『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:高ボッチ高原( 12 )


2017年 06月 17日

絶景!高ボッチ・・・雲海の向こうに槍、穂高等、北アルプスのパノラマをどうぞ!♪

a0031821_20481465.jpg
2017.6.9の午前4時40分
高ボッチの夜明けだ。諏訪湖は厚い雲海の底だった。そこから斜面を這い上る朝霧が・・・
こんな風景もここ高ボッチでは楽しみの一つ・・・なんだけど♪


2.
a0031821_20574692.jpg
陽は既に高ボッチのピークの上に。
湧き上がる朝霧が未だ消えず・・・富士山は、これでは全く見えず(;´・ω・)

細かい霧がレンズにへばり付くから・・・レンズウォーマが必携かと。
使い捨てカイロを2,3個レンズに抱かせた事もあったけど、
今は大容量モバイルバッテリで使える巻き付け型レンズウォーマにしている。
カタログだとフル充電で8時間位稼働しそうだけど、マアね、数時間はOKかな?♪


3.
a0031821_21014731.jpg
05:29
振り返ると・・・?ナンダあれは!?
まさか! 白い虹だ(^_-)-☆
普通に絞り優先モードでは・・・殆ど写っていない?(;´・ω・)
インプレッシブアートモードで撮ってみた。
コントラストを強めてるから何とか半円の白い虹が♪
白い虹・・・虹には違いないけど、太陽光を反射する水滴がミクロンオーダの微粒子の場合にこうなる・・・らしい♪
七色に分光する暇が無く、全部反射してしまうって事か・・・。
あ~でも、この現象は結構珍しいみたいで、物凄いラッキ~だったって事。
ほんの2,3分で消えてしまったからネ~(^-^;


4.
さて、ここからは諏訪湖の反対側西の方を見てみましょう!♪
a0031821_21160658.jpg
05:48
槍ヶ岳
高ボッチは・・・富士山、諏訪湖だけではありません♪
そう、北アルプス展望のベストビューポイント!ですよ。
この時刻、諏訪湖も雲海に沈んで、富士山もだんだん見えなくなって来たので、
北アルプスを撮っておこうと・・・


5.
a0031821_21243859.jpg
穂高連峰
左から西穂、前穂、奥穂、涸沢、北穂・・・素晴らしい!♪
とは言え、山登りはからきしダメな私(^-^;
山は遠くに在りて思うもの! 登り派では無く、遠望派です(笑)


6.
a0031821_21285336.jpg
御嶽山。
この山塊の巨大さにはビックリだよ♪


7.
a0031821_21300072.jpg
このランドスケープは好きだ♪
手前、高ボッチ牧場。の向こうに松本平、塩尻方面をスッポリ包む大雲海を挟み
穂高連峰、槍を望む。
白いカーボーイ小屋?作業小屋?が非常なるアクセントになって・・・どう画面構成しようかと悩んだワ(^-^;
これは再挑戦しないとアカンな♪
長野県の盆地が全て雲の下になっていそうな分厚い雲海がこの時期に・・・
まさかの大ラッキ~!・・・だよね♪


8.
a0031821_21343928.jpg
今一度御岳山を望む。
モコモコフワフワの雲海が高ボッチ牧場の直ぐそばに忍び寄って来るが、
幸いほんちょっとだけ標高が高いせいで、こっちは大快晴って訳だ(笑)
雲海の高さは1500m位か、普段目にする山塊手前の細かいものが省略されて
上に出ている山のみが際立つ事に。
この場合緑の高ボッチ牧場の広がり感が気に入って、又小さな池をワンポイントとして画面構成してるが
得難いタイミングだったと思う。
この上はホルスタインが草を食んでいると尚臨場感が出そう♪
そんな都合のいい時に撮りに来れたらサイコーだろうね(^-^;


9.
a0031821_21404736.jpg
乗鞍岳を望む。
広大な高ボッチ牧場の柵に沿って歩いている。
しかし・・・他に誰か居る訳でも無く、只一人でこの北アルプスの絶景を独占!だなんて・・・
勿体なさ過ぎだったな・・・喜んでいいのか? 悲しむべきか? ナンテね♪

10.
a0031821_21453791.jpg
今一度、高ボッチ牧場越しの穂高連峰そして槍を♪

広大な牧場、見事な雲海、そして残雪輝く北アルプスの名峰群を目の当たりに出来た事を天に感謝!♪


長々と高ボッチでの出来事を続けてしまい・・・
もういい加減にしなさい!と誰かに叱られそう・・・(^-^;
訪問頂いた皆様には心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

でもマア、スッキリ抜けた富士山とは行かなかったけれど・・・
北アルプスも素晴らしくて・・・
色々奥が深い、標高も高い、ハイレベルな(♪)高ボッチの全貌はまだまだ掴めずに居ますが、
追々チャンスがあれば、又是非チャレンジしたいものです。

明日からは、高ボッチの後訪れた奥日光・中禅寺湖・千手ケ浜でのクリンソウ撮影行をレポートします。
どうぞ懲りずに又の訪問をお待ち申し上げます。






by sdknz610 | 2017-06-17 15:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 15日

高ボッチ一人ボッチ♪・・・2017.6.10の朝景。富士山は見えたのか?

a0031821_10045748.jpg
2017.6.10  03:45だった。
8日の午後から高ボッチに来て、一日延長して3日めの朝を迎える。
昨夜遅くに寝たが良く眠れなかった(^-^; しかし寝起きはイイ方で♪
スッキリ快調な気分は何時も通りか♪足腰にも何ら違和感無し♪
上空はほぼ快晴状態だった。ではと、撮影ポイントへ。
この時刻未だ諏訪湖の周りの街の灯がキレイ!♪

と言う事は・・・アレマっ!? 雲海が無い!(;´・ω・)
昨日の大雲海とは様変わりだ!

で、富士山は?・・・肉眼ではジッと目を凝らしてやっとという感じで
途中遮る雲は無く、見えた~♪良かった~(笑)
只、雲海は無いもののモヤがね~薄っすらと纏わりついて、スッキリと抜けた画にはなりそうも無く・・・
マアね、高ボッチでこうなるのは想定内なんだけど、チト惜しいのが正直なところだ(泣)

相変わらず、カメラマンは誰も来ていない。只一人でこの絶景を独り占めとは、モッタイナイと思ったワ♪
まあでも梅雨時に高ボッチを考えるカメラマンは居ない!というのが普通なんだと改めて(^-^;


2.
a0031821_10245081.jpg
03:50
雲海は無いものの、諏訪湖の上を流れる薄い雲がかなりの早さで北へ移動する。
次々と涌いて出て来る感じで、富士山はその合間にちょっと抜けて見えるのを空かさず撮らねば(;´・ω・)
徐々に東の空が明るくなって来る。
徐々に街の灯が消えて来る。
その辺り、光の強さのバランスが変化する。
ジャンジャン撮っておくべし!ナンテね♪


3.
a0031821_10342822.jpg
03:52
16:9でも撮ってみた。
朝焼けを期待しているけど、どうだろう? モヤモヤした雲がちょっと多いし・・・


4.
a0031821_10372756.jpg
04:21
この時刻、最早街の灯は全滅になってしまった(^-^;

PanaのG7。インプレッシブアートフィルターを試す。
OLYのアートモードだとドラマチックアートか。
こういうシチュエイションではモヤの様子が強調されてるな。
このモヤが何とか無くなって欲しいんだけど、どうやら勢いを増す気配で(;´・ω・)


5.
a0031821_10500845.jpg
04:25
こうなると、雲に邪魔される前に、富士山と紅く焼けてくれる東の空を期待して待つのみ(;´・ω・)


6.
a0031821_10530815.jpg
04:29
肉眼での一望はこんな感じと思っていただければ♪
左、八ヶ岳連峰。右、南アルプス甲斐駒等。
この時期太陽は画面の更に左、霧ヶ峰の西方から昇る感じになります。
ここからは見えないです。
諏訪湖に朝陽が当るのはもうちょっと後に。


7.
a0031821_11002630.jpg
04:32
#5と似た様な画に(;´・ω・)
ちょっとだけ紅色が濃くなったか・・・。
諏訪湖には未だ朝陽は届いていない。


8.
a0031821_11024919.jpg
05:39
ほぼ1時間後。諏訪湖上空を流れる雲が増えて来た。
そこに朝陽が当たり始め、更に諏訪湖の街にも陽が届き始めた。
微妙に美味しい時刻なんだけど、もうちょっと上手く撮れるよう考えないとね(;´・ω・)

この後、雲が増える一方で、富士山撮るのはここまで!に・・・。
朝のほんの一瞬が勝負時って事でしょうね。
そのために遠路遥々なんだけど(;´・ω・)

さて、高ボッチからの富士山狙いは今回100%では無かったものの何とか、だったか?
イヤイヤそれはチト甘過ぎるゼ(笑)

この3日間、雲のせいで昼間は富士山は見えないので(;´・ω・)
暇つぶしはどうする?なんだけど・・・
実は今回、鳥が良く出てくれて、結構忙しかったのであります♪
思い掛けないご褒美も、というのを明日ご紹介しておこうかと思っています。






by sdknz610 | 2017-06-15 15:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 14日

高ボッチ一人ぼっち♪・・・6月9日はmy富士山記念日にしようかな?

a0031821_10054320.jpg
2017.6.9 03:46だ。
午前2時半にセットしてたアラームに起こされた。割と良く眠れたか(^-^;
上空に雲は無い! 風は弱い。ちょっと寒いゼ(-_-;)
車を出ただけでは諏訪湖は見えない。
若しか?とワクワクしながら撮影機材を準備。ポイントへはほんの50歩程だ。
見えて来た~~~~♪♪♪
雲海だ~~~♪ 岡谷の街の灯も!
甲斐駒、北岳、仙丈ケ岳かな?・・・しっかり♪
そして・・・ア~富士山が(^_-)-☆


2.
a0031821_10172719.jpg
03:55
こうして雲海の下に見る街の灯はいつ見ても素晴らしく印象的だ♪
諏訪湖の雲海・・・この梅雨の時期に見たのは初めてだ。


3.
a0031821_10252868.jpg
04:08
夜明けの高ボッチ!雲海の向こうに富士山が♪
通常ここ高ボッチでは10月中旬以降の秋口ほんの僅かな時に来て、というのが
本命な訳だけど・・・梅雨の晴れ間をと思って、無謀にも来てしまったから(;´・ω・)
天気予報で晴れマークが出ていたけど、1600mの高地だ。
ホントはどうなるやら自信は無くて
あ~でも兎に角富士山が!それも見事な雲海とのコラボだから
言う事無しだ(笑)


4.
a0031821_10324862.jpg
04:19
高ボッチ高原の1665mのピークは左方に、
撮影ポイントは地理院地図では少し低い1630m程だ。
向こうの遠望は八ヶ岳。太陽は画面更に左から昇って来る。
直前の雲の色付きがほんの少し。
目前の斜面を這い上って来るガス。

5.
a0031821_10382782.jpg
04:45
諏訪湖盆地に溜まった雲海が溢れんばかりだけど、ここ高ボッチはその上だ♪
こうして雲海を下に見るのは何かウレシイんだけど
それも他に誰も居ない、一人ボッチの高ボッチだから尚更だな♪

広角24mm相当で撮っているから
肝心の富士山は?・・・何処なのか? 分かりますか?
イエ、ちゃんと写ってるけど・・・
肉眼ではほぼこんな感じの空間認識になります。
撮影ポイントには未だ日差しは届かず暗いまま。
上空の雲に広がりがあると、アングルを少し上に向けて、手前を少々省く事になりそう。
或いは更に16mmとかの広角レンズで、となるかもしれないな。
そんな時、魚眼でも面白いかも。ただ富士山は益々小さくなってしまうけど。


6.
a0031821_10524883.jpg
04:46
刻々と姿を変える雲海
刻々と輝きを変える雲海
刻々と変わる朝焼けの色
富士山と雲海と南アルプスの名峰を
どうバランス良く画面に配置して撮るか?撮れるか?撮れちゃうのか?
忙しいゾ! 難しいゾ(;´・ω・)
これが高ボッチからの富士山狙いの醍醐味かもネ♪(-_-;)


7.
a0031821_11004430.jpg
04:54
分厚い雲海で、頭だけの富士山(;´・ω・)
これで330mm相当だ。
地理院地図では富士山頂上までの直線距離が105kmと出る。

狙いにもよるけど・・・これ以上の望遠はそんなに要らないかもね。
雲海がもうちょっと薄くて富士山のスロープが見えると、
そりゃあ素晴らしい景観になる筈だけど、
マアね、そういうチャンスが来る事を願って高ボッチに通わないとイカンぜよ♪


8.
a0031821_11075565.jpg
05:32
雲海は微妙に姿を変えながら、でも未だしっかり♪
マアいくら撮っても飽きないけれど(;´・ω・)
朝焼けの色づきは最早望めない時刻だ。
やはり勝負は日の出前の僅かな時間しか無いな。



9.
a0031821_11120745.jpg
05:35
似たような画像は山ほどアリ(-_-;)


10.
a0031821_11134714.jpg
06:01
変化を求めてウロウロ♪
手前レンゲツツジは未だ蕾なんだけど、無理して入れてみた(;^_^A
頭だけ富士山♪


11.
a0031821_11163372.jpg
09:14
この時刻になるとモノクロの世界だ。
富士山はまだ頭を出してくれていて、どんどん撮りなさい!と言われたか?(;´・ω・)
しかしコントラストも薄れ、最早これまで!だな(泣)
この後、富士山は湧き出した雲の向こうにお隠れになってしまったのサ。


12.
a0031821_11210742.jpg
23:45
エ~っ! こんな時刻に! 未だ高ボッチに居たんかい?♪(;^_^A
そう、天気予報見て、もう一度チャンスを!と思って・・・
結局プラス一日を決心してしまったのよ(笑)

月は昨日より更に西へ傾くのが早く、この時刻では斜光線な感じに。
ア~でもここで富士山が顔を出してくれたら良かったのに
それは又の機会って事か・・・
でも諏訪湖一望の夜景は素敵なもんだよ♪

さて、明日の朝はどうなるのか?
早く寝ないと・・・夜明けまで余り時間が無いぞ。





by sdknz610 | 2017-06-14 15:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 13日

我が絶景♪ 高ボッチ高原にて:諏訪湖と霧と月・・・

a0031821_17190030.jpg
2017.6.8 午後、高ボッチ高原のmy絶景ポイントに居た(^-^;
17:56の画。低層、中層、高層に雲が次々と流れて来る。
そして・・・富士山は何処?・・・イエイエ見えてません(泣)
あ~ア・・・あれ程天気情報を調べて、
8,9,10日は何とか富士山をとイメージ先行だったのに(笑)
マアでも諏訪湖を上から目線で眺めるのも素敵なんですよ♪
以下、時刻を追って、この日はどうだったのか?を白状して参ろうかと(;´・ω・)

高ボッチ高原とは何なのか? どうなってるの?とか・・・
何かのご参考になれば幸いです。
それにしてもココから富士山を望むのは・・・至難の技だよなと、
今更ながら実感したのであります。


2.
a0031821_17280344.jpg
18:27
西、北アルプス方面は良く晴れていて、そろそろ夕日が諏訪湖に入り始めた。


3.
a0031821_17302455.jpg
19:47
その後、猛烈なガスに襲われ、一時車に退避(;´・ω・)
霧が晴れてみれば、ワ~オ!(^_-)-☆ 満月(に近い)が煌々と辺りを照らしてたワ♪
未だ残り霧がスッキリせず、もやもやなんだけど(^-^;


4.
a0031821_17430715.jpg
19:55
諏訪湖を囲む街の灯が濃くなって来ます。
相変わらず雲の流れは途絶える事なく続いていて
富士山方面の視程はゼロ状態に(泣)


5.
a0031821_17452817.jpg
19:56
フッと諏訪湖が抜ける様に見えた!♪
注意してないと、アッと言う間の幻になるのでホント油断出来ないゾ(^-^;


6.
a0031821_17474581.jpg
19:58
2分後にはもうコレだもん・・・(^-^;
やけに満月が恨めしい・・・ナンテ♪


7.
a0031821_17493801.jpg
20:05
月の高度が上がって来る。雲が増え始めた・・・ヤバイわ(^-^;
これは25秒露出。雲を流してみた。



8.
a0031821_17513018.jpg
20:07
それでも諏訪湖がスッキリ見えたり・・・


9.
a0031821_17523720.jpg
20:10
そして・・・とうとう霧に沈み始めた諏訪湖。
雲海が覆う諏訪湖なら大歓迎だけど、このガスでは如何ともし難く・・・
この日はこれにて撤収だな・・・車に戻って仮眠する事に(^-^;

翌、9日は午前2時にアラームをセットして・・・
殆ど寝てる暇はないぜ・・・
でも睡眠導入剤を(^-^;

続きを又明日ご紹介します。
果たして富士山は見えるのか? はた又・・・(^-^;


追:
高ボッチからは10日に戻りました。その間予約投稿してましたが、
11日、今度は奥日光・千手ケ浜へクリンソウ目当てで行っておりました。
12日の更新が滞ってしまい、失礼いたしましたm(__)m
13日、奥日光から戻ったので、更新を再開します。
尚、奥日光のレポートは高ボッチの後となりますの御承知おき下さい。

★クリンソウの最新情報です。
只今(13日現在)、一番の見頃ではないかと思います。
今年は株の数が去年より少ないかな?といった感じです。でもやっぱりキレイ!♪
11日、12日、千手ケ浜の人出もスゴかったです!♪
帰りのバス待ちは長蛇の列で、乗れるまで2時間?なんていう話も(^-^;
こちらはフォトクラブの写友と、草加市奥日光自然の家に一泊なので余裕でしたが♪

佐渡閑蔵 拝




by sdknz610 | 2017-06-13 19:30 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 18日

驚きの大雲海が出現した!高ボッチ高原からの富士山

11月16日の朝。日の出前の微妙な色彩の変化を、湖面に張り出した雲の下の街の灯とともに撮り始め
サアこれから!という時になって、又しても背後から流れて来る濃い霧に阻まれてしまい、
街の灯が消えかかる一番大事な瞬間は撮れず仕舞いだった(^-^;
ジッと我慢で立ち尽くす(^-^;
そしておよそ30分程でさしものホワイトワールドが終わりそうになって来た。

6時ちょっと前、薄くなりつつある霧を通して諏訪湖、富士山が見え始め、
良く見ると、大雲海が目の下に広がっているのが分かったのよ!
a0031821_15105551.jpg
05:59
消え始めた街の灯が僅かに残っていた。
風に乗って目の前の斜面を吹き転げて下る霧の海! 間もなく消えるであろうと・・。

2.
a0031821_15154614.jpg
06:39
既に日は八ヶ岳北麓辺りから昇って来ていて、日差しがこちらにも届き始め、
未だ消え残る霧が黄金色に染められた。
遠く富士山は霧のフィルターを通して見る感じなので、コントラストが弱い。
雲海の上は一部に日が差し込んで来ていて、スポットライトで照らされた様だった。
それにしてもこの雲海、厚さはどれ程だろうか?
諏訪湖の湖面は海抜759mというから、自分の立ってる場所が1600m程なので、
その間に横たわる雲海の厚さは、見た目の感じで3,400m位はあるのか?
あるいはもうちょっと薄く、2,300m?・・・良く分からん(^-^;
でも何かかなり分厚いな、というのが印象に残る。

3.
a0031821_15301471.jpg
06:39

4.
a0031821_15311138.jpg
06:46
雲海の厚さは場所によってかなり違うんだな。
この画は、アートフィルターのドラマチックトーンで撮ってみたもの。

5.
a0031821_15392357.jpg
06:48
普通に絞り優先ではこんな風に。
何れにしても明暗差が極めて大きいので露出をどうするか? 
こんな時は、EVブラケットで3枚連写してます(^-^;

6.
a0031821_1542356.jpg
07:02
この時刻になっても、上空はピーカンの青空が広がっているのに、未だ時々ガスが吹きつけて来る状態だった。
黄金色に輝く霧!♪

7.
a0031821_15443643.jpg

08:06
まだまだ諏訪湖を封じ込めている雲海は消えそうに無く・・・。
見てると殆ど動きの無い雲海に見えるけど、ちょっと目を離した後、アレっ!という感じで様相が変わっていた。
僅かに冠雪している富士山頂上付近が微かに光ってる・・・。

8.
a0031821_1547553.jpg
08:10
雲海を突き抜けて富士山が。1600mの高原だから、こういう景観が見られるのか~♪
高ボッチ高原は益々その重要性が増すばかり(笑)

今回初めて遭遇した大雲海と富士山と・・・やはりこの時期ならではの現象なんだろうね。

素晴らしい経験だった。
天気の移り変わりをウォッチして、雨上がりの晴れならきっと!というのがある程度成功した様に思う。
そう、雨上がりというのは非常に重要なチャンスなのであります!♪

まだまだ高ボッチは・・・攻めてみたいmy bestポイント!
でも無理は禁物!・・・慎重に行こう!♪

by sdknz610 | 2015-11-18 17:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 17日

雲海に街の灯がにじむ。絶景かな富士山と諏訪湖♪

高ボッチからの富士山絶景(^_-)-☆
11月16日の日の出前だった。
諏訪湖の東岸に掛けて、どうやら雲海が出て来そうな雰囲気に♪・・・
こりゃあトンデモナイ景観になりそうな予感がした訳よ♪

この、雲海の下の街の灯がボ~っと光り、その遥か向こうに富士山が頭を出し、というシ~ンは
実はズ~っとイメージして来て、何時か撮ってみたいと熱望していたシチュエイションだった。

それが、100%とは行かなかったものの・・・実現したのだから、それはモウ相当、内心は舞い上がっていた様な次第で(^-^;

先ずは今回の高ボッチ行の白眉と思う、この画からご紹介に及びます。
a0031821_19352040.jpg
05:26だった。
クッキリと裾野を広げる富士山のシルエット。
諏訪湖の上に掛ろうかと言う雲海に宝石をバラ撒いた様に輝く街の灯が滲む!
何という美しいニッポン(^_-)-☆ 美しい諏訪湖と富士山に感謝!

以下、ご参考に幾つかの画像を時刻を追って載せます。
moreをクリックして、ご覧下さい。

More

by sdknz610 | 2015-11-17 20:15 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 16日

朝霧の諏訪湖が燃えるようだった♪・・・高ボッチ高原にて

2015.11.15の夕方、高ボッチ高原の撮影ポイントに居た(^-^;
ここからの諏訪湖越しの富士山狙いでチャンスを逃さない様にと今回も大決心して(^-^;・・・
ここは11月初から月末位までが年間で一番のハイシーズンだから、虎視眈々と。

ここに来るまでには、色んな条件をクリアーしないと行けないんだけどね(^-^;
例えば、高気圧の前縁が丁度掛かり始める事、等圧線が立て込んでいない事、
前日、あるいは当日雨が降り止んでる事(実はこれが一番重要なポイント)、
気温は今頃だと早朝で+5℃前後の事、出勤日でない事、翌日もね♪ ナンテ事で、
毎日、週間天気予報、前日には天気分布予報を確認しながら
翌々日の朝の天気を最後は自分で判断して決行するかどうかを決めるのサ(^-^;

これ、人に聞かない事にしてる・・・どうしてもグチが出る事になりかねないから♪
全て自分が決めた事! 結果はどうなっても気にしない。次どうするか?だけ・・・。
相手は天気だから・・・どうにもならないから(笑)

今日は今朝の撮りたての画像からの一枚です。
a0031821_1955132.jpg

2015.11.16 02:24
6sec 0EV F1.4 ISO800
OLYMPUS E-M10 PANASONIC NOCTICRON F1.2 42.5mm(85mm相当)

何か諏訪湖の街並みが燃えてしまったか?♪(^-^;
富士山が何処だか? 分かりますか?
この湖面を這う雲!・・・これは何か起きそうな予感がするな~・・・♪

ガスが晴れた! 一瞬の隙にと思って・・・そしたらマニュアル露出のこの設定では大分露出がオーバだった(^-^;
撮り直そうと思った時は遅かりし・・・アッという間に又霧に阻まれてしまった(泣)

前日15日の夕方7時前頃から猛烈なガスに囲まれて、鼻を抓まれても分からない位になってしまい
車中で、野球の対ベネズエラ戦を見ていた♪ その後、下町ロケットの最終回も見ちゃったから
もう真夜中になってたな(^-^;
一向に霧は晴れる気配無く、それでも午前2時半には、三脚を立てて置いた所で、この霧何とかしてや!と
チャンスがあれば何時でもシャッター押すべく立ちんぼで・・・待つしかないのサ(^-^;

実は未だ膨大な画像の整理が終わってないのであります・・・
イヤ、マア実は・・・素晴らしいチャンスに恵まれたので、どうレポートしようか?混乱してます(^-^;
明日から何とかその全貌をお伝え出来ればと思っておりますので、どうか今暫くお待ち下さい。
明日、明後日は出勤日なので、更新が遅い時刻になるやもしれませんが・・・。

by sdknz610 | 2015-11-16 20:30 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 09日

絶景!高ボッチ高原からの朝富士・・いよいよ夜明け!

昨日の記事の続きになります。時刻を追って・・・。

1.
05:30
a0031821_1045323.jpg
未だ消え残る諏訪湖の街の灯! この時刻が微妙に大事なシャッターチャンス!♪

高ボッチからの富士山。どうしてこんなに惹かれるのか?♪
どうやらそれは・・・この街の灯があるから! そして湖があるから! 
この三位一体のコラボレーション!って事だよね♪

2.
05:42
a0031821_10542359.jpg
ア~っ! 街の灯がどんどん消えて行く!
代りに湖面が東の茜空を映し始める!

3.
06:18
a0031821_10584265.jpg
紅富士?になるか?・・・イヤイヤそこまでは(^-^;
甲府盆地を覆う靄が紅く色付いた!・・・これはほんの一瞬だったな(^-^; イヤー油断出来ないですよ♪

4.
06:34
a0031821_11268.jpg
左、高ボッチ高原の最高地点(海抜1665m)からお天道様が顔を出した!

既に街の灯は消えて、この後、湖面、富士山はどう変化するだろうか?

これは24mm相当で撮っている。見た目よりちょっと広い感じだけど、
富士山は・・・こんな感じ。遠い! 割と小さくしか見えない!(^-^; 直線距離で100km!♪
で、これを・・・レンズの焦点距離を色々変えて、アングルを変えてどう富士山を撮るか? 
試行錯誤が始まるという訳です。
 
ここに居ると、もっと靄が濃い時なんかでは、観光に来た方から、富士山は何処ですか?と聞かれます(^-^;

5.
06:35
a0031821_1115033.jpg
地上には朝靄が・・・こんな風に蔓延るのね♪

6.
06:36
a0031821_112715100.jpg
夜明け前の色付きも魅力だけど、どうでしょう! こんなモノクロ風の景観♪
雲海とまでは行かなかったけれど、靄の千変万化もミモノなんだと、実感♪

7.
06:41
a0031821_11302544.jpg
やっと日差しが足元に迫って来た!

この時刻になると、あれ程居たカメラマンはすっかり姿が見えなくなって・・・皆さんお帰りに♪
ここでは私が最後になってた(笑)

一時、30分程前にはドッと団体さんがお見えになって、狭い撮影ポイントは大賑わいに♪
みなさん、ホテルの朝食が待ってるとかで、ササッと居なくなったけど・・・ツアーって忙しいんだな♪
一番いい時を逃がしているみたいで・・・。

2015.11.5 長野県・塩尻市・高ボッチ高原
PANASONIC GX7
OLYMPUS E-M10

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO
PANASONIC LUMIX GX VARIO 45-175mm F4-5.6 

三脚必携 レンズの結露対策も必須
防寒対策は勿論大事です。
気候のいい時と違って、これからは益々撮る前の準備が勝負を分ける気がします。
次行く時はもうヤバイですよ(^-^; 多分・・・。

by sdknz610 | 2015-11-09 13:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(9)
2015年 11月 08日

絶景かな!高ボッチ高原からの朝富士再び♪

2015.11.5の朝、高ボッチ高原の富士山撮影ポイントに居た。

前日からのほぼ快晴というお天気を見越して、この日も晴れる!だろうという、自分なりの判断で、
4日は仕事から戻って、夕食後直ぐに高ボッチを目指し、片道250km。真夜中ちょっと前に現着だった。
北関東道、関越道、長野道は何処も空き空きで、ちょっと遅めのマイペースで疲れ無し♪
塩尻北ICから崖温泉経由、高ボッチ高原へ。何時ものコースだ。大分慣れて来て夜中でも大丈夫♪

高ボッチへとなると、仕事の無い日の昼頃に現着というパターンなんだけど、
今回はこういう事もあるだろうと新しい行動形態を試しておきたかった。
何故?・・・お天気は勿論だけど、月齢、勤務予定等のパラメータを総合的に判断して、
イザ!今がチャンス!行かねば!という時に対応出来るかどうか?を・・・。

さて、現着してみれば既に何時もここ!と思ってる路肩の僅かなスペースには、
先着の2トントラック改造したと思われるキャンピングカーに占められていて(^-^;
その他に数台、路駐していて、やっと一台分ほどの隙間があったので・・・何とか♪
やはり県外車ばかりだ。例によって関西方面の車が多い。
ちょっと、三脚置き場の確認と諏訪湖の様子見。
冷え込みは思った程では無く、霜は降りないかな?位の気温。上空、諏訪湖、富士山方向も雲は無い!!・・・
これなら朝も大丈夫かと、車に戻り仮眠する事に。
何時に起きるか?・・・2時半でいいか・・・携帯電話の目覚ましをセットして・・・。

では、マア兎に角この朝の、日の出前からの諏訪湖越しの富士山の様子をご覧頂きましょうか♪

1.
03:03
a0031821_10252143.jpg
40秒/コマを15分間の比較明合成。
肉眼では富士山を視認出来ない程の暗さ。月齢は23で、かなり昇って来てヘッドランプが必要無い程の明るさなんだけど、
諏訪湖周りの街の灯の明るさが強く、星を撮るのは容易ではない。

富士山の中腹に何やら光が移動してるのが写っている。飛行機では無いし、作業車が移動してたのか?
甲府盆地の上に張り付く靄の層が相変わらずだな(^-^;

2.
04:49
a0031821_10325037.jpg
時間の進みは早い!この間も色々撮っているけど・・・マア忙しいのであります(^-^;

3.
05:02
a0031821_10344383.jpg
既に東の空が微妙に色付いて来た。でもまだ肉眼では、?という感じで良く分からない程。

25秒/コマで13分の比較明合成。
富士山のシルエットがはっきりし出すこの時刻に星の軌跡も一緒に!と思って
比較明合成を始めたんだけど、どんどん明るくなる空に、折角のか細い星の軌跡が画面で消え始める!ってのが
このOLYのE-M10のライブビュウコンポジットで見えたので、これ以上の露光は中止した(^-^;
イヤイヤ、でもねこういう仕掛けがあっての画像なので、デジタルカメラの進化は素晴らしいと思う訳よ♪

4.
05:08
a0031821_10465475.jpg
カメラ二台!24mm相当から270mm相当をカバーしてるけど、
画角を変え、アングルを変え、アスペクト比を変え、ホワイトバランスを変え、露出補正量を変え・・・等々
その間、バッテリーの残量が少ないよ!という警告が出るし・・・
やたらとパラメータが多くて、その間に空の色、明るさの変化は早いから・・・実は超忙しいのであります(^-^;

5.
05:09
a0031821_1057669.jpg
こうなると・・・モウ言葉は不要、邪魔や!・・・ナンテ(^-^;♪

6.
05:21
a0031821_10583571.jpg
GX7で。

7.
05:21
a0031821_110384.jpg

E-M10で。
#6とはレンズ、画角、アシペクト比、ホワイトバランスが異なる。
同じ時刻なのに、これだけ違った印象になる。沢山撮っておくしか無いな(^-^;

未だ消え残る街の灯・・・この時刻帯が何しろ一番重要なのよ・・・。
甲府盆地を覆っていた薄い靄の層がやっと消え始めた様だ。

今回は稀に見る抜けの良い快晴下の諏訪湖越しの富士山を拝めて・・・そりゃあモウ大満足の朝だった(^_-)-☆

ア~あ、これで高ボッチ高原からの富士山としては2勝5敗になったか♪

まだまだ撮りたいシ~ンは沢山ある。あれこれイメージ先行なのサ(^-^;
又、道路が閉鎖となる前に行ってみたいんだけど・・・。

この後、更に時刻が進んでお日様出るまで粘ってみた結果を明日ご紹介しようと思います。


by sdknz610 | 2015-11-08 13:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(6)
2015年 10月 06日

秀麗「高ボッチ高原」からの富士山(3)・・・朝焼けは

「高ボッチ高原」から望む朝焼けの富士山。
昨日の記事に続き、時が進みクライマックスから終焉を迎える様子をお届け。

1.
a0031821_11165237.jpg
5:26
諏訪の街の灯も残り僅か、富士山の素晴らしい曲線を描く稜線と、光る諏訪湖の水面が印象的。

2.
a0031821_11201366.jpg
5:28
少しアップで。

3.
a0031821_1121148.jpg
5:31
この素晴らしいピンク色の空、に富士山のシルエットは、将に得難い経験だった。
この色は・・・ほんの一瞬の出来事だったか・・・儚いものだな。
だからその時ここに居たという幸運に感謝!♪

4.
a0031821_11213859.jpg
5:53
最早あの素晴らしい色に染まった空は過去のものに。アッという間の夢物語だったか・・・。
色あせた景観はこの後日差しが照らすのを待つ事になる。

5.
a0031821_11221063.jpg
5:56
カメラの直ぐ前のススキに日差しが!

6.
a0031821_11223337.jpg
6:03
重なる山並みのグラデーションが見事だった。
最遠方は八ヶ岳連峰。

7.
a0031821_1123371.jpg
6:04
蓼科山の頂上付近から顔を出したお日様だ。サンライズダイヤモンド蓼科!なんて・・・♪
ワイドレンズでは富士山は小さくなるけど、諏訪湖と共に存在感抜群なのさ♪

私にとっては稀に見る素晴らしい朝焼けで、
富士山、諏訪湖のコラボレーションを満喫出来た事はとても大事ないい思い出になるのは間違い無いな♪
毎日、毎週、ここに通う人がいるらしい。であればこういう朝焼け富士山は数多く見ているのかもしれないね。
そこまでいかなくても、もうちょっと頻度を上げてみたいものだ。往復500kmだけどね(^-^;
11月中旬まで・・・残り僅かのシーズンだからね~・・・。
もっと空気が澄んで来て、でも超寒いらしいけど、イメージばかり先走る(^-^;

by sdknz610 | 2015-10-06 15:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(0)