カテゴリ:夕焼け( 4 )


2015年 06月 08日

2015年佐渡紀行(3)・・・奇跡のグリーンフラッシュ!!

6月4日。佐渡・大野亀にて、いよいよ落日を迎える。
幸い日が沈むほんの30分程前になったら、水平線上に張り付いていた雲も、上空の雲も
アレっ!と言う感じで無くなってきたのサ♪
しかも強烈だった海から吹き上げる風が治まって来て、三脚毎引っくり返る危惧も無くなって♪
これ程の快晴で日本海遙かに沈む落日を迎えられるなんて・・・ここ大野亀に何年も通っているけど、これまで無かった事だ。
ラッキ~と言うしかないな♪

19:07:39
a0031821_1082046.jpg
600mm相当。
水平線に接触した直後だ。
こういう変形した太陽を見ると、海面上には密度の違う空気の層があるみたいだ。

19:08:24
a0031821_10101736.jpg
ここからは望遠端810mm相当へズームイン。
偶然、海鳥の群れが擦過\(◎o◎)/!(太陽の中に入ってくれたら面白かったのに・・・♪)

19:09:10
a0031821_10155267.jpg


19:09:52
a0031821_10193433.jpg


19:10:25
a0031821_10201092.jpg
?何か変わった処があるんですが・・・気付きましたか?

19:10:25 上の画を拡大してみます。
a0031821_10211616.jpg
これ!でした\(◎o◎)/!
太陽の端っこ辺りに緑色になってる部分があります!

はて?これは・・・一体何だろうか?

記憶にあったのが、グリーンフラッシュ!!というキーワードだった。
何で?思い出したのか?何時か何処かで見た記憶があったみたいだけど・・・。

エ~っ!そうなのか?
Web上で早速調べまくってみたら・・・
ウン、どうやらこれは、確かにあの奇跡のグリーンフラッシュの・・・もどき版(笑)ではなかろうか、という結論に♪

イエ、何しろ、この緑色の輝き! これはグリーンフラッシュだよ~と妙に納得しちゃったのであります。

でも肉眼では・・・とてもじゃないけど、一瞬の緑の輝きは・・・視認不可能だったのよ(^_^;)

高速連写していて良かったよ(^_^;)
でも、動画で撮る気がしないんだけどね・・・。

と、いう訳で、この時の気象状況が将に素晴らしいものだったという証拠。
色んな解説を調べてみると分かりますが、グリーンフラッシュが見える条件と言うのが矢鱈と厳しくて・・・
今回、ほんの少し垣間見る事が出来ただけでも大ラッキ~だったという事で・・・
こりゃ家に戻るまで車の運転を気を付けなくっちゃ!と思った次第(笑)

グリーンフラッシュが良く見られる場所が世界には色々ある様で、
ハワイ島 カイルア・コア
ピレネー山脈ピク・デュ・ミディ展望台
サイパン
小笠原 父島ウェザーステイション
石垣島
柏崎海岸
石川県かほく市外日角海岸
福井県坂井市三国町
等々Webに出て来る地名をピックアップしてみた。

只、佐渡で見たという記事は未だ見当たらないのが不思議だ。

どうも日が沈む西方に遮るものの無い水平線が見渡せる場所ならチャンスはあるんじゃないか?と思いますね。
グリーンフラッシュは、日の出でも現れるというから、ここ大野亀はどちらもOKなんだわ♪
日本海側の海岸線なら何処でも何時でも・・・近くなら、晴れなら、毎日日の入りを見に行ってるかも・・♪

特に、日本海側の海岸付近で生活してる方にはどうということも無い平平凡凡たる夕陽でも、こいう事が起きてる可能性あり!
随分見逃しているんではなかろうか? そうなると、とても勿体ないと思ったりします。
海無し県の群馬に住んでると・・・こんな機会は無いし・・・羨ましくなるな~♪

と、マア今回はちょっと大げさにレポートしたんだけど、お見捨て置きいたければm(__)m

グリーンフラッシュとは?・・・Wikiの解説を要約すると;

★グリーンフラッシュ (英:Green flash)とは、太陽が完全に沈む直前、または昇った直後に、
緑色の光が一瞬輝いたようにまたたく、非常に稀な現象。緑閃光ともいわれる。

★地球の大気に斜めに入射することによって、太陽光は、プリズムによって光が曲げられるのと同じように屈折する。
その太陽光は、短い波長から散乱されて、波長の長い赤に近い光だけが地表に届くことになる。
これが夕日が赤く見える理由であるが、空気が非常に澄んだ条件では、より波長の短い緑の光まで散乱されずに届く。

この時、赤から緑の色に分離した太陽が上下に少しずれながら重なり合って見えていることになるが、赤色の方がはるかに強いため太陽は赤く見える。
しかし、日没や日の出の際に赤色の太陽が地平線、水平線、雲で隠された時、最頂部の緑色の太陽のみが見えることになる。

高い山、離島など、地平線や水平線で日没や日の出が見られ、空気の非常に澄んだ場所であることが観測の最低条件となるが、その他の気象条件にも左右されるので、その発生確率は非常に小さい。
小笠原諸島の父島にあるウエザーステーションは、日没時に比較的グリーンフラッシュが見えやすい所として有名である。

見られる確率が非常に低いことから、ハワイやグアムではグリーンフラッシュを見たものが幸せになるという言い伝えがある。

by sdknz610 | 2015-06-08 17:00 | 夕焼け | Trackback | Comments(4)
2015年 03月 31日

千貫門に沈むダルマ太陽♪

さて昨日に続いて「千貫門」ですが、思わぬハプニングが起きたのでアップする事とします。

3月26日、千貫門の海食洞の向うに・・・間も無く太陽が水平線の彼方に沈む!・・・ので、
太陽を超望遠レンズで撮っておきたくて、NIKON1 V3に70-300mmVRを付けていたので狙ってみました。

1.
a0031821_20331064.jpg
17:59:23

2.
a0031821_20342855.jpg
17:59:36
千貫門を通して、こんな位置関係で日の入りを撮ってます。
ここまではどうと言う事も無い・・・何とも穏やかな夕暮れを一人静かに見守ってる自分があります♪

3.
a0031821_20372831.jpg
18:00:17
姿が千変万化する!!将に水平線に触れたばかりの太陽!
そしたら。。。?アレっ!左から船が\(◎o◎)/!・・・漁船が港に戻ろうとしてるみたいだ。
構わずシャッターを切り続ける・・・・

4.
a0031821_20413176.jpg
18:00:18
このままでは・・・魚船が太陽に刺さる!!(^_^;)

5.
a0031821_20424874.jpg
18:00:19
ドンドン魚船が進む!。。。ア~太陽に刺さったゼ(^_-)-☆

6.
a0031821_20445284.jpg
18:00:20
一秒で随分様相が変わる! 早い!
マストの旗の向きが・・・魚船が進むと通常後ろへたなびくもんだと思うけど、これだと旗が前へ!だ♪
南風だったから・・・風の方が早かったか!魚船の方が遅い?・・・だろうね♪

7.
a0031821_20455447.jpg
18:00:22
この画もそうなんだけど、ピントは恐ろしくピッタリだったかと・・・ちょっとビックリしてるのよ。
このレンズ。。。。スゴイよ! まともに太陽が入ってるけど、ゴースト、フレアの類は全く出ていない。
これは驚異! 
マスト周りのワイヤーや、キャビンの柱、屋根の上のレーダーなんかもキリキリに繊細な線が出ていて・・・。
若しか船長さんの顔でも見えそうな・・・イヤ冗談です(^_^;)

拙い画だけど、そう言う所がエラク気に入ってしまい・・・載せる事にしたんだけど♪

8.
a0031821_20541993.jpg
18:00:24
魚船が抜けた♪ ほんの10秒程の夢みたいな瞬間が過ぎて行った・・・。
まさかのハプニングだったな。
夢中でシャッター押してたのがユックリと思いだされて・・・今更ながら極めて幸運だったのではと・・・(笑)

9.
a0031821_2101193.jpg
18:00:40
全くね・・・秒を争う極めて短時間の勝負だったかと♪
未だ30秒程しか経っていない訳なんだけど・・・。

コケシ太陽!♪ ダルマ太陽とはチト違うか?(^_^;)

10.
a0031821_2122989.jpg
18:01:26
すこしズンドウになってます♪
オバQ的太陽・・・♪

ところで太陽の手前に何やら柱みたいなものが見えますが、どうやらこれは対岸の清水、静岡方面の高圧線の鉄塔ではないだろうか?です・・・。
大体、駿河湾の対岸には山があるのに、太陽が水平線に沈むなんて・・・想定外(^_^;)
地球は丸い!からか・・・♪
それにしてもここ迄解像するか?的ビックリレンズです♪

11.
a0031821_2175755.jpg
18:02:24
イヨイヨ・・・日の入り間近だね。
鏡餅太陽になってしまったな♪

12.
a0031821_2110168.jpg
18:02:52
もう完全に姿が見えなくなるのも数秒後になって来ました。

ウ~ン・・・まさか「千貫門」でこんなダルマ太陽?♪の日の入りを拝めるなんて・・・なんてラッキ~な・・・ナンテ♪

ご覧頂いてありがとうございます!長々と済みませんでした(^_^;)

今回の「千貫門」行ではまだまだ膨大な画像があるんですが、この辺にして・・・
この夕焼けの後、戸田(へだ)の方へ戻り、真夜中の富士山絡み月光写真をと画策していたんですが・・・
次回に顛末を報告いたしますので・・・。

我が絶景ポイント「千貫門」!
伊豆の至宝!日本の至宝!・・・「千貫門」を気に入ってもらえましたでしょうか?♪
拙い画なのであの感動をなかなか上手くお伝え出来ないのがもどかしいです。
次回若し又行く様な事があれば(イエ、きっと行くでしょうけど♪)・・・もうちょっと何とかしたいものだと
一人反省会やっております(^_^;)

by sdknz610 | 2015-03-31 17:00 | 夕焼け | Trackback | Comments(4)
2015年 03月 30日

荘厳! 夕陽煌めく「千貫門」・・・合掌m(__)m

憧れの「千貫門」行って来ました。3月26日(金曜日)。
夕陽が千貫門に落ちるのを期待して・・・。
?何?何? 何がどうしてどうなったのよ!♪

イエイエ・・・海食洞の向うに駿河湾が覗ける筈!とイメージして・・・
そして若しかしてその穴から夕陽が沈んで行くのが見えるんじゃないか?とイメージして・・・
春分を少し過ぎたんだけど、どうやらお天気が良いという予報を信じて、
ちょこっと行って見よう!と決めたのが前日の夜だった(^_^;)

そしてとうとう・・・コレだ~~~!(^_-)-☆

1.
a0031821_1547781.jpg
17:42:29

2.
a0031821_15475989.jpg
17:43:05

3.
a0031821_15481837.jpg
17:43:47

4.
a0031821_15483237.jpg
17:47:19

5.
a0031821_15484550.jpg
17:47:48

6.
a0031821_1549574.jpg
17:57:27

千貫門・・・
IZU PENINSULA GEOPARK
Rock Gate in the sea 「Senganmon」

千貫門で荘厳なる落日を見られるなんて、心震えるものがある・・・思わず合掌!m(__)m

サンセットダイヤモンド千貫門!・・・でもいいか♪
又はゴールデンゲート千貫門!・・・ナンテね(笑)

この日、午後4時過ぎに雲見港着。
途中西伊豆の海岸を富士山のビューポイントをロケハンしながらだから、
6時間位掛かりそうと思っていたんだけど、マそんな所だったかと。片道300km弱です。

車を海縁の駐車場に停めて、
グーグルの地図と地理院地図で千貫門へのアプローチを頭に叩き込んでいたので、イザ!♪
雲見の民宿街を抜けて、程なく山越えの階段が目に入って、およそ130段を登る。
乗っ越しの頂上から千貫門は直ぐ下に見え、ワ~オ!♪ やっとここまで辿り着いたかと一安心。
大汗掻いたけど・・・。

日の入りまでは未だ時間があるので、お日様の動きを見ながら、洞を抜ける夕日はどの辺を照らすだろうか?
そん時はどのレンズでどう撮るのか?頭の中でシミュレーションを繰り返しながらその時を待つ事に。
幸い風は微風、只ジッとしてると寒いのよ。
波はとても穏やかで、岩に砕けるシ~ンは無し・・・真冬の西風が強い時だと波被りが酷くて長居は出来そうにないな。
誰も居ない千貫門の波打ち際で・・・一人旅というのもなかなか貴重なものだわ(^_^;)
イエ、やせ我慢では無くて・・・こういう時間は好きですよ♪
たった一人だけだし、人によってはシンシンと締め付けられる様な寂しさを感じるかもしれませんね・・・私は鈍いのかも(^_^;)

千貫門は前回3月4日に記事にしてますが、あの時は少し南の崖上のキャンプサイトから千貫門を見下ろして、
富士山を撮っていますが、
次は下の海岸まで降りてみようと、決めていたんですよ。不言実行!♪
ここ迄降りると富士山は見えません。
専ら千貫門の海食洞目当て、と言う事になる訳です。

初めてだったけど、将に絶景!だった。
千貫積んでも見る価値があると言う事で千貫門と呼ばれる様になった由。
言い得て妙なり♪

いずれ又機会を窺って来る事になりそうな予感がする。

それにしても、ですが・・・無事帰れて良かったのであります。
海岸はバスケットボールやラグビーボールの様なゴロ太石だらけで
足元は非常に不安定(^_^;)
ウッカリ滑って、足でも挫いたりしたら・・・誰も来ない海岸で夜中を迎えるなんて事になりかねないし、
背後の垂直にそそり立つ崖からは岩が崩れて累々と麓に累積していて、波打ち際迄転がってる岩もあったし・・・
ヤバイ所ですね~・・・お薦めはしない事に。

ここまで来るとなると他にもついでながら撮影ポイントは幾つかある訳でして・・・
西伊豆は富士山絡みもあって矢鱈と奥が深いのであります。 
マアね、時間があれば・・・二泊三日かそれ以上でもいいけど、何時かは・・・なんて(^_^;)

by sdknz610 | 2015-03-30 15:00 | 夕焼け | Trackback | Comments(4)
2014年 07月 12日

夕焼け空が真っ赤っか!♪

7月11日、台風8号が過ぎ去って、これはきっと晴れるんじゃないかと、ならばと以前から行こう行こうと思っていてなかなか行けなかった
塩尻市の標高1600m余の高原に行ってみた。夕方5時過ぎ現着。太陽は未だ高い所に居て明るい事♪

さて、目的は諏訪湖の向うに聳える富士山狙い。それも夜! 実は満月狙いだった。
満月に晴れる事、仕事の無い日、という条件をクリアする事が絶対条件なんだけど、将にうってつけの日だった・・・しかも風が殆ど無いという♪
しかし、諏訪湖を臨む南東方面はガスがドンドン湧いて諏訪湖も見えなくなる時もあったりで、思いの外撮影には不向きという状況で少々ガックリ(^_^;)

マアね・・・ポッと行って全ての条件がOKなんて言う事は先ず有り得ない訳で・・・しょうがないわ(^_^;)

じゃあどうしよう?・・・北アルプスが良く見えるというのは去年行った時に聞いていたし、
今回は幸い西方面の雲は少なくなって行きそうな動きが見てとれたし・・・
日の入り、夕焼けが良ければ撮ってみるかと、
先ずは撮影ポイントをどうするか?だったけれど、今回地理院地図で大体目途を付けていたし、前回ロケハンやってたので、
北アルプスと諏訪湖を両天秤で、しかも車をちゃんと停められて、撮影ポイントまで殆ど歩かずに(マアちょっとだけ歩くけどね♪)済む所って、
そんな所・・・あるんですよ!♪

さて、太陽の位置からだと、日没はどの辺りになりそうか?と算段してみると・・・アレっ!ヤバイんじゃない♪!
まさか槍ヶ岳に刺さるなんて事は無いよな?♪・・・んじゃ・・・どうだろう?穂高岳に?ってあり得るか・・・
こりゃ油断出来ないぜよ♪

1.
a0031821_183440.jpg
18:35 日の入り前。高層の雲に阻まれて太陽本体は見えてません。
こういう時の方が撮り易い♪
さて幾つか北アルプスの名だたる名峰が見えますね。
山素人の私にはチンプンカンプンでどれが何岳なのか殆ど分からないんですが、槍ヶ岳だけだわ・・・ツンっ!と尖ってるからネ♪

ビューポイントにはどういう山がどっち方向に見えるのか?という大きな碑があって、
それと首っ引きで、画面の右(北側)から
大天井岳、常念岳、槍ヶ岳、穂高岳(北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳・・・じゃあないのかな?程度には何とか(^_^;)
マア何度も通って沢山撮って、覚えるしか無さそうだな(^_^;)

2.
a0031821_18134449.jpg
18:51でした。お日様が穂高岳の南側肩部に沈む瞬間です。
ダイヤモンド穂高岳(^_-)-☆ こんなのに遭遇したとは! イヤイヤまるで想定外だったので余計心に響いたゼ♪
穂高岳と言っても、北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳等があって・・・多分奥穂高岳に、だったのか?・・・はっきりしないんだけど(^_^;)

3.
a0031821_18201371.jpg
19:05
ここからは日没後の様子となります。
これだけ沢山の雲があると期待が増幅しますよ♪ 雲が紅く焼けるであろう事を!♪
夕焼け空、と言うのは夕陽で焼けた雲の事ですよね。
ピーカンだと・・・色付く夕焼けは可能性が無くなりますから。

4.
a0031821_18274191.jpg
19:12
どうでしょう? 右から常念岳、槍ヶ岳、穂高岳山群・・・。
16:9でリサイズしてます。

5.
a0031821_18301415.jpg
19:14
いよいよ・・・真っ赤な夕焼けショーの開幕!って感じになって来ましたよ!
こうして見ると巨大な山群も大空の雄大な雲の広がりからは、チッセーもんだな~と思ってしまったよ(^_^;)
山屋さんには叱られそう(^_^;)

6.
a0031821_18352610.jpg
19:16
ポイントから北方を見ればこっちの雲も真っ赤っかだった。
この高原の頂上近くには大きなアンテナ群がありまして・・・赤城・地蔵岳と似てる感じもします。標高もほぼ同じ♪

7.
a0031821_18381134.jpg
19:17
ユックリとしかし幾重にも重なって複雑な雲の動きで、茜色も千変万化。何時シャッター押しても同じ画は無しだ。
日没後が勝負の時。およそ30分間だった。
ア~あ・・・こんなに焼けた夕焼けって・・・何時見た事があるのか・・・・まるで記憶に残っていない・・・。
憑いていたとしか言いようが無いかと(笑)

この後、猛烈なガスに襲われて車の中で待つしかないかと・・・
諏訪湖は一向に見える気配無し。況や富士山を於いてをや(^_^;)
せめて日周運動のグルグルを撮りたくて、ガスが晴れ、更にお月様も顔を出すのを只管待つ事に。
ア~今夜も徹夜だな(^_^;)

ダイヤモンド穂高岳も撮れたし、前代未聞の真っ赤な夕焼けも撮れたし・・・これで良しとしないと天罰が下るかも・・・ナンテ♪

長野県塩尻市「高ボッチ高原」にて。これから真夏に掛けて色んなイベントがあるみたいです。塩尻市のHPをクリックしてみてね♪

7月12日、往復ピタリ500km。朝焼けも期待外れだったので、早めに撤収しました。
徹夜明けのせいでしょうね、どうも頭がすっきりしないまま更新しました。誤字脱字ありそう(^_^;)・・・ご容赦下さい。

by sdknz610 | 2014-07-12 20:00 | 夕焼け | Trackback | Comments(0)