『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:花追い人( 332 )


2017年 10月 07日

月下美人が我が家で咲いた。何時見ても美人だな♪

a0031821_13455366.jpg
2017.10.1
一つの鉢植え月下美人から三個の蕾が出てくれた。その内の一つがこの日の夕方に開花。
モノクロでどうだ!♪ と、やってみた(^-^;


2.
a0031821_13460970.jpg
この花の美しさには何時も負けるワ(^-^;


3.
a0031821_13463111.jpg
雌蕊の不思議な造形に惹き寄せられるのよ。



4.
a0031821_13465160.jpg
こんな場合、小さなLEDライトが重宝するね。
カメラのフラッシュではべったり平板な画にしかならないし、近過ぎてダメ(^-^;


5.
a0031821_13470729.jpg
ライブビュウで結果を見ながらライトの位置をアレコレ変えながら・・・
デジカメのお陰だ♪

こうして月下美人が中秋の名月が間もなくという時に咲いたとなると・・・いよいよ秋深まって来たかと・・・。





by sdknz610 | 2017-10-07 15:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(4)
2017年 09月 25日

小さな秋見つけた。ツリバナのくす玉が割れていた♪ 赤城自然園

a0031821_15333856.jpg
2017.9.21 赤城自然園
何時もの散策コースにあるツリバナの高木。
今は丁度くす玉見たいな実が割れて、中から赤い種がぶら下がっている様に見える。
鈴生りの豊作! 木全体が真っ赤に染まっているかに見える♪


2.
a0031821_15422951.jpg
小さな秋が一杯ぶら下がっていて・・・カワユイな♪



3.
a0031821_15450865.jpg

4.
a0031821_15455833.jpg
樹下に入り、頭上からブラ下がる実を背景を変えて撮る。


5.
a0031821_15473886.jpg
休憩広場の高木。近くのベンチに座り持参のコーヒーを啜る穏やかな時間の経過も楽しみだ。


6.
a0031821_15495114.jpg
殻が5裂してるの分かりますか?
これが吊花の特徴らしいっす♪
そっくりさんのマユミは4裂!♪


7.
a0031821_15554242.jpg
仮種皮からぶら下がって暫くはこうして鳥に食べられるのを待ってるみたいだ。
でも木の下には足の踏み場も無い感じで真っ赤な種が一杯落ちていた・・・。


8.
a0031821_16013956.jpg
この辺りの雰囲気は好きだ。


9.
以下は、一週間ほど前の13日に訪れた時の様子です。
まだ裂開してる実は少なかった・・・。
a0031821_16043677.jpg

10.
a0031821_16053970.jpg

11.
a0031821_16063050.jpg
マクロレンズではなく、望遠ズームのテレマクロという感じで撮る事が多い。


12.
a0031821_16085756.jpg


13.
a0031821_16094617.jpg
かなり近い。AFだと背景に引っ張られてなかなかピンが来ないのに嫌気差して
結局マニュアルフォーカスになる♪
一番確実だよ♪

吊花・・・ニシキギ科。地球上では千数百種もあると言うから驚きだ。
そっくりさんのマユミは知ってる♪
榛名湖へ下る一本道の北側にはマユミの大群生があり・・・今は見頃になってるかも。
最近行ってないので分からんけど・・・。







by sdknz610 | 2017-09-25 16:30 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 19日

土手のヒガンバナと青空

a0031821_08180884.jpg
2017.9.18
家の近くの土手に今年もヒガンバナが満開だ♪
散歩の帰り、朝日を浴びて輝く真っ赤っかに惹かれて自転車を降りて撮る事にした。
近所の田圃の稲も、頭を垂れる時季になって、ヒガンバナとの協演だった。


2.
a0031821_08245811.jpg
この土手のヒガンバナ、株の数は見た目ほぼ例年並みか。
遠くに出掛けなくてもこんな群生があるのは素晴らしいナ♪


3.
a0031821_08274361.jpg
折角の青空。なのでカメラを根元に置いて見上げる様なアングルで
赤と青のコラボを♪



4.
a0031821_08324906.jpg
久し振りの青空! やっぱりイイもんだ♪



5.
a0031821_08343845.jpg
ソロヒガンバナ。外に向かって伸びる矢車様の蕊がこの花の最大の特徴に思える。


6.
a0031821_08394284.jpg
更に接近!
この時季、赤と青の強烈なコントラストは見逃せないチャンス♪






by sdknz610 | 2017-09-19 15:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 30日

棚田のヒガンバナは赤白の競演に

a0031821_10551963.jpg
2017.8.27 午前7時を回った。
上空はすっかり晴れ渡り願っても無い青空が♪
棚田の下の方には既に赤花ヒガンバナも勢いを増していて・・・青空との協演を・・・。


2.
a0031821_11011011.jpg


3.
a0031821_11020012.jpg
ポツンと置かれたベンチが格好のモチーフ♪



4.
a0031821_11032018.jpg
ベンチに寄ってみる



5.
a0031821_11090293.jpg
ベンチを俯瞰。シロバナヒガンバナをメインに
白黒一歩手前まで色を抜いてみた。


6.
a0031821_11110075.jpg
小屋の裏へ廻ると、あ~コレは・・・6月の棚田のかがり火祭りで使うアルミ缶だね。
これに菜種油を入れて芯を出せば立派なかがり火になる訳だ♪
又来年来よっと!



7.
a0031821_11150023.jpg
竹竿にぶら下げて火を灯せば、これが風に揺れて・・・
雨にも負けず、風にも負けず・・・長時間燃え続けるかがり火に。
長年の工夫で辿り着いた祭りの肝かと。



8.
a0031821_11180020.jpg
広大な棚田で赤花と白花が共演する舞台がここ♪



9.
a0031821_11194266.jpg
純白のヒガンバナはここには無くて、こんな風にハイブリッドのがガンバッテいた♪


10.
a0031821_11214062.jpg
とりわけ赤が強烈な赤花彼岸花(^-^;



11.
a0031821_11291150.jpg
上空は大分冷えているんだろうか、飛行機雲が出現。
それを撮る人を撮っちゃった♪


12.
a0031821_11313068.jpg
こんな青空をありがとう! 飛行機雲が歓迎してくれたか♪
天気予報が外れて・・・なんというラッキ~♪
シロバナヒガンバナも素敵だったな。
誘ってくれた写友に大感謝!


この後、荒川のラフティングを撮りに長瀞へ移動だ。
水飛沫を上げる(であろう)シ~ンを撮れるといいんだけど・・・。
日曜日だし・・・荒川河川敷の混雑が予想される。

と、アレ? 日曜日なら秩父鉄道のSL運航日だよね!
ならばラフティングとSLの両天秤狙いって事?
そんな・・・上手く行くかな?・・・
マア幸いお日様サンサンになって猛暑の予感も、だけど(^-^;
ここのSLは初だ・・・ガンバッてみますか・・・。






by sdknz610 | 2017-08-30 15:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 29日

シロバナヒガンバナが見頃!・・・秩父・横瀬町棚田

a0031821_10254653.jpg
2017.8.27 秩父界隈をロケハンして来た。
この朝は午前4時に迎えに来てくれた写友の車で出発。
先ずは横瀬町の棚田にシロバナヒガンバナが見頃という事で向かった。

最初は美の山公園へ。初めての場所だったけど、秩父市内を俯瞰するポイントを確認、
ここは朝霧の出る時期に来る積りで、次の横瀬町へ向かう。

午前6時過ぎに現着。
遠目で、畦道等に白い花がズラリ!というのを見て、これは面白そうと写欲ムンムンに♪

ここの日の出は東が山なので少し遅れる見込みで、この画は、06:13だった。
未だ日差しは無く、曇り空で武甲山にも雲が掛かってる状態。

シロバナとはいえ、淡いクリーム色の花も多い。
18mm相当のワイドレンズで迫って、遠方武甲山はボカす。絞りは開放のF4だ。


2.
a0031821_10430892.jpg
武甲山と三菱マテリアルのセメント工場。と、シロバナヒガンバナを絡めてみた。
18mm相当。


3.
a0031821_10454609.jpg
細い畦道には入れないから、望遠でポツンと一人ボッチのピンク色のハイブリッドヒガンバナを♪
既にこの花は終末期に近いみたいだった。
東の空が明るくなって、下草の露が光る・・・。
390mm相当だった。NIKON1 V3を手持ちで。


4.
a0031821_10500020.jpg
ズラリと並んだシロバナヒガンバナを、ズームの340mm相当で。
06:28日差しが棚田を照らし始め、ヒガンバナが逆光気味で輝く。
淡い黄色、ピンクが微妙な色合いのハイブリッドシロバナヒガンバナ。



5.
a0031821_10565746.jpg


6.
a0031821_10582602.jpg
だんだん雲が高くなって、武甲山が良く見える様になって来た。
手前三菱マテリアルの工場も。
極、見慣れたアングルだけど(;´・ω・)
青々とした棚田とシロバナヒガンバナのコントラストはこの時季しか見られないから貴重なんだけどね。
欲を言えば青空も欲しかったな(^-^;



7.
a0031821_11030798.jpg
シロバナヒガンバナ街道♪
少し青空が覗く様になって来たゾ!
毎日天気予報見ていて、気を揉んでいたけど、まさか!こうなるとは想像も出来ず、
勿怪の幸いというか、若しか晴れ男ではなかろうかと(笑)


8.
a0031821_11064807.jpg
いいぞ!この青空。雲が高い!もう秋がそこまで来ているのではないかと思うべな♪



9.
a0031821_11084712.jpg
足元も良く見ようゼ♪
連なるシロバナヒガンバナは、普段なかなか見る事が出来ない、ここの棚田の特徴だね。



10.
a0031821_11114765.jpg
山を越し、勢いを増す朝日。光芒が上手く出ず、だったけれど、
輝くシロバナヒガンバナのボリューム感をと横位置でも撮ってみた。


11.
a0031821_11142843.jpg
この花はシロバナというのに相応しい純白系♪
接近遭遇だ。



12.
a0031821_11160826.jpg


13.
a0031821_11170837.jpg
紅一点♪
周りはシロバナだらけなんだけど、この子負けずに存在を主張。してるみたいで。


14.
a0031821_11190831.jpg
どうしても三菱マテリアルの工場を絡めて撮りたくて(^-^;
相当アングルが限られる・・・。
190mm相当。もうちょっと絞っても良かったかな~(^-^;
これはF4.5開放。


15.
a0031821_11231077.jpg
武甲山と三菱マテリアルという格好のモチーフと
シロバナヒガンバナをラップして撮れるなんて・・・
素晴らしい機会に恵まれた事を写友に感謝!♪

明日もヒガンバナを続けます。

葛西臨海公園での鳥との出会いを続けている途中でしたが、急遽シロバナヒガンバナをと言う事にしました(^-^;
葛西の鳥達の画像は又の機会にと思ってます。







by sdknz610 | 2017-08-29 15:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 20日

木立ち性ベゴニア(シュウカイドウ科)

a0031821_10365029.jpg
2017.8.19 我が家
この逆トーナメント式の枝分かれが目に着いた。
キレイな花♪

長く咲いてるが、余りの不順なお天気で出掛けなくなって
我が家の花を撮り始めた(^-^;
マアね楽と言えばこんな楽も偶にはいいかな?

木立ち性ベゴニア・・・シュウカイドウ科だった・・・知らなかった。

季節の花300によれば・・・
秋海棠科
学名 Begonia semperflorens ベゴニアセンパーフローレンス
ベゴニア属 常時開花、四季咲きの・・・という意味
Begoniaは、サントドミンゴ島の総督で17世紀の人
ブラジル原産


2.
a0031821_10384858.jpg


3.
a0031821_10475246.jpg
蕊はどうなってるのか?
マクロレンズで寄る!



4.
a0031821_10490635.jpg
寄る!



5.
a0031821_10503669.jpg

6.
a0031821_10515804.jpg
花びらは、薄いけどスポンジ風に小さなモザイクの集合みたいな・・・
マクロレンズも面白い!と思うべな♪

OLYMPUS E-M10
OLYMPUS M.ZUIKO DEGITAL 60mm F2.8






by sdknz610 | 2017-08-20 13:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 17日

ちょとした晴れ間にホテイソウを撮ってみた

a0031821_16124574.jpg
2017.8.17  我が家にて
相変わらずお天気はっきりしません。晴れれば行く所一杯なのに消化出来ていません。
季節はドンドン進んでいるので少々焦ってますが、
今日の午後、ほんのちょっと日差しが出て
カミさんがホテイソウ咲いてるわよ!となり、そんじゃあ撮っておこうかと♪
メダカの水槽用に増やしてるホテイソウが薄紫に輝いて、久し振りの太陽に喜んでいる様でもあり・・・
ただ、明暗差が大きくて難しい局面だった。


2.
a0031821_16192111.jpg
ホテイソウをまともに撮るのは初めてかな・・・
良く見ればこりゃキレイな花じゃん!♪


3.
a0031821_16210593.jpg
E-M10に60mm(120mm相当)F2.8のマクロレンズを付けていたのは幸いだった。



4.
a0031821_16223005.jpg
雄蕊の接近撮影。ネバネバの繊毛が一面に生えていたとは!♪



5.
a0031821_16235896.jpg
花の奥深い中心部も・・・。


6.
a0031821_16243844.jpg
F2.8開放で・・・ボケ過ぎか(-_-;)


7.
a0031821_16254340.jpg
キラキラするのが背景にあったのでこれ幸いと。
円形絞りでないのがバレちゃったワ(^-^;


8.
a0031821_16271374.jpg
小さな鉢に一株・・・マクロレンズなのでこういう時は周りがバレずに済む。

なにしろこの不順な天気のせいで、出掛けられずにウダウダしてる(泣)
偶に高ボッチへ行けばホワイトアウトに祟られて惨敗するし・・・
気象がおかしくなっているぜ。
と、グチっても致し方なし。

ユックリこの世の行く末に思いを馳せてもいいし、
何もしない時間を、無為に過ごしてもいいかな?状態。貴重だよ♪






by sdknz610 | 2017-08-17 17:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 14日

紫金落葉松シキンカラマツ再会・・・赤城自然園

a0031821_06441072.jpg
2017.8.9  赤城自然園
シキンカラマツ・・・もう無いんではないかと思って、何時ものコースを行くと、
アレマ!株の数が減っていたが、散策路から手に取れる様にこの花が近くて・・・
まだまだ蕾もかなりあるし、元気に咲いていたのにはビックリだ。
花期が長いのネ♪
これなら来年は焦らずとも再会出来そうだわ。
今回は花の様子が分かる様に随分接近して撮らせてもらった。
ZUIKO 12-40mmF2.8 PROで。

2.
a0031821_06513984.jpg
シキンカラマツ・・・会う度に新鮮!♪
何度目かの記事になるけど・・・。


3.
a0031821_06532450.jpg
シキンカラマツ・・・紫金唐松
キンポウゲ科 カラマツソウ属
各地の植物園などで見るのが無難か・・。
東大付属植物園日光分園、戸隠神社奥社森林植物園、小石川植物園・・・

シキンカラマツの追っかけになっているけど、
秋になって、黄葉と実が出来ると又面白そうなのだ。是非行ってみよう。





by sdknz610 | 2017-08-14 15:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 13日

ヤマシャクヤクの実が弾けた。赤と黒、鮮烈なコントラストが見ものだ。

a0031821_11075585.jpg
2017.8.9 赤城自然園
5月初に咲き誇っていた真っ白な貴婦人達。
今はヤマシャクヤクの実が弾ける季節が到来。もう山には秋の気配が忍び寄って来ている・・・。
赤と黒! 気づけばその強烈なコントラストが網膜に張り付く。
黒は結実した種子。赤は結実していない種。


2.
a0031821_11184457.jpg
雌蕊が3裂した花が多かったけど、その雌蕊が今はこんなに膨らんで・・・
如何にも弾けた!という感じに♪


3.
a0031821_11224484.jpg
出来るだけ近くで撮りたいけれど、なかなか無いので・・・
300mm、500mm、まさかの810mm相当なんかで狙う事が多い。


4.
a0031821_11271657.jpg
3m位でこっちを向いているのを、500mm相当で。
超望遠マクロになっちゃった。
真っ赤っかだ。黒い種があったかどうか? 既に落果したのかもしれない。


5.
a0031821_11305401.jpg
初めて見たヤマシャクヤクはこういう真っ赤な種子だったので、ナンジャコレ!に。
花を見なくっちゃになり、翌年の春にアノしっとりと美しい花を見て感動したのを思い出す。
これはこれで・・・森の中のミラクルって感じで毎年是非見たいと思うべな♪


6.
a0031821_11353527.jpg
真っ赤な口を開けた食虫植物?に見えない事も無いか・・・。
黒の結実した種は先に鳥に食べられたか、既に落果してしまったのか、分からないけど。

これは80mm相当で真上から撮っている。近かった♪


今回の赤城自然園、目的の一つがこのヤマシャクヤクの実を撮る事だったので、マア良かったな。

ヤマシャクヤク:ボタン科
学名がPaeonia japonica! ジャポニカだよ~♪

各地で絶滅危惧種になっているのが心配。
東京都、千葉県は既に絶滅!
群馬県は絶滅寸前、あるいは絶滅危惧種だそうな。

環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に指定されている。

減少の主因が、園芸用の採集、森林の伐採、林道工事だと言うから・・・
特に園芸用に、というのは盗掘ではないか、ダメじゃん!






by sdknz610 | 2017-08-13 15:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 08日

ヤナギランに蜜蜂マーヤがブンブン♪・・・赤城自然園

a0031821_14212159.jpg
2017.7.7 赤城自然園のヤナギラン群落
満開といった感じのヤナギランを撮るのは初めてだったか・・・。
スッゲ~キレイでビックリだったワ♪
ピンクというか紫がかったこの色の絨毯だったからね~。
ランとは言うけれどアカバナ科ヤナギラン属。

撮っていると、ブンブン顔の周りなんかに纏わり着いて来る子は・・・セイヨウミツバチだった♪
ヤナギランの蜜と花粉を獲りに来ているんだね。
ホント、ブンブンと・・・働き者だ~(笑)

さて、そんなちっともジッとしてくれない子を何とか撮ろうと・・・
今回は120mm相当になるOLYの60mmF2.8のマクロで狙ってみる。
余りの近場で、AFでピンが来るのに時間が掛かり、しょうがないからマニュアルフォーカスに切り替えた(;´・ω・)
手でやった方が早いゼ♪
SSは1/1300だ。


2.
a0031821_14315265.jpg
ミツバチって結構毛だらけでしょ?!♪
目にもびっしりと繊毛が生えているんだけど・・・この画で分かるかな?(;´・ω・)


3.
a0031821_14341239.jpg
その目に花粉がくっ付いてる・・・と言うか目に生えてる繊毛に花粉が乗っかった感じだね。
この繊毛で目を守ってる訳か・・・。

このマクロレンズって、実はスゴイんです(^_-)-☆
PROとは名前がついてないけど、60mmF2.8の超軽量レンズ、解像力はスゴイ!のであります♪



4.
a0031821_14391143.jpg
花粉籠にくっ付けた、ちょっと青味がかった花粉玉の大きさよ!
ヤナギランの花粉だけではないかもしれないね。働き者!♪


5.
a0031821_14432106.jpg
ミツバチを撮るのは好きだけど、どの花に来るのか?が重要で、
ヤナギランに!だなんて・・そうそう簡単に撮れないよ(;´・ω・)
だから撮れる時に撮ろう!とバリバリの連写だったサ(笑)


6.
a0031821_14461161.jpg
こういうお尻ショットだって、貴重なのさ♪
それにしても花粉玉の大きさよ!
こんな大ご馳走を巣に持ち帰れば、みんな喜びそうだよね(笑)


7.
a0031821_14484613.jpg
そうこうしてる内にこの子もやって来た!
ナミハナアブだ!・・・目が離れているからメスか。
セイヨウミツバチより一まわり体が大きい感じ。


8.
a0031821_14514199.jpg


9.
a0031821_14525174.jpg

10.
a0031821_14543168.jpg
ヤナギランの雌蕊。先端が4裂するんだね。



11.
a0031821_14561227.jpg


12.
a0031821_14571121.jpg
赤城自然園のヤナギラン。ピンクの絨毯を見るなら今が旬!♪ですね・・・。







by sdknz610 | 2017-07-08 15:30 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)