カテゴリ:日光( 35 )


2014年 10月 13日

奥日光・小田代ケ原・・・黄葉カラマツが眩しかった

10月10日、中禅寺湖の後、戦場ヶ原・赤沼Pへ移動。入口には整理の係員は居らず、空いているかな?と中へ。大丈夫、数台のスペースがあった。
折り畳み電動アシスト自転車で、午後1時過ぎに小田代着。快晴だ\(◎o◎)/!
空気は済んで、微風程度の爽やかな風に吹かれ・・・最高のお天気に恵まれた。
今回の奥日光はカラマツの黄葉は果たしてどんな風なのか?・・・を、見たかったのが一番の目的だった。
今までカラマツがゴールドに輝くのは未見だったので・・・(^_^;)

1.以下、画像をクリックすると大きな画になりますので・・・。
a0031821_14243678.jpg
15:00
日陰になって黒く潰れた右から男体山、大真名子山、小真名子山、太郎山。
こうなるのを待ってたのさ。

2.
a0031821_14245593.jpg
15:07

3.
a0031821_1425963.jpg
15:22
北方の山が翳って暗くなった時に、こちら側、カラマツの屏風を背景に貴婦人がポーズ・・・というシチュエイションがやっと巡って来て・・・。
これが一番の狙い目だったからね~♪

4.
a0031821_14252352.jpg
15:05

5.
a0031821_14254256.jpg
15:22

6.
a0031821_14255771.jpg
15:26

?アレっ!・・・結局、今日の画は全てOLYMPUS STYLUS1で撮ったのだった♪
このコンデジ、便利に使いすぎる傾向アリ(笑)

カラマツの黄葉は・・・一番いい時だったと、思う。念願だったので、マア満足♪

この後、日暮れちょっと前まで小田代の木道をウロウロして、一旦赤沼Pへ戻った。
夜中の星景写真に備える。

by sdknz610 | 2014-10-13 16:00 | 日光 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 11日

秋の奥日光は良く晴れて・・・中禅寺湖(1)

台風19号が来る前に・・・カラマツの黄葉も見たくなって・・・あわよくば小田代で星景も・・・なんて事を思い付いたのが運の尽き?・・・でも無かったのサ♪
10月10日、何か久し振りの奥日光は、思いの外良く晴れてくれたのがね、嬉しかったな~♪

先ずは立木観音前のPへ行って見る事に。日差しは強烈でまともに日に当たるとチリチリと(^_^;)

中禅寺湖は秋風が爽やかに吹き渡り・・・鮮烈な色を見せてくれた。

1.
a0031821_16151326.jpg
E-M10 18mm相当(以下同)

2.
a0031821_16163747.jpg
E-M10 18mm

3.
a0031821_16165438.jpg
E-M10 24mm

4.
a0031821_161794.jpg
NIKON1 V3 190mm
こういうシ~ンも見てる分にはいいもんだ♪
ワンコは揺れるカヌーの中で足を踏ん張ってガンバってたワ。

向うは八丁出島。紅葉は未だ2,3分といった感じだった。

5.
a0031821_16174423.jpg
V3 517mm
なかなかまともに姿を見せてくれない日光白根山も今日は特別だったか♪
そう言えばこの山も活火山じゃなかったっけ?
超望遠で覗いてみれば、如何にも厳しい山容が良く見えた。登る気にはならないけど(^_^;)

今回は
OLYMPUS E-M10+M.ZIKO DIGITAL 9-18mm 1:4-5.6
NIKON1 V3+1NIKKOR 70-300mm1:4.5-5.6 VR ナノクリスタルコーティング
OLYMPUS STYLUS1 iZUIKO DIGITAL ED 6-64.3mm 1:2.8
の三台で。
小田代まで背負って運ばねばならず、重いデジイチは敬遠し、我が保有する中から軽量三羽烏をチョイス。
これで18mm相当のスーパワイドから810mm相当の超望遠まで・・・隙間無くとは行かないけど、
何が出ようが大体はこなせる積りだった♪

中禅寺湖の紅葉は未だ序の口と言ったところか?・・・後一週間もすればもっと色付くんじゃないかな・・・。

皆様へ:
更新がちょっとの間、途絶えてしまいました・・・特に問題がある訳でもなくて、ちょっとネタ切れの面もありましたかね(^_^;)
これから怒涛の奥日光紀行をと思ってますが・・・大丈夫か?(^_^;)
これからもどうぞよろしくで~す!

by sdknz610 | 2014-10-11 17:00 | 日光 | Trackback | Comments(4)
2013年 02月 19日

日光田母沢御用邸記念公園 Nikko Tamozawa Imperial Villa Memorial Park

2月17日(日曜日)は、中禅寺湖畔の保養所へ行く前に、何処か見てからとなり、友人の推薦で田母沢御用邸を見に行くべ~と飲み仲間五人で♪
日光素人の私は何処へ行っても初めてという・・・(^_^;)

真冬の御用邸・・・殊の外素晴らしい匠の技を目の当たりにして、数寄屋造りの繊細な木造建築物を堪能して、満足満足♪ 
そして・・・殊の外寒かった・・・。
火を極力使わない様にしているとかで御用邸の中は外気温と同じだった。
ダウンを着たままで見学となったのサ♪
ここは、写真OK! フラッシュOK!という・・・写真はドンドン撮って下さいというのが面白かった♪

1.
アプローチ
a0031821_21115890.jpg

2.
a0031821_21122168.jpg


以下、相当多数の画を見境なく載せてまして・・・お時間の無い方には申し訳ないのですが・・・
Moreの方を開けていただければ・・・

More ★続きの画像はこちらからどうぞ!

by sdknz610 | 2013-02-19 22:00 | 日光 | Trackback | Comments(8)
2013年 02月 18日

日光:雪の中の輪王寺「大猷院」は幽玄侘び寂びの極致だった!

日光の世界遺産建造物をじっくり見るのは初めてだった。

今日2月18日(月曜日)、昨夜泊った中禅寺湖畔の保養所から湯の湖、龍頭の滝を見た後、日光に詳しい友人によれば
東照宮より、二荒神社よりスゴイ!という大猷院(たいゆういん)を見学したのでレポートしたいと思います。

大猷院は、
徳川三代将軍家光公の廟所。
慶安四年(1651)4月20日に入滅、その遺命によりこの地に建立されたが、
公の遺訓は直ぐ近くにある家康を祀る東照宮を越えてはならぬというものだったとの事。
要するにあんまり派手にするなという・・・。
境内に22棟の建造物があるそうだが、東照宮の豪華絢爛に対し、幽玄と侘寂と、
しかし人工の極致の美意識が見事で、周囲の自然美に融け込む様は将に驚異。
何れも世界遺産の一部を形成している。

そんな大猷院が、今日はそぼ降る雪の中という・・・稀にみる好機に恵まれて(^_-)-☆
普段鳥さんばっかり撮ってるようですが・・・こんな建造物も好きなんです♪
以下ご笑覧下さい。

1.
a0031821_1811282.jpg

2.
a0031821_1812283.jpg

3.
a0031821_18133637.jpg

4.
a0031821_18141938.jpg

5.
a0031821_18143681.jpg

6.
家光公の墓所への門。ここから見るだけ。入れません。
a0031821_18145141.jpg
大猷院廟
「皇嘉門」。別名「竜宮門」とも。

未だ先があります・・・フ~(^_^;)

7.
a0031821_1815387.jpg

8.
a0031821_18155783.jpg

9.
a0031821_18161514.jpg

夜叉門の背面左側に安置された「烏摩勒伽」(うまろきゃ)像ですが、右手にご注目!
矢を持っています。これは龍神破魔矢といい、所謂世間で流布している破魔矢はここが発祥との事。

様々な恵みを万物に施すという昇り竜が刻まれていて、
矢の先には過去、未来を守護する「弥陀」「釈迦」の御影が梵字で刻まれているとの事。

10.
a0031821_18163167.jpg
至る所に刻まれる見事な彫刻群。半日掛けても見きれないでしょうね。
これはミニ・スフィンクス的獅子・・・。

11.
a0031821_18164769.jpg


日光の世界遺産は東照宮も含め実は何も知らなかった訳だけど、初めて見るこの大猷院にはビックリしたな~(^_^;)

友人によれば、東照宮よりイイ!らしい。
イエ、何しろ人が少ない!のであります(笑)
みんな東照宮には行くけれど、こっちまで廻りきれないのかも・・・勿体ないな(^_^;)

それに今日は雪が降る~~~で、幽玄且つ華麗な素晴らしい建造物が一層見事で、将に感動ものでした。

派手にするな、という遺訓が守られたかどうか・・・一見の価値アリ♪
モノスゴク精緻な装飾など・・・目が点になります!

以上、PanaのFZ200で・・・。傘を差しながらの片手撮りを多用でしたが、ブレてないかな?♪・・・
良く撮れるので◎ですよ♪

by sdknz610 | 2013-02-18 19:45 | 日光 | Trackback | Comments(10)
2012年 11月 06日

貴婦人が朝日に輝く一瞬・・・奥日光・小田代

2012.11.4 小田代ガ原の貴婦人が輝く時がやって来た。

1.
06:23:44
a0031821_21542930.jpg
大真名子、小真名子、太郎の頂上付近に朝日が当たり始めた。小田代は未だ眠っている・・・。

2.
06:35:43
a0031821_2156209.jpg
ムムっ! 来たのか?!・・・

3.
06:36:19
a0031821_21584099.jpg
来た~~!!!♪♪
これか~っ! 噂に聞いていた、貴婦人が輝き始めたのだ(^_-)-☆
男体山の南麓から顔を出す朝日が射し込む一瞬! 
太陽の高度が低いのがポイントなんだな・・・。
丁度貴婦人目掛けて斜光線のスポットライトを当てる様な感じで、貴重な一瞬なのだ。

何しろ始めて見る瞬間だった・・・感動でした~・・・♪
でも、写真では・・・何分の一も伝えられないな、なのである(涙)
実際にこの目で見るのにはとても敵わないのだ・・・。
この瞬間にこの場に居た幸せを感謝しなくては・・・。

4.
06:36:41
a0031821_225971.jpg


5.
06:36:52
a0031821_226373.jpg


6.
06:37:02
a0031821_22649100.jpg


7.
06:38:22
a0031821_2283589.jpg


8.
06:38:47
a0031821_2295256.jpg


9.
06:59:21
a0031821_22103162.jpg

こうなると・・・終わりか~・・・。

イヤハヤ、秒速で変わる光! 忙しいったら無いネ・・・(^_^;)  ?百枚も撮ってしまった。
以上、トリミング無しでのご紹介です。

それにしてもこの快晴無風の朝!・・・こうなるとは夢にも思わなかったけど、欲を言えば、もう少し雲なり霧なり出てくれたら又面白かったかも・・・
なんて、何贅沢言ってるのか!って怒られそう(^_^;)

イヤイヤ、これはね~ラッキ~としか言い様が無いわな♪

でも冷えたよ~(泣)・・・レンズには使い捨てカイロを巻き付けて保温してたけど、フードに霜が降りていたっけ(笑)
三脚の足にも霜♪傍に転がしていたザックも真っ白に霜が・・・。
でも真冬とは大違いで、未だ序の口なんだろうけど、一応真冬的装備ではあった(^_^;)

落葉松の金屏風も見事に輝いてくれた。落葉松の輝きは狙い目だよな~・・・もっと研究しないとアカン!♪

こうして見てみると・・・どうも下手っぴ画像ばっかしで・・・折角の素晴らしい自然現象を目の前にして腕が無いのを反省頻り(^_^;)
マアでもこの目でしっかり見られて・・・素晴らしい思い出になったのは確かなので、今回は良しとしよう(笑)

来年に備えて、修行せなアカンのは確かなので・・・さあどうしよう?♪

by sdknz610 | 2012-11-06 22:45 | 日光 | Trackback | Comments(6)
2012年 07月 19日

初夏の奥日光散策(1)・・・ミニ小田代湖出現!

7月18日。猛暑の下界を避けて一人奥日光に遊ぶ・・・ナンテね♪
イエ、久し振りに戦場ヶ原、小田代を見に行きたくなって、18日午前2時に家を出た。
日足トンネル経由のコースは渡良瀬川沿いのコーナが連続するとても好きなコースだが、ちょっと時間は掛かる。
戦場ヶ原の赤沼Pに着いたらもう日が昇ってしまい・・・・只、この朝はまるで色が着かない日の出だったので
余り悔やむ事も無く♪・・・
ボチボチと戦場ヶ原へ向かった。ノビタキ狙いで、9時過ぎまでmy pointに居たんだけど、いい画は撮れず(^_^;)
その後小田代へ。途中花が色々と、そして虫も面白かったけど、
今日は超ミニ小田代湖についてのレポートにします。

ニュースでご存知かと思いますが・・・只今、小さいけれど、幻の湖が又出現してます!♪
今回は泉門池(イズミヤド)から小田代へ向かい、先ずは西側から小田代を見ています。

緑濃い奥日光。いいですよ~♪
1.
a0031821_20234828.jpg
右側、何やら池見たいなのが見えて来ます。左に、貴婦人が。
一面のホザキシモツケの絨毯!の筈が・・・未だみんな蕾だった(泣)

2.
a0031821_2024355.jpg
#1とほぼ同じ場所から望遠にズームして、貴婦人を切り取ってます。
去年は長期間水に浸かっていたのに・・・元気ですよ~♪ 良かった~です。

3.
a0031821_20245445.jpg
池がハッキリ見えて来ました。
バックは男体山です。

4.
a0031821_20251081.jpg
ミニ湖、貴婦人、太郎山。

5.
a0031821_20252519.jpg
この白樺の所に来ると足が止まる♪

6.
a0031821_20254070.jpg
小田代展望所に着いて・・・ハクサンフウロを暈かして貴婦人を♪
ハクサンフウロは、今、至る所に咲いています。このキレイな花が、まるで雑草の様だった・・・(^_^;)

7.
a0031821_2025545.jpg
ミニ湖を吹き渡る風が水鏡を乱す・・・。
折角の貴婦人が・・・

8.
a0031821_2026821.jpg
風が治まるのをしぶとく待つ・・・。
と、一瞬だったけれど、水鏡貴婦人となって\(◎o◎)/!・・・・

9.
a0031821_20262290.jpg
逆さ貴婦人!♪

ミニ湖と貴婦人を撮ってたら、250枚消化していた(^_^;)
殆どがボツなんだけど・・・全然気にしないぞ♪
更に季節が進んだら又行かなくっちゃなのでR♪

カメラは
Nikon P500と
PENTA K-5です
手持ち
トリミングあり

7月18日 10時過ぎから、でした。

by sdknz610 | 2012-07-19 21:00 | 日光 | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 19日

奥日光へ・・・クリンソウは? その前に夜明けの風景♪

6月18日。中禅寺湖千手ケ浜へ。
クリンソウが気になっていたが、天気予報では日曜日か今日、月曜日しかお日様が望めそうもなく・・・
結局のところ17日午後3時過ぎに三本松P着で、この夜は車中泊だった。
今朝は午前3時前に起きて、赤沼Pへ移動。自転車を降ろして先ずは小田代ガ原へ。12,3分で着く。

途中背後で朝焼けの空がやたらに赤くなっているのに気付いて早く着かなくっちゃと焦る(^_^;)
夜明けの色の変化は早いんだよね・・・やっとカメラを取り出して、焦って撮ったのがコレ。
ほんの10秒前はもうちょっと紅が濃かったんだけど・・・。
a0031821_21421344.jpg
4:12:52
この後、どんどん色が褪せて来たので、千手ガ浜へと移動。
長い下りは電動アシストはOFFで、ブレーキのみの快適走行♪
途中誰とも合わず。?イヤ・・・日本鹿が4頭、直ぐ傍を駆け抜けて行ったっけ♪
千手ガ浜も独占状態だった。
a0031821_2147418.jpg
4:38:10
殆ど無風、高層の雲が流れ秋の空の様だった。
自転車で風を切ってると寒い! ダウンジャケット姿の冬支度(^_^;) 手袋が欠かせないのだ。

a0031821_215048100.jpg
4:40:40
中禅寺湖も静かなものよ♪
一人湖畔でそよ風を受け・・・取っておきの爽やかな朝を満喫とは贅沢な♪

a0031821_21531623.jpg
5:12:09
太陽は未だ男体山の陰。ふと気が付けばワ~オ!・・・彩雲が\(◎o◎)/!
ちょっとカワイイものだったけど・・・彩雲・・・割と良く見るんだよね♪ でも何かイイ事あったっけ?(^_^;)

a0031821_21565610.jpg
5:24:49
そして・・・サンライズダイヤモンド男体山!
これは・・何の予定も無かったのでビックリ(^_-)-☆

と、マア・・・クリンソウの前に・・・色々と・・・。
明日以降多分クリンソウの様子をお届け出来るかと思ってます。

クリンソウ・・・ハイ! 今丁度見頃です! ピークです! 
只お天気がね~・・・台風が来ちゃうし・・・
晴れマークがその後もなかなか無い状態なのが気に入りませんが(^_^;)

それと今はズミの果穂が綿雪の様に舞っていて、至る所真っ白状態♪
口開けてると歯にくっ付きそうナンテ♪

午前10時半頃赤沼Pに戻ったんだけど、月曜日でも赤沼Pは満車で、入場待ちの車の列が・・・。
午前3時過ぎにはパラパラだったのに・・・。
お天気予報のせいもあるのかな?・・・

by sdknz610 | 2012-06-19 11:30 | 日光 | Trackback | Comments(6)
2011年 10月 15日

小田代湖ピーカン&千手が浜へ

1.
a0031821_17315915.jpg
9:30 幻の小田代湖・・・日が高くなって快晴となると朝霧の湖とは景観が一変。

2.
a0031821_1733919.jpg
6:38 
3.
a0031821_17334948.jpg
7:14
4.
「貴婦人」後継者がいました♪
a0031821_17342867.jpg
9:54 右遠方が「貴婦人」、左手前は・・・第二貴婦人!という事にしようかな♪
それにしても・・・このまま水没してると・・・枯れてしまうのでは?・・・どうなんでしょうね。何だか心配になって来ました。

5.
a0031821_1738182.jpg
9:59 ここにも!第三貴婦人♪・・・

6.
千手が浜へ行ってみました
a0031821_1739497.jpg
8:06 誰も居らず・・・一人浜辺を彷徨う・・・チョー気持ちいい朝だった。
殆ど無風で・・・ものすごく静かな浜辺。
鳥の囀りも全く聴こえずだった。小田代の賑わいが嘘の様・・・♪

7.
a0031821_17442023.jpg
8:09 千手が浜往復がアッと言う間に出来たのはこの「相棒」のお陰だな♪
Panasonicの電動アシスト+折り畳み・・・「OFF Time」です。
弓張峠を越えると長~い下り一方・・・と言う事は帰りは延々上り坂って事。
これは力の無い私には地獄になる訳で、今回この子のお陰でスイスイと。
三脚はフレームに縛り付け、荷物はザックを背負う。荷台は取り敢えず付けず。

これからこの子の助けでアチコチ自由に徘徊出来そうな予感がする♪

さてさて、10月10日の秋の小田代湖を長くご紹介してきましたが、今回をもって千秋楽にしようかと。
訪問ありがとうございました。

まだまだこれからも奥日光は冬に向かってダイナミックな変化を遂げるでしょうが、
機会があれば又行ってみたいのであります。

by sdknz610 | 2011-10-15 18:00 | 日光 | Trackback | Comments(12)
2011年 10月 13日

小田代湖・・・朝霧とズミのコラボレーション

1.
a0031821_210165.jpg
ここ小田代ケ原では白樺「貴婦人」ばかりではなく、小田代のズミは一方の主役ですね。
忽然と現れた小田代湖では、朝霧が絡めば更に思い掛けない景観が生じます。
これぞ望む所!・・・じゃあ、それをどう撮るか、撮れるか・・・それが問題だ!♪
まだまだ良く分かってなくて・・・修行しないといかんナ・・・。

2.
a0031821_21115232.jpg

3.
a0031821_2112882.jpg

4.
a0031821_21125229.jpg

5.
a0031821_21131053.jpg

6.
朝霧が薄れて行く・・・
a0031821_21132841.jpg

7.
a0031821_21134655.jpg

8.
a0031821_2114617.jpg
落葉松の黄葉が本格化すると又面白くなりそうです。

by sdknz610 | 2011-10-13 21:19 | 日光 | Trackback | Comments(4)
2011年 10月 12日

小田代湖・・・夜明けの「貴婦人」

1.
a0031821_19563695.jpg

10月10日 6:28:34 NIKON D200 TOKINA 300mmF4
1/1600 +0.3EV F4 ISO1600 中央重点測光
 
2.
a0031821_19593152.jpg

同じく 6:28:56 NIKON D200 同上

3.
a0031821_2005910.jpg

NIKON P500 1/50 -1EV F7.1 ISO200 評価測光

この時刻になると朝霧がだんだん消えて行く。そんな中、貴婦人を望遠で撮ってみる。
300mm(450mm相当)だとノートリで#1,2の様な姿に。
#3は240mm相当のノートリでこんな感じ。

どうやらここでは80-200mm位のズームレンズがあれば、面白そうだね。
不幸にしてそういうちょっと値の張るイイレンズの持ち合わせが無いんだけど(^_^;)
廻りでその辺りのレンズのオンパレードだったのは・・・そいう訳だったんだ・・・。

霧のツブツブ感と言うか、ザラツキ感を出したくて、D200でISO1600なんて事やってみたんだけど、なかなかね~・・・(^_^;)

弱い光の中で霧のためソフトフォーカス気味になるのは初めての経験だった
#1は後ろに霧が流れて来て、貴婦人のトルソーが際立ってくれた。
#2ではその霧が動いてしまい背景の落葉松がハッキリしてしまった。
ほんの僅かの時間差で見え方が大変化するのだ。
風景を撮る時の忙しさを実感した。
#3は・・・マガモがね・・・丁度いい位置に来てくれて・・・演出が効かない大自然、こんなラッキ~もあるのさ♪

この後、どんどん日が高くなって、ピーカンになった時の小田代湖の様子へと、もうちょっと続けます・・・。

弱い光の中、強烈な秋の日差しの中・・・多彩に姿を変える小田代湖周辺は今が見頃です。

by sdknz610 | 2011-10-12 20:23 | 日光 | Trackback | Comments(6)