カテゴリ:高ボッチ高原( 8 )


2015年 11月 18日

驚きの大雲海が出現した!高ボッチ高原からの富士山

11月16日の朝。日の出前の微妙な色彩の変化を、湖面に張り出した雲の下の街の灯とともに撮り始め
サアこれから!という時になって、又しても背後から流れて来る濃い霧に阻まれてしまい、
街の灯が消えかかる一番大事な瞬間は撮れず仕舞いだった(^-^;
ジッと我慢で立ち尽くす(^-^;
そしておよそ30分程でさしものホワイトワールドが終わりそうになって来た。

6時ちょっと前、薄くなりつつある霧を通して諏訪湖、富士山が見え始め、
良く見ると、大雲海が目の下に広がっているのが分かったのよ!
a0031821_15105551.jpg
05:59
消え始めた街の灯が僅かに残っていた。
風に乗って目の前の斜面を吹き転げて下る霧の海! 間もなく消えるであろうと・・。

2.
a0031821_15154614.jpg
06:39
既に日は八ヶ岳北麓辺りから昇って来ていて、日差しがこちらにも届き始め、
未だ消え残る霧が黄金色に染められた。
遠く富士山は霧のフィルターを通して見る感じなので、コントラストが弱い。
雲海の上は一部に日が差し込んで来ていて、スポットライトで照らされた様だった。
それにしてもこの雲海、厚さはどれ程だろうか?
諏訪湖の湖面は海抜759mというから、自分の立ってる場所が1600m程なので、
その間に横たわる雲海の厚さは、見た目の感じで3,400m位はあるのか?
あるいはもうちょっと薄く、2,300m?・・・良く分からん(^-^;
でも何かかなり分厚いな、というのが印象に残る。

3.
a0031821_15301471.jpg
06:39

4.
a0031821_15311138.jpg
06:46
雲海の厚さは場所によってかなり違うんだな。
この画は、アートフィルターのドラマチックトーンで撮ってみたもの。

5.
a0031821_15392357.jpg
06:48
普通に絞り優先ではこんな風に。
何れにしても明暗差が極めて大きいので露出をどうするか? 
こんな時は、EVブラケットで3枚連写してます(^-^;

6.
a0031821_1542356.jpg
07:02
この時刻になっても、上空はピーカンの青空が広がっているのに、未だ時々ガスが吹きつけて来る状態だった。
黄金色に輝く霧!♪

7.
a0031821_15443643.jpg

08:06
まだまだ諏訪湖を封じ込めている雲海は消えそうに無く・・・。
見てると殆ど動きの無い雲海に見えるけど、ちょっと目を離した後、アレっ!という感じで様相が変わっていた。
僅かに冠雪している富士山頂上付近が微かに光ってる・・・。

8.
a0031821_1547553.jpg
08:10
雲海を突き抜けて富士山が。1600mの高原だから、こういう景観が見られるのか~♪
高ボッチ高原は益々その重要性が増すばかり(笑)

今回初めて遭遇した大雲海と富士山と・・・やはりこの時期ならではの現象なんだろうね。

素晴らしい経験だった。
天気の移り変わりをウォッチして、雨上がりの晴れならきっと!というのがある程度成功した様に思う。
そう、雨上がりというのは非常に重要なチャンスなのであります!♪

まだまだ高ボッチは・・・攻めてみたいmy bestポイント!
でも無理は禁物!・・・慎重に行こう!♪

by sdknz610 | 2015-11-18 17:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 17日

雲海に街の灯がにじむ。絶景かな富士山と諏訪湖♪

高ボッチからの富士山絶景(^_-)-☆
11月16日の日の出前だった。
諏訪湖の東岸に掛けて、どうやら雲海が出て来そうな雰囲気に♪・・・
こりゃあトンデモナイ景観になりそうな予感がした訳よ♪

この、雲海の下の街の灯がボ~っと光り、その遥か向こうに富士山が頭を出し、というシ~ンは
実はズ~っとイメージして来て、何時か撮ってみたいと熱望していたシチュエイションだった。

それが、100%とは行かなかったものの・・・実現したのだから、それはモウ相当、内心は舞い上がっていた様な次第で(^-^;

先ずは今回の高ボッチ行の白眉と思う、この画からご紹介に及びます。
a0031821_19352040.jpg
05:26だった。
クッキリと裾野を広げる富士山のシルエット。
諏訪湖の上に掛ろうかと言う雲海に宝石をバラ撒いた様に輝く街の灯が滲む!
何という美しいニッポン(^_-)-☆ 美しい諏訪湖と富士山に感謝!

以下、ご参考に幾つかの画像を時刻を追って載せます。
moreをクリックして、ご覧下さい。

More

by sdknz610 | 2015-11-17 20:15 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 16日

朝霧の諏訪湖が燃えるようだった♪・・・高ボッチ高原にて

2015.11.15の夕方、高ボッチ高原の撮影ポイントに居た(^-^;
ここからの諏訪湖越しの富士山狙いでチャンスを逃さない様にと今回も大決心して(^-^;・・・
ここは11月初から月末位までが年間で一番のハイシーズンだから、虎視眈々と。

ここに来るまでには、色んな条件をクリアーしないと行けないんだけどね(^-^;
例えば、高気圧の前縁が丁度掛かり始める事、等圧線が立て込んでいない事、
前日、あるいは当日雨が降り止んでる事(実はこれが一番重要なポイント)、
気温は今頃だと早朝で+5℃前後の事、出勤日でない事、翌日もね♪ ナンテ事で、
毎日、週間天気予報、前日には天気分布予報を確認しながら
翌々日の朝の天気を最後は自分で判断して決行するかどうかを決めるのサ(^-^;

これ、人に聞かない事にしてる・・・どうしてもグチが出る事になりかねないから♪
全て自分が決めた事! 結果はどうなっても気にしない。次どうするか?だけ・・・。
相手は天気だから・・・どうにもならないから(笑)

今日は今朝の撮りたての画像からの一枚です。
a0031821_1955132.jpg

2015.11.16 02:24
6sec 0EV F1.4 ISO800
OLYMPUS E-M10 PANASONIC NOCTICRON F1.2 42.5mm(85mm相当)

何か諏訪湖の街並みが燃えてしまったか?♪(^-^;
富士山が何処だか? 分かりますか?
この湖面を這う雲!・・・これは何か起きそうな予感がするな~・・・♪

ガスが晴れた! 一瞬の隙にと思って・・・そしたらマニュアル露出のこの設定では大分露出がオーバだった(^-^;
撮り直そうと思った時は遅かりし・・・アッという間に又霧に阻まれてしまった(泣)

前日15日の夕方7時前頃から猛烈なガスに囲まれて、鼻を抓まれても分からない位になってしまい
車中で、野球の対ベネズエラ戦を見ていた♪ その後、下町ロケットの最終回も見ちゃったから
もう真夜中になってたな(^-^;
一向に霧は晴れる気配無く、それでも午前2時半には、三脚を立てて置いた所で、この霧何とかしてや!と
チャンスがあれば何時でもシャッター押すべく立ちんぼで・・・待つしかないのサ(^-^;

実は未だ膨大な画像の整理が終わってないのであります・・・
イヤ、マア実は・・・素晴らしいチャンスに恵まれたので、どうレポートしようか?混乱してます(^-^;
明日から何とかその全貌をお伝え出来ればと思っておりますので、どうか今暫くお待ち下さい。
明日、明後日は出勤日なので、更新が遅い時刻になるやもしれませんが・・・。

by sdknz610 | 2015-11-16 20:30 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 09日

絶景!高ボッチ高原からの朝富士・・いよいよ夜明け!

昨日の記事の続きになります。時刻を追って・・・。

1.
05:30
a0031821_1045323.jpg
未だ消え残る諏訪湖の街の灯! この時刻が微妙に大事なシャッターチャンス!♪

高ボッチからの富士山。どうしてこんなに惹かれるのか?♪
どうやらそれは・・・この街の灯があるから! そして湖があるから! 
この三位一体のコラボレーション!って事だよね♪

2.
05:42
a0031821_10542359.jpg
ア~っ! 街の灯がどんどん消えて行く!
代りに湖面が東の茜空を映し始める!

3.
06:18
a0031821_10584265.jpg
紅富士?になるか?・・・イヤイヤそこまでは(^-^;
甲府盆地を覆う靄が紅く色付いた!・・・これはほんの一瞬だったな(^-^; イヤー油断出来ないですよ♪

4.
06:34
a0031821_11268.jpg
左、高ボッチ高原の最高地点(海抜1665m)からお天道様が顔を出した!

既に街の灯は消えて、この後、湖面、富士山はどう変化するだろうか?

これは24mm相当で撮っている。見た目よりちょっと広い感じだけど、
富士山は・・・こんな感じ。遠い! 割と小さくしか見えない!(^-^; 直線距離で100km!♪
で、これを・・・レンズの焦点距離を色々変えて、アングルを変えてどう富士山を撮るか? 
試行錯誤が始まるという訳です。
 
ここに居ると、もっと靄が濃い時なんかでは、観光に来た方から、富士山は何処ですか?と聞かれます(^-^;

5.
06:35
a0031821_1115033.jpg
地上には朝靄が・・・こんな風に蔓延るのね♪

6.
06:36
a0031821_112715100.jpg
夜明け前の色付きも魅力だけど、どうでしょう! こんなモノクロ風の景観♪
雲海とまでは行かなかったけれど、靄の千変万化もミモノなんだと、実感♪

7.
06:41
a0031821_11302544.jpg
やっと日差しが足元に迫って来た!

この時刻になると、あれ程居たカメラマンはすっかり姿が見えなくなって・・・皆さんお帰りに♪
ここでは私が最後になってた(笑)

一時、30分程前にはドッと団体さんがお見えになって、狭い撮影ポイントは大賑わいに♪
みなさん、ホテルの朝食が待ってるとかで、ササッと居なくなったけど・・・ツアーって忙しいんだな♪
一番いい時を逃がしているみたいで・・・。

2015.11.5 長野県・塩尻市・高ボッチ高原
PANASONIC GX7
OLYMPUS E-M10

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO
PANASONIC LUMIX GX VARIO 45-175mm F4-5.6 

三脚必携 レンズの結露対策も必須
防寒対策は勿論大事です。
気候のいい時と違って、これからは益々撮る前の準備が勝負を分ける気がします。
次行く時はもうヤバイですよ(^-^; 多分・・・。

by sdknz610 | 2015-11-09 13:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(9)
2015年 11月 08日

絶景かな!高ボッチ高原からの朝富士再び♪

2015.11.5の朝、高ボッチ高原の富士山撮影ポイントに居た。

前日からのほぼ快晴というお天気を見越して、この日も晴れる!だろうという、自分なりの判断で、
4日は仕事から戻って、夕食後直ぐに高ボッチを目指し、片道250km。真夜中ちょっと前に現着だった。
北関東道、関越道、長野道は何処も空き空きで、ちょっと遅めのマイペースで疲れ無し♪
塩尻北ICから崖温泉経由、高ボッチ高原へ。何時ものコースだ。大分慣れて来て夜中でも大丈夫♪

高ボッチへとなると、仕事の無い日の昼頃に現着というパターンなんだけど、
今回はこういう事もあるだろうと新しい行動形態を試しておきたかった。
何故?・・・お天気は勿論だけど、月齢、勤務予定等のパラメータを総合的に判断して、
イザ!今がチャンス!行かねば!という時に対応出来るかどうか?を・・・。

さて、現着してみれば既に何時もここ!と思ってる路肩の僅かなスペースには、
先着の2トントラック改造したと思われるキャンピングカーに占められていて(^-^;
その他に数台、路駐していて、やっと一台分ほどの隙間があったので・・・何とか♪
やはり県外車ばかりだ。例によって関西方面の車が多い。
ちょっと、三脚置き場の確認と諏訪湖の様子見。
冷え込みは思った程では無く、霜は降りないかな?位の気温。上空、諏訪湖、富士山方向も雲は無い!!・・・
これなら朝も大丈夫かと、車に戻り仮眠する事に。
何時に起きるか?・・・2時半でいいか・・・携帯電話の目覚ましをセットして・・・。

では、マア兎に角この朝の、日の出前からの諏訪湖越しの富士山の様子をご覧頂きましょうか♪

1.
03:03
a0031821_10252143.jpg
40秒/コマを15分間の比較明合成。
肉眼では富士山を視認出来ない程の暗さ。月齢は23で、かなり昇って来てヘッドランプが必要無い程の明るさなんだけど、
諏訪湖周りの街の灯の明るさが強く、星を撮るのは容易ではない。

富士山の中腹に何やら光が移動してるのが写っている。飛行機では無いし、作業車が移動してたのか?
甲府盆地の上に張り付く靄の層が相変わらずだな(^-^;

2.
04:49
a0031821_10325037.jpg
時間の進みは早い!この間も色々撮っているけど・・・マア忙しいのであります(^-^;

3.
05:02
a0031821_10344383.jpg
既に東の空が微妙に色付いて来た。でもまだ肉眼では、?という感じで良く分からない程。

25秒/コマで13分の比較明合成。
富士山のシルエットがはっきりし出すこの時刻に星の軌跡も一緒に!と思って
比較明合成を始めたんだけど、どんどん明るくなる空に、折角のか細い星の軌跡が画面で消え始める!ってのが
このOLYのE-M10のライブビュウコンポジットで見えたので、これ以上の露光は中止した(^-^;
イヤイヤ、でもねこういう仕掛けがあっての画像なので、デジタルカメラの進化は素晴らしいと思う訳よ♪

4.
05:08
a0031821_10465475.jpg
カメラ二台!24mm相当から270mm相当をカバーしてるけど、
画角を変え、アングルを変え、アスペクト比を変え、ホワイトバランスを変え、露出補正量を変え・・・等々
その間、バッテリーの残量が少ないよ!という警告が出るし・・・
やたらとパラメータが多くて、その間に空の色、明るさの変化は早いから・・・実は超忙しいのであります(^-^;

5.
05:09
a0031821_1057669.jpg
こうなると・・・モウ言葉は不要、邪魔や!・・・ナンテ(^-^;♪

6.
05:21
a0031821_10583571.jpg
GX7で。

7.
05:21
a0031821_110384.jpg

E-M10で。
#6とはレンズ、画角、アシペクト比、ホワイトバランスが異なる。
同じ時刻なのに、これだけ違った印象になる。沢山撮っておくしか無いな(^-^;

未だ消え残る街の灯・・・この時刻帯が何しろ一番重要なのよ・・・。
甲府盆地を覆っていた薄い靄の層がやっと消え始めた様だ。

今回は稀に見る抜けの良い快晴下の諏訪湖越しの富士山を拝めて・・・そりゃあモウ大満足の朝だった(^_-)-☆

ア~あ、これで高ボッチ高原からの富士山としては2勝5敗になったか♪

まだまだ撮りたいシ~ンは沢山ある。あれこれイメージ先行なのサ(^-^;
又、道路が閉鎖となる前に行ってみたいんだけど・・・。

この後、更に時刻が進んでお日様出るまで粘ってみた結果を明日ご紹介しようと思います。


by sdknz610 | 2015-11-08 13:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(6)
2015年 10月 06日

秀麗「高ボッチ高原」からの富士山(3)・・・朝焼けは

「高ボッチ高原」から望む朝焼けの富士山。
昨日の記事に続き、時が進みクライマックスから終焉を迎える様子をお届け。

1.
a0031821_11165237.jpg
5:26
諏訪の街の灯も残り僅か、富士山の素晴らしい曲線を描く稜線と、光る諏訪湖の水面が印象的。

2.
a0031821_11201366.jpg
5:28
少しアップで。

3.
a0031821_1121148.jpg
5:31
この素晴らしいピンク色の空、に富士山のシルエットは、将に得難い経験だった。
この色は・・・ほんの一瞬の出来事だったか・・・儚いものだな。
だからその時ここに居たという幸運に感謝!♪

4.
a0031821_11213859.jpg
5:53
最早あの素晴らしい色に染まった空は過去のものに。アッという間の夢物語だったか・・・。
色あせた景観はこの後日差しが照らすのを待つ事になる。

5.
a0031821_11221063.jpg
5:56
カメラの直ぐ前のススキに日差しが!

6.
a0031821_11223337.jpg
6:03
重なる山並みのグラデーションが見事だった。
最遠方は八ヶ岳連峰。

7.
a0031821_1123371.jpg
6:04
蓼科山の頂上付近から顔を出したお日様だ。サンライズダイヤモンド蓼科!なんて・・・♪
ワイドレンズでは富士山は小さくなるけど、諏訪湖と共に存在感抜群なのさ♪

私にとっては稀に見る素晴らしい朝焼けで、
富士山、諏訪湖のコラボレーションを満喫出来た事はとても大事ないい思い出になるのは間違い無いな♪
毎日、毎週、ここに通う人がいるらしい。であればこういう朝焼け富士山は数多く見ているのかもしれないね。
そこまでいかなくても、もうちょっと頻度を上げてみたいものだ。往復500kmだけどね(^-^;
11月中旬まで・・・残り僅かのシーズンだからね~・・・。
もっと空気が澄んで来て、でも超寒いらしいけど、イメージばかり先走る(^-^;

by sdknz610 | 2015-10-06 15:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 05日

天空の高ボッチからの富士山(2)・・・朝焼け!に佇むシルエットは・・

2015.10.4の朝がやって来た。夕べ富士山の上の雲が邪魔で日周運動は全滅だったが(^-^;
その雲は相変わらず富士山上空から取れないまま、いよいよ夜明けを迎える。
この雲、若しかしたら赤く染まるんじゃないかと、期待してもいいんじゃないか?♪
隣のベテランさんもその積りらしいのサ♪ 
何しろ、昨日の夕方は、諏訪湖絡みの富士山は5連敗中だったのが、やっとこさ拝むことが出来て、
これで1勝5敗となった訳で・・・
何か憑き始めた様な錯覚が本物である事を証明せにゃならぬ(笑)

夜が過ぎて行くのは早い!寝てる暇は無いのだ(^-^; 
マ、ちょっとだけ仮眠と言うか車の中で横になっただけだったけど、
4日の午前4時・・・東の蓼科山付近で薄明が始まった。

どんどん明るくなって来るが、富士山は肉眼では殆ど視認出来ない暗さが続く。
それでもどんなものかと撮ってみると・・・ワ~オ!である。ちゃんと♪
a0031821_21561930.jpg

04:56
夕暮れで街の灯と富士山を撮るのは、実はかなり難しい様に思う。
街の灯が消える前に富士山もそれなりに明るくないとイカンのだ(^-^;
日の入り時刻と街の灯が点く時刻との競争になるのか・・・。
それより、この朝焼けを背景に・・・浮かぶ富士山こそ狙うべきなのか・・・
マ、そういう風に狭めない様にした方がいいんだろうけど。

明るさ、赤い色がどんどん変わる。早いぞ!
a0031821_222114.jpg
丁度5時!♪

a0031821_2223780.jpg

05:03
心震えるピンク色!♪

a0031821_2231337.jpg
05:04

a0031821_225247.jpg
05:16
街の灯が消えて行く・・・。
こうして見ると、諏訪湖の街の煌めくあかりが、ここの景観上如何に重要な要素だったかというのが良く分かった♪

a0031821_2252637.jpg
05:22

a0031821_22972.jpg

05:24

こんな赤く焼けた朝。富士山のシルエットは微妙な濃いブルーに染まり、
100kmという距離を感じさせないクリアな姿が見られたなんて、
何とラッキ~だった事!♪
上空にへばり付いて赤く染まった雲のお陰だったな♪ 
これがすっきりピーカンの秋の空だったら又違った印象になるだろうね。
ここも、冬の道路閉鎖まで、あと2回位来てみたいと思い始めている自分に気が付いた(^-^;
ヤバイな♪ 

富士山絶景ポイントは幾多あろうとも・・・
ここ高ボッチから諏訪湖絡みで撮る富士山はトップ3に入るという話は聞いた事がある。
それ、賛成!♪

関東平野の上空は曇りだったのか・・・。
こちら猛烈に明るい下弦間近の月で、ヘッドランプ要らなかったわ♪
流石に1500mというのは、星が近い! 星座がやたらと大きい! 
壮大な夜空が満喫出来たが、
只富士山の上の雲だけはがどうしても晴れずで、星景写真は諦めた(^-^;

この朝焼けの続きは明日も続けます。

今回の器材;
OLYMPUS E-M10 + LEICA NOCTICRON 42.5mmF1.2
PANASONIC LUMIX GX7 + LUMIX GX VARIO 45-175mmF4-5.6
以上を三脚に搭載
PANASONIC FZ200を手持ちで
トリミング若干あり
 


by sdknz610 | 2015-10-05 15:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 04日

天空の高ボッチからの富士山(1) 夕暮れ迫る

2015.10.3。塩尻市「高ボッチ高原」にて、富士山を・・・見えたのか? 撮ったのか?
そうなんです! やっと(^-^;
何しろ連戦連敗だったのでありますよ・・・
これまでここからの富士山は5連敗中だったのですが、やっと今回(^_-)-☆
そりゃあね、一年に一回では、そうは問屋が卸してくれないよね(笑)
ア~でもこの日の富士山は100点満点中85点だと地元のカメラマン♪

では、先ずは3日の夕間暮れの富士山から、ちょっとこれでは嬉し恥ずかしなんですが思い切ってご紹介に及びます(^-^;

先ずは全体の景観です。
a0031821_16282922.jpg
17:27
このランドスケープを夢見て来たので、この富士山のシルエットは大感激でした(^。^)y-.。o○
単純、素直なもので・・・♪
左、八ヶ岳連峰の南裾。右、南アルプス、甲斐駒ケ岳。その直ぐ右に北岳なんですがこの画では見えません。

a0031821_16321746.jpg
17:20
雪の無い裸富士山。 
もうちょっと頂上付近が赤く染まってくれたらもっと嬉しかったのに・・・♪

高層の雲が富士山上空に纏わりついて一晩中、朝ぼらけでも・・・
こういう雲は大歓迎なのであります!朝焼け期待なので。

只、星景写真も狙っていたんだけど、この雲のせいで、ほぼ全滅に(泣)
それと、どうしても靄が取れなかったのがマイナス点(泣)
マアね、富士山まで100kmな訳で、そう易々と抜けるような清浄な空気でというのは
私にとっては極めて稀な事だし・・・今回のこの富士山は大満足しないと、神様に叱られそうです(^-^;


a0031821_16401919.jpg
時刻はちょっと遡ります。14:27でした。
3日、昼間の景観はこんな感じになります。手前ススキを入れて秋!って事で。
標高は高ボッチ山が1600mですが、ここはちょっと下がった1500m程の撮影ポイント。

a0031821_17313686.jpg
17:55
諏訪湖の周りの街に灯が入りました。このシ~ンも是非!撮りたかったものだけど・・・。
この街の灯と、富士山のシルエットの明るさのバランスが難題。
もうちょっと富士山が明るい時に灯が点いてくれるのが理想なんだけど・・・。
この時はギリギリ、富士山が何とか撮れていた(^-^;  
実は肉眼ではもうかなり富士山が暗闇に紛れてしまい視認が難しくなっていたのよ。

さてこれから真夜中の富士山は丁度下弦の月のちょっと前の月明りで果たして撮れるか?
そして朝焼けが待ってるぜ!と・・・今晩も徹夜になるな、でした(笑)

by sdknz610 | 2015-10-04 18:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(0)