg
16:20 27mm 1/800 これもV3で。
木場駅に着く前、遠方にスカイツリーが。
揺れる電車。左手は手摺を掴んで、右手だけでカメラを持ってシャッター押してみた。
殆どブレて無いか? もっとSSを低くして、ホントは橋の鉄骨を流した方が面白かったかと・・・後の祭り(^_^;)

3.
a0031821_1553831.jpg
16:46 18mm 1/6 E-M10
9-18mmの魚眼ズームですが、m3/4なので18mm~になります。
東京駅で途中下車。北口エントランスに来ました。
京葉線ホームからここまで1km位歩かされる感じで、大汗モノですよ♪
レンズの試し撮りには丁度いい被写体。これまでも何かとなるとここに来てしまうのだ♪
低速シャッターだったけど、殆どブレは目立たないのでホッとした。E-M10のブレ補正は強力!だよね♪

4.
a0031821_1517190.jpg
16:42 18mm 1/5  EーM10
ドームの中央に少し近付いて。18mmの広大な画角でこんな感じ。
円周魚眼だと相当歪むのではと思うけど、この対角魚眼では然程歪みも無く、違和感の無い素直な画になるね。
モニターのお天気情報が見えるけど、何処も雨模様だ・・・。

5.
a0031821_15223795.jpg
16:43 18mm 1/2 E-M10
何とSSは1/2だった!♪ 絞り優先で、ISOを上げずに撮っていたけど・・・歩行者は殆ど流れてますよ。
床の大理石の模様が面白かったのサ♪ これ、今まで気が付かなかったというお粗末(^_^;)
立体画だね!♪ 放射と円周の枠の中が掘れていて・・・結構深いよ♪

みなさん、上のドームばっかり注目してるけど・・・足元注意!!ですよ♪

マア何しろやたらと凝った建物って事だわ・・・。

6.
a0031821_1530390.jpg
16:45 18mm 1/3 E-M10
何気に床の模様が面白くてレンズを下に向けてスナップだったけど、このSSで殆どブレが目立たないかな?
普通なら三脚必携だろうけど、ブレ補正の進化には驚くばかり♪
この画の方が、より深く掘れている様に見えるね。
人の動きが上手い具合に流れてくれた。

7.
a0031821_15365565.jpg
16:44 18mm 1/3 E-M10

8.
a0031821_15391975.jpg
16:50 36mm 1/250 E-M10
外へ。丸の内ビルの方へ。大分怪しい雲が湧いて来て・・・でもこの時雨は未だ降って来てなかった・・・。

この後、KITTEビルへ。

東京駅は定点観測ポイントになってしまったよ。
新宿へ行く前の途中下車。カメラ、レンズの試験場所って事か♪
ホントは単なるお上りさんジャネーノ(^_^;)

E-M10のスーパワイド、魚眼・・・なかなか使いモノになりそうな感触で、こりゃお薦めって事だな♪

by sdknz610 | 2014-06-29 17:00 | 建造物 | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 31日

聖天宮・・・世にも不思議な大伽藍♪

年末に当たり、日頃皆様にお世話になった御礼と、皆様の益々のご健勝をお祈りして
縁起のいい聖天宮の姿で、本年を締めたいと思います。

さる12月10日の事でしたが、飲み会の友人の案内で見て来たんですが・・・
聖天宮(せいてんきゅう)は埼玉県坂戸市塚越51-1に聳えるトンデモナイ大伽藍でした(^_^;)

畑の向うに蜃気楼の様に忽然と現れた大伽藍の佇まいは、夢か幻か・・・
余りの目覚まし効果に一同言葉を失い、モウ笑うしか無かったという・・・(^_^;)
こんな経験初めてじゃ~♪

ではでは、こんな写真の画像ではとても驚異の建造物の雰囲気はお伝え出来ませんですが・・・
1.
a0031821_14452683.jpg
ここは何百という龍の棲家でした(^_^;)
丁度上弦の月を掴もうとする龍が気になって♪
STYILS1だけ持って訪れたんですが、望遠側300mm相当までのズームはこんな時もラクラク手持ちでOK♪

2.
a0031821_14485625.jpg

3.
a0031821_14493847.jpg
こんな画では何のこっちゃ?分かりませんですね(^_^;)
失礼しましたm(__)m
以下、ご笑覧下さい。

4.
先ずは駐車場からのアプローチ。
a0031821_14501846.jpg
この時点から何やら胸騒ぎ(^_^;)
ワクワクドキドキが始まります♪

5.
a0031821_14511651.jpg
南方系の寺院。
昭和56年に着工して、15年の歳月を掛けて平成7年に開廟となった由。
台湾の大法師が大病を患った時、ここの本尊と縁起を持たれ完治され、その後お告げのあったこの地に感謝を込めて建立したそうです。
道教のお寺です。

6.
a0031821_150895.jpg
目を奪われる精緻な彫刻群!

7.
a0031821_1514340.jpg
独特の極彩色と直線と大きくカーブする曲線の集合体。
このデザイン、日本の神社仏閣とは大分趣を異にするので強烈な印象でした。
沖縄ではこういう感じの建物に会った様にウロ覚えですが、台湾は行ったこと無しだし
横浜中華街の関帝廟とは規模がケタ違いに大きいですよ。

8.
a0031821_1575889.jpg

9.
a0031821_1584397.jpg

10.
a0031821_1585933.jpg
一杯撮って来ましたが、とてもとても・・・難しいものでして(^_^;)
アノ雰囲気をお伝えするのは不可能であります。

聖天宮(せいてんきゅう):
HPのURLは・・・
http://www.seitenkyu.com/です。

圏央道で坂戸ICから1.5km。関越道鶴ヶ島ICの坂戸出口からだと3.5km。
カーナビで出ると思います。
一見の価値アリと認む♪

皆様、本年は大変お世話になりまして感謝申し上げます。
お陰様で拙ブログへの訪問ユーザ数累計が12月に50万を超えましたことをあらためてご報告させていただきます。
尚、余談ですが第13回太田市写真公募展で入選となりました。ツバメの空中給餌を撮ったものでしたが、想定外の事で驚いております。

さて、来年はどういう年になりましょうか?どうか災害の無い穏やかな良い年になるといいですね。
皆様、どうぞ体調には十分お気を付けて元気に写真を撮りましょう!撮りに行きましょう!♪

初日の出・・・何処で見ようか・・・今頃は何処か山へ行っていると思いますが・・・(^_^;)
いい日の出が撮れたら・・・元日にアップしたいんですが果たしてどうなりますやら・・・
では、どうぞ良いお年をお迎えになって下さい!

by sdknz610 | 2013-12-31 17:00 | 建造物 | Trackback | Comments(4)