<   2016年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 31日

オオタカ幼鳥羽干し♪

オオタカの幼鳥、池で水浴びの後飛び出した。一旦行方を見失ったけど、周辺を見回していたら、?アレっ!
近くの公園内芝生広場の街路灯の天辺に鎮座してるのを発見した。ビックリだ♪
こんな処に止まってるオオタカは終ぞ見たことが無く、若しか飛ばれるかと思ったけれど、出来るだけ近くへと
忍び寄り(^-^;・・・手持ちのV3で撮らせてもらった。
木陰の無いオープンスペースだ。丁度強烈な日差しが照りつけて、暑い!!(^-^;

1.
a0031821_10402399.jpg
啼いていなかった。欠伸だったか♪ 口はデカイぞ♪

2.
a0031821_10422714.jpg
水滴が飛ぶ!
甲羅干しとは言え、ジッとしてないんだわ。しょっちゅう体を動かして・・・早く乾かしたいんだろうな。
近くの森にはカラスが一杯。ヤツらにちょっかい出されるのは困るんだよね。

周りをカメラマンが囲んでいるので、こういう時はカラスも来ないよね・・・上手く人間を利用してるかな♪
寧ろ我々は・・・ガードマンって事でいいかも。

3.
a0031821_1047658.jpg
こっちはこんな風に翼を広げてくれるのを待ち続けて・・・ファインダーから目が離せないのよ(^-^;

4.
a0031821_10492749.jpg


5.
a0031821_10495896.jpg


6.
a0031821_10501681.jpg


7.
a0031821_10503390.jpg


8.
a0031821_10505399.jpg
きちんと整髪じゃなかった、羽をね、嘴を器用に使って梳いて整えるのも忘れず♪

巣立って一か月近く過ぎて、ここまで成長して・・・誰に教えて貰う訳でもなく、
こういうところはすっかり大人と同じかな・・・大自然の摂理の不思議さを見る思いだ。

スマホでバーチャルなマイクロモンスターを見つけるのもいいんだろうけど、こういう食物連鎖の頂点に君臨する
猛禽の実際の姿をジックリ見るのも、イイ事だと思うけどね~・・・。

2016年7月28日 13時頃





by sdknz610 | 2016-07-31 15:00 | オオタカ | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 30日

オオタカ 飛び出しと飛びつき

2016年7月28日。オオタカが林の中の池に入ろうかという状況になったので、飛び上がるのを期待♪
案の定、羽ばたいて、池にボチャン!だった♪
木陰で日差しが弱く暗い池だ。SSを多少無理筋だったけれど、儘よと・・・1/1000にして、その瞬間を待つ。
この時ISOは既に3200に張り付いたまま(^-^;
NIKON1 V3と、70-300mmVRで。このレンズは35mm版換算では189-810mm相当になる。
この時は換算400mm程で撮っている。手持ちだよ♪

1.
a0031821_16483796.jpg
飛ぶぞ!♪
極浅い池の水面には細かい水草の様なものが一面覆っていて、汚れている様に見えるけど、
オオタカは構わず・・・♪

2.
a0031821_16525138.jpg
飛んだ!♪
この瞬間を待ってたぜ♪

3.
a0031821_16535223.jpg
後は、翼の動きを捉えているか? 恰好はイイか?♪ なんて事で。

4.
a0031821_16553888.jpg
翼全開で、エアブレーキ!・・・これが撮れてれば大満足(笑)

5.
a0031821_16572487.jpg
着水!

6.
a0031821_16575145.jpg
翼をこうして広げた様は幼鳥といえども大きな翼じゃん!と・・・。

この後、何やら落ち着かない様子だったので、若しか飛び上がる?かもと・・・
7.
a0031821_1703979.jpg
やっぱり♪ 逆戻りで又飛んだ!♪

8.
a0031821_1712990.jpg
まさかのこっち向きの飛び出しだった(#^.^#)

9.
a0031821_1722635.jpg
横木に飛びつく寸前ショットになった♪

こうして色んな事が次々と勃発するので、朝から夕方まで延々待っていても撮影時間はほんの1分も無い位という事もあるけれど、
その瞬間は逃せないな・・・♪

これまで蓄積して来た失敗の山から学んだ自分の流儀全てをその瞬間に注いで、やっと撮れる一枚の貴重さは、なかなか説明は難しいものがある♪
オオタカの特に動く瞬間に拘って、更なる技術?を進化したくて・・・
今日、30日も又行ってしまったけど(^-^;
行けば海路の恵みアリだった・・・近日中にレポート出来るよう、膨大な画像の山と格闘してます(^-^;




by sdknz610 | 2016-07-30 18:00 | オオタカ | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 29日

オオタカ幼鳥・・・水場にて:4KフォトとBLANCA80EDTではどうだろう?

オオタカ幼鳥の水場での所作色々♪

1.
a0031821_17513782.jpg
2016.7.28 BLANCA 80EDT(天体望遠鏡) 480mm F6(換算960mm相当)
Panasonic G7
ビデオ雲台
SSは1/500 補正0 ISOは3200
4Kフォト切り出し画像
距離20m位か・・・。
周辺若干トリミング

2.
a0031821_175898.jpg


3.
a0031821_17582220.jpg
そっとお尻を冷やしてました♪

4.
a0031821_17583791.jpg
水場に来たので羽ばたき等で水飛沫が盛大に、と思っていたが、
この時はお尻を沈める程度で派手な動きは無しだった(^-^;

それより、移動する時垣間見える足の運びが面白い!と思った♪
オオタカの生命線はこの巨大な足!爪!だ。

5.
a0031821_1822886.jpg
脚と共にやっぱりこの「眼」がね・・・幼鳥とは言え、この鋭い眼光は驚異だ(^_-)-☆

6.
a0031821_184932.jpg


7.
a0031821_1842370.jpg


8.
a0031821_1844072.jpg
ワっ! 目が合ってしまった(^-^;
若しや顔を覚えられてしまったか? イヤ覚えて欲しいけど♪

9.
a0031821_1845738.jpg
かなり近くに来てくれた!♪ 960mmでは流石に全身ははみ出してしまい・・(^-^;

10.
a0031821_186192.jpg


11.
a0031821_1863335.jpg
枯草を獲物に見立てたのか、嘴で掴んでは放り上げを繰り返していた。

12.??
a0031821_1865095.jpg
??ウ~ん(@_@;)・・・目が回る♪

何を見ていたのか?・・・前後の一連の画像解析の結果♪・・・どうやら自分の方に向かって来たトンボを目で追っていたみたい♪
この画では大きくボケたトンボを何とか確認出来ます(^-^;

多分、幼鳥にとっては毎日、毎時、毎分、毎秒、新しいものに出合う事で知識を急速に蓄積しているのでは無かろうか?
それに対しどう対応するのか?誰にも教えて貰えない訳で、全ては本能に導かれて・・・と言う事だろうな・・・。

今回は、長い望遠鏡を持ち出してみた。長過ぎて近くに来るとはみ出してしまうが、
出て来る画は、とても抜けがイイと言うのか、ピントが来れば解像感も800万画素相当にしてはクリアーな印象で、
これなら鳥にも大いに使えるというのを再確認出来たのは収穫だった。
4Kフォトと、このレンズなら数千万画素の超高級機と互角に・・・ナンテ事は無いだろうけど(^-^;
毎秒30コマなので、細かい動きを具に捉える能力では最右翼とも言えるのでは?




by sdknz610 | 2016-07-29 19:00 | オオタカ | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 28日

オオタカ幼鳥スクスクと

今年のオオタカ、ただ今幼鳥達が元気に育っている。

この時期だから、今は自立に向けて活発に活動しているだろうなと、今季初の様子見に行ってみた。

聞く処によれば巣立ちは7月初だったそうで、今は未だ自分で獲物は取れなくて親掛かりなんだけど、
8月半ばには巣離れで見られなくなるから、これからほんの短い間、出来るだけ撮りたいと思っている。

今日アップするのは7月25日の様子です。
今日、7月28日も行っているけど、その画像処理に手間取って、本日の更新が遅くなってしまった(^-^;

1.
a0031821_21384550.jpg


2.
a0031821_21411969.jpg


3.
a0031821_21414741.jpg
シルエットはすっかり大人なんだけど、未だ茶褐色の斑模様で、これは保護色なのよ。

4.
a0031821_2142340.jpg


5.
a0031821_21422049.jpg
手前の枝葉が被って非常に撮りにくい(^-^;

6.
a0031821_21423769.jpg
ここはオオタカ幼鳥が水浴びに来る所。一番のスポットなので、カメラマン多数♪

7.
a0031821_21425436.jpg
水に沈んでいた大きめの葉っぱを嘴で引っ張り上げて、遊ぶ♪
これは獲物を捕る時の動作を誰から教わるでもなく、自分でこうやって練習するんだよね。

8.
a0031821_21431353.jpg


9.
a0031821_21433052.jpg
水浴び後、こっち岸の陸に上がって、どんどん近づいて来ちゃった♪

オオタカの生活史を間近で具に観察出来るなんて非日常の典型みたいな、素晴らしいビオトープと言ってもいいだろうか。
貴重な大自然の営みを目の当たりにすれば感動する事間違い無し♪
ポケットモンヌターどころでは無いのサ♪

LUMIX 100-300mm
LUMIX G7
4Kフォトからの切り出し画像
手持ち
トリミングあり

梅雨明け前の薄暗い曇り空(泣)
SSは上げられない。せいぜい1/250とか、1/400。なので動かれるとヤバイ(^-^;
ISOは3200に張り付く。手ブレ、被写体ブレ、ピンボケのオンパレードになってしまう。
キレイな画像は望み薄(^-^;
梅雨明けで明るい空になれば少しはマシだろうか?
オオタカ撮りは・・・難しいもんだな。
色々考えて、色々やってみるしか無いな・・・。




by sdknz610 | 2016-07-28 22:30 | オオタカ | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 27日

館林市手筒花火大会2016年(2)

今日は手筒花火の様子を少し引いて撮ったものをご紹介します。

1.
a0031821_11263782.jpg
もう17回目なんだ・・・伝統行事としてすっかり定着したなという印象だ。

2.
a0031821_113044.jpg
手筒花火の点火!
地上でロケットエンジンの噴射試験みたい♪
大きく炎が延びて、安定するのを確認して・・・持ち手が噴出孔をユックリ上に向けて、手筒花火のクライマックスへ。

3.
a0031821_1133398.jpg
館林の手筒花火は広大な広場の特性を生かして、多人数での同時放揚が行われるのが特徴。
こういうのは本場豊橋、岡崎辺りでは稀らしい・・・。
手筒花火大会のハイライト!♪

4.
a0031821_11375287.jpg
小さな手筒花火を持って会場を練る♪ 流れる火柱を浴びながら・・・これが結構面白い♪

5.これも一斉放揚の一コマ
a0031821_11402229.jpg
画面右端の手筒が撥ねた!♪

6.
a0031821_11412930.jpg
中央の手筒が撥ねた!♪

7.
a0031821_11421719.jpg
不動明王!
これは演技者の皆さんが本番で着る刺し子の半纏ですが、リバーシブルだそうで、不動明王の見事な刺繍が・・・♪
持たせてもらったんですが、重い!(^-^;

ところで、この分厚い、重い半纏ですが、ハウマッチ?と聞いてみたら、6,7万円との事。
メイドイン豊橋だそうです♪

木綿で固く織られていて、火災現場に向かう時はこれに水を掛けて濡らしてから、との事。
防火性能は抜群らしいですよ。化繊ではこうは行かないですよね。
只、夏にはとてもじゃないけど暑過ぎ!って事らしいです♪

館林市手筒花火大会は無事終了、天気に恵まれ、撮影ポジションも良かったし・・・又来年が楽しみだ♪




by sdknz610 | 2016-07-27 17:00 | 花火 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 26日

手筒花火だGO!♪・・・館林市手筒花火大会で耐える(^-^;

2016年7月23日(土曜日)。館林市の手筒花火大会に行ってきた。
市役所南の一番近い駐車場に停めたいと、毎度午後二時には現着していたけど、どうも出足が早まってるのでは?と、
今回は12時をちょっと回った時に着く様に家を出たんだけど、空きスペースは残り数台だったか、何とかセーフだった♪
さて、そこからが覚悟!って感じだけど、始まるのは午後7時半だから・・・7時間待ちだ(; ・`д・´)

幸い、お天気は曇り空。去年の様に雨傘を日除けに猛烈な暑さに耐えると言う事も無さそうで助かったゼ♪
風は微風だったし、今年は随分楽だ♪
偶々バッタリ出会った写友と、さて何処に場所取りしよう?で・・・結局会場の南側最前列に座ったんだけど、
こればっかしは賭けだよ。これで煙がこっちに来るなら敗北なんだけど・・・・さてどうなるか?(^-^;

今回は、手筒花火の演技と言うか、点火から最後までのシークエンスの中でも一番撮ってみたい「撥ね」に拘る積り。
手筒花火のお尻に詰めてある黒色火薬に火が回り、ドカン!バスン!ズドーン!等色々表現がある爆発の瞬間を「撥ね」と言うそうで、
それを撮りたい!もんだから・・・(^-^;

そんな「撥ね」に拘った画像を幾つか並べてみます。

1.
a0031821_1192830.jpg
ドカン!の時の演技者の何が起きても動揺しないサムライの風貌も見事です(^_-)-☆
と言うか、実はこういう表情を如何に撮れるか?が勝負の分かれ目!なんだと思ってます(^-^;

2.
a0031821_11155224.jpg
直後、猛烈な火柱を避ける動作もミモノなんですよ。

3.
a0031821_1117778.jpg
次のケースです。二本同時揚げが基本です。
未だ二本の火柱が一緒にキレイに揚がっています。
このフンバリ姿勢が基本で、一番大事だそうです。

4.
a0031821_1119625.jpg
次の瞬間、向こうの手筒が撥ねました!

5.そして・・・
a0031821_1119552.jpg
こっちがドカン!♪

6.次のケースでは・・・
a0031821_1121359.jpg
少し明るめに撮っています。
二本が元気に揚がっていますが・・・。

7.
a0031821_11223299.jpg
ドッカン!来ましたね~(^_-)-☆
微動だにしないサムライ!

8.そして・・・
a0031821_11244286.jpg
次の瞬間、向こうも撥ねて・・・火の海に包まれた!!!

9.もう一つ・・・
a0031821_11264383.jpg
こちらのは撥ねが終わって、向こうのが撥ねた!
微妙な時間のズレがあり、撥ねの瞬間は千変万化!

幾ら撮っても同じものは無くて・・・限がないです(^-^;
又、来年も!となります♪

今回、風向きは・・・幸運だったな♪ 日暮れから風向きが南東に変わりそれまでとは逆転(^_-)-☆
南側に陣取って正解だったな(笑)

今年は、のっけから派手なスターマインで始まり、中間でも又スターマインが!
そして手筒花火が無事終わった後、フィナーレで又も派手なスターマインの打ち上げが♪
それも打ち上げ場所が直ぐ近くなので、爆発音も凄まじく、大迫力!だった(^_-)-☆
でも、スターマインを撮るのは不可能で(^-^;
マアね、目的は手筒花火なので・・・

Q;どっちが面白いか、ですって?・・・
A;それは勿論、手筒花火ですよ~(^_-)-☆




by sdknz610 | 2016-07-26 15:00 | 花火 | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 25日

アカスジキンカメムシとの出会い♪

2016年7月20日、赤城自然園。オオヤマレンゲの実が生っているかな?と、探しに行った♪
かなり大きなオオヤマレンゲの木なんだけど、実を見付けるのに苦労(^-^;
今年は5月25日にこのオオヤマレンゲの花を記事にしているけど、今回は是非実を見たかったんだよね(^-^;
やっと見つけた実は5つ程だったけど、最後に、ここにもあったかという実に何かが止まっているのを発見!
?ナンダロウ?・・・アレマ!アカスジキンカメムシじゃん!♪となって・・・マクロレンズで迫ってみた(^-^;
1.
a0031821_171646100.jpg
この子だけど、何処にいるか見えますか?
オオヤマレンゲの実の生り方も見て下さい♪

2.
a0031821_17173493.jpg
動いていない?と思ったけれど、非常にユックリ僅かずつ動いてる!♪

3.
a0031821_17192411.jpg
大きなオオヤマレンゲの葉の陰で、非常に暗い(^-^;
悪いけどフラッシュを炊いた。

4.
a0031821_17204129.jpg
ジワジワと移動する(^-^;

5.
a0031821_17211728.jpg
ピントの目標は勿論「目」って事で、慎重に、でも大胆にシャッターを切り続ける・・・。
この子の複眼のダイヤモンド構造を撮れれば良かったけど、ン~難しい(^-^;

手持ちでマクロ!♪ やっとの一枚だった(^-^;
自分の背より高い所。腕を延ばしこの子にレンズを近づけて・・・。
ファインダーは見れないので、背面液晶モニターを見ながらになる。

流石にカメムシの中でも随一と言われる非常にキレイな、素敵なデザインの外観だよね。

実を言えば、このカメムシを撮ったのはかなり以前の事になる。
2006.7.21と
2007.10.26に記事にしてる。

随分と久し振りだった事♪ この美しさはしっかり覚えていた様で、直ぐに名前を思い出した♪
こういう事は最近稀で(^-^; なかなかね~・・・アレ?なんだったっけ?という事が多くなっているんだけど(泣)

世の中ポケモンGOで大フィーバの様相を呈している様だけど、
ポケモンよりこういうマイクロビューティフルネイチャーモンスターを捉える方が面白い!と思うのは私だけか・・・ナ(笑)




by sdknz610 | 2016-07-25 18:00 | カメムシ | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 24日

瑠璃星天牛(ルリボシカミキリ)再出現!♪

ルリボシカミキリに又会えた♪・・・これはかなり確信犯だったかも♪
きっといるかな?と目星を着けた朽木の山が散策路脇にあり・・・ソ~っと探してみたら、何だ目の前に居たじゃん!♪
只、林の中は日差しも乏しくて、暗いんだわ。外付けフラッシュを炊く事にして、マクロレンズを向けた。

1.
a0031821_1311454.jpg
やはりルリボシカミキリはキレイ!♪ この透明感のある、不思議な青い色!
斑に散らばる黒模様も素晴らしい大自然のア~トではなかろうか?♪

2.
a0031821_13484613.jpg
今回は折角のチャンスなので、出来るだけ接近して・・・を試みた。
フラッシュに驚いて、と言う事は無く、飛んで行くことも無かったのは幸いだった。

3.
a0031821_13515244.jpg


4.
a0031821_13521229.jpg
触角の節目にある毛玉! こういうアンテナはこの虫以外には見たことが無く、不思議だな~♪

5.
a0031821_13523139.jpg

2016年7月20日 赤城自然園
朽木を積んで野晒にしてるのは何カ所かあるので、見つけ次第何か居るかな?だったけど、全く気配無しの方が多いな(^-^;

前回は7月9日に記事にしたルリボシカミキリだったけど、この特別キレイなカミキリムシは、やはり出会えるとウレシイもんだ♪

超接近での外付けフラッシュ。発光部先端にディフューザを被せているので、アンテナとか脚の影がぼやけて穏やかになるのは◎だ。
でないと、クッキリ過ぎる影が発生してしまう。
マクロ用リングライトは生憎持っていないけど、マアこれなら取り敢えず大丈夫そうなので・・・♪




by sdknz610 | 2016-07-24 15:00 | 昆虫全般 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 23日

レンゲショウマ(蓮華升麻)徐々に開花が進んでいる・・・赤城自然園

2016年7月20日。赤城自然園のレンゲショウマを愛でる♪
前回7月8日の時より開花が進んでいるけど、全体としてはほんの一分咲きといった感じだ。
未だ未だこの先の満開までには時間が掛かると思われる。
只写真撮りには丁度いいんじゃないかと♪ 花が混雑していないので、この花の清楚な風情を捉えるには具合がいい。
カメラ構える人も少なくて・・・ジックリ撮る事が出来るのも◎かな?♪

1.
a0031821_10111532.jpg
翌日の21日、夕方のNHKTVで、ここのレンゲショウマが開花してるというニュースが流れたので、
これからドッと人出がありそうな予感(^-^;

2.
a0031821_1014340.jpg
花の周囲の蕾の方が圧倒的に数が多い。ので、いっそ蕾を積極的に取り入れた画も面白いかな?と・・・。
ちょっと中途半端になってしまったのはペケだったな(^-^;

3.
a0031821_10174688.jpg
萼が開き始めた。

4.
a0031821_10194595.jpg


5.
a0031821_1020599.jpg


6.
a0031821_10202554.jpg
殆どは林間の木陰に、というレンゲショウマだけど、時々スポットライト的に日差しが当たる花もある。
こういうのは明るさの差が大き過ぎて、露出を気を付けないと花がみんなシロトビしてしまう。
この時はマイナス2.0補正にしたけど、これでも飛び気味だな。アブナイな~(^-^;

7.
a0031821_10245223.jpg
下向きに咲くレンゲショウマ。
カメラを地面近くに下し、上向きに狙うと背景に明るい日差しに輝く木の葉や空が入る。
こうなると思い切ったプラス補正か、ストロボを当てるのを考えるけど、
今回はストロボを炊いてみた。距離は近いので、発光面にディフューザを噛ませ、軽く♪
内蔵ストロボではフードの影が出来たりするのがヤで、外付けのを使っている。
ストロボのモードもTTLとかオート任せというのもあるけど、色々試して結局マニュアルモードで光量調節をして、
というのが一番ピタリ来た♪

#1,2のみ遠くだったので、300mm相当程のズームで。他は、60mmマクロレンズのもの。

レンゲショウマは・・・複数の都道府県で絶滅危惧種に指定されているようで、貴重。
ここ赤城自然園でジックリ楽しめるのはうれしい限りだ。




by sdknz610 | 2016-07-23 15:00 | レンゲショウマ | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 22日

エゾハルゼミが緊急事態!・・・レスキュウ出動だ!♪

レンゲショウマを探して散策路をトボトボ歩いていたら、?・・・オヤ?・・・大きな蜘蛛の巣に何やら引っ掛かっているのが目に入り・・・
傍に寄ってみると・・・アレマ! セミが ?若しやあのシルエットはエゾハルゼミ?
更に近寄って確かめる・・・私の記憶では、この体色、翅、全体の大きさ等からエゾハルゼミに違いないと確信。

あ~でもどうしよう? 未だ息があるのか? 様子見してると翅をブルっとやった! 未だ生きてるゼ!

1.
a0031821_10333038.jpg


2.
ちょっと逆光になるけど、裏に廻ってみる。
a0031821_10345552.jpg
この子を何とか助けてやりたくなった。

エゾハルゼミって・・・もう7月下旬だぜ・・・未だ居ても不思議はないのか?♪
5月下旬から7月に掛けて発生するらしいから、一番の後発組の子みたいだ。

この大きな巣の管理人は大きな蜘蛛だろうか?(^-^; でも、獲物を取りに来る様子はまるで無くて・・・
それじゃあ、レスキュウしようと決めた♪

3.
この子
a0031821_10382674.jpg
巣から外そうと胴体や翅に絡まったネバネバの蜘蛛の糸を何とか外したけど、
翅をバタバタと大騒ぎだったのサ・・・マ、元気って事が分かったんだけど♪

4.
暫くしたら、大人しくなって・・・
a0031821_10414191.jpg
そっと手を開いて取り敢えず撮らせてもらった。
この直後、元気に飛び去ったのよ♪
良かった良かった!♪
蜘蛛の巣にはくれぐれも気を付けるんだよ!

エゾハルゼミを手に取るような近くで・・・実際手乗りだったけど♪・・・こんな機会は私にとっては奇跡的だったな♪
それも初撮り!

こいう林間では何が起きるか?予想も付かずだから、油断出来ないな~(^-^;

カメラは3台で・・・二台は腰に特殊フックで左右に・・・もう一台は首から下げて・・・
レンズは魚眼、マクロ、300mm迄の中望遠ズームで武装・・・。
背にはアルミフレーム入りのリュックを・・・。この場合、リュックの中身は上下の雨具と傘と食料と水と、スペアバッテリ。
重量が分散してるので非力でも然して大きな負担では無い。かな?♪
なので・・・パッと見のシルエットはかなり異常?♪・・・見られると恥ずかしい(^-^;

21016年7月20日 赤城自然園
OLY E-M10
OLY 60mmマクロ
片手持ちでバリバリと撮ったんだけど、このレンズは只者ではないな♪ 鮮鋭度が素晴らしい!
今回はこのマクロレンズを用意したのは正解だった。
近接撮影、昆虫向き♪




by sdknz610 | 2016-07-22 15:00 | セミ | Trackback | Comments(4)