『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:彗星( 1 )


2014年 01月 05日

彗星の如く、という言葉があるけど・・・ラブジョイ彗星

ラブジョイ彗星をやっと見た!撮れた!
愛女医?なんて当て字があるけど(笑)・・・とてもとても・・・肉眼では視認するのは殆ど不可能(目、悪いし)(泣)
6等星位で暗い♪ 双眼鏡(私のは50Φ×7)で探索したらやっと見付けられたのサ(^_^;)
今朝の撮れたてをご紹介します。
ラブジョイ彗星のキレイな画像がweb上には溢れていますが、こんな画像では恥かしいナ(^_^;)

1.
a0031821_127153.jpg
2014.1.5 04:01:00 
5sec F2.8 ISO5000 105mm相当
トリミングしてませんがそのままではとてもどれがそうなのか分かり難いので丸で囲ってますので。

双眼鏡で見付けたのはいいけれど・・・カメラに導入するのは容易ではありませんです・・・
しかし、D7100の光学ファインダーなら何とか周辺の星を頼りに狙えます。
光学ファインダーの最大のメリットはこれだな♪ EVFでは・・・難しいでしょ。

2.
a0031821_12164714.jpg
04:12:01
2sec F2.8 ISO6400 300mm
焦点距離が長いので・・・2秒でも日周運動で星が流れる・・・赤道儀じゃなくて固定だからね(^_^;)
思い切ってISO上げてます。

彗星!って騒ぐな彗星♪・・・こんなもんですよ(^_^;)

3.
a0031821_1221873.jpg
04:13:39
2sec F2.8 ISO12800 300mm
ここまでISO上げてみたけど、それほどザラつく訳でも無く何とか(^_^;)

4.
a0031821_1223142.jpg
#3を超拡大してます。
彗星の核が、ボーっとして、星とはまるで違うのはわかるけど・・・
でも・・・尾っぽがね~・・・赤道儀で長時間露光しないと撮れないんだわ(泣)

5.
ついでに・・・(^_^;)
谷川岳方面を北極星を入れて・・・
a0031821_1338591.jpg
06:01:39
GRのインターバル合成でおよそ10分間露光
13sec F3.2 ISO800 21mm相当のワイドコンバータ
肉眼ではとてもこんな明るくは見えません。明るい空に日周運動なんて・・・インターバル合成でしか撮れません・・・。

NIKON D7100
TAMRON SP 70-200mmF2.8 Di VC USD
三脚
マニュアルフォーカス
明るいレンズを持ち出してみた♪

こんな訳で、やっと撮れた彗星。
大昔ハレー彗星を伊豆の山の中でフィルムで撮ったことあるけど、あの時は手動赤道儀で日周運動を追い掛けて・・・今は昔の思い出だ。
今回は・・・デジカメの進化のお陰で、超高感度でこんな風に撮れるもんだと分かったヨ♪

去年から彗星が忙しかったよね。
パンスターズももうちょっと明るかったら良かったのに、アイソンは・・・太陽の威力に負けて消えちゃったし、
ラブジョイも去年撮っとけば良かっただろうな・・・
何か彗星って・・・難しくて(^_^;)

間もなくラブジョイも光度が8等級クラスに暗くなりそうで、仕事が始まるとなかなか撮りに行けなくなるので
ラストチャンスだったかも。
取り敢えずホッとしてるのサ♪

今朝はしぶんぎ座流星群もあわよくば撮れるかもと・・・出掛けた訳だけど・・・全然、まるで、流星は見られずだった(泣)
昨日がピークとの予報だったのに、一日遅かったからな~・・・(^_^;)

流星群は又の機会もあるし、今回は、マ、しょうがネ~かと♪

昨夜現着、車中にて仮眠で。車の中はエンジン切っても寝袋二重で、中はポカポカ♪
朝方は相当冷えるのを予想して、ダウンは二重に、オーバズボンも二重で・・・これは正解だった。
高性能ダウンは持ってないから(笑)
防寒対策のノウハウも色々判って来たぞ♪
今は湿度が低いのでレンズへの結露が無いのは助かる。レンズ用のヒータも準備はしてるけど、不要だよ。

by sdknz610 | 2014-01-05 15:00 | 彗星 | Trackback | Comments(0)