『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:紅葉( 129 )


2017年 11月 21日

この紅葉を見ずして・・・桐生・崇禅寺の紅葉こそ♪

a0031821_15142814.jpg
2017.11.16,17は桐生・崇禅寺(そうぜんじ)で紅葉狩りだった♪
そうだ! 桐生へ行こう! キャンペーン中♪・・・ナンテ(^-^;

先日、同じく桐生の宝徳寺の床もみじと枯山水の石庭をご紹介しましたが、
紅葉なら崇禅寺だよ!という地元の飲み友達のお墨付きを信じて・・・
行ってみたら・・・ウワっ!何という!晴天の霹靂!(この言葉ちょっと意味が違うけど?♪)
絶景やんか!(^_-)-☆
実は16日は蓬莱山の後、写友の案内で初めて崇禅寺なるものを見てビックリ!
余りにキレイなので翌17日はカミさんに見せようかと・・・
二度見だった♪  二日間で撮った合計でおよそ八百枚の中から幾つかお気に入りをご紹介します・・・。


2.
a0031821_15281730.jpg

3.
a0031821_15290763.jpg


4.
a0031821_15294078.jpg


5.
a0031821_15302023.jpg
未だ緑燦々の紅葉もあって・・・多彩!♪


6.
a0031821_15314633.jpg
本堂の屋根と絡ませる・・・ベストアングルの一つか♪


7.
a0031821_15335869.jpg

8.
a0031821_15344638.jpg
寺の裏山から俯瞰して紅葉を鑑賞出来るのもここの最大の特徴かと♪
京都、奈良、湖東では昔色々見て来たけれど、近所にこんな素晴らしい絶景ポイントがあるなんて・・・(^_-)-☆


9.
a0031821_15390646.jpg
東南斜面に立つお寺だ。午後3時を回るとそろそろ陽射しが陰って来る時間帯。
一部のみ陽が当る微妙な時を待って・・・(^-^;

以上、画像をクリックすると大きな画面に移行して、より高精細な画をお楽しみいただけます。

この紅葉を見ずして紅葉を語る事なかれ・・・勝手に思っておりますが(^-^;

明日もこの続きになります。

ところで、本日21日は足利市の鑁阿寺へ行って来ました。
予てから是非見ておきたかった大銀杏の真っ黄色♪
そろそろ見頃という情報を写友に教えてもらったので、天気待ちだった。
ド・ピーカンの快晴の下、イヤハヤ・・・これも目が覚める様な豪華華麗!(^_-)-☆
後程ご紹介に及びます・・・。
明日からお天気良くなくて・・・今、葉がどんどん落ちているので余り長持ちしないかも・・・
今日は最後のチャンスだったか・・・(^-^;
リアルタイムのご紹介にならず・・・m(__)m






by sdknz610 | 2017-11-21 16:30 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 20日

蓬莱山 紅葉最前線レポート(3)・・・幽玄紅葉点描

a0031821_10405767.jpg
2017.11.16
狭いV字渓谷の一角に、これぞ大自然のままの紅葉美!を楽しめる絶景ポイントがあった♪
そうだ! 栃木県へ行こう・・・じゃあなかった、蓬莱山へ行こう!かな?♪

絞り開放でF1.2という大口径単焦点レンズですがちょっと絞ってF1.4す。
ピントは橋の手前の欄干にだった(^-^;
このレンズは絞りを開けるとボケのグラデーションがやはり一番の見所になりそう。


2.
a0031821_10482716.jpg
渓流に迫る断崖絶壁にへばり付く様に佇む社。
手前紅葉を絡めて・・・。
8時19分だった。日差しがここまで届くにはあと一時間程待たねばならない。


3.
a0031821_10514202.jpg
これも敢えてF1.2で・・・。
8時31分、少し周囲が明るくなって来た。
日差しが来るとコントラストがきつくなるので今の内って事で♪


4.
a0031821_15394025.jpg
10時30分を廻って強烈な陽光が射し込んで来た。
今までなりを潜めていたモミジ達が一斉に輝きを増し、これでもかと辺りを紅く染める!
F2.5で。ここまで絞るとこのレンズの鮮鋭度がグッと上り、
紅葉の葉っぱ一枚一枚が浮き上がる様な描写になった。


5.
a0031821_15400029.jpg
覆い被さる様に広がるモミジのシャンデリア!♪


6.
a0031821_15401505.jpg
快晴の青空が頭上に広がる。将に錦秋の紅葉狩りになった。

蓬莱山を昼前に撤収して・・・この後、この川(大戸川)を遡り
写友によれば、極最近開通したばかりらしい林道を
群馬県の沢入(そうり)へと抜ける事となった。
と、なれば又不動の滝の紅葉の様子見を、になる♪

地理院地図で確認してみると、ア、もうちゃんと繋がっていますね。
およそ1000mの峠越えになる。
出来たばかり感の強いキレイな林道を延々昇る、素晴らしいドライブウェーだった♪
その内世に知られると紅葉時期には長蛇の列になるやも知れず・・・今の内!
沢入に抜けるという事は、わ鐵、草木ダム、吹割の滝等・・・グルリ一周のドライブ旅に丁度いいのではと思うべな♪





by sdknz610 | 2017-11-20 13:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 19日

蓬莱山 紅葉最前線レポート(2)渓流に照り映えるモミジこそ♪

a0031821_12322328.jpg
2017.11.16  09:34
4sec -0.3EV F2.0 ISO200 85mm相当 WBオート 三脚
この時刻になって大戸川の渓流に朝の陽射しが入って来た。
周囲の紅葉が一斉に輝きを増すと、川面に照り映える一番のゴールデンタイムに突入だ♪

長秒時の画に挑戦!♪ 
川面の乱れが均されて、まったりとした不思議な光景になるのね♪


2.
a0031821_12401071.jpg
0.5sec -0.3EV F1.2 ISO500
これは同じアングルでシャッタースピードを0.5秒に早めたもの。
川面の動きが出て来るね。
この他色々なシャッタースピードで撮っているけど、代表的なものを上げてみたのでご参考になれば・・・。
何れにしろ、輝くモミジが川面に照り映える様は、将に桃源郷さながらといった風情だった♪


3.
a0031821_12454307.jpg
0.5秒露光で縦位置で切り取ってみた。
お気に入りです♪


4.
a0031821_12474795.jpg
09:08
3.2sec 0EV F1.2 ISO320 ND1000

渓流の岸辺をいいアングルは無いかと、ウロウロ(^-^;
主流から外れて鏡面に近い反射を呈する小さな川面に映える紅葉♪
とは言え、3秒越えの露光なので、細かい所は均されて
この色味を楽しむのみ♪


5.
a0031821_13481171.jpg
1/125 -1EV F5.6 ISO800
キラキラとさんざめく紅葉の照り映え
少しSSを速めたので水面で乱舞する様子が止まっている。これはコレでアリかも♪


6.
a0031821_13534491.jpg
8sec -0.3EV F5 ISO200
SSをぐっと遅くしてみた。川面はヌメッと平らかになり・・・
こんな紅葉の映り込みも面白いか♪


7.
a0031821_13575587.jpg
11:13
1/40 -0.3EV F5.6 ISO200 NDフィルターは外し
時は流れもうこんな時刻に(^-^;
それでも未だここには日差しは入って来ないんだけど、川面への映り込みは益々盛大になって・・・
手前紅葉を大ボケで入れて照り映えを狙った。


8.
a0031821_14025151.jpg
風で手前の紅葉が大きく揺らぐ。手持ちで連写を繰り返し、紅葉の配置が気に入ったものをチョイスしてみた。

蓬莱山の紅葉狩りは初めてで、平日ながら早朝暗い内に現着、
昼近くになったら小さな駐車スペースがギッシリ(^-^;
路駐多発の様相に・・・。土日だとどうなっちゃうの?なので・・・。

ここの紅葉を楽しむなら、やはり渓流の水絡みが一番のお勧めかと♪





by sdknz610 | 2017-11-19 15:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 18日

蓬莱山 紅葉最前線レポート 低速シャッターで渓流撮りは初めての経験だった

a0031821_10460242.jpg
2017.11.16
Pana G7 LEICA NOCTICRON 42.5mm F1.2 WBオート
5sec 0EV F2.5 ISO200 三脚使用 

栃木県佐野市の北方、山深い渓谷沿いにある紅葉名所の蓬莱山へ。
写友の案内で、早朝5時発、6時半現着。狭い駐車スペースも未だちらほら状態だ。
シーズン中は大混雑する様で、早朝作戦は大成功♪
とは言え、深い渓谷は薄暗く、先ずは何しろ初めての場所なので、ロケハンから始めたが、
渓流の流れ、もみじの色付きもイイ感じで、撮りたいポイント多数♪

今回は、開放でF1.2という大口径単焦点レンズで
渓流の流れをスローシャッターで流して撮ってみたかったというのが主目的だった。
そのために、ND1000という超真っ黒な(^-^;・・・NDフィルターを準備。
これだけ明るいレンズなので日中に絞り開放付近でとなると、
シャッタースピードが1/4000とか1/8000なんかになってしまうけど、
折角の明るいレンズを絞って使うのも面白くない訳で、
マアだから、NDフィルターが必須になるんだワ(^-^;
で、よりによって未だ暗い内から出来るだけISOを上げずに、スローシャッターでという
高難度撮影に挑む事を選択してしまったという自業自得・・・(笑)


2.
a0031821_11101831.jpg
1.3sec ;0.7EV F1.2 ISO800 WBオート
シャッタースピード、補正量、絞り・・・どうする?で試行錯誤を繰り返す。
デジタルカメラはこういう時に真価を発揮! 結果が直ぐ見られるなんて・・・ネ♪
次、どうするか?・・・直ぐ対策出来るから・・・。


3.
a0031821_11165026.jpg
1sec +0.3EV F1.2 ISO1000
岩の上に舞い散ったもみじの葉があるのと無いでは大違いだ♪

小さいながら奔流だ。高速シャッターで飛び散るシブキをという手もあるが、
今回はスローシャッターで流れを真綿の様に撮るのに集中(^-^;
露光時間は結果に敏感に反応する。
1/5sec位から長くて20秒位までどんどん試す・・・。
1秒前後に最適解がありそうな、というのは分かって来た・・・。


4.
a0031821_11243933.jpg
1sec +0.7 F1.2 ISO1250


5.
a0031821_11273984.jpg
0.5sec +1.0EV F2.5 ISO200
10時頃になってやっと日差しが渓谷に・・・。


6.
a0031821_11322904.jpg
2sec -0.7EV F1.2 ISO200 06:42
対岸の窪みに滞留する落ち葉。ゆっくり渦を巻いているのを見て・・・
どう表現するか試行錯誤だった(^-^;
この画は2秒を選択したが、他にも色々時間を伸ばしたり縮めたり・・・限が無いワ(^-^;


7.
a0031821_11391022.jpg
1sec -0.7EV F16 ISO200 10:15
この頃になってようやく朝陽が届き始め、随分明るくなって来た。


8.
a0031821_11425947.jpg
6sec 0EV F2 ISO200 08:56
この時刻、未だ暗い。
幸い風は殆ど無かったので向うのもみじが止まってくれた♪


9.
a0031821_11483088.jpg
1/200 sec -0.3EV F1.6 ISO200 09:58

渓谷がボトルネックになる所では小さい渓流も奔流となって・・・
ちょっとだけ高速シャッターで・・・
見た目に近い、ほとばしる流れになった。

こういう流れる水の態様を写し止めるにはシャッタースピードが決め手になるが
今回は色々勉強になった。
超高濃度のNDフィルターも長秒時露出にはいい具合だったと思う。

蓬莱山の紅葉は・・・まだまだこんなものでは無くて・・・
明日も続けます。





by sdknz610 | 2017-11-18 13:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 16日

朱に染まる・・・赤城自然園で紅葉ハンターやって来た♪

a0031821_19305179.jpg
2017.11.15
赤城自然園
ここのもみじとなると、私の標本木として、いろはもみじの高木が二本あるので
今回もその木に逢いたくて・・♪
ところが一本は既に殆ど落葉していて・・・
もう一本は、絶頂期だったという・・・木によって大きく季節の進行が違うもんだと・・・。
その元気なもみじの様子をメインにレポートします。

大きく枝を広げているので、その笠の中へ。
逆光に輝く紅葉が素晴らしくキレイだった。
そこら中が真っ赤に染まり、ホワイトバランスが異常を来すやもだったけど、イエ何も起こらず
素晴らしい紅色を忠実に再現してくれたOLYのE-M10を褒めておこうかと♪


2.
a0031821_20035095.jpg
レンズはOLYの9-18mmワイドズームだ。


3.
a0031821_19434125.jpg

4.
a0031821_20043210.jpg
枝を大きく広げて枝垂れていて、真っ赤なカーテンになってた♪


5.
a0031821_19465205.jpg
今季最高の真っ赤っかに出会えたゼ♪
それにしても大快晴に恵まれて・・・やはり燦々と降り注ぐお日様こそ紅葉狩りの最大の助演者だ。


6.
a0031821_19500270.jpg
紅葉ハンターにとって、こういう裏紅葉は絶好の獲物だ♪


7.
a0031821_19515492.jpg
せせらぎに溜まるモミジの落ち葉と手前ボケのモミジのコラボレーションを試みる。
上の#6とこの画はPanaのG7にLEICA NOCTICRON 42.5mm F1.2だ。
35mm版換算85mmになり、それも開放F1.2で撮ってるので
大きくボケるのを生かして、になる。





by sdknz610 | 2017-11-16 20:30 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 15日

赤城自然園の紅葉は・・・F1.2レンズを試す

a0031821_20362601.jpg
2017.11.15
赤城自然園へ紅葉狩りに行ってみた。
もうピークを過ぎたか? 間もなく閉園になるし・・・
晴れ間を待っていたんサ♪
昨日とは打って変わって快晴、無風の赤城自然園は
未だ緑のもみじと既に落葉したもみじが混在していて複雑だったけど、
丁度真っ盛りのもみじはかなりあって、行って良かったか♪

今日の主な目的はスーパワイドレンズで接近した画と、
開放F1.2という大口径単焦点レンズでもみじをどう撮るか、検証してみようと思って・・・
この画は18mm相当で、F5.6開放、補正はマイナス0.3、ISO200、1/60で。WBはオートだ。
OLY E-M10


2.
a0031821_21261020.jpg
せせらぎに被るもみじを
85mm相当のLEICA NOCTICRON F1.2開放で、
ー1EV ISO200 1/1600 WBオートで撮っている。

極めて薄い被写界深度は何処にピンを置くか細心の注意が必要で、
その上で主目的の背景のボケ味を見てみたかったけど、これは素晴らしいナ♪
Pana G7

今日は二台態勢で。何れも手持ちで。

膨大なコマ数になってしまい、今日は帰宅後、飲み会へ・・・
本格的な画像処理は明日以降に、なんだけど、
20時過ぎ帰宅したので、やっとこの二枚を先行してアップします(^-^;

赤城自然園のもみじは今週一杯位はいいのではと思います。
19日の日曜日で晩秋の開園は終了して、来年4月1日の開園までお休みになります。
お急ぎ下さい!♪

尚、サポータ特別開園日は
2018年は1月21日、2月18日、3月11日予定になってます。





by sdknz610 | 2017-11-15 22:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 11日

床もみじの宝徳寺は枯山水の石庭も見どころ♪

a0031821_15255100.jpg
2017.11.9  10:39
宝徳寺の境内では日差しを浴びて真っ赤に輝くモミジが♪


2.
a0031821_15531218.jpg
枯山水の庭園があるとは!
京都行かなくても済みそう・・♪。


3.
a0031821_15560307.jpg


4.
a0031821_16025313.jpg

5.
a0031821_16041189.jpg
枯山水は縁側に座ってジッと静かに鑑賞するのが基本・・・なんでしょうが
撮るのに夢中とは・・・(^-^;


6.
a0031821_16063701.jpg


7、
a0031821_16071430.jpg


8.
a0031821_16081296.jpg
天下禅林

「人材を広く天下に求め育成する禅寺」を意味する、というものらしい。

臨済宗建長寺派総本山で鎌倉五山の第一位「建長寺」の西外門に掲げられている額にあるそうですが・・・。


9.
a0031821_16225333.jpg
最後にもう一枚
半額縁紅葉を
これにて宝徳寺の紅葉物語を終わりとします。
又来年、春には牡丹三昧をと思っております・・・。







by sdknz610 | 2017-11-11 17:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 10日

これぞ「床もみじ」の極楽浄土♪・・・宝徳寺の「床もみじ」を見るなら今が一番です!

a0031821_11433763.jpg
2017.11.9
「床もみじ」で有名な桐生市川内町の山裾にある宝徳寺。
吹割の滝を撮った6日は最後にここ宝徳寺へ写友が廻ってくれて、
床もみじ三昧で堪能出来たが、その画をカミさんに見せたら、是非!となって・・・
9日の快晴を狙って再度訪れた。
10時を廻っていたが、見学者は僅かで・・・ほぼ撮り放題状態だった。
将に紅葉真っ盛りの極楽浄土を再見させてもらいました♪

宝徳寺は臨済宗建長寺派の禅寺。創建は1450年頃と、パンフにあります。
江戸中期に当山17世天渓和尚が鎌倉五山筆頭の建長寺の管長を務めたとも。


2.
a0031821_11582770.jpg
紅葉を鑑賞する方法と言うか、環境は様々だけど、
床もみじは・・・そうそう見られない訳で・・・
昔、京都の紅葉を毎年見に行ってた中で、岩倉の実相院の床もみじを見てビックリだったのを思い出す。
あ~でも・・・あそこは写真撮影厳禁!という(泣) 拝観料も800円だったか・・・
それに比べて、ここ宝徳寺の床もみじの方が素晴らしい! 五つ星だ(^_-)-☆


3.
a0031821_12081603.jpg
禅寺で、決して華美では無いものの、
こういう自然界の生き物の美しさはどんな装飾にも勝る!のではないかと・・・♪
暫し茫然たる時を過ごせますよ♪
紅葉を鑑賞するのに、こういう見せ方があるとは・・・という思いだ。


4.
a0031821_12125708.jpg
床もみじをどう撮ればいいものやら(^-^;
今回は敷居を境に上下別世界を合わせてみようかと・・・
レンズを出来るだけ低く、床に置く感じで撮っている。


5.
a0031821_12155758.jpg
これは真ん中の柱で真っ二つに割り、周りの枠も無し!を狙った。


6.
a0031821_12175711.jpg
カメラの高さをどうする? チルトをどうする? 周囲をどれだけ入れ込む?
どんどんシャッターを切るが・・・面白くて限が無い(^-^;


7.
a0031821_12211739.jpg
床の照りも表現したいが、これはかなりの難物だ(^-^;


8.
a0031821_12230784.jpg
床もみじと畳と・・・逆さの世界♪


9.
a0031821_12245730.jpg
境内のもみじは真っ盛りだ♪

宝徳寺のもみじ・・・見るなら今!♪
ぼちぼち落葉が始まってるので・・・。
晴れた日がお勧めですが・・・。

6日の吹割の滝撮影行の後、色々廻ったのを順番でと思ってましたが
一番最後の宝徳寺を先に上げます。
今が将に旬!なので・・・紅葉が散る前にご紹介しておこうかと・・・。
明日もこの続きの予定です。


by sdknz610 | 2017-11-10 15:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(6)
2017年 11月 08日

紅葉は水絡みがイイと思う・・・滝は吹割れ 片品渓谷♪

a0031821_15110952.jpg
2017.11.6 6:35
片品渓谷「吹割の滝」 
未だ朝陽が滝まで来ていない。片品川の水量は思っていたよりずっと多い感じ。
渓谷を囲む山の紅葉は・・・丁度いい時に来たな♪


2.
a0031821_15170510.jpg
片品川の川底が斜めに大きく割れて、その割れ目に上流からと、回り込んで下流からも
激しい勢いで落ち込む様が日本のナイヤガラと言われる所以。
もうもうと舞い上がる水煙りも見ものだ。
手前緩やかな流れに映り込む対岸の紅葉を狙ってみた。


3.
a0031821_15272815.jpg
岩棚を歩いてみると、所々に丸い窪みがあり、溜まった水に落ち葉が散らばり、対岸の紅葉が映り込んでいた。



4.
a0031821_15301634.jpg
こういう水溜まり紅葉は我が一番の狙い目♪


5.
a0031821_15314767.jpg
対岸の屹立する岩と紅葉の取り合わせはこの時季ならではの絶景だ!


6.
a0031821_15344695.jpg
異形の岩肌と紅葉!
ここを行ったり来たりして・・・日差しの角度によって見え方が変わって来るので
昼近く迄、飽きもせず。


7.
a0031821_15380645.jpg
トンガリ頭の宇宙人と見紛う岩が・・・こっちを見ている(^-^;
そこに水鏡紅葉を絡めてみた♪


8.
a0031821_15410732.jpg
その宇宙人に向かって・・・。


9.
a0031821_15422754.jpg
上流の吹割大橋にも日差しが・・・。

日差しが渓谷に射し込んで来ると一段と紅葉が映え・・・将に絶景だ!♪

群馬県沼田市利根町追貝の片品渓谷・・・
「吹割の滝」は有名なれど、「群馬県」というのが認知度が低いみたいで・・・
でも群馬県には素晴らしい絶景ポイントが一杯ありますよね♪
是非! 先ずは「群馬県」を・・・覚えて下さいネ!

さてさて、更にダイナミックな吹割の滝の様子は明日お伝えしたいと思います。






by sdknz610 | 2017-11-08 17:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 07日

「吹割の滝」紅葉最前線・・・行くなら今でしょ!♪

a0031821_11513285.jpg
2017.11.6(月曜日)
9時半を廻ってやっと陽が差し込んで来た。
超定番ショットなんだけど・・・こうなるのを3時間以上待ってたのヨ(^-^;

この朝、午前4時に写友の車で沼田市の名勝「吹割の滝」へ紅葉狩りに出掛けた。
6時現着。途中、山の中でマイナス2℃という車の外気温計の表示!
吹割の滝に停まっていた車のガラスの夜露が凍ってビッシリ・・・。
ほぼ完全冬装備で臨んだが、とは言え靴下は履かず素足スニーカ仕様は相変わらず(^-^;
駐車場は何処も殆ど車は無し。
全く雲が無いという宇宙に直結したような快晴だった♪
昼前に撤収して次へ向かうが、もうその時は道路も渋滞気味、駐車場も空きが少なく・・・
何れにしろ、朝早い行動をお薦めします。

今日はこれだけ・・・m(__)m
膨大なコマ数の精査が未完で・・・今日はこれから伊香保温泉へカミさんと出掛けるので
ゆっくり画を選んで、という事が困難(^-^;
なので、吹割の滝の紅葉の続きと、その後アチコチでカメラを振り回して来た結果等を
明日帰宅後、順次更新する積りです。

何れにしても、吹割の滝へお出掛けになるなら、今ですよ~~~♪
実に見事な紅葉を楽しめますので・・・。

上毛カルタに謡う
「滝は吹割(ふきわれ)片品渓谷」
日本の滝百選にも。
群馬県では草津町の「常布の滝」と渋川市の「棚下不動の滝」が選ばれていますね。
お天気も今なら最高ですね!♪






by sdknz610 | 2017-11-07 13:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)