カテゴリ:祭り 郷土芸能( 10 )


2017年 02月 05日

足利市・鑁阿寺立春会(2)・・・いよいよ武者行列&魔滅播きが♪

いよいよ武者行列が迫って来た。立春会の露払いが静々と♪ 午後7時22分。
征夷大将軍足利尊氏公銅像前で今や遅しとジッと待つ事1時間超だった(^-^;
a0031821_10475196.jpg
1/20 F5.6 ISO10,000 0EV 200mm相当 三脚 Pana G7 LUMIX G VARIO 45-175mm
ノーフラッシュ派なので・・・SS遅いし、ISOが高過ぎでどうかな?だったけど、何とか見られるかと(^-^;
ここでフラッシュは雰囲気台無しになりそうなのさ。
歩きに合わせて追い写し気味に撮っている。連写しているが、このコマだけ何とかだった(;´・ω・) 歩留まり悪し♪

2.
a0031821_10570234.jpg
祭り囃子保存会の太鼓、鐘が響いて祭気分を盛り上げてくれる♪ 尊氏公銅像前の広場。

3.
a0031821_11005306.jpg
1/15 F2.8 -0.3EV ISO1000 WBオート 24mm相当 Pana GX7 OLY M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm 1:2.8 三脚 
次々と行列が通り過ぎて行く。尊氏公銅像前で一礼して鑁阿寺へ向かう。
この道では見学者は道路の東側のみにロープ規制される。
地元のボランティアの大勢の人の協力が無いと、こういうイベントの成功は覚束ないなと思った。

4.
a0031821_11101382.jpg
1/10 F2.8 -0.3EV ISO1000 WBオート 24mm相当 三脚
Pana GX7 OLY M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
更にSSを落としてみた。三脚の水平パンのみで動くのを追うが、殆どがボツ(;´・ω・) 
動きを出したかっただけだけど、難しいワ(泣)

5.
a0031821_11153394.jpg
エイエイオ~と勝鬨を♪ 少年誠心隊だ。
設定は同上だけど、誰かさんのフラッシュが同調しちゃったのよ♪ 
やはりフラッシュは自然とは行かないな。記録としては是非必要かもしれないけどね。

6.
a0031821_11211467.jpg
1/20 F5.3 0EV ISO 8,000 WBオート 230mm相当 三脚 Pana G7 LUMIX G VARIO 45-175mm

武者行列を延々撮っても仕方ないなと・・・鑁阿寺へ移動する事にした。
先ずは山門前の太鼓橋を渡る武者を・・・。
六丁目から歩いて来て一時間程経っている。皆さん少々お疲れモードかな?♪ ご苦労様です!

7.
a0031821_11294350.jpg
設定は同上

8.
a0031821_11305711.jpg
1/20 F4.5 0EV ISO6400 WBオート 130mm相当 Pana G7 LUMIX G VARIO 45-175mm

ワっ! 長刀女子軍団!♪

9.
a0031821_11355211.jpg
19:45 
Pana G7 LUMIX G VARIO 45-175mm 三脚は最早邪魔♪ 手持ちで
1/20 F4.7 0EV ISO4000 140mm相当で

鑁阿寺本堂に武者行列の全員が終結(299名だとのアナウンスあり)。これから豆撒きが始まるが、皆さん少々緊張気味だ。

山門で武者行列を撮った後、本堂前へ行ってみると・・・人人人の波(;´・ω・) あの広い境内はギッシリの大混雑に♪
前へ行って豆撒きを撮ろうにもどうしょうもないじゃん!だったけど・・・
頑張った結果、何とか本堂の脇にポカッと空いた隙間を発見!♪ 
大喧騒の中、まるで真空地帯みたいに誰にも迷惑掛けずに、誰からも邪魔される事も無さそうな理想的なホットスポットだった(^_-)-☆
ビッシリと本堂前の階段、欄干を埋める武者軍団。
その中にさっきの長刀美女軍団を発見したので撮らせてもらう(;´・ω・)

10.豆撒きが始まった!♪
a0031821_11525570.jpg
1/25 F2.8 -1.0EV ISO1000 WBオート 三脚は邪魔になりそうなので手持ちで
豆の軌跡を撮れればと、1/25でやってみた。これはね~相当難しいというのが分かった(^-^;

豆の軌跡が点々になってる。これは50HZで点滅してるLED照明が多かったからだと思う。

Pana GX7、レンズはOLYの12-40mmPROというヤツだけど、ちょっとびっくりなキレイな画が出て来たよ♪
いいレンズはこういう所で差が出る・・・みたいな。

11.
a0031821_12080195.jpg
豆を撒く人が一番嬉しそうだった(笑)
笑顔はイイ!♪ 

12.
a0031821_12101719.jpg
皆さん豆を欲しくて手を伸ばして・・・♪ この豆を手に出来れば・・・宝籤も行けるかな?ナンテ事考えちゃあダメだろうな(;´・ω・)

13.
a0031821_12122318.jpg
お母さんが紙を折って作った箱を翳して豆をゲットしようとする子もいたな♪

14.
a0031821_12141134.jpg
そろそろ枡に入っていた豆が底を着いて来たみたい♪ それでも笑顔笑顔の美女二人♪

15.
a0031821_12155226.jpg
最後の豆をブン撒くお父さん武者♪ 笑顔笑顔が一番だ!

そんなこんなでいよいよ春近し。今年もいい年になりますよう!♪
季節の変わり目の節分会でしたが、みなさん体調には十分お気をつけてお過ごし下さい。
花粉が・・・すごい事になってるし・・・何とか無事に切り抜けたいものです。





by sdknz610 | 2017-02-05 15:00 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 04日

足利市・鑁阿寺立春会(1)・・・の前に「足利学校」へ。雪洞の行列が良かった♪

2017.2.3 足利市・鑁阿寺(ばんなじ)で立春会があり節分会の豆撒きもやるというので出掛けてみた。
武者行列も狙い目だったが、何れにしろこの行事を見るのは初めて(;´・ω・)
足利市内の近場に駐車場の確保は難しいとみて、早めに、午後5時に目指す無料駐車可能な所へ行ってみたが、
既に満車!(泣)
保険で考えていたもう一つの駐車場へ廻ってみたら、何とか潜り込めた(;´・ω・)

武者行列が始まるのは午後6時半、鑁阿寺に行列が到着するのは午後7時半、
それから豆撒きなので帰宅は午後9時頃になりそう。これから4時間立っ放しになる(^-^;

早く着いたので、鑁阿寺へ行く前に先ずは足利学校へ立ち寄ってみた。
ここもまともに訪れるのは初めてという(;´・ω・) 隣町だけど、足利市もまるで良く分かっていないのだ♪

足利学校の周囲を巡らすお堀を望む。夕間暮れの微妙な光の中、日中に見るのとは大分様子が違ってキレイだわ♪
ここは去年の3月迄、仕事で朝早く通勤してた道だったけど、こういう時間帯は初めてで、なかなかネいい感じだ♪
a0031821_15360499.jpg

2.
a0031821_15391147.jpg
学校門前の道の脇に雪洞がキレイに並んでました♪

3.
a0031821_15410134.jpg
紅梅が咲いてました♪

4.
a0031821_15581181.jpg

5.
a0031821_16121169.jpg
印象的な雪洞の列・・・どう撮ればいいのやら(^-^;

6.
a0031821_16134251.jpg

7.
a0031821_16142324.jpg
いよいよ鑁阿寺が。山門を潜って広大な境内に入ります。

8.
a0031821_16151164.jpg
威風堂々の山門。鑁阿寺のシンボル♪
昼間とは大違いの印象♪

9.
a0031821_16163206.jpg
鑁阿寺・多宝塔。昼間はこんな風には見えないんだけど・・・♪
ハイダイナミックモードで。そうでないと手前は殆ど黒潰れで、画にならないので・・・。

10.
a0031821_16172284.jpg
鑁阿寺本堂におびんずる様が鎮座しておられます。
十六羅漢の一人、自分の悪い所をお賓頭盧様の同じ所を撫でると立ちどころに治るという・・・。
奈良・東大寺大仏殿にもありますね。大昔行った時に出会っていた事を思い出しました。

さて・・・武者行列は未だなのか? 待ち遠しい♪





by sdknz610 | 2017-02-04 17:00 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 15日

足利市・虚空蔵尊繭玉祭り

お炊き上げ
a0031821_1633541.jpg
2017.1.13。足利市・徳正寺虚空蔵尊で繭玉祭やってるとの事で、写友に連れていってもらった。
去年の大晦日に館林市・茂林寺へキャンドルロードイベントを撮りに行ったけど、お祭りって難しいと思っていて
今回も勉強しようと恐る恐る・・・(;´・ω・)

先ずは旧年のダルマなどを持って来てお炊き上げしてもらう所を撮らせてもらったのを・・・。
こういう、恰も龍神が舞うが如き炎の風情は好き♪ 
SSは1/250で。ISO200、F5.6,マイナス1.0EVで。

この後は、撮影時刻に拘らず並べてます。ご笑覧下さい。

2.
a0031821_1644312.jpg
炎に拘ってます(;´・ω・)♪

3.
a0031821_1645420.jpg


4.
a0031821_16452393.jpg


5.
a0031821_16454233.jpg
燃え上がる炎をモチーフにどう画面に取り入れるか? 結構悩みます(;´・ω・)

6.
a0031821_16481359.jpg
後は普通にお寺さんだわ♪

7.
a0031821_1649865.jpg


8.
a0031821_1649241.jpg


9.
a0031821_16493913.jpg
オッと! 白梅が♪ 
直ぐ傍で紅梅も咲いてました!♪

10.
a0031821_1651593.jpg
15~30mm相当のワイドズームも持って行ったので・・・
どんなレンズにせよ、何を撮るにしても・・・寄るか? 引くか?の・・・どっちにするの?と自問して(;´・ω・)
これが中途半端だと出て来る画は何撮ったの?になるのかな~と、何時も悩んでるのよ(笑)

基本、こんな広角レンズの場合、一歩前へ!というのを心掛ける様にしてるんだけどね・・・。

11.
a0031821_17291823.jpg

お念仏を唱えながらのお坊さん達を。

12.
a0031821_16574773.jpg
HDRの試し撮り。手持ちでは本当はいけないんだけど・・・(;´・ω・)
このカメラでは自動で露出を変えて3枚連写をやって、合成した画が出て来る。
微小な位置の狂いもカメラ内で修正やってくれるのが面白い。
手前の黒潰れがかなり回避出来るので、状況によってはHDRも使えそうかな?♪

13.
a0031821_1722148.jpg
お祭りの出店・・・何が面白いかって・・・こういう極彩色の色が溢れているからね~♪
どうしてもシャッター押しちゃうわ♪

14.
a0031821_174535.jpg
繭玉。

15.
a0031821_1743335.jpg
裸電球に浮かぶ目玉達♪ 色んなキャラクターのお面がズラリ!に興味惹かれて♪

今回はPENTAのK-5に10-20mmワイド
Pana G7に12-40mmの標準ズームの二台で臨んだ。
#5,6は10秒近いスローシャッターで、三脚必須の画。それ以外は手持ちでだった。
トリミングは周辺を少しという画もあるけど、殆どはノートリです。
凡そ三時間程で二台合わせて1300枚程になっていた(;´・ω・) 炎絡みは連写を多用してるからか・・・。

お祭りは普段の生活では無縁の豊富な色が溢れていて、そこんところが一番の魅力かもと思った。
人々の動きも撮ってみたいけど、それが一番の難題だ(;´・ω・)

虚空蔵尊、足利市役所の直ぐ西側斜面にあります。駐車場は市役所のを♪




by sdknz610 | 2017-01-15 18:00 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 17日

猿田彦大神が舞う!太田市新田松尾神社の奉納神楽は何時もの定番♪

2016年10月16日(日曜日)は太田市新田の松尾神社で秋の奉納神楽が催され、毎年の事ながら又撮影に出掛けてみた。
主たる目的は・・・やはり猿田彦大神のアノ面と衣装って事で♪

今回は85mm相当になるNOCTICRON F1.2と90~350mm相当の中望遠ズームの二本で
異形の神の面構えを画面一杯になる位で撮ってみようと思ったんだけど・・・

1.
a0031821_19362642.jpg
flash did not fireです。
ほんの少し周囲をトリミングしてます。
SSは1/50で。
お面は止まって、ただ腕の動き等はブレるようにという訳なんだけど、
歩留まりは非常に悪く殆ど全体がブレてしまい・・・そりゃそうだろうよ・・・当たり前だよね(;´・ω・)
基本、ピタリお面の目が止まっていないと使い物にならないもんだから・・・。

2.
a0031821_19442654.jpg
1/50で(;´・ω・)

3.
a0031821_1945148.jpg
これも1/50で。左へサ~っと動く猿田彦を追い掛けてます。

4.
a0031821_1947231.jpg
1/50で。
何れにせよ猿田彦の比較的ゆっくりとした舞の動きを出してみようと、毎年狙いは同じ(;´・ω・)
比較的スローシャッターで適度にブレるのを期待して・・・
実のところドキドキしながらの撮影になってます(^-^;
直ぐ再生してみて、アレマ!これじゃあダメじゃん!と・・・気を取り直して、又連写の嵐に(笑)

5.
a0031821_1953432.jpg
「ひょっとこ」が出て来てユーモアたっぷりの演技を見せてくれるんだけど、
毎回撮ってはみるものの、これが結構難物で・・・まだまだあの雰囲気を定着するまでには至っていないんだよね(泣)

6.
a0031821_19561567.jpg


7.
a0031821_19564932.jpg
「ひょっとこ」が出て来ると子供たちが大騒ぎになって・・・
お供えの菓子なんぞを投げたり、舞台に張り付いて手を出す子供に分けたり・・・
こういうお祭りの定番シ~ンは見ていて楽しくなるんだけど、撮るのは一苦労。
まだまだ出来も良くないし・・・又次だな(;´・ω・)  
来年の春の奉納神事にはきっと・・・ナンテ(;´・ω・)

他にも色々な神様が出て来るけど、メインはどうしても猿田彦大神に♪
この神様を撮るのは面白い!♪
この異形に惹かれて(笑)




by sdknz610 | 2016-10-17 20:15 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 17日

八幡大神が舞う・・・春祭り神楽奉納

2016.4.17は太田市新田小金井町「松尾神社」の春祭り。
ここの奉納神楽を撮りたくて、このところ春と秋の祭りは毎回訪れているが、
今日は強風と、パラつく雨の中、定刻通り始まって、
今日の課題はこれまで旨く撮れていない八幡大神の舞をどう撮るか?だったけど、
4Kフォトで細かい動きを具に記録してその中から、という事で挑戦!(^-^;♪
幸い雨は直ぐ上がって、青空が。
そして、今日はこの一枚を・・・
a0031821_22253881.jpg
Pana G7 
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 9-18mm
一脚使用
トリミング若干
SSは1/60で
F4
ISO200
-0.3EV
WBオート

未だ整理が出来ていなくて、取り敢えずの一枚をアップ(^-^;
祭り、と言うかこういう地元の神社の行事だけど、難しいもんだと・・・又次の課題が山程(^-^;




by sdknz610 | 2016-04-17 22:45 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 22日

八幡大神の決めポーズ集♪・・・松尾神社奉納神楽

昨日の猿田彦の舞いに続いて、本日は八幡大神の舞いをご覧下さい。
所々で見せ場がありますね。
決めポーズ!♪

1.
a0031821_11392359.jpg
PENTAX K-5にSIGMAの10-20mmワイドズームレンズで。
SS優先で1/160です。
決めポーズを一応きちんと止めたくて、ちょっと早めのSSで。
舞台の縁にへばり付いて・・・畳ギリギリの高さから、見上げるアングルになります。
この時の距離は・・・近い!ですよ~! 八幡様の左脚爪先がレンズフードに触りそうだった!(ちとオーバだけど)(^_^;)
フラッシュは焚かず自然光のまま・・・。
K-5も久し振りだった。このスーパワイドを付けっ放しで放ってあったけど、こういう時の出番しか無いんだよね(^_^;)
でもちゃんと働いてくれて・・・良かった~・・・(^_^;)

2.
a0031821_11435268.jpg
1/250で。
南から強烈な日差しが・・・まともにレンズに入って・・・ゴースト、ハローが盛大に出てしまったけど構わず・・・
ちょっと普通じゃない画像になってしまった(^_^;)

3.
a0031821_11531468.jpg
1/50で。
八幡様の弓の取り扱いがポイントだと思って、連写の嵐を浴びせた(^_^;)
弓と、面と、決めポーズのバランスが難しくて・・・いい感じの画がとても少ない(泣)

4.
a0031821_11575139.jpg
1/125。

5.
a0031821_11582670.jpg
1/125。

6.
a0031821_1159411.jpg
1/125。

7.
a0031821_122062.jpg
1/125。
スクウェアにリサイズしてます。

8.
a0031821_124348.jpg
1/125。

9.
a0031821_1245545.jpg
1/100。

10.
a0031821_1253384.jpg
1/50。

八幡様のお面も、見る角度、仕種の変化で表情が変わって見えるのね。猿田彦の面でも同じ様に感じたけど、
作者不詳なれど、何しろ素人目にも変幻自在の表情をした素晴らしいお面だと思ったよ♪
幾世代も受け継がれて来た様で、昔の職人の匠の技だと思うのさ。

松尾神社の奉納神楽・・・何やら背中に憑いたんではなかろうか?♪・・・いい気分で家路に♪
確かにここは・・・パワースポットに違い無い!・・・んじゃなかろか(笑)

歌舞伎にも決めポーズがあるみたいだけど、ルーツはこういう古くからの伝統芸能なんだろうね。
そこから進化したものに違いない・・・素人なので全くの想像にすぎませんが(^_^;)

八幡大神は・・・全国各地にある八幡宮の主祭神として祀られている武道の神様で、
品蛇和気命(ほんだわけのみこと)で応神天皇のことだそうです。
この日は八幡大神が弓矢を引いて四隅の災いを祓う舞い、という事でした。

舞台が北向きの神楽殿は、舞いを撮るには暗いんだよね・・・
マア鳥を撮るのと違って速いSSは不要なのでISOを上げずにスローシャッターで動きを・・・というのにはとても具合がいいんだけど
でも何しろ歩留まりが悪いのは覚悟が要る。
バッテリとメディアの予備は必須!・・・と、思っていたけど、K-5もE-M10もバッテリは交換せずに済んでしまった♪
フラッシュも使ってみたシ~ンもあるけど、どうも不自然な画になってしまい、こういう所では自然光のみで行こう!と決めた♪

次は来春、桜の時期の奉納神楽を撮らせてもらおうかと、カレンダーにチェックを入れてある♪
2015.4.19日曜日だ。

by sdknz610 | 2014-10-22 15:00 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 21日

猿田彦大神の舞いをNOCTICRONで撮ってみたら・・・

10月19日(日曜日)は、太田市小金井の松尾神社の神楽奉納の見学に行ってみた。
ここは去年初めて案内されて、奥深い郷土芸能と言うか、神社の神楽の奉納とは。。。と言うものを見て感動して・・・
今年も又このパワースポットで何かにとり憑かれて欲しかったのさ(笑)

狙いは・・・猿田彦大神(さるたひこおおかみ)の舞い! 
去年最も印象が強かった神様で。。。マ、去年の反省もあって、リベンジ!という面も(^_^;)
その優雅な舞いを何とか定着してみたくて・・・以下、ご笑覧いただければ幸いですm(__)m

1.
a0031821_2031265.jpg
K-5+10-20mm
30mm相当で。SS=1/20

2.
a0031821_2033830.jpg
E-M10+LUMIX LEICA NOCTICRON 42.5mm F1.2
85mm相当で。SS=1/30
フラッシュは焚かず自然光のみ。
手持ち

以下も、NOCTICRONです。

3.
a0031821_2034340.jpg
SS=1/30

4.
a0031821_20342232.jpg
SS=1/30
この画は、
2014年第34回「太平記の里」フォトコンにて入賞となったものです。2015.1.30に通知がありました。
応募総数 383点
入賞7点
入選10点(これに該当です)
佳作20点
審査 フジカラープロフォトセンター

5.
a0031821_20371461.jpg
SS=1/30

6.
a0031821_20375986.jpg
SS=1/50

以上トリミングあり。

今回のテーマは、スローシャッターで猿田彦の動きを表現してみようと・・・ま、去年と狙いは同じなんだけど(^_^;)
それと・・・今回はm3/4のE-M10に、LUMIXのNOCTICRON 42.5mm F1.2という超弩級の明るいレンズで
暗い舞台で舞う異形の面をした猿田彦がどう撮れるのか?を試すのも目的だった。

SS優先で、1/30や1/15等で色々撮ってみたけど、結果1/30の画がいい具合だった。
適度な被写体ブレが出て、ゆっくりした動きの舞いには丁度良かったみたいだ。
1/15だと・・・異形の面が止まるというのが是非必要なんだけど、歩留まりが・・・ダメだった・・・これは又来年の課題になる。
1/50だと止まり過ぎという事に・・・。

K-5に10-20mmのスーパワイドという組み合わせは、これも舞台の裾にへばり付いて接近して撮るのは
極めてワクワクドキドキものでして(^_^;)

マア、でも・・・どうやらNOCTICRONのスーパな写りは・・・将に驚異的!という印象だ。
解像度も桁が違う! ヌケがいい!・・・
こういう画像が出て来るというのは、写真はやっぱりレンズで決まる!というのが実感だ♪

猿田彦という、天狗の先駆けと言われる高い鼻のこの面構えが好きで(笑)・・・他のどの神様より撮るのに力が入るのサ♪

太田市新田町指定重要無形民俗文化財の「小金井 太々神楽(だいだいかぐら)」について、
生品地区生涯学習推進事業「小金井太々神楽」観賞資料によれば、

猿田彦大神・・・さるたひこおおかみは、
身長が高く、顔は赤く、鼻が大変高くて、眼は大きくて、その輝く様はほおづきの様であったといいます。
てんそんににぎのみことの天降りの際には、道案内の役目をした天狗面の神様です。
また、ににぎのみことに随行していたあめのうずめのみことと夫婦となり、子孫は、代々芸道の家系とされています。

だって・・・♪

それはそれとして・・・今回NOCTICRONを本格的に使ってみたけれど、その格別に高性能な一面が判ったのは大収穫だったかな♪
E-M10との相性もいい感じだし・・・m3/4もその軽量コンパクトと相俟って、もはやミラーレス一眼の時代!とうのはホントかもね♪

by sdknz610 | 2014-10-21 22:00 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(2)
2014年 07月 21日

夏祭り・・・太田市・沖の郷町・八坂神社祇園祭り(2)

地元の祇園祭り。続きを・・・・
京都の祇園祭りは今日宵山なのか? こちら一足お先に♪

前日までに山車を納めている建屋から予め曳き出されて夫々三地区で待機中だった山鉾が引き寄せと言う事で
広大な祭り広場に集結する巡行の様子を追い掛けて撮ってます。今日は続きをご覧頂きます。

1.
a0031821_10132281.jpg
E-M10 1/15 0EV F4 ISO2000 9mm

2.
a0031821_10192447.jpg
E-M10 1/15 0EV F4 ISO2000 9mm

3.
a0031821_10194955.jpg
E-M10 1/15 0EV F5.6 ISO2000 18mm

4.
a0031821_10201165.jpg
E-M10 1/15 0EV F5.6 ISO2000 18mm

5.
a0031821_10203413.jpg
E-M10 1/15 0EV F4 ISO2000 9mm

6.
a0031821_1021862.jpg
E-M10 1/15 0EV F4 ISO2000 9mm

7.
a0031821_10213618.jpg
E-M10 1/15 0EV F4 ISO2000 9mm

8.
a0031821_10215584.jpg
E-M10 1/60 0EV F4 ISO400 9mm

9.
a0031821_102435100.jpg
D7100 1/30 -0.7EV F6.3 ISO800 50mm

10.
a0031821_1025163.jpg
D7100 1/30 -0.7EV F5 ISO800 65mm

11.
a0031821_10254391.jpg
D7100 1/30 -0.7EV F3.5 ISO900 24mm

12.
a0031821_10261239.jpg
D7100 1/30 -0.7EV F5.6 ISO900 90mm

13.
a0031821_10264014.jpg
D7100 1/30 -0.7EV F5.6 ISO800 180mm flash Fire

14.
a0031821_1027572.jpg
D7100 1/10 +0.3EV ISO1600 24mm flash fire

主要データ添付してますが、レンズ焦点距離は35mm版相当の換算をしてないレンズ表記数値です。

今回の機材:
①OLYMPUS OMD E-M10 
+OLYMPUS DIJITAL 9-18mm 1:4-5.6 ED MSC 
+LEDランプ(NIKON LD-1000)

②NIKON D7100
+AF-S NIKKOR 24-120mm 1:3.5-5.6 G ED VR
+外付けフラッシュNIKON SB600

尚、三脚は持って行かず。オール手持ちです。

今回の祭り撮りで意図した事は、スローシャッターで被写体をブラしてみようと言う事でした。
動く人等、ここ!という所を画面上は外さない様追い写しです。

左手で傘差しながらの右手だけのショットが多くなって・・・マアでも手ブレで完全NGという画はほんの少しだけで済んでます。
フォーカスはAF-S、AF-Cを使い分けてますが、基本はAF-Sで。
片手ではマニュアルフォーカスが出来ません。AFの進化が有難い!♪

二台体制で合計900枚超撮ってました(^_^;)

ミラーレス一眼は軽くて、片手持ちを多用する状況でしたが右手が音を上げる事も無く楽々でした♪
EVFは覗かず、背面モニターでのショットだけで・・・
一方D7100の方はOVFだけという♪ ライブビュウは何だか使い難くて・・・
今回二台で撮り較べてみたら、もうミラーレスでいいじゃん!という時代になったかな~・・・でしたよ♪

尤もD7100は捨て難い所もあるし・・・どうこうする気もありませんけど♪

by sdknz610 | 2014-07-21 15:00 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(2)
2014年 07月 20日

夏祭り:太田市沖の郷町八坂神社祇園祭り

7月19日。隣町で祇園祭りがあると言う事でフォトクラブのメンバーと撮りに出掛けた。
聞けば300年の伝統があり、三年毎で100回目?!・・・エ~そんなお祭りがあったのね!自分の町の事を知らない私(^_^;)
京都八坂神社と同じ、鉾とお囃子の巡行があると言う・・・それも日暮れてからだから、提灯の灯で面白い被写体になりそうな予感だった。
ア~しかし・・・何と言う事だ。雷雨性の雨が勢いを増して・・・午後7時に開始予定が一体どうなるだろう?と・・・
午後5時前からジッと雨が止むのを待っていたんだけど・・・一旦治まるかに見えても又ザ~っと降り出して・・・
でも引き上げる気は無く、雨でも撮影を敢行すべく・・・祭典本部の決断を待つ事に。
午後7時、決行するとのアナウンスが!♪

1.
a0031821_16413195.jpg
見上げる様な巨大な鉾。雨が止まずブルーシートは屋根に掛けたまま、山車の引き寄せで出発となる。
お飾りも夕闇に映えて立派なものだ。

2.
a0031821_16433194.jpg
山車の方向転換がものすごく大変な事が分かった。
昔はこの重い山車を持ち上げるのにどうやっていたのか?
梃子と太い長い丸太で持ち上げて車輪の方向を微妙に変えるという作業は今回もやっていた。
後、油圧ジャッキも使っていたけど。

3.
a0031821_16525930.jpg
山車は一旦動き出すと速い!♪
追い掛けながらの撮影になる。それも傘差しながらの片手撮りだよ(^_^;)
フラッシュではなく、LEDランプを使ってるけど、ちょっと距離があると殆ど役立たずな感じ(泣)

例えばこの画ですが、
7/19 19:23 SSは1/10 +1.0EV F4 ISO1000で。
雲の切れ間から少し青空も覗いています。電球の入った提灯の明るさに引き摺られてカメラはアンダー方向へ引っ張るので
ライブビューで確かめながら補正をプラスにしています。でないと、空も周りも真っ黒になってしまいます。

SSは山車や人の動きをブラす目的で意図的に1/10を選択しています。これ以上スローだと手ブレも半端じゃなくなってしまうので・・・。
OLYMPUSのE-M10ですが、手ブレ補正は強力♪
レンズは9-18mmという魚眼ズームです。今回はこのレンズ持って来て良かった~です♪
これで手持ちでも易々の軽さが◎ですよ。

4.
a0031821_1755758.jpg
夕間暮れ時に鉾巡行が始まったのは実にいいタイミングだと思う。
淡く周りの風景が写り込むからね。ア~それにしても降り止まぬ雨! カメラもレンズもどうしても濡れるのよ(泣)

5.
a0031821_1712211.jpg
前からロープで引く人、後ろから押す人・・・ドンドン進みます。

6.
a0031821_17151235.jpg
交差点で一旦停止、方向転換作業開始になる。

7.
a0031821_17181728.jpg
ヨッコラショ! この間でも上のお囃子は一時も休まず、鐘と太鼓の大音量!♪

この後の続きは明日にとなります。

ここからは、雨の中、巡行開始まで待ちながらスナップしてみたのをご紹介。
8.
a0031821_17204614.jpg
暗い、左手で傘持って右手だけの手持ち撮影なので・・・こう言うのヤバイです(^_^;)
SSは1/30を選択して、ある程度被写体がブレてくれるのを意図。
しかし子供達は元気!元気♪
降り止まぬ雨は一方の主役だったか(^_^;)

9.
a0031821_17271514.jpg
川の様になった広場・・・。

10.
a0031821_17313271.jpg
破れた樋から雨がドシャブリ(^_^;)

以上3枚は1/30で撮ってます。
NIKON D7100にAF-S 24-120mm 3.5-5.6G ED VRで。フラッシュを軽く炊いてます。

さてさて、こんな夕方からのお祭りって、撮るのは初めてで・・・どう撮ればいいのか?ノウハウがまるで無し(^_^;)
行き当たりバッタリの成り行き任せだったけど、
一番良かったのはミラーレスカメラのライブビューだったな♪ 
露出補正をどうするか?は、一番の肝になるので大助かりだった。
暗闇の中の強い光源はカメラでは対応しきれない厄介なモノだね~・・・。

後、換算18mm相当の魚眼レンズ・・・これは大変便利モノだった♪
接近戦には滅法強いって感じ。

沖の郷町の八坂神社祇園祭りは3年に一度の貴重なお祭り。
太田市指定重要有形民俗文化財。
山車の引き寄せとお囃子の巡行が見事。

by sdknz610 | 2014-07-20 18:00 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(2)
2014年 04月 21日

神楽の奉納を撮る:太田市・松尾神社・・・パワースポットだ♪

4月20日、昨日ですが、写友の誘いがあり、太田市小金井松尾神社の太々神楽を撮りに。
春の奉納神楽ですが、こういうのって・・・初めてなので、どう撮ればいいのか?まるで素人(^_^;)

1.
a0031821_1622277.jpg
演目の中で一番印象的だった、猿田彦大神の神楽。
天狗の基になったという説もある長い鼻、特異な兜、豪華華麗な衣装、大仰な所作など・・・なかなかの見ものでした。

2.
a0031821_1681262.jpg


3.
a0031821_1683965.jpg


4.
a0031821_16104456.jpg


5.
a0031821_1611837.jpg


6.
a0031821_1611566.jpg


7.
a0031821_16133791.jpg


8.
a0031821_16135841.jpg
神楽に使うお面の数々を見せて頂くことが出来た。連綿と遙か昔から使い続けて来たお面・・・
この雰囲気は・・・何やらに憑かれた様な気がして来たよ♪ myパワースポットだ\(◎o◎)/!

9.
a0031821_16142078.jpg
身近にこんな神社があったとは・・・地元がまるで分かっていないな~・・・(^_^;)

NIKON D7100
AF-S NIKKOR 24-120mm 1:3.5-5.6 G VR
NIKON SPEEDLIGHT SB-600
手持ち
トリミング若干

神楽をどう撮ればいいのか?・・・初めての経験になる。
参考になるのは、毎年佐渡の鬼太鼓を撮っているんだけど、暗闇の中、篝火だけの中での結構激しい動きを
ストロボの連写でというやり方をしていて、
神楽はもっと動きは穏やかではなかろうか?・・・ならば、今回もストロボ連写でどうだろうか?とイメージしてみた。
係の方にストロボは使っても大丈夫かどうか聞いてみたら、イイですよ~と言う訳で・・・。
プラス、今回どうしても試してみたかったのは、スローシャッターで神楽の動きを表現する事だった。

上の画は、最後のを除き全てシャッター優先モードで、1/15で撮ってます。
ストロボ使っても被写体ブレ連発になります。
その中で、どこか動きの止まってる所があってピンが来てると、結構面白いかな?になりますね。
VRのお陰で手ブレの心配はありません。

ゆったりした神楽の舞い・・・とは言え、難しいものだとあらためて感じます。
曇りで薄暗い光の中、余計ハードルが高かった。

★太田市オフィシャルウェブサイトによれば・・・

この神楽奉納は、市指定重要無形民俗文化財です。

由縁:
松尾神社に伝わる郷土芸能「太々神楽」は、享保12年(1727)に松尾大明神が正一位の位をいただいたお祝いに村の若衆が習って奉納したのが始まりとされています。
 それから毎年春・秋の祭典に奉納されてきましたが、天保年間(1830~1843年ころ)に神楽師が減ったため一度途絶えてしまいました。神楽が奉納されなくなると、飢饉・悪病・災害等が続発し村人の生活は困窮しましたが、天保8年(1837)に再び神楽が奉納されるようになると、豊作が続き伝染病や災害もなくなり生活が豊かになったと伝えられています。現在では、4月の第3日曜日と10月の第3日曜日の年2回奉納されています。

舞の名称は次の通りです。

国固め、猿田彦大神、住吉大神、児屋根命、天之岩戸開、香取・鹿島神、八幡大神、金山彦命、大国玉命、天岩彦命、恵比寿大神、稲荷大神、火の神、大山祇命、八俣大蛇退治

所在地:太田市新田小金井町1115。

猿田彦大神・・・調べ始めたら限が無い(^_^;)・・・実は良く分かっていない不思議な神さんだったりして・・・。

by sdknz610 | 2014-04-21 17:30 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(4)