『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:棚田( 2 )


2017年 07月 03日

棚田ビューティー♪ ほたる篝火は地上の満天星だ! 秩父・横瀬町

a0031821_10053358.jpg
2017.7.1 19:11 
Pana G7 1/3sec -1.3EV F5.6 ISO200
OLY12-40mmF2.8PRO 50mm相当
尚WBはオート(以下同)
いよいよ棚田の蝋燭篝火が輝きを増す時刻が迫って来た!♪

背景に武甲山を大きく取り入れ、三菱マテリアルとのバランス、棚田の景観とバランスを取る。

こんな場合、シャッター優先モードにする事が多い。
ISOは200固定か、オートでもいいけど、200を越えない様にSSをどんどん遅くして行くのが流儀だ。
その時の絞りがどうなるか良く見ていて、このレンズなら5.6でもパンフォーカス気味になるのでOKだ。



2.
a0031821_10225474.jpg
19:22 
Pana G7 4sec -1.7EV F11 ISO200
OLY12-40mmF2.8PRO 50mm相当
折角のほの暗い夕間暮れな訳で、昼間の様に明るく撮るのはご法度だ。補正をマイナスに振るのが流儀。
どれ位が適切か? ライブビュウで確認し、結果を再生して見て修正も吝かでは無い(^-^;

暗くなるのは早い。そしてほたる火の勢いが増す。
薄暮の一番美味しい時刻って事だね♪


3.
a0031821_10253415.jpg
19:25 
Pana G7 1/4sec -1.7EV F2.8 ISO800
OLY12-40mmF2.8PRO 50mm相当
もう少しSSを遅くしてISOを下げても良かったかな?
F2.8開放でもこのレンズのパフォーマンスは素晴らしい♪

極微妙にアングルを変えているけど、夫々雰囲気が変わるもんだ(^-^;


4.
a0031821_10440007.jpg
19:38 
Pana G7 8sec ±0EV F5.6 ISO200
OLY12-40mmPRO 24mm相当

気が付けば、雲が薄くなって来て、月が南中をちょっと過ぎた辺りに来ていた!
月と武甲山と三菱マテリアルと棚田のホタルかがり火を♪
欲張り過ぎだな(^-^;
月がシロトビしない様にすると、地上のものが真っ黒黒助になってしまう(;´・ω・)
HDRを強力に掛けると画質が荒れる。難しいワ(泣)
ハーフNDがいいのかな?♪


5.
a0031821_10515442.jpg
19:40  
Pana G7 8sec +0.3EV F3.5 ISO200
OLY12-40mmF2.8PRO 24mm相当
棚田のほぼ全貌を俯瞰出来るポジションに三脚を構えていたので、こんな風に。
暗くなり過ぎを回避するのでプラス補正に振っている。
これ結構今回のお気に入りかも・・・。
地上の満天星がいよいよ輝きを増して来た!♪

この画から、来年はどう撮るか?を考え始めてる(笑)
ポジション取り、もうちょっと下に?とか、ホタル火の密度が濃いアングルはどの辺りからがいいのか?とか、
それにしても武甲山は外せないし・・・難しそう(^-^;


6.
a0031821_11035598.jpg
19:42  
Pana G7 25sec +0.3EV F6.3 ISO200
OLY12-40mmF2.8PRO 38mm相当

少しだけ望遠方向へズーム、武甲山を大きめに。
棚田の満天星はこういう感じになるのか~・・・初めての経験♪



7.
a0031821_11121476.jpg
19:53  
OLY E-M10 15sec -0.7EV F4.5 ISO200
Pana LUMIX G X VARIO 45-175mmF4-5.6 90mm相当

三菱マテリアルの工場夜景と棚田のホタルかがり火を♪
この工場、意外に暗い、暗過ぎやろ!って感じだった(^-^;
ピントは細心の注意で・・・勿論マニュアルフォーカスで。
このレンズのフォーカスリングは軽く回せるけど、適度なトルク感があり、◎だ♪
渋いフォーカスリングは願い下げだけど、軽過ぎもダメだからね・・・。

意識して工場夜景を撮るチャンスなのに、難しいのにぶつかってしまったゼ(;´・ω・)
長時間露光、シビアなピント合わせで、サあ勝負!って感じ♪
このレンズ、とてもチープにしては工場の骨組みとか、壁の質感とか・・・解像感は半端無いじゃないか!♪
ベリーグーなコスパ(笑)


8.
a0031821_11243491.jpg
19:56  
OLY E-M10 15sec -0.7EV F4.2 ISO250
Pana LUMIX G X VARIO 45-175mmF4-5.6 100mm相当
ほんのちょっと望遠側へ。
この時刻になると武甲山は闇の中に、まるで見えなくなる。


9.
a0031821_11295554.jpg
20:00  
OLY E-M10 25sec ±0EV F5.6 ISO250
Pana LUMIX G X VARIO 45-175mmF4-5.6 180mm相当
棚田のホタルかがり火を上から俯瞰して。
この時刻、人も混雑(;´・ω・)
細い畔は立ち入り禁止だ。


10.
a0031821_11374581.jpg
20:03  
OLY E-M10 30sec ±0EV F5.6 ISO250
Pana LUMIX G X VARIO45-175mm F4-5.6 100mm相当
ホタルかがり火はクライマックス!♪
風が無く、かがり火の動きは殆ど無し。
風に揺らぐ時だったら、ねらい目になりそう♪
又来年!って事で、この後撤収に掛かった。

素晴らしい景観を造り出してくれた地元関係者の皆様には感謝!ですよね♪
ありがとう! 又来年きっと来ようと決めたのサ♪






by sdknz610 | 2017-07-03 14:00 | 棚田 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 02日

棚田と武甲山と三菱マテリアル・・・?♪

2017.7.1 秩父 横瀬 寺坂棚田ホタルかがり火祭会場へ
所属フォトクラブの撮影会に参加した。
a0031821_11545582.jpg

寺坂棚田って・・・?

以下、『歩楽里(ぶらり)よこぜ』(横瀬町観光Webサイト)によれば

 埼玉県内最大級の棚田。農業従事者の高齢化や後継者不足などにより、大部分が耕作放棄地となっていたものを、

平成13年から地元農家が中心となって、棚田を長期的に保存・活用しようと団体を組織し、様々な事業を行い、

棚田の再生に努め、現在は、全体面積約5.2haのうち約4haの水田(約250枚)が復活しています。

武甲山を中心に連なる山々を背景にした絶好のロケーションにあり、初夏の田植えから、初秋には黄金の稲穂、朱色の彼岸花など、

里山の風景が四季を通して楽しめる。


今回、所属フォトクラブのみなさん等多くの方にお世話になり、初めての棚田撮影にチャレンジ出来た事を感謝いたします。

以下順次7月1日、当日の様子を掲載します。拙い画ですが、ご笑覧頂ければ幸いです。


2.

a0031821_12112475.jpg
初めての棚田。その風情も気に入ったが、ここは何しろ目の前にそびえる武甲山の存在感に圧倒された(^-^;

棚田に火が灯される前に、先ずは武甲山にお付き合い下さい。



3.

a0031821_12152663.jpg
これがかがり火と言うか、ホタル火の秘密♪ 竹筒に蝋燭が仕掛けてあります。

雨、風を凌ぐ為に何年もの経験の後、今はこのペットボトルが大活躍だそうだ。

荒天以外ならこのお祭りが決行されるのはこれのお陰!かな?♪

実はこの日、昼過ぎに太田を出発する時は雨が・・・幹事もどうしようか迷った様だけど

レーダ画像の動きを見て西から回復する筈!と見て、行くべ~!と返事(;´・ω・)・・・

さて現着したのはいいけれど、午後3時過ぎまで傘を差して時折襲って来る雨を凌いでジッと我慢(^-^;

その間、武甲山と睨めっこだったワ(笑)



4.

a0031821_14282224.jpg

午後4時半頃、やっと雨が上がって来て、周辺を歩いてみた。

それでも武甲山を何とか画面に入れようと苦心惨憺・・・ナンテ(;´・ω・)

アザミ。向こう側に小さなバッタが隠れてた♪



5.

a0031821_14293341.jpg

桑の木を武甲山と絡めるが・・・。

武甲山と棚田と桑の木。大三元!♪



6.

a0031821_14295403.jpg
ちょっとシツコイか(^-^;



7.

a0031821_14302030.jpg

18:01 西日が武甲山手前にそびえる三菱マテリアルにのみに当り始めた!♪

巨大な武甲山の山塊は望遠レンズを覗いても大迫力で迫って来る!


8.

a0031821_14304850.jpg
18:38 今度は武甲山にも夕日が・・・♪

ここ寺坂の棚田・・・もしも武甲山が無かったら、もしも三菱マテリアルの工場が無かったら・・・

興味が半減してしまうだろうな・・・。

地理院地図で武甲山頂上まで4.5km程、

三菱マテリアルまでは、1.2km位だ。



9.

a0031821_14311124.jpg
18:35

いよいよローソクに点火が始まった。

武甲山+三菱マテリアル+棚田+灯火+東屋・・・色々盛り過ぎだな(;´・ω・)

主題が分散して、何を撮ってるのか? 疑問だ・・・うんマアね、そりゃそうだけど、

この雰囲気はどうしても記録しておきたかったのサ(笑)

いい風情!日本の伝統文化の薫り! 実際にここに来ないと分からんかも・・・ナンテ♪


間もなく日の入り。暗闇の勢いが増せば・・・火のホタルが・・・

期待しよう!♪


棚田をどう撮るか? 見当もつかなかったけれど、

今回は24-80mm相当と、90-375mm相当のマイクロフォーサーズミラーレスで臨んだ。

OLY E-M10とPana G7の二台。

暗くなってスローシャッターが肝になるだろうから三脚は勿論、軽量折り畳み椅子も、傘も、だ。

雨の危険が無ければもっと軽量仕様でも良かったけど、梅雨明けしていない時期は備えは必須・・・。






by sdknz610 | 2017-07-02 16:00 | 棚田 | Trackback | Comments(0)