『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:赤城自然園( 5 )


2017年 02月 23日

古池に五輪描くやミズスマシ

a0031821_08484987.jpg
2017.2.19の赤城自然園。
サポータ特別開園日だった。スタッフから自由散策の許可が出たのを幸いに
園内奥まで進入♪ レンゲショウマの丘からミズスマシの池へ
池には雪が溜まっていて、開水面は僅かだったけれど、
何やら水面がザワついていたので良く見れば
ワ~オ!である
ミズスマシの大群がそちこちで波紋を造っている♪
この寒い時期にまさかね~元気に昆虫が活動してるとは!♪
そんなことしてるのはミズスマシだけやん!!


2.
a0031821_09033110.jpg
今回は120mm相当のマクロレンズを持って行ったから
こうなれば水面に広がる輪っかに拘って撮ってみよう!
と、終わってみれば800枚を超えていた(^-^;
ミズスマシが水中からポコッと顔を出す時とか
高速で水面を走る時なんかに大きな輪っかが出来るのを見て
ソレっとばかりにシャッター押すんだけど
これが難物で(^-^; なかなか思う様な画が撮れないのよ
それでつい意地になって・・・(笑)


3.
a0031821_09102096.jpg
折角の快晴だ。青空の映り込みも入れたいしね。


4.
a0031821_09134948.jpg
時々強風が来ると水面がザワついて
折角の五輪マークが消えそうになる(^-^;


5.
a0031821_09193197.jpg
こういう輪っかがそちこちで発生
これは、でもちょっと遠いんだけど


6.
a0031821_09215090.jpg
狭い開水面に集中するから見た目、無数のミズスマシが・・・(^-^;
そこらじゅうで五輪マーク♪


7.
a0031821_09253247.jpg
折角マクロレンズなので・・・何とかこのチッセ~ミズスマシを撮りたくなって
ほんの10mmも無さそうなヤツがちっともジッとしてくれないから
又も大量にコマを消費(;´・ω・)


8.
a0031821_09290071.jpg
直ぐ目の下に来てくれた子♪
ちょっとピン甘なのが(泣)だ
でも何かカワイイ奴!♪
左が頭、ちょこんとアンテナみたいに見えるのが目!
夫々水中と空が見える様に、上下都合4つ目がある、というのは初めて知った
ビックリだぜ(笑)

次回チャンスがあればもちっと益しな画をと思った次第。
この小さな肉食の高速昆虫を・・・どう撮るか?

去年11月16日の記事では紅葉映りのミズスマシの輪っかをご紹介してるけど
こんな何もない凍える季節のミズスマシにはビックリだったな♪

昔は川や池で見た事がある筈なんだけど、以来ミズスマシを見るナンテ事は終ぞ無かったな~
それがここ赤城自然園で間近にみる事が出来て
時空を超えて昔に、子供の時に、戻れるんだよね。面白い所だな~♪

Pana G7
OLY ZUIKO 60mmMACRO F2.8







by sdknz610 | 2017-02-23 15:00 | 赤城自然園 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 22日

赤城自然園サポータ特別開園日に行って来た(2月19日)

ミズスマシの池
a0031821_09014172.jpg
2017.2.19の赤城自然園は風強かったけれど、快晴に♪
園内は前夜の雪でかなり白くなって
ザクザク、カチカチの山道を歩くことが出来て得難い散策になった♪

ミズスマシの池も開水面が少なくなっていた。
ここは暖かくなると、モリアオガエルの泡の巣を見る事が出来るし、貴重なビオトープ

2.
a0031821_09082267.jpg
ミズスマシの池
今回は、スタッフの粋な計らいで自由散策を許可します!という事でラッキ~!♪
スタッフの解説付きグループではなく、勝手に園内を一人旅(^-^;
とは言え、これまで散々歩いて様子が分かっているコースなんだけど
それでこことか、更に奥のトンボの池も行く事が出来て、良かった~♪

3.
a0031821_09100688.jpg
途中のせせらぎも雪被り


4.
a0031821_09172385.jpg
トンボ池
向こうは昆虫館


5.
a0031821_09201324.jpg
トンボ池
鬱蒼と茂る水生植物や周囲の濃い森に囲まれた風景は知っているが
今は殆ど空の状態で何だか随分小さい池だったか♪
ここも貴重なビオトープ


6.
a0031821_09235729.jpg
焼き芋の香り♪
今回はここトンボ池で焼き芋のサービスが
スタッフは大忙し


7.
a0031821_09265360.jpg
いただきま~す!
ホクホクで、とても甘かったよ♪
ありがとう!


8.
a0031821_09295488.jpg
いつもの展望台から榛名連峰を遠望


9.
a0031821_09314430.jpg
花は?何処に?
フクジュソウがやっとこの小群落だけ(^-^;♪


10.
a0031821_09335377.jpg
マンサク
やっとこの木のみ
流石に赤城自然園の春は未だ遠かった

リコーGRと
Pana G7にOLYの60mmマクロの二台で臨んだ。
鳥は見なかったから、超望遠は不要だった

さて、次回の特別開園日は、3月12日(日曜日)
又行くでしょう(^-^;






by sdknz610 | 2017-02-22 13:00 | 赤城自然園 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 25日

赤城自然園特別開園日。快晴無風の願っても無いお天気に恵まれた♪

a0031821_12150632.jpg
2017.1.22 赤城自然園のサポータ特別開園日に参加した。
この朝は金山城跡公園で筑波山狙いがモヤの為に撃沈(;´・ω・)。。。
その足で途中大光院での文化財防災訓練を見学した後、赤城自然園へ向かった。
午前10時をちょっと廻った時だったが、10時スタートのグループの殿で参加許可をもらい、
いよいよ初めての経験になる厳冬期の森の中を散歩出来るという事でワクワクだった♪

2.
今回の園内散策で一番印象的だった雪原の風景から・・・
a0031821_12231318.jpg
3.
a0031821_12241346.jpg
4.
a0031821_12245564.jpg
5.
a0031821_12271255.jpg
榛名山が望める展望台。この時季ならではの澄んだ空気で見通し抜群だった♪ 
何度も来ているけど、榛名山がこんな風に見えるのは初めてだ!

6.
a0031821_12301224.jpg
総合案内所の屋根から鋭いツララが(;´・ω・) こういうのも久し振り♪ 
真っ直ぐ垂直に垂れ下がるのではなく、少し内側に曲がって成長するみたいだ。

7.
a0031821_12324297.jpg
スタッフの案内で踏み固められた園内散策路をグループで移動。
どうやら大人気のイベントになった様で、1グループの人数はオーバ気味だったな。
スタッフの説明がハンドマイク無しなので後ろでは良く聞こえず(;´・ω・)
マアでもこんな雪道をサクサク歩くのは結構楽しいものだったよ♪
何時もの靴下無しの生足でスニーカだったけど問題無し♪ お天気が良かったのが何よりって事。

8.
a0031821_12525225.jpg
今回コースの一番奥の東屋では焼き芋のサービスが(^_-)-☆ これは美味しかったな~♪
スタッフは大忙し。参加者多過ぎ(;´・ω・) 少々お待ちを!になった。

9.
a0031821_13195474.jpg
帰り道途中の東屋に立ち寄って暫し休憩。お茶とけんちん汁のサービスが♪ これは良かった! 
美味しかったです。スタッフの皆様ありがとうございました!

赤城自然園の特別開園日は次2月19日ですね。後、3月12日にもありますよ。

次も行こうかと思っているけど、お天気次第か。



by sdknz610 | 2017-01-25 15:00 | 赤城自然園 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 08日

ヤマシャクヤクの風雅・・・赤城自然園

2016.4.30は赤城自然園に居た。一番の目的はヤマシャクヤクの花を見たい!だった(^-^;
そして・・・見事なヤマシャクヤクの群舞を目の当たりにして・・・生きてて良かった!だった♪

1.
この群生・・・
a0031821_1471358.jpg
広い園内でも、この花が一面に咲く広大な群生地は見事だ。
この花、ピークはとても短いと聞いた事があり、
将にピタリ!満開を見たいと思っていたのが実現して嬉しかった♪

2.
a0031821_1412388.jpg
真っ白なヤマシャクヤクの傍に黄色のヤマブキソウも一杯咲いていて・・・。

3.
a0031821_14145035.jpg
背は高くない。真っ白! 
蓮みたいに丸く、ポッと、フンワリと、その様はとても淑やか、優雅、風雅な雰囲気で見飽きない♪

4.
a0031821_14182342.jpg


5.
a0031821_14184437.jpg
みんな上を向いている・・・柵の近くで、真上から撮れる花を探して♪
雄蕊の根本のピンク色が鮮やか♪

6.
a0031821_14201787.jpg
丁度開き始めた子を♪

7.
a0031821_1420535.jpg
この一重の花びらが、とてもキレイ!♪

8.
a0031821_1422851.jpg
ほんの30cm程の高さ。広がりもそんな感じで、相対的に花が大きい!と感じるのサ♪

9.
a0031821_14242114.jpg
丁度飛んで来たハナバチ系?と思われる子が♪ 中に入って花粉塗れになって出て行った。

10.
a0031821_14275354.jpg
林間の雪洞風♪

11.
a0031821_14284290.jpg
こういう蕾は2割位あった感じ。

12.
a0031821_14295243.jpg
一株に一輪!みたいだ。

13.
a0031821_14305475.jpg
花期が終わると・・・花弁が落花して・・・

14.
a0031821_14314736.jpg
もう実が出来始めている・・・

15.
a0031821_14322135.jpg
これも・・・。

秋口にはこの実が跳ねて、真っ赤な中の真っ黒な種が・・・と言うのを去年見ていて、
春になったら是非花を見たい!と長い間待っていたのさ(^-^;
今回やっと、満開の群生を見る事が出来た、という訳でした♪

あ~でも今日はもう月が変わって8日か~・・・もうこの見事な満開も終わっているだろうな?

後は又秋口の真っ赤な種を見に来よう、と思っているのであります。

これまで色んな花を見て、撮ってはいるけれど・・・
どうやらヤマシャクヤクは・・・私の花図鑑の中でベストスリーに入りそうな・・・(^_-)-☆
じゃあ、ベストワンは?・・・何だろうね?
トビシマカンゾウって事になるのはしょうがないと言うか、決まり!なんだけど♪




by sdknz610 | 2016-05-08 17:00 | 赤城自然園 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 12日

ヤマシャクヤクの真っ赤な実にはビックリだった♪・・・赤城自然園

8月11日、赤城自然園。レンゲショウマを見る前に、ヤマシャクヤクの真っ赤な実にノックアウトだった(^_^;)

1.
a0031821_20541674.jpg
三裂した鞘に真っ赤な実と青黒い実が同居。これは一体何者?・・・

レンゲショウマの群生地点へ着く途中途中の林下に何やら真っ赤な実を着けた然程背が高く無い、
でも最早葉っぱが大分チヂれて来ている植物が相当な数あって・・・
只、名前が分からず、困ったなと。
取り敢えず証拠写真を撮って・・・家に帰ってからWebで調べるしかないかと・・・(^_^;)

イエね、この植物の種名を書いたカンバンを探したんだけど一向に見当たらず・・・。
色んな植物園を見ているけど、いちいち細かく植物名をしっかり表示してるかどうか?・・・
これは私の植物園を評価する一つの基準にしているんだけど、ここ赤城自然園は・・・ちょっと今一だな? マイナス点だよ。
ポツポツとは、他の花にはカンバンがあることはあるんだけど・・・。まるっきり何も表示が無い植物も結構あって、こいうのヤなのさ!
撮っても後で調べるのはエライ大変だからネ。

余りにポピュラーなのか? それにしても相当な数をきちんと植栽しているこの植物・・・
何で?書いておかないのか?大いに疑問だった♪

と、思っていたら、偶々職員さんらしき女性が通り掛かったので、
この赤い実を着けた植物の名前を教えてもらえますか?
あ、これは、ヤマシャクヤクと言います。ヤマシャクヤクね・・・フムフム♪
ところで赤い実と青黒い実が同居してますが・・・
そうですね、あの赤い実は脂肪分が豊富で、でも種がありません。青黒い実には種が入っています。
赤いのは鳥に来て欲しくて目立つようにしていて、その時ついでに青黒いのも食べてもらって、と言うヤマシャクヤクの作戦と言われているんですよ♪
ワ~オ、そうなんですか~イヤイヤどうも色々教えて頂いてありがとうございました!
植物の仕掛けも面白いなと思った次第♪
この人、どうやら朝の園内パトロールの途中だったみたい。

2.
a0031821_21194584.jpg
鳥が来るなら・・・何処か離れたところにブラインドを設置して、この実を食べる瞬間を撮ってみたくなった・・・マアでも無理でしょうが・・・(^_^;)

3.
a0031821_21202837.jpg
目の悪い私でもこの鮮やか赤い実はやたらと目につくのでありました♪
今時こんな真っ赤な実を着けてる植物は他には見当たらなかったよ。

4.
a0031821_21204288.jpg


ヤマシャクヤクって教えてもらったけど・・・あらためてWebで調べてみた。
山芍薬
金鳳花科
ボタン属
学名がPaeonia japonicaだった!♪ ここにもジャポニカがあったとは!
それに・・・
何とまあ!花の美しさと言ったら、サイコーじゃん!♪・・・イエね、牡丹にそっくりなんだけど(^_^;)
これが林間に咲いてるのをイメージすると・・・こりゃ来春絶対見に来なくっちゃ・・・でR。

by sdknz610 | 2014-08-12 22:00 | 赤城自然園 | Trackback | Comments(2)