『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:花追い人( 326 )


2017年 08月 17日

ちょとした晴れ間にホテイソウを撮ってみた

a0031821_16124574.jpg
2017.8.17  我が家にて
相変わらずお天気はっきりしません。晴れれば行く所一杯なのに消化出来ていません。
季節はドンドン進んでいるので少々焦ってますが、
今日の午後、ほんのちょっと日差しが出て
カミさんがホテイソウ咲いてるわよ!となり、そんじゃあ撮っておこうかと♪
メダカの水槽用に増やしてるホテイソウが薄紫に輝いて、久し振りの太陽に喜んでいる様でもあり・・・
ただ、明暗差が大きくて難しい局面だった。


2.
a0031821_16192111.jpg
ホテイソウをまともに撮るのは初めてかな・・・
良く見ればこりゃキレイな花じゃん!♪


3.
a0031821_16210593.jpg
E-M10に60mm(120mm相当)F2.8のマクロレンズを付けていたのは幸いだった。



4.
a0031821_16223005.jpg
雄蕊の接近撮影。ネバネバの繊毛が一面に生えていたとは!♪



5.
a0031821_16235896.jpg
花の奥深い中心部も・・・。


6.
a0031821_16243844.jpg
F2.8開放で・・・ボケ過ぎか(-_-;)


7.
a0031821_16254340.jpg
キラキラするのが背景にあったのでこれ幸いと。
円形絞りでないのがバレちゃったワ(^-^;


8.
a0031821_16271374.jpg
小さな鉢に一株・・・マクロレンズなのでこういう時は周りがバレずに済む。

なにしろこの不順な天気のせいで、出掛けられずにウダウダしてる(泣)
偶に高ボッチへ行けばホワイトアウトに祟られて惨敗するし・・・
気象がおかしくなっているぜ。
と、グチっても致し方なし。

ユックリこの世の行く末に思いを馳せてもいいし、
何もしない時間を、無為に過ごしてもいいかな?状態。貴重だよ♪






by sdknz610 | 2017-08-17 17:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 14日

紫金落葉松シキンカラマツ再会・・・赤城自然園

a0031821_06441072.jpg
2017.8.9  赤城自然園
シキンカラマツ・・・もう無いんではないかと思って、何時ものコースを行くと、
アレマ!株の数が減っていたが、散策路から手に取れる様にこの花が近くて・・・
まだまだ蕾もかなりあるし、元気に咲いていたのにはビックリだ。
花期が長いのネ♪
これなら来年は焦らずとも再会出来そうだわ。
今回は花の様子が分かる様に随分接近して撮らせてもらった。
ZUIKO 12-40mmF2.8 PROで。

2.
a0031821_06513984.jpg
シキンカラマツ・・・会う度に新鮮!♪
何度目かの記事になるけど・・・。


3.
a0031821_06532450.jpg
シキンカラマツ・・・紫金唐松
キンポウゲ科 カラマツソウ属
各地の植物園などで見るのが無難か・・。
東大付属植物園日光分園、戸隠神社奥社森林植物園、小石川植物園・・・

シキンカラマツの追っかけになっているけど、
秋になって、黄葉と実が出来ると又面白そうなのだ。是非行ってみよう。





by sdknz610 | 2017-08-14 15:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 13日

ヤマシャクヤクの実が弾けた。赤と黒、鮮烈なコントラストが見ものだ。

a0031821_11075585.jpg
2017.8.9 赤城自然園
5月初に咲き誇っていた真っ白な貴婦人達。
今はヤマシャクヤクの実が弾ける季節が到来。もう山には秋の気配が忍び寄って来ている・・・。
赤と黒! 気づけばその強烈なコントラストが網膜に張り付く。
黒は結実した種子。赤は結実していない種。


2.
a0031821_11184457.jpg
雌蕊が3裂した花が多かったけど、その雌蕊が今はこんなに膨らんで・・・
如何にも弾けた!という感じに♪


3.
a0031821_11224484.jpg
出来るだけ近くで撮りたいけれど、なかなか無いので・・・
300mm、500mm、まさかの810mm相当なんかで狙う事が多い。


4.
a0031821_11271657.jpg
3m位でこっちを向いているのを、500mm相当で。
超望遠マクロになっちゃった。
真っ赤っかだ。黒い種があったかどうか? 既に落果したのかもしれない。


5.
a0031821_11305401.jpg
初めて見たヤマシャクヤクはこういう真っ赤な種子だったので、ナンジャコレ!に。
花を見なくっちゃになり、翌年の春にアノしっとりと美しい花を見て感動したのを思い出す。
これはこれで・・・森の中のミラクルって感じで毎年是非見たいと思うべな♪


6.
a0031821_11353527.jpg
真っ赤な口を開けた食虫植物?に見えない事も無いか・・・。
黒の結実した種は先に鳥に食べられたか、既に落果してしまったのか、分からないけど。

これは80mm相当で真上から撮っている。近かった♪


今回の赤城自然園、目的の一つがこのヤマシャクヤクの実を撮る事だったので、マア良かったな。

ヤマシャクヤク:ボタン科
学名がPaeonia japonica! ジャポニカだよ~♪

各地で絶滅危惧種になっているのが心配。
東京都、千葉県は既に絶滅!
群馬県は絶滅寸前、あるいは絶滅危惧種だそうな。

環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に指定されている。

減少の主因が、園芸用の採集、森林の伐採、林道工事だと言うから・・・
特に園芸用に、というのは盗掘ではないか、ダメじゃん!






by sdknz610 | 2017-08-13 15:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 08日

ヤナギランに蜜蜂マーヤがブンブン♪・・・赤城自然園

a0031821_14212159.jpg
2017.7.7 赤城自然園のヤナギラン群落
満開といった感じのヤナギランを撮るのは初めてだったか・・・。
スッゲ~キレイでビックリだったワ♪
ピンクというか紫がかったこの色の絨毯だったからね~。
ランとは言うけれどアカバナ科ヤナギラン属。

撮っていると、ブンブン顔の周りなんかに纏わり着いて来る子は・・・セイヨウミツバチだった♪
ヤナギランの蜜と花粉を獲りに来ているんだね。
ホント、ブンブンと・・・働き者だ~(笑)

さて、そんなちっともジッとしてくれない子を何とか撮ろうと・・・
今回は120mm相当になるOLYの60mmF2.8のマクロで狙ってみる。
余りの近場で、AFでピンが来るのに時間が掛かり、しょうがないからマニュアルフォーカスに切り替えた(;´・ω・)
手でやった方が早いゼ♪
SSは1/1300だ。


2.
a0031821_14315265.jpg
ミツバチって結構毛だらけでしょ?!♪
目にもびっしりと繊毛が生えているんだけど・・・この画で分かるかな?(;´・ω・)


3.
a0031821_14341239.jpg
その目に花粉がくっ付いてる・・・と言うか目に生えてる繊毛に花粉が乗っかった感じだね。
この繊毛で目を守ってる訳か・・・。

このマクロレンズって、実はスゴイんです(^_-)-☆
PROとは名前がついてないけど、60mmF2.8の超軽量レンズ、解像力はスゴイ!のであります♪



4.
a0031821_14391143.jpg
花粉籠にくっ付けた、ちょっと青味がかった花粉玉の大きさよ!
ヤナギランの花粉だけではないかもしれないね。働き者!♪


5.
a0031821_14432106.jpg
ミツバチを撮るのは好きだけど、どの花に来るのか?が重要で、
ヤナギランに!だなんて・・そうそう簡単に撮れないよ(;´・ω・)
だから撮れる時に撮ろう!とバリバリの連写だったサ(笑)


6.
a0031821_14461161.jpg
こういうお尻ショットだって、貴重なのさ♪
それにしても花粉玉の大きさよ!
こんな大ご馳走を巣に持ち帰れば、みんな喜びそうだよね(笑)


7.
a0031821_14484613.jpg
そうこうしてる内にこの子もやって来た!
ナミハナアブだ!・・・目が離れているからメスか。
セイヨウミツバチより一まわり体が大きい感じ。


8.
a0031821_14514199.jpg


9.
a0031821_14525174.jpg

10.
a0031821_14543168.jpg
ヤナギランの雌蕊。先端が4裂するんだね。



11.
a0031821_14561227.jpg


12.
a0031821_14571121.jpg
赤城自然園のヤナギラン。ピンクの絨毯を見るなら今が旬!♪ですね・・・。







by sdknz610 | 2017-07-08 15:30 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 25日

更紗満天星躑躅(サラサドウダンツツジ)・・・赤城山・新坂平

a0031821_21244029.jpg
2017.6.20 赤城山・新坂平


2.
a0031821_21255182.jpg



3.
a0031821_21264463.jpg


4.
a0031821_21271869.jpg


5.
a0031821_21274929.jpg



6.
a0031821_21281476.jpg


7.
a0031821_21284754.jpg


8.
a0031821_21291355.jpg


9.
a0031821_21294710.jpg


10.
a0031821_21301182.jpg
更紗満天星躑躅をこの時期レンゲツツジと同時に楽しめる、
ここ新坂平の赤城山総合観光案内所は見逃せないポイントだ。

これがツツジか? という感じなんだけど、何か気になる、素晴らしい花!と思ってるのサ♪
釣鐘状に下向きな訳で、カメラを下に入れ、上向きで撮って見たくなる。
そこでミラーレスカメラの背面液晶がバリアングルという仕掛けが、非常に有効になるね♪





by sdknz610 | 2017-06-25 22:20 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 26日

我が家でクジャクサボテンが咲いた!♪

a0031821_19575067.jpg
2017.5.24 我が家で咲いたクジャクサボテン♪
マアねカミさんが手塩に掛けたものだから感謝して撮らせてもらった♪

この妖艶な花の魅力を強調しようと、夕方暗くなってから
LEDライトを当てて撮ってみた。
ピンク色が強調されて、ほぼイメージ通りの美しさになった♪


2.
a0031821_20060627.jpg
ストロボではなく、LEDライトだ。
当て方で如何様にも千変万化する。
液晶モニターのライブビュウで確認しながら当て方を変えて・・・
これは若干順光気味に当てた時のもの。
#1は、裏側から当てているものだけど、
自分的には#1の方が好き、面白い、と思っている(^-^;
こういうのは、ストロボではなかなか上手く行かずで、
LEDライトは有効ではなかろうか?♪


3.
a0031821_20115259.jpg
クジャクサボテンの花の全貌も記録しておく。


4.
a0031821_20131920.jpg
クジャクサボテンの花は、全体としてもとてもキレイだけど、
一番の見どころはこの雌蕊だ!
先端が蛸の足様に割れ開く様は将に神秘!♪
周りに絡む雄蕊の混雑ぶりも、面白か~である♪


5.
a0031821_20171666.jpg
その雌蕊を様々なアングルで撮ってみた。


6.
a0031821_20185968.jpg
!!♪♪


7.
a0031821_20203571.jpg
花粉を受けるのに適している構造なのか?
表面がスポンジ状と言えばいいのか、何やらザラザラなのよ♪


8.
a0031821_20235648.jpg
花の奥深く、迷宮の深淵から伸びる雄蕊の群れ!♪


9.
a0031821_20253984.jpg
この底知れぬ深い淵の底迄覗く事は未だに出来ていない・・・
将に奥宮、迷宮のままにしておくのがいいのかも(;´・ω・)


10.
a0031821_20285937.jpg
長~い雄蕊の微妙な曲線もミモノだ♪


11.
a0031821_20302093.jpg
明けて25日の朝だった。
夜来の雨で濡れた花。
滴の水玉がキレイだったので、眠気眼を擦って撮影に掛かる(;´・ω・)


12.
a0031821_20331856.jpg
雨の滴、自然の恵みだ♪

クジャクサボテン、ツボミは全部で7つあったが
結局開花迄至ったのは4つだった。
イヤイヤ、兎に角こんなキレイな花、好きなんサ♪

キレイな花をキレイに撮れるか? それが問題だ(;´・ω・)

OLYMPUS E-M10
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60m 1:2.8 MACRO
このレンズは実に信頼がおけるヤツ♪
素晴らしい描写力に感謝!

何しろ弱い風で揺らぐものの、基本止まりモノなので
高速連写ではなく、単写で
三脚使用で、ジックリと、だった♪

尚、本日26日から28日まで、所属フォトクラブの写真展が始まり
終日会場に詰めております。
その間、本ブログの更新を一時休止いたします。
週明けからは再開したいと思いますが、お天気次第、撮影に出掛けないと
何とも・・・ですが。






by sdknz610 | 2017-05-26 21:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 21日

ヒスイカズラ 翡翠葛 群馬フラワーパーク 見頃♪

a0031821_18401187.jpg
2017.5.19 群馬フラワーパーク
オキナグサ、クリンソウの後、温室へ。
ヒスイカズラを見たかったのサ♪
新聞で見たんだったか、ヒスイカズラが咲いてると言うので
そりゃあ見逃す訳には行かないぜ!と・・・(;´・ω・)
ヒスイカズラは昔新宿御苑の大温室で見て、大感動したのを思い出す。
その後アノ大温室が建て替え?になるとかで、その後見に行ってないんだけど、
今は又新装なった温室で咲いてるみたいだな・・・。
その他、三毳山の栃木花センターのヒスイカズラで癒されていたけど、
最近行ってないので、今どうなのか?
で、群馬フラワーパークで見る事が出来てマア良かったワ♪


2.
a0031821_19145183.jpg


3.
a0031821_19154795.jpg
上から長~く垂れ下がってます♪


4.
a0031821_19170572.jpg


5.
a0031821_19180659.jpg
定番、真下から(;´・ω・)


6.
a0031821_19194535.jpg
ヒスイの勾玉じゃん!♪


7.
a0031821_19211176.jpg


8.
a0031821_19221484.jpg
翡翠の勾玉宝物!♪
上の画像をソラリゼーション風に遊んでみた(;´・ω・)


9.
a0031821_19250321.jpg
マメ科!ですね♪

ここのヒスイカズラはこれから未だ十分楽しめますよ!
未見の方にお薦め! 一見の価値あり!と思うのであります。










by sdknz610 | 2017-05-21 19:45 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 20日

翁草白髪三千丈?♪・・・群馬フラワーパーク

a0031821_18100773.jpg
2017.5.19 群馬フラワーパーク
この時季、群馬フラワーパークとなると、オキナグサの果穂がどうなってる?が
気になってしょうがなく(;´・ω・)
現場へ行くしかないじゃん♪
実は11日に行った赤城自然園のオキナグサは今季花着きも良くなくて、
レポートは控えていたんだけど、
そうなると群馬フラワーパークのに期待するしか無くて・・・
只、HPにも現状どうなのか?載っておらずだったので余計焦っていたかな?(笑)

イングリッシュガーデン隣接のロックガーデンに件のオキナグサはあるんだけど、
遠目にもモフモフの真っ白ボールが目に入って、
ワ~オ!白髪三千丈があるじゃんあるじゃん!で、嬉しかったな~♪


2.
a0031821_18200962.jpg
一抱えもありそうな大きな石を積み上げたロックガーデンだ。
その合間合間に他の花も沢山植栽されて、なかなかのミモノなんだよね。
翁草はそこかしこに小群落を作っていて、
今は果穂の一条一条の繊毛が起って、将に白髪三千丈の赴きになってる果穂が
白いボール状になって、風に揺れていた♪
間もなく、風に運ばれて遠くへ飛んで行く筈だ。
タンポポの落下傘が風に運ばれるのに似た感じかな。
あるいは、ワタスゲの白い髭が靡いて、風に乗って飛んで行くのに似てるね。
今回、そうなる前に、丁度いい時に行ったという訳だ。


3.
a0031821_18312695.jpg
このフワフワモフモフの白いボールをそっと掌で触ってみる。
意外にしっかりした手触りで、とても暖かく感じられたよ♪


4.
a0031821_18342711.jpg
繊毛に覆われる直前の髭


5.
a0031821_18353885.jpg
風に運んでもらうために、一本一本の果穂は超微細な繊毛に覆われる。
逆光気味だと、それが輝いて、とてもキレイなのサ♪


6.
a0031821_18381460.jpg
未だ白くなっていない花穂。
これが風に靡く様はとても好きだ♪
この一本一本の根元に極小の種がある。


7.
a0031821_18403935.jpg
時が経てばこんな風に・・・。
間もなく風に乗って旅立つ種・・・。


8.
a0031821_18433031.jpg
白髪になる前の艶々の果穂。


9.
a0031821_18450020.jpg
少し位の風では未だ飛んで行かない果穂。
もうちょっと熟成するまで待ちだな♪
こんな状態の時に遭遇出来てラッキーだったぜ♪


10.
a0031821_18472043.jpg
白髪三千丈とは行かないけれど(;´・ω・)
こんな長い髭を持つ果穂は他に知らない・・・。
カラスウリ? スイカズラ? タンポポとは大分趣が違うし・・・

↓おまけです
11.
a0031821_18514021.jpg
ニホンカナヘビだね。
石積みのロックガーデン、強い日差しで石の表面が大分熱くなっていたから
この子、体を温めようとしていたのかも♪
何しろ目の前をウロウロしてるので、ンじゃあ撮っちゃうぞ!で・・・。

イヤイヤもう初夏?と言った感じのピーカンで暑い日になっていたよね♪

マア兎に角、オキナグサの白髪三千丈に会えて良かった~(^_-)-☆

群馬フラワーパークへは、時々行かなくっちゃだな・・・
赤城自然園の帰りに寄ってもいいんだけど・・・。






by sdknz610 | 2017-05-20 19:30 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 12日

熊谷草は蘭科の王者か・・・サムライ・ジャポニカ!なんて♪

a0031821_16175395.jpg
2017.5.11 赤城自然園
イヤ~咲いてましたよ!♪ たった一輪でしたが。
蘭科 敦盛草(アツモリソウ)属 熊谷草(クマガイソウ)
ジャポニカだよ♪
各地の群生地が色々有名の様だけど、
私にはここの僅かな株数のアツモリソウで十分楽しめるからね~♪
日本の蘭の中では一番大きな花らしい・・・。
この佇まいは一見の価値ありって事で♪
サムライ・ジャパンならぬサムライ・ジャポニカだぜ~(^-^;


2.
a0031821_16233145.jpg
上空を流れる雲で日差しがくるくる変わって・・・。
丁度背景が黒く潰れてくれた・・・。
スポットライト熊谷草♪
唯でさえ花弁がシロトビし易いから、基本マイナス補正。
この場合はマイナス0.7に。
それでもアブナイ感じだった(^-^;
思い切ってマイナス1.0でも良かったかも。


3.
a0031821_16290201.jpg
ギザギザと、扇を広げた様な葉っぱが特徴。
そっくりなアツモリソウの葉はこういうギザが無いと覚えているんだけど・・・。


4.
a0031821_16312443.jpg
侍が只一人・・・の、風情がイイネ♪
ロープがあるし、アングルの自由度は無い。
もうちょっと正面からの画も欲しかったけどね・・・。
望遠レンズがあるといいでしょう。
因みに
#1は500mm、#2は600mm、#3は400mm、#4は200mm相当でした。
NIKON1 V3に、1NIKKOR70-300mmですが、これ一本で間に合います♪
次々と見る人、写真撮る人が来るから長居は出来ず・・・
手持ちでバリバリと(^-^;




by sdknz610 | 2017-05-12 18:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(3)
2017年 05月 09日

ユリノキの花。カップの内側を見る事が出来た♪

a0031821_15022275.jpg
2017.5.9 朝の散歩。太田イオンモールでユリノキの花が見頃だった。
毎年の事ながら、ここのユリノキの花を愛でるのが楽しみなんだけど、
久し振りにイオン一周の朝散で、この木に近づくと
遠目にも黄色、橙色に見える花が一杯あるじゃん!♪

今朝はPanaのG7にOLYの60mm F2.8 Macroを付けて出た。
何か花や昆虫でも出たら撮っちゃうぞ~だった♪
フルフレーム換算120mmなので、フードにくっ付きそうな近いモノから
そこそこ遠方までこの一本で、結構良く撮れるんだよね。
解像度は折り紙付きの銘レンズなんよ♪

さて、ユリノキ・・・このオレンジの裾が目立つ黄色い花・・・
何時もは目より上に咲いてるのを見上げるしか無いんだけど、
今日は見つけたぜ~(^_-)-☆
イエ、ほぼ目線で咲いてる一輪だった!!
ちょっと手で、コップの内側が見える様に引っ張って・・・(^-^;
イヤイヤ、ユリノキの花の中をちゃんと見るのは初めてだ!
勿論撮るのも初めてで・・・こりゃ感動モノだったな(^_-)-☆

ユリノキと言えば、私には新宿御苑のアノ大木群が初めての出会いで
あれ以来ユリノキ派になってしまったが、
その後、上野の国立博物館前の巨木に驚いたものよ(^-^;
それでもコップの内側を見るのは出来なかったんだけど、
今朝はラッキーだったな(笑)


2.
a0031821_15203322.jpg
ユリノキ(百合の木)は、モクレン科ユリノキ亜科
別名「ハンテンボク袢纏木」、「レンゲボク蓮華木」、「チューリップツリー」とも。
英名は、American tulip tree

雌蕊が円錐形に集合、周囲を無数の雄蕊が囲んでいる。


3.
a0031821_15284899.jpg
三枚の額片が反り返っている。


4.
a0031821_15310829.jpg
上とは又違う花。


5.
a0031821_15324992.jpg
花弁に何やら付いて居る様なので拡大してみると・・・
蚊みたいな子が♪
このMacroレンズ、ここまで撮れていたかと・・・流石!


6.
a0031821_15353815.jpg
反り返った額片。何やら濡れているげな・・・。

7.
拡大してみると
a0031821_15372977.jpg
ベットリと濡れていて、下で何か虫が溺死してるげ・・・。
ユリノキは蜜源植物としても有名で、良質な蜂蜜が摂れるそうだ。


8.
a0031821_15411858.jpg
T-シャツや、袢纏そっくりな葉♪


9.
a0031821_15430978.jpg
高みに咲く。見通しは良くないからアングル探しでウロウロ(^-^;


10.
a0031821_15450910.jpg
葉と葉の隙間から・・・


11.
a0031821_15463717.jpg
少し木から離れて


12.
a0031821_15480889.jpg
ユリノキの高木は太田イオンモールではこれ一本。
成長の速い樹だそうで、そうね毎年高くなってるよ♪
新宿御苑のは2、30mはありそうだよね。
アレはアレで大迫力だけど、花を間近では見られない(^-^;
落花したのは見てるけど・・・。

ウ~ン・・・ユリノキって珍しくは無いんだろうけど、
身近で見るとなるとそう簡単ではないよね・・・
イオンモールのは貴重なのサ♪






by sdknz610 | 2017-05-09 16:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(2)