『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 26日

覚満渕でレンゲツツジ

a0031821_10494510.jpg
2017.6.20 新坂平のレンゲツツジの後、覚満渕へ。
ここのレンゲツツジもいいもんです♪
遊歩道下の足組越しで・・・。


2.
a0031821_10523502.jpg
覚満渕一周してると地蔵岳が指呼の間に見える。
頂上のアンテナ群とレンゲツツジを絡めるアングル探しに大分苦労した(;´・ω・)
このところ地蔵に登っていないけど・・・何れ又。


3.
a0031821_10570514.jpg

4.
a0031821_10584524.jpg


5.
a0031821_10593096.jpg
以下、moreにて




More

by sdknz610 | 2017-06-26 15:00 | レンゲツツジ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 25日

更紗満天星躑躅(サラサドウダンツツジ)・・・赤城山・新坂平

a0031821_21244029.jpg
2017.6.20 赤城山・新坂平


2.
a0031821_21255182.jpg



3.
a0031821_21264463.jpg


4.
a0031821_21271869.jpg


5.
a0031821_21274929.jpg



6.
a0031821_21281476.jpg


7.
a0031821_21284754.jpg


8.
a0031821_21291355.jpg


9.
a0031821_21294710.jpg


10.
a0031821_21301182.jpg
更紗満天星躑躅をこの時期レンゲツツジと同時に楽しめる、
ここ新坂平の赤城山総合観光案内所は見逃せないポイントだ。

これがツツジか? という感じなんだけど、何か気になる、素晴らしい花!と思ってるのサ♪
釣鐘状に下向きな訳で、カメラを下に入れ、上向きで撮って見たくなる。
そこでミラーレスカメラの背面液晶がバリアングルという仕掛けが、非常に有効になるね♪





by sdknz610 | 2017-06-25 22:20 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 24日

赤城山・新坂平白樺牧場のレンゲツツジ2017・・・6月20日、満開だったよ♪

a0031821_15021271.jpg
2017.6.20 赤城山 新坂平 白樺牧場
レンゲツツジの咲き具合が気になっていたが、天気晴朗との予報でこの日、朝一で出掛けてみた。
午前6時前に新坂平P着。ホントまあなんという快晴!
車は・・・他に無し! まさかの一番乗りだった♪ 平日と言う事もあるのかな? 
夏至が翌21日なので、一日前って事だったけど・・・日の出は早く、
白樺牧場のレンゲツツジは朝日を浴びて輝いていた!♪


2.
a0031821_15092030.jpg
この紅橙色とでも言おうか、素晴らしい、輝く絨毯を写真に収めるのは無益かもしれない(^-^;
見るのが一番!なんだけど・・・
一見の価値あり・・・毎年見に来るけどね♪


3.
a0031821_15122639.jpg
群馬県の県花だ。これ見るとさもありなん!と思うべな♪


4.
a0031821_15133929.jpg


5.
a0031821_15140926.jpg
広大な牧場だ。場所によって密集度にバラつきはあるけれど・・・素晴らしい絨毯アリ♪


6.
a0031821_15154177.jpg
手前レンゲツツジの向こうにキレイな白樺林があるので
中でも目立つ白樺狙いで超望遠の出番だ♪


7.
a0031821_15182236.jpg

8.
a0031821_15194540.jpg


9.
a0031821_15202647.jpg


10.
a0031821_15212215.jpg


11.
a0031821_15220401.jpg
過去幾度も訪れているが、何時も人が溢れ、車が渋滞し、駐車場が満杯というのしか見ていなかった。
今回はそれを避けて・・・午前6時前に着いてみたら・・・
アレアレ♪ 一番乗りだった♪ 他に一台も無く・・・広い駐車場の何処に止めようか?迷ったワ(笑)
大沼への道路も時々バイクや車は通るものの・・・
ホントはね・・・朝霧が出てくれたら良かったのにと、無いものねだりは良くないナ(;´・ω・)


12.
a0031821_15291654.jpg
新坂平の上にある赤城山総合観光案内所は9:00~なのでちょっと間があり過ぎ(;´・ω・)
それまでトイレも使えないので要注意だ。
ここのソフトクリームは何時も食べていたんだけど、今回は諦めた。
レンゲツツジは・・・未だ蕾もあったけど、一番の見頃と言って良い咲き具合だった。
この日の晴れは貴重だったと思うよ。翌21日は曇りだったからね~・・・(;´・ω・)

新坂平は・・・定点観測地。ここのレンゲツツジを見ないと落ち着かないのサ♪
これで一安心だった。
群馬県花だ!

みなさん、お時間があれば是非!一度お出掛け下さい。来年もきっと素晴らしい景観になる事でしょう♪






by sdknz610 | 2017-06-24 16:00 | レンゲツツジ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 23日

奥日光・千手ケ浜 クリンソウ紀行(6)・・・森の小さな歌姫ミソサザイ♪

a0031821_09534940.jpg
2017.6.12
この日一番の収穫はこの子! ミソサザイを撮る事が出来た事(^_-)-☆

渓流沿いにクリンソウを求めて奥まった所へ足を踏み入れると、
アノ鈴を転がした様な美声に耳を奪われた♪
何処?何処?と声の主を探していたら、何の♪向こうから至近に来てくれちゃったのヨ!

キクイタダキと共に日本で最小の鳥と言われるミソサザイ。
留鳥なので、何時でも見られるか?となると・・・
それがマア何とも・・・声はすれど姿は見えず、という事が多くて・・・
撮るなんて、殆どまぐれになる(^-^;
それが・・・今回は身近を行ったり来たり! 居なくなっても又数分で戻って来るという
願っても無いチャンス到来(^_-)-☆
目にピンを!が望みだ。目の周りのツブツブが救い♪

ミソサザイ・・・スズメ目 ミソサザイ科 英名はEurasian Wren
亜高山帯~高山帯の薄暗い森の渓流沿いに多いとされる。
ほぼ日本全土で留鳥
有名な一句がある:みそさざいちっというても日の暮るるーーー一茶


2.
a0031821_10082373.jpg
暫く観察してると、巡回して止まるスポットが幾つかあって
これはその内の一つの枯れた枝だった。
ここで暫く美声を張り上げて囀った後、ちょっと飛んで別のソングポストへ♪


3.
a0031821_10111849.jpg
暗い、日差しが届かない場所でという事が多くて・・・しかしこの時は違った♪
待って待って・・・ようやく陽が当るミソサザイを・・・連写の餌食に♪(;´・ω・)
目に光が・・・数われる♪
画像ワンクリック! 拡大していただけると・・。

4.
a0031821_10140001.jpg
鹿による食害避けの網が設置されてる木は多い。
今度はそこに来ちゃった(^-^;
何しろ暗いんサ(泣) ところが背景は日差しが当って矢鱈と明るいもんだから・・・
プラス補正やるしかないけど、マ背景がシロトビしてもしょうがないな(^-^;
プラス1.3で・・・。
しかしマア何処に止まっても大きな声で囀りだ♪
すごくキレイな美声だから許す! ドンドン啼いてくれ!だな♪


5.
a0031821_10210811.jpg
こんな場所でも兎に角ジャンジャン撮るのが流儀♪(;´・ω・)
ホントは飛び出しを!と思ったけれど、
何しろ暗くて、SSを1/1000なんかに上げるとISOが目一杯の6400とかになってしまう(^-^;
それはちとヤバイ訳で・・・トマリモノに集中!
1/100で何とかブレないでくれと、必死(;´・ω・)


6.
a0031821_10260176.jpg
細い枝だけど、ここもソングポストだった♪
こっち向いてネと願って・・何とか・・・視線が合って火花、まで行かなかったか(笑)

ここ周辺には二羽が居たから夫婦かもね。
近くで繁殖してる筈だけど、巣は敢えて見つける事はしなかった・・・。

テリトリーが分かったからには・・・又来年の楽しみにしよう!♪

さてさて・・・千手ケ浜紀行を長々と続けてしまった(^-^;
この間、あちこち撮影に行っては居るので、後追いでご紹介して行きます(;´・ω・)
リアルタイム性が少し損なわれますが、悪しからず・・・。
この記事は予約投稿です。

赤城山・新坂平白樺牧場のレンゲツツジ満開とか・・・
太田・金山頂上からの雲海筑波山とか・・・
我が家のミカンの葉っぱを食い荒らしてたナミアゲハの幼虫大接近とか・・・
尚、23日、24日は葛西臨海公園でコアジサシが撮れるかもしれないし・・・
画像が溜まる一方なので早く処理するようガンバリます!(;´・ω・)





by sdknz610 | 2017-06-23 15:30 | ミソサザイ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 22日

奥日光・千手ケ浜 クリンソウ紀行(5) 中禅寺湖及び千手ケ浜の千変万化

a0031821_12435622.jpg
渚にて 千手ケ浜 流木アート♪
千手ケ浜に打ち上げられている流木は毎年来る度に様相が一変してる。
中禅寺湖が台風の時なんかに大荒れになって・・・という事だろうな。

写真的には逃せない被写体だから・・・今回もワイドレンズで超接近を試みた。
極浅い流れに入って、なのでスニーカが浸水しそうになっていた(;´・ω・)
気を付けようゼ♪
空をこの流木で埋めながら、男体山はちゃんと姿を入れなければと・・・
遠近感を誇張してみた流木アート♪

背面液晶モニターがバリアングルというのは非常に助かるよね♪
中禅寺湖広しと雖も、こんなアングルは千手ケ浜でしか撮れそうにない。


2.
a0031821_12530652.jpg
千手ケ浜の渚 風は弱く波も殆ど無かった。
揺蕩う湖面が、ちょっとだけ頭を出した石に纏わり、波紋を造る。
男体山から昇ったばかりの太陽が波紋に反射して煌めいた。


3.
a0031821_12573699.jpg
千手ケ浜の渚にはポコポコと頭を出している石が幾つかあって、
生憎雲が多い朝だったけれど、雲間から覗く蒼い空を映す湖面とのコラボをと、
幾つかの石を探して選んだのがこの画像。
朝ぼらけの中禅寺湖。静かな時が流れる雰囲気が伝わるかな~・・・(^-^;
ゆったりと、心穏やかになる中禅寺湖・・・素敵です♪


4.
a0031821_13034634.jpg
孤舟霧幻(1)

? なんじゃコレ? いやいやマア、落ち着いて下さい♪

スミマセン、ゴミではありません(^-^;
湖面を霧が覆い始めた時、一艘の釣り舟が・・・
超望遠で思い切って寄るところを、これは400mm相当近くで。少し引いて撮っている。
この霧に咽ぶ湖面を強調したかったし・・・薄っすらと届く朝の光も入れて・・・
やはりこの雰囲気は、寄ると只の釣り舟になってしまう。
周囲の環境を撮り入れるのが正解かと・・・。
小さくてゴマ粒の様な釣り船でも存在感は十分だ。
周りは霧だけだから・・・。


5.
a0031821_13120654.jpg
孤舟霧幻(2)

こんな時、アングルを変えて一杯撮っておくのが流儀。
アッと言う間にコマ数が・・・(;´・ω・)


6.
a0031821_13141663.jpg
孤舟霧幻(3)
これ、結構お気に入りかも♪

画面を省略するにも程がある! ナンテ(;´・ω・)
イヤイヤ全て霧のせいです。
霧のお陰です♪
アリガタヤ(笑)


7.
a0031821_13161679.jpg
男体山エンゼルラダー!♪
6月13日 6時4分
この日、前日とは大違いで、雲が多く先行きが危ぶまれる朝に(;´・ω・)
それでも粘り強く朝の変わり行く景色を楽しむ♪
パッと日差しが差し込んだところだ。
男体山がもう少し見えてくれると良かったと思うけど、大自然に演出は効かない。
在りのままを如何に撮れるか?・・・写真の醍醐味!♪


8.
a0031821_13375853.jpg
12日 8時48分だった。
広い流れ込みから男体山を望める新たなポイントを発掘!♪(;´・ω・)
地理院地図を目を皿の様に見ても、ここ載っていないワ。
千手ケ浜からとはちょっと違う、広大な印象が・・・中禅寺湖西岸の重要ポイントだ。
南岸では狸窪に留目を差すが、
ここは、新たな撮影ポイントとして、活用しなければならぬ!ナンテ♪

中禅寺湖・千手ケ浜。
家からだと高速を使って1時間半ちょっとで赤沼P。そこから電動アシスト自転車で40分程だ。
帰りの上り坂は地獄の一丁目なので、それが出来なくなったら止めかな(;´・ω・)

八丁出島付け根の狸窪(むじなくぼ)は徒歩で行けるから、そっちになりそうだけど。

千手ケ浜は、我が定点観測地に登録済(笑)
マアでも、そう頻繁には行けないけどね。
これから盛夏になるとどうなのか?
真夏には行ってないから今年はチャレンジしてみるか・・・。
虫が増えそう・・・対策しないとアカンか・・・。







by sdknz610 | 2017-06-22 15:00 | 中禅寺湖 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 21日

奥日光・千手ケ浜 クリンソウ紀行(4) 渓流こそクリンソウに相応しい♪

a0031821_21042037.jpg
2017.6.12 07:36
今回のクリンソウ行で一番のお気に入りがコレ!
大きくUの字に曲がる渓流の流れに映る紺碧の空! 木漏れ日のスポットライト♪
控えめにポツポツと居並ぶクリンソウ・・・いい雰囲気だった。

今回、渓流絡み、と言うか渓流の傍で咲いてるクリンソウを主に、
仙人庵や周辺をウロウロとアングル探しをやっていたんだけど、
この渓流は仙人庵では望めない雰囲気で、流量もかなりのものだし・・・素敵な場所♪
只、地理院地図でも名前は出ていない(^-^; 我がマル秘スポット♪


2.
a0031821_21100486.jpg
その渓流の中禅寺湖への流れ込みから、少し上流のこの景観は
去年気が付いて気に入ったので今回も行ってみた♪


3.
a0031821_21135503.jpg

4.
a0031821_21192712.jpg
ここからは、少し冒険を(;´・ω・)
勢い良く流れる渓流を背景に撮れる場所は限られて来る。
早朝、写友と二人だけで、未だ他の人が居ない仙人庵で♪
流れの様子をと思い、シャッタースピードを色々変えてみたが、1/30をチョイス。これが一番具合が良かった。
昇ったばかりの朝陽の斜光線でクリンソウ輝く♪


5.
a0031821_21413719.jpg
足を踏み外さない様細心の注意で(;´・ω・)
背面液晶モニターがバリアングルなのが助かる。
それでもしゃがむ姿勢で撮らざるを得ず、撮り終わって立ち上がる時は、脊椎が悲鳴を上げる(泣)


6.
a0031821_21455906.jpg
似たような画ばっか(;´・ω・)
これで結構撮るのに必死こいて・・・苦労してるんだけど、そんなん分かりませんよね♪
どうキレイに、カワイク撮るか? そればっかしだったけど・・・。

7.
a0031821_15200147.jpg
今年のクリンソウの留め!♪

ほんの少しのクリンソウだけど、男体山バックにというアングルは
ここ以外見つけられなかったというレアなポイントだ。
来年もきっと来てみよう!と決心したのサ♪
ン~んやっぱりこの川、渓流は・・・地理院地図に載ってないワ(;´・ω・)
グーグル地図にも無し(^-^;
かなり川幅も水量もある素敵な流れ込みなんだけどナ。
なかなか口での説明が難しい・・・。
知る人ぞ知る・・・だろうネ。





by sdknz610 | 2017-06-21 15:00 | クリンソウ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 20日

奥日光・千手ケ浜 クリンソウ紀行(3)・・・クリンソウにおはようさん!♪

a0031821_15123758.jpg
2017.6.12 05:43
いよいよだ。クリンソウの群生地に入る。仙人庵。
この時刻、低い高度の日の出直後の日差しがスポット的に照らすクリンソウが一番の標的だ♪
今年は、どうやら株の数が少ないか? 鬱蒼としたクリンソウの絨毯は局部的だ(^-^;

定点観測地で、毎年似た様な画ばっかになってしまうが・・・
それはそれで、何しろ撮れればウレシイという単純明快なスタンスなので、狙ったアングルでドンドン撮り進む。
この時刻だと、千手ケ浜行のバスが4時半に着いている筈で、その人達が段々増えて来る。
でも未だ少なくて、今の内に撮るのがよろしい様で♪


2.
a0031821_15231146.jpg
05:46
ここは水映りのクリンソウ目当てになる♪

千手ケ浜は、2014年6月に初めて来て、それ以来毎年来てしまう♪
クリンソウというものを知ったのはどういうきっかけだったか、覚えていないが
最初、何も分からず赤沼Pからのハイブリッドバスのギュウギュウ積めで来たのは負の記憶(^-^;
以来、それだと夜明けには間に合わずだし・・・結局自転車!って事に♪
それも電動アシストでないと帰りの上り坂が地獄になってしまうので
とうとうPanaの折り畳み電動アシストにしてしまった訳か・・・(^-^;
マ、今回もなんだけど。
写友はアシストの無い自転車だ。それでスイスイ帰る訳で、良くぞ!
自分には無い強靭な足腰の持ち主で、驚異!だ♪


3.
a0031821_15414018.jpg
05:51
水面のジグザグを構図の柱にと思ったが、なかなか思う様には撮れない(^-^;


4.
a0031821_15444860.jpg
05:59


5.
a0031821_15522775.jpg
どうにも定番過ぎて面白くないけれど・・・これはこれで証拠写真的な意味で・・・(^-^;


6.
a0031821_15543107.jpg
07:17
いっそ、こんなのはどうか?と苦心の作(^-^;
仙人庵の主が可愛がってるクリンソウです。


7.
a0031821_15571621.jpg
07:51
こんな時刻になっているけど、未だあっちこっちウロウロしてた(^-^;
ここは余り観客が来ない、仙人庵から一旦出た後、更に奥まった所の渓流沿い。
お気に入りの場所だ。


8.
a0031821_15595633.jpg
08:16
ここも・・・気に入ったゼ♪
来年もきっと来るゾ!(笑)


クリンソウは・・・撮っても撮ってもどう表現したらいいのか?だんだん分からなくなってる(^-^;
当初の新鮮な感動に動かされて撮ったものの方がイイんじゃない?的な・・・。
定点観測で撮り続けるって・・・難しいもんだワ。
新たな視線、新たな感動を探す旅って感じかも・・・。
とても奥が深くて・・・行き着く事は無いだろうけど、やっぱり又来年も来たい!と思う
新鮮な感動を見つける事が出来ればウレシイけどね・・・。


この日、6月12日は千手ケ浜のバス停からほど近いところにある
草加市奥日光自然の家に泊まるので、この日は夜明け前からだったけど、
時間の余裕がたっぷり(笑)
みんなと落ち合うのは午後4時のチェックインだから、渚でグダグダしてもイイし・・・ナンテ♪
こういう経験は初めてなので、どう楽しむか?♪






by sdknz610 | 2017-06-20 15:00 | クリンソウ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 19日

奥日光・千手ケ浜 クリンソウ紀行(2)・・・小田代から千手ケ浜へ。夜明けだ。

千手ケ浜の前に、小田代ケ原に立ち寄る。
a0031821_04563477.jpg
2017.6.12 午前2時55分だった。
赤沼Pから折り畳み電動アシストのチャリで千手ケ浜を目指す。
途中、小田代に立ち寄り、白樺の「貴婦人」の様子を。

丁度お月様は満月をちょっと過ぎた頃なので、開けた場所ではヘッドランプ不要な程明るく♪
小田代は草紅葉風の景観に写ったのが印象的だったな(^-^;
太郎の存在感も圧倒的だ。
月光に輝く貴婦人の白い姿を拝んで・・・♪
空は大快晴といった感じで、星も一杯だった。

ド・定番な画(^-^;
我が定点観測地なので♪ 定期観測とは行かないけど・・・(^-^;

この画は、50秒露出、絞り開放のF2.8で。ISO200、補正は±0だ。ワイド側24mm相当で。
他に誰も居なくて、一人旅だった。
霧は全く出てくれず・・・マ、それはそれでいいじゃないかと♪
星のグルグルは撮らず、先を急ぐ(^-^;


2.
a0031821_05105825.jpg
03:01
少し東寄りにアングルを変えてもう一枚♪
60秒露出。
男体山の北麓、大真名子、小真名子、太郎、山王帽子・・・貴婦人。金星が昇ってた。

これから弓張峠を越え、千手ケ浜へ!
電動アシストとは言え、下りは電源スイチOFF♪
どうか熊さんに会わない様に!(^-^;


3.
a0031821_05143350.jpg
03:45
途中ピカッと目が光る野生動物に出会ったが、鹿だった。
僅か2頭のみ。去年は十数頭がこっちを見ていたけど、数減ってる?のかな・・・。
幸い熊さんには出会う事も無く、無事千手ケ浜に到着。

この時刻で、少し色着いて来た東方。湖面にケアラシ無し(^-^;
あ~雲も出ていないな・・・
これでは真っ赤な朝焼けは無しって事になりそう(^-^;


4.
a0031821_07081961.jpg
04:23
千手ケ浜船着き場方向を望む。
風殆ど無し。濃い緑、碧味の掛かった湖面に吸い込まれそうな中禅寺湖は・・・深いネ♪
これ程の色合いを見せる池とか、沼とか、湖も・・・そう沢山あるものでは無い、と思うのヨ。
白駒の池なんかは良さそうだけど、行った事無い(^-^;
赤城大沼? 覚満渕? 榛名湖? ウ~んちょっとネ~・・・
富士五湖は?・・・山中湖しか知らないけど、どうだろう?
これからボチボチと色んな湖を見て行きたいとは思うけど・・・中禅寺湖はいいナ♪
ここは秋深まる頃、魅力倍増!ですよ♪


5.
a0031821_07283051.jpg
05:34
サンライズトリプルダイヤモンド男体山!♪

ダイヤモンド男体山は狙っていた訳では無く・・・実は予想外だった(^-^;
ちゃんとあのソフト見ておかなくてはダメじゃんよ(泣)
御参考:「日の出日の入り時刻方角マップ」がよろしいかと思います。


6.
a0031821_07484890.jpg
05:52
いよいよ朝陽が仙人庵のクリンソウに届き始める。
ここの池の風情が好き♪


7.
a0031821_07511374.jpg
05:53
千手ケ浜のクリンソウ・・・いよいよか・・・。
この時刻、同じく自転車で下って来た写友と合流して・・・
朝の斜光線が入り込む今がチャンス!って事で・・・。
最初二人だけだったが、ポツポツとカメラマンが増えて来る気配。


明日もクリンソウを主に、続けます。





by sdknz610 | 2017-06-19 15:00 | クリンソウ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 18日

奥日光・千手ケ浜クリンソウ紀行(1)・・・赤沼Pでエゾハルゼミの飛び出しをゲット♪

千手ケ浜のクリンソウの前に・・・赤沼Pでエゾハルゼミをメッケ!♪
a0031821_14285962.jpg
2017.6.11 15:48だった。
12日は所属フォトクラブの千手ケ浜撮影会なんだけど、
前日に赤沼P入りで、車中泊して夜中に千手ケ浜へ下ろうかという作戦♪
で、11日午後3時前に赤沼Pに着いてしまい・・・カッコウがいるとの話もあったので
あわよくばと思っていたけれど・・・一回だけ森の中を遠ざかるのを目撃しただけで撮るには至らず(^-^;
その後、カッコ~カッコ~と鳴き声だけは辺りに響くものの姿は捉えられず・・
諦めて、代わりにこっちも姿は見えず、鳴き声だけというエゾハルゼミを何とかゲットしようと(^-^;
赤沼Pの周りをウロウロ・・・。エゾハルゼミってどうしてあんなに見付け難いのか?・・・
そろそろ諦め掛けていた時、目の前にパタパタと飛んで来て止まったのがこの子だった♪
一生懸命探しても見つからなかったのが、こんな偶然に出会えるとは(^_-)-☆

こうなれば次飛び出しを狙うのが上策かと(笑)


2.
a0031821_15261534.jpg
サアっ!! 行くぞ~ですよ♪
SSは1/1600で・・・翅の動きが止まるか?だったけど・・・
目一杯望遠側の810mm相当にズームイン♪
手持ちです(^-^;


3.
a0031821_16040080.jpg
実のところ、セミが飛び出す瞬間というのはこれまで撮った事は無くて・・・
大体こういうの撮ろう!という気にはなかなかならないんじゃないかと思うんだけど、
この時は是非!とか、どうしても! という気は無くて普通にサラリとレンズを向けて・・・
行った~でシャッターボタンを押していて、あの感触は今でも思い出すのサ♪
NIKON1 V3が掌に吸い着く様に扱い慣れてしまった自分が居るって感じかな?
こんな瞬間を撮れるV3は最強のウェポンだ・・・ナンテ♪


4.
a0031821_16125769.jpg
イイっすネ~・・・エゾハルゼミ♪
ちょっと後ろ向きだけど・・・実はこの姿勢がとっても貴重なんです!♪


5.
a0031821_16144298.jpg
これなんだけど・・・エ~っ! 何が?・・・
イエね、何かお尻の辺りに・・・見えます?


6.
a0031821_16161989.jpg
コレコレっ!・・・そうです! セミのオシッコ!でした~(^_-)-☆♪
オシッコ噴射しながらの発進とは(笑)

イヤイヤレンズには飛び散っておらず、距離は5m無い位だったけど、大丈夫(^-^;

まさかのセミのオシッコにはビックリと言うか、それもエゾハルゼミだったし
こいうのが撮れていたとは!♪
遡って見ると、#4では既に噴射し始めているのが分かります。

セミのオシッコと言えば・・・私は静岡県の清水の生まれで、あっちには大きな体のクマゼミが多いんだよね。
子供の頃には木に登ったりして捕まえる時に、オシッコ浴びたっけな~と、思い出したワ(^-^;

何かネ~こんなのが撮れて、こりゃ幸先がよろしい様で♪

明日の千手が浜もイイ事起きるのを期待して・・・仮眠します・・・・。





by sdknz610 | 2017-06-18 15:00 | クリンソウ | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 17日

絶景!高ボッチ・・・雲海の向こうに槍、穂高等、北アルプスのパノラマをどうぞ!♪

a0031821_20481465.jpg
2017.6.9の午前4時40分
高ボッチの夜明けだ。諏訪湖は厚い雲海の底だった。そこから斜面を這い上る朝霧が・・・
こんな風景もここ高ボッチでは楽しみの一つ・・・なんだけど♪


2.
a0031821_20574692.jpg
陽は既に高ボッチのピークの上に。
湧き上がる朝霧が未だ消えず・・・富士山は、これでは全く見えず(;´・ω・)

細かい霧がレンズにへばり付くから・・・レンズウォーマが必携かと。
使い捨てカイロを2,3個レンズに抱かせた事もあったけど、
今は大容量モバイルバッテリで使える巻き付け型レンズウォーマにしている。
カタログだとフル充電で8時間位稼働しそうだけど、マアね、数時間はOKかな?♪


3.
a0031821_21014731.jpg
05:29
振り返ると・・・?ナンダあれは!?
まさか! 白い虹だ(^_-)-☆
普通に絞り優先モードでは・・・殆ど写っていない?(;´・ω・)
インプレッシブアートモードで撮ってみた。
コントラストを強めてるから何とか半円の白い虹が♪
白い虹・・・虹には違いないけど、太陽光を反射する水滴がミクロンオーダの微粒子の場合にこうなる・・・らしい♪
七色に分光する暇が無く、全部反射してしまうって事か・・・。
あ~でも、この現象は結構珍しいみたいで、物凄いラッキ~だったって事。
ほんの2,3分で消えてしまったからネ~(^-^;


4.
さて、ここからは諏訪湖の反対側西の方を見てみましょう!♪
a0031821_21160658.jpg
05:48
槍ヶ岳
高ボッチは・・・富士山、諏訪湖だけではありません♪
そう、北アルプス展望のベストビューポイント!ですよ。
この時刻、諏訪湖も雲海に沈んで、富士山もだんだん見えなくなって来たので、
北アルプスを撮っておこうと・・・


5.
a0031821_21243859.jpg
穂高連峰
左から西穂、前穂、奥穂、涸沢、北穂・・・素晴らしい!♪
とは言え、山登りはからきしダメな私(^-^;
山は遠くに在りて思うもの! 登り派では無く、遠望派です(笑)


6.
a0031821_21285336.jpg
御嶽山。
この山塊の巨大さにはビックリだよ♪


7.
a0031821_21300072.jpg
このランドスケープは好きだ♪
手前、高ボッチ牧場。の向こうに松本平、塩尻方面をスッポリ包む大雲海を挟み
穂高連峰、槍を望む。
白いカーボーイ小屋?作業小屋?が非常なるアクセントになって・・・どう画面構成しようかと悩んだワ(^-^;
これは再挑戦しないとアカンな♪
長野県の盆地が全て雲の下になっていそうな分厚い雲海がこの時期に・・・
まさかの大ラッキ~!・・・だよね♪


8.
a0031821_21343928.jpg
今一度御岳山を望む。
モコモコフワフワの雲海が高ボッチ牧場の直ぐそばに忍び寄って来るが、
幸いほんちょっとだけ標高が高いせいで、こっちは大快晴って訳だ(笑)
雲海の高さは1500m位か、普段目にする山塊手前の細かいものが省略されて
上に出ている山のみが際立つ事に。
この場合緑の高ボッチ牧場の広がり感が気に入って、又小さな池をワンポイントとして画面構成してるが
得難いタイミングだったと思う。
この上はホルスタインが草を食んでいると尚臨場感が出そう♪
そんな都合のいい時に撮りに来れたらサイコーだろうね(^-^;


9.
a0031821_21404736.jpg
乗鞍岳を望む。
広大な高ボッチ牧場の柵に沿って歩いている。
しかし・・・他に誰か居る訳でも無く、只一人でこの北アルプスの絶景を独占!だなんて・・・
勿体なさ過ぎだったな・・・喜んでいいのか? 悲しむべきか? ナンテね♪

10.
a0031821_21453791.jpg
今一度、高ボッチ牧場越しの穂高連峰そして槍を♪

広大な牧場、見事な雲海、そして残雪輝く北アルプスの名峰群を目の当たりに出来た事を天に感謝!♪


長々と高ボッチでの出来事を続けてしまい・・・
もういい加減にしなさい!と誰かに叱られそう・・・(^-^;
訪問頂いた皆様には心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

でもマア、スッキリ抜けた富士山とは行かなかったけれど・・・
北アルプスも素晴らしくて・・・
色々奥が深い、標高も高い、ハイレベルな(♪)高ボッチの全貌はまだまだ掴めずに居ますが、
追々チャンスがあれば、又是非チャレンジしたいものです。

明日からは、高ボッチの後訪れた奥日光・中禅寺湖・千手ケ浜でのクリンソウ撮影行をレポートします。
どうぞ懲りずに又の訪問をお待ち申し上げます。






by sdknz610 | 2017-06-17 15:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(0)