『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:キノコ類( 2 )


2017年 08月 12日

赤城自然園・事件簿(3)・・・卵茸三度笠衆に出会う♪ 木枯し紋次郎は居たかな?

a0031821_08242109.jpg
2017.8.9 赤城自然園
足元に三度笠が♪
成長して頭部が平開したタマゴタケがかたまって五輪マーク状態だった。オッと4輪だったか・・・(^-^;
真上から撮れるなんて、ありがたや(笑)


2.
a0031821_08242279.jpg
三度笠・・・こんな風に♪


3.
a0031821_08242214.jpg
見事に平開しとるゼ♪


4.
a0031821_08300774.jpg
遠くの環境も入れてみた。24mm相当のワイド端で。
カメラは地面に置いて(^-^; 背面液晶モニターを引っ張り出して上向きに、上から覗いての一枚。
それでもしゃがまないと、になってその姿勢が苦しいんだけど(;´・ω・)
バリアングルモニターは助かるね♪
最早アウトドアーでは、特にだけど・・・角度可変の液晶モニターが無いと撮影する意欲が無くなるよ。


5.
a0031821_08300784.jpg
上とは違う軍団。
笠の下からというアングルが可能だった。カメラは地面に押し付ける感じで(;´・ω・)
木枯し紋次郎やらヤクルトの傘を思い出すのは、止めたいんだけど、どうしてもイメージが被って来る(笑)


6.
a0031821_08300715.jpg
木道の脇だった。手を伸ばせば届く距離。
日差しが強烈に当って・・・難しい局面に(;´・ω・)
生まれたばかりから順次成長過程が一枚に収まるなんて♪



7.
a0031821_08433079.jpg
平開するちょっと前の笠の様子だ。
可能な限り接近して撮らせてもらう。
OLY ZUIKO 12-24mmPROレンズ、もうほとんどフード先端がタマゴタケの笠に触りそうだった(;´・ω・)


8.
a0031821_08473755.jpg
近過ぎて、幾ら絞ってもこっちから向こうの笠の縁までピントは来ないから
この画は軸に合わせてる。
上の画は、傘の手前の縁に、だったけど。

今回沢山のタマゴタケを見る事が出来たけど、これ程近くで撮れたというのはこの子だけだったな♪
それも日差しが良く当たって、内側のほんのりオレンジ色の襞が良く見えたから◎だった♪

こんな感じの暖かい光を出す照明器具があったら買う?・・・イヤイヤ置く場所が無いわい(;´・ω・)
このイメージに合わせてリフォームせにゃならんぜ(笑)

9.
a0031821_08550779.jpg
丁度蠅?みたいな子が来てたのね♪
タマゴタケレストランにようこそ!ってか♪


10.
a0031821_08571784.jpg
タマゴタケの終活姿・・・。
平開から縁が逆反りになるのね・・・。


タマゴタケの様々な生育状態を具に見ることが出来た。
貴重な一日になった。
又来年を楽しみにしよう。






by sdknz610 | 2017-08-12 15:00 | キノコ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 11日

赤城自然園事件簿(2)・・・タマゴタケ村に迷い込む♪

a0031821_10324181.jpg
2017.8.9  赤城自然園
前回7月20日に初めて遭遇したタマゴタケなんだけど(7月30日の記事です)、
今回はこれぞタマゴタケ!と言うポコっと地上に現れた森のタマゴ♪からご紹介します。

これはもう私にとっては大事件なのだ♪

オオヤマレンゲの実生がどうなってるか調べた後、先へと歩き始めて程無くだった。
木陰にひっそりと白いモノが見えて、何だろう?と傍へ寄ってみたらコレ!だった♪
通常の散策路からはかなり離れていて、わざわざオオヤマレンゲを見に行ったお陰かと♪
オオヤマレンゲの実生・・・未だ弾けておらず・・・見に来る人も居らずで・・・。


2.
a0031821_10422796.jpg
ここは柵も何もない所。真上から撮ってみた。まん丸だ♪
普通のタマゴとそっくりの大きさ、形。


3.
a0031821_10460677.jpg
近くをリサーチ。あそこにも! ここにも!
結構沢山・・・でもないけど、目に付く様になった♪
踏まない様に気を付けなくっちゃ(^-^;
これはタマゴの殻が割れて中から真っ赤な本体が現れたタマゴタケ♪


4.
a0031821_10492843.jpg
風に揺れる木漏れ日が時々タマゴタケを照らす瞬間がある。
ハイライトが飛ぶのを警戒しながら(^-^;
こんなに鮮烈な赤は今の林の中では非常に印象的で、見つけ次第撮らなくっちゃに♪


5.
a0031821_10593714.jpg
直射の当らない木陰にひっそりと、というのが多い。
これは少し幹が伸び始めている。
白い殻はそのまま根元に。


6.
a0031821_11022709.jpg
こういう双子とか♪ 単独よりむしろ数本がまとまって生えてる場所が多いかな。


7.
a0031821_11061787.jpg
オ~っ! 三人姉妹♪
園内の整備は行き届いている。林の中の下生は良く刈られていて・・・
こういう背の低いキノコ類も観察し易いのが有難いのヨ♪


8.
a0031821_11100783.jpg
柵の無い散策路でも直ぐ近くなら周囲に気を付けながら、
ワイド側にズームインして超接近撮影が可能だ。


9.
a0031821_11131731.jpg
毒キノコとして有名なベニテングタケの様に赤い笠に白いツブツブが無い。
こっちは食用として美味らしい♪


10.
a0031821_11185758.jpg
こんな風に開けた場所にあるのはウレシクなる♪
でもここまで来るハイカーは終ぞ見かけなかった。
ここは私の秘密スポットか?
タマゴタケ村にようこそ!なんだけど・・・♪


11.
a0031821_11214094.jpg
園内には色んな場所にタマゴタケ村が散在。
標高は私の腕時計ので見ると700m~750mという所で、だった。

この群れは、色んな段階の成長過程が一望という稀な場所だった♪
成長すると天辺が平開するんだね。

明日もタマゴタケの続きになります(^-^;







by sdknz610 | 2017-08-11 15:00 | キノコ類 | Trackback | Comments(0)