カテゴリ:サンライズダイヤモンド( 5 )


2017年 03月 03日

サンライズダイヤモンド筑波山を金山から! で、どうだった?(^-^;

a0031821_13310011.jpg
2017.3.3 06:10
日の出のほんの3分前位だったが、このモヤか霧か・・・どうにも視界不良で抜けが悪い(泣)
筑波山のシルエットもこれでは目を凝らしてやっとという・・・
左、三毳山はやっと見えるが、ほんの今まで見えていなかったから
少しはいい方向に変化し始めている様なので
太陽よ、姿を見せてくれ! 見せて下さい! お願いで~す(笑)

足利市と佐野市の境目辺りから東にベッタリと張り付く霧は
前夜の雨が上がった後だから、何処かに霧が出るのは想定していたけど
筑波山方面にこれではね~・・・困ったゼ(;´・ω・)


2.
a0031821_13420044.jpg
06:13 日の出が迫る!
気象学上、天文学上の日の出時刻は確か6:11な訳だけど
この分厚い雲では未だだね(;´・ω・)


3.
a0031821_13442144.jpg
06:14
ワ~オっ!!! 出た~(^_-)-☆♪♪♪
筑波山の北側スロープの途中からだったわ

計算上は、昨日3月2日ならもうちょっと頂上近い筈なんだけど、
何しろ昨日の雨模様では見えなかった筈なので、
やっと今朝のこの霧の向こうに出てくれた太陽に感謝!♪
昨日の記事で、2月28日の太陽の位置は既報だけど
それと較べるともうこの位置まで移動しているんだね


こうやって太陽が見えるというのはモヤがNDフィルターの代わりになってるって事だよ
寧ろ、意外に、まさか・・・これってラッキーだった? かもネ♪


4.
a0031821_13593352.jpg
06:14
筑波山のスロープに沿ってス~っと右斜め上方向へ・・・結構早いゾ!(^-^;


5.
a0031821_14033217.jpg
06:15
ドンドン膨らむダイヤモンド! イエ、太陽です♪
筑波山のシルエットがもうちょっとクッキリと黒ければ良かったな~だけど(;´・ω・)


6.
a0031821_14102966.jpg
06:16
ワ~っ! 間もなく頂上に?♪
それにしても、太陽の大きさ・・・筑波山の頂上が飲み込まれる♪


7.
a0031821_14213986.jpg
06:17
頂上を辛うじて翳める!♪


8.
a0031821_14315529.jpg
06:20
大きな太陽はもうこんなに上がってしまった

筑波山は相変わらず霧の彼方に霞んでいる・・・

サンライズダイヤモンド筑波山!ちょっとズレてしまったけど
ほんの僅かな時間の・・壮大な♪・・ドラマだった(^_-)-☆

次は10月だ。南へ帰る途中又筑波山に立ち寄ってくれるのを楽しみにしよう!





by sdknz610 | 2017-03-03 16:00 | サンライズダイヤモンド | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 02日

サンライズダイヤモンド筑波山の日が間近に迫って来た!・・・

a0031821_14162293.jpg
全てが筑波山へGO! GO!♪

2017.2.28  午前5:39分
この朝、金山山頂へ現着後、暫くは分厚い雲が地平に張り付いていて
筑波山が見えていなかったけど
やっと・・・僅かな隙間が出来始め
筑波山!!  シルエットが肉眼では殆ど視認不能な暗い中に浮かび上がって来た♪
こういうのはデジタルカメラのお陰だな
そこで・・・ちょっと遊んでみたのがコレ♪
露光間ズームだ。光跡がブレてるのはズーム操作でカメラが動いてしまったせい(;´・ω・)
三脚がチープなもんだから(泣)
ガッチリ重い三脚をここまで600m余りを担いで持って来るのは厳しい(^-^;


2.
a0031821_14305150.jpg
06:17
日の出時刻より5分程過ぎて・・・太陽が顔を出してくれた!♪
450mm相当で撮っている ノートリで、こんな感じだ
筑波山の頂上と太陽の大きさの比較に注目
筑波山まで80km位だけど、太陽がかなり大きく見えるよね♪
これが狙い目!
山まで近いと相対的に太陽が小さく写るんだけど、ここ金山からだと、丁度いいバランスだ♪


3.
a0031821_14441280.jpg
6:17  上の画から20秒後だ
マアね、太陽の動くのは早いんだよ(;´・ω・)
それにしても黒いカーテンの様に上に張り付く雲は動く気配無く
僅かな隙間を移動する太陽って・・・不思議な景観だった(^_-)-☆


4.
a0031821_14514002.jpg
06:19
少しワイド側へズームアウト
間もなく分厚い雲の中へ太陽が隠れそう

筑波山のシルエットが靄に映ってるか・・・

サンライズダイヤモンド筑波山を狙っているんだけど、3月2日、3日が本番と思われる
事前にロケハンの積りだった(;´・ω・)

実は、3月1日も事前に保険の積りで行ってみたけど、
マア酷い靄に阻まれて筑波山が見えないという惨敗だった(泣)

しかし、予報だと2日はどうやら天気が思わしくないのが気に掛かっていて・・・

今日、2日の午前3時に目が覚めてしまい、気象情報を見ると
やっぱりだ・・・日本列島は広範囲に雲の下(^-^;
しょうがない朝寝坊を決め込んだ♪

こうなると明日、3日に何とかと思ってるけどね~
ダメなら・・・10月迄お預けって事になるので・・・
マアでもこんな感じになりそうなのは分かった♪
これも貴重な経験だわさ

Pana G7
LUMIX VARIO 100-300mm
三脚
トリミング無しの画





by sdknz610 | 2017-03-02 15:00 | サンライズダイヤモンド | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 18日

サンライズトリプルダイヤモンド男体山!になっちゃったのよ♪

千手ケ浜での朝ぼらけ・・・日の出前の朝焼けは思ったより地味でちょっと・・?・・・だったけれど、
いよいよ太陽が顔を出すのは何処から?と見張っていたら・・・
ワ~っ\(◎o◎)/!何と、男体山頂上からだったのね(^_-)-☆

イヤイヤ事前に計算していた訳でも無く、まさか頂上からとは!!
この時刻では、もうすっかり明るい訳で、赤系の色はもう無い訳よ。
顔を出した太陽の強烈な光が支配するので、撮影上は、色々注意する必要があるシチュエイション(^_^;)

基本、丸々逆光なので、プラス補正と思い勝ちだけど、それだと周囲の空は真っ白に飛んでしまうのね。
で、私の場合ライブビュウで確認しながらマイナス補正に振りますよ。
ある程度空の雲も階調が出る様にしたいので・・・。
こんな時、ミラーレスカメラでは補正効果を反映してくれるのが、ホントありがたいのさ。

それと、まともに太陽が入るので強烈なハレーションやらハローが出たりするから、微妙にレンズの角度を振って、最適なアングルを決めなくてはなりません。
広角レンズの短いレンズフードって、こういう時には殆ど機能してないよ。場合によると、手をかざしてハレ切りなんて事もアリ♪

そうこうしてる内にドンドン太陽が上がって来ちゃうので、何れにしても手早く素早く撮影しないと、という事に。
結構忙しいものです。

そんな訳で、千手ケ浜からのトリプルダイヤモンド男体山をお届け。
所謂ダブルダイヤモンドというのは湖面に映る逆さの山に太陽も一緒に見えるのでダブル!という事ですが、
今回は湖面の波間に反射する太陽も一緒に、だったので、こんなトリプルダイヤモンドになっちゃったのであります♪

こんな極稀超常現場に居たんだというのでゴクリ!生唾モノでした♪

1.
a0031821_13285060.jpg
6月15日 05:27
-2.0EV F5 ISO200 32mm相当
この日付、時刻、立ち位置を・・・来年のカレンダーに記入しなくっちゃ♪

2.
a0031821_13331361.jpg
6月15日 05:26
-1.3EV F5 ISO200 35mm

3.
a0031821_1334130.jpg
6月15日 05:27 -0.7EV F5 ISO200 38mm
余りに眩しくて、間に木の葉を♪

思いがけずのトリプルダイヤモンドが撮れたりして・・・こんなラッキ~はそうは起きないんじゃないかと♪
宝籤買った方がいいのか?迷う(^_^;)

クリンソウをアップ始める積りが、この画を挿入する事として・・・明日からクリンソウをと思います。
どうぞ悪しからず。

by sdknz610 | 2014-06-18 17:00 | サンライズダイヤモンド | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 14日

サンライズダイヤモンド草津白根山♪

5月7日。草津白根山お釜展望所で日の出を迎えた。
どこから太陽が顔を出すのか?・・・薄明が始まって、大体の方角が判って来る。
若しかして、お釜の一番高い所から?と期待が膨らむ。
以下、ちょっと長くなって恐縮ですが、サンライズダイヤモンド草津白根山!!と勝手に命名してお届けします。
1.
4:15:18
a0031821_19501030.jpg
薄明が始まってますが、肉眼ではまだまだ暗い。遠くにチョコンと頭出しは日光白根山ではなかろうか。

2.
4:25:36
a0031821_19522356.jpg


3.
4:41:10
a0031821_19534829.jpg
左に見える頭は尾瀬の燧岳ではなかろうか。
あの辺りの二つの山はこうして見ると流石に高い!んだ・・・。

4.
4:44:33
a0031821_19561030.jpg
ア~っ!!! 太陽が出た~~~♪

5.
4:44:42
a0031821_19584233.jpg
LEICA DG NOCTICRON 42.5mm/F1.2 ASPH./POWER O.I.S.をくっ付けたPANAのG3。
こうなるとアングルもこのまま固定で行くしか無いゾ。
と言うかこれ以上長いレンズは持って来てなかった(^_^;) 星景メインだったから・・・。
開放F1.2というトンデモレンズですが、F8まで絞ってます。

6.
4:45:15
a0031821_201805.jpg
太陽が出る高さが・・・あれ?日光白根、燧岳より低いんだけど・・・
そうか、こっち側に棚引く雲がNDフィルターみたいに減光してくれて太陽の輪郭がクッキリと見えるんだ。
途中に何も無いピーカンだといきなり輝いて、こうは撮れないんだと思う。

7.
4:45:59
a0031821_20224495.jpg
太陽が全身を現すまでおよそ3分程。
その間、ほぼ5秒おき位で撮り続けてますが、全部という訳には行かないのでコマ抜けしてお届けしてます。

8.
4:46:52
a0031821_20262531.jpg


9.
4:47:25
a0031821_20271111.jpg


10.
4:47:44
a0031821_20275944.jpg
全身が出ました。3分10秒程掛かりましたか♪
白根山の向うの低い山からの日の出でしたね♪

11.
4:52:32
a0031821_20301382.jpg
残雪がピンク色に染まって・・・。
思いの外残雪の量は多く無いなという印象でした。マ、例年通りでしょうね。

12.
4:52:49
a0031821_20332527.jpg


13.
4:55:43
a0031821_2034335.jpg


こんな日の出でした。まさか草津白根山のピークを掠めて出て来るなんて・・・まるで計算も何も・・・調べて無かったし(^_^;)
勿怪の幸いだったという事になるか?♪・・・出会い頭派会長としては(笑)・・・上手い事行ったゼという・・・
以上、顛末をご紹介しました。

特にどうという画でもありませんで恐縮です(^_^;)

さて、この日の出の位置だと・・・これからの話になりますが、何れ燧岳から昇る太陽を撮るチャンスがあるのは想像出来ますね。
私の経験では、7月11日は要チェック!です。カレンダーに忘れない様にメモしてありますが・・・♪

5月!まだまだ冷える草津白根山でしたが、いい思い出になりそうです。

本日5月14日朝、赤城地蔵岳から戻って来ました。
昨夜は真夜中に地蔵の頂上へ・・・。黒檜やら大沼を入れたグルグルを撮って、今朝の朝焼けもと粘ったものの、朝焼けは雲が張り出したためダメに(泣)
星景の画は、幾つかあるので近日公開予定です。

昼間は寝てました(^_^;) 遅くなりましたが、やっと今日の更新に漕ぎ付けた次第です。

by sdknz610 | 2014-05-14 21:00 | サンライズダイヤモンド | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 24日

サンライズダイヤモンド赤城山!・・・地蔵岳ちょっと外れだった(^_^;)

赤城山の真上からサンライズダイヤモンド現象が!♪
4月23日の日の出です。
以下、時刻を追ってご紹介します。

1.
04:32:06
a0031821_17521616.jpg
およそ30分前。見た目も大分明るくなって来ました。
手前、展望台デッキも階調を出そうとすると、赤城山の後光が飛び気味になってしまいました(^_^;)
見た目、もうちょっといい感じのピンクなんだけど・・・。
RICOH GR 21mm相当ワイコン 1/15 +0.3EV F3.5 ISO200

2.
05:06:49
a0031821_1758968.jpg
出た~!(^_-)-☆
地蔵岳の頂上からではなく、ちょい北へズレてました(^_^;)
でもマア赤城連峰のほぼ真ん中からって事で、良しとしよう♪
地蔵岳の頂上のビッグアンテナ群の真後ろからというのは・・・3,4日前だったかと・・・。
NIKON D7100  TAMRON SP 70-200mmF2.8 Di VC USD(以下同)
105mm相当 1/500 0EV  F5.6  ISO200

3.
05:07:08
a0031821_1854171.jpg
200mm相当  1/2000 -0.7EV F5.6 ISO200
お天道様、グングン上昇してます。早いんだよね(^_^;)・・・一番忙しい時が流れます。
トリミングで拡大してみました。
ピントは地蔵の頂上のアンテナに。ライブビューの拡大機能でシビアに(^_^;)
太陽への無限遠ではありません。
ア、それから・・・原画では、アンテナの鉄塔の骨組みが解像してます♪ 
ボルトの頭も?・・・イヤイヤそれはマサカ(笑)
このレンズ、F4以上絞ればかなりグ~ですよ。
画像にとって幸いだったのは、未だ陽炎が殆ど出ていない、という事でしょう。

4.
05:07:35
a0031821_18111377.jpg

200mm相当  1/2000 +1.0EV F5 ISO200
スポット測光です。太陽が入ったり、外れたりするから周囲の状況を注意してないと山が真っ黒とか、空が真っ白、なんて事が起こり勝ち。
ライブビュウで画像確認して、補正値を調整してます。光学ファインダーでは目がやられて危険なので・・・。

5.
05:08:20
a0031821_1826929.jpg
300mm相当 1/1600 +2.7EV  F5  ISO200
7割方昇って来ました。

6.
05:09:20
a0031821_18292263.jpg
300mm相当 1/2000 +5.0 F5.6 ISO200
太陽の下辺が山の斜面から離れる瞬間です。
頭を出す時からだと太陽の直径はおよそ3分間で全身を現すって事ですね。
この3分間の忙しい事♪
長~く感じられる一方、ちょっと待ってや!と言いたくもなるし・・・もうヘトヘトですよ(^_^;)

この時の補正値に注目下さい。+5だなんて・・・こんなの初めて! 太陽の明るさに負けない様にドンドン補正値をアップしてました(^_^;)


7.
05:09:58
a0031821_18333314.jpg
300mm相当 1/1600 +5.3 F5 ISO200
ア~ア・・・もう離れちゃったよ。こうなると、ハイ終わり!ナンテ♪

さてさて、
ダイヤモンド現象は輝度差が大き過ぎて、更に経験値が乏しいので、どうすれば?は、結局キカイ任せになりました。
ライブビューで結果を先に見られるなんて・・・デジタルカメラの進化のお陰ですね。
フィルムでは考えられないな~・・・・♪

この後、太陽の出る位置はドンドン北へ。
夏至から又引き返して来る訳ですが・・・そうすると次、地蔵岳からというのは何時になるのかな?計算出来そう・・・。
その前に黒檜岳のサンライズダイヤモンドがある筈なので・・・狙ってみたくなって来ました(^_^;)

赤城山のサンライズダイヤモンドって・・・これ撮る人って少ないのかな?・・・今回、誰もこの場所には来てないしね・・・。

by sdknz610 | 2014-04-24 19:00 | サンライズダイヤモンド | Trackback | Comments(2)