『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 31日

マルバダケブキ(丸葉岳蕗)に来た子は誰だ?クロアゲハかオナガアゲハか・・・赤城自然園

a0031821_12162189.jpg
2017.7.20 赤城自然園。
マルバダケブキが綻び初めていて、撮ってみようとレンズを向けたら
アレマ!誰だ? ヒラリ飛んで来た子は・・・クロアゲハ?
名前は後でと、慌てて撮り始めた(;´・ω・)
どうやら長居はしそうに無く、ブルブルと翅を震わせて
次々と蜜を吸い、どんどん移動するからシンドイぜ(^-^;


2.
こうなると花はどうでもいいやと(^-^;
a0031821_12221193.jpg
同定するには色んな方向から撮っておきたいんだけど、
そうそう立ち位置を変える余裕も無く(^-^;
SSは1/650に抑えて、飛び出しは諦めてポートレイトを!だった♪
それでも、木陰で暗く・・・ISOが6500なんぞに上がっていたのよ(泣)
NIKON1 V3だけど、どうだろう? 何とか見られるか・・・♪


3.
a0031821_12281293.jpg
マルバダケブキの頭花の大きな事! 強烈な黄色が目立つな~。
そこにこの蝶さん、なかなかの見物だったな♪


4.
a0031821_12312163.jpg
さてさて、この子誰なの?で四苦八苦(^-^;
クロアゲハ!と思って、イザ!ブログに揚げる前に・・・?若しかオナガアゲハ?かもと
思い当たる節があって、画像を見直してみたんだけど、
マアそっくりさんなので、なかなか結論が出ず(^-^;
結局この画像で、後翅前縁の白斑が確認出来て、
オナガアゲハのオス!って事に♪
尾状突起がクロアゲハより長い、とは言うものの並べて確認出来る訳でも無く、
こういう見分けポイントが一番困るワ(^-^;
あと、尾状突起が内側に若干曲がる、と言われても・・・ね(^-^;
外見上ほとんどそっくりさんなのが泣かせる(笑)
後翅前縁の白斑が撮れていなかったら、同定出来ず、だったかもしれない蝶素人(;´・ω・)

確かオナガアゲハは初撮りかな? 良かった良かった♪







by sdknz610 | 2017-07-31 15:00 | 私の蝶・蛾図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 30日

鮮烈! 赤のツインを間近で♪・・・タマゴタケだった!

a0031821_14355075.jpg
鮮烈!♪ 真っ赤なツイン♪
これ、確か・・・タマゴタケ!ではなかったか?

キノコ系は・・・殆ど知識が無い。シイタケ、マツタケ、シメジとか・・・名前は分かるが詳細不明という(^-^;
ア~でもしかし、この不思議な、ムーミンが住んでるげにも見えるのはタマゴタケだ!というのは
何時か何処かで見た事があって・・・僅かに知っていた(;´・ω・) 辛うじて分かった(^-^;
これはモウ撮らなくっちゃ(笑)

散策路の直ぐ傍、足で踏まれそうな近くだったのにはビックリポンだったゼ♪


2.
a0031821_14434130.jpg
こんな時、マクロではなくて、OLYのZUIKO 12-40mmF2.8 PROの出番だ♪


3.
a0031821_14452023.jpg
直ぐ傍をお客様が・・・(;´・ω・)
前だけ見て歩いていると見逃す危険アリ♪
マ、へばり付いて撮ってるオジサンが居るので、大体は何撮ってるんですか?となって・・・
ワ~キレイ!とか、スマホが向けられたりに・・・♪


4.
a0031821_14483124.jpg
入園時に貰う、今見られる花の一覧パンフにも出ていない(^-^;


5.
a0031821_14495191.jpg
タマゴタケ・・・後で家で調べてみると、色々分かって来る(;´・ω・)
この赤玉は中間の状態という事らしく、この後、平に笠が開いた状態になるそうな。
これを撮影したのは7月20日だったから既に10日が過ぎている・・・
今はもう大きな笠を広げた状態に成長しているんじゃないかな?
次、何時行けるか未定なので、その時にはもう見られなくなっているかもしれず、ちょい焦る(^-^;


6.
a0031821_14562129.jpg
この色、この形・・・鮮烈な印象は一生忘れないでいたいものだと思ったり(笑)
イヤその内、アレっ?何だっけ・・・なんて事になるかもしれないけど(;´・ω・)

2017.7.20の11時半頃の話♪

しかし、キノコって・・・こんなキノコ見ちゃったから・・・
調べれば調べる程・・・
深入りはコワイ! 気を付けよう!なんて思ったり(^-^;
癖にならない様にしなくっちゃ・・・ナンテ♪






by sdknz610 | 2017-07-30 15:30 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 29日

レンゲショウマ(蓮華升麻)の開花が始まっているけど・・・赤城自然園

a0031821_12315327.jpg
2017.7.20
この日の主目的は、レンゲショウマ!
咲き具合が気になって、行ってみようかと・・・。
園のスタッフブログではほんの咲き始めで花の数は少ないとはなっていたけれど(^-^;

ありましたよ♪ でも、ホント未だ殆どは蕾ばっかしで・・・
園内の目ぼしい群落を全部廻ってみたけど、花の数は9輪しか無かったのであります(泣)
その内散策路から間近に撮れたのはほんの三輪程だった・・・・。
イエ、逆にモノスゴク貴重に思えて、撮影に集中出来たかも♪(;´・ω・)

やっぱしね~この佇まいはいいよね♪
キレイ!♪ 幽玄♪ 清楚♪ 控えめ♪ 静か♪


2.
a0031821_12422369.jpg
赤城自然園のスタッフブログの7/27の記事では蕾は膨らんで来たものの
未だ花の数はそれ程増えている様子ではない。
この日、スタッフに聞いて見ると、見頃は月末~8月頭位でしょう、との事だった。
もう暫くジッと我慢か・・・(^-^;
天気がね~・・・スッキリ晴れてくれないし、何時雨が来てもおかしくない日が続いていて
もうちょっと安定してくれるのを待っているんだけど・・・。
この日は、日差しはあったけど、ピーカンでは無かったのはこの花にとっては良かったかも。


3.
a0031821_12492310.jpg
柵からは少し距離があって大きくは撮れない花もアリ。
こんな感じでポツンポツンと咲いていた。


4.
a0031821_12512506.jpg
やっと出合ったレンズの鼻先で撮れるレンゲショウマ!♪


5.
a0031821_12525309.jpg
薄紫、薄いピンク色・・・ハイライトが飛ばない様気を付けよう!♪
フラッシュ使わない自然光のみなので、蕊付近が潰れ気味になるのが悩み(;´・ω・)
下向きの雪洞の様な花なので下からレンズを上向きで。
木漏れ日が逆光になるけれど丸ボケは積極的に撮り入れたい。


6.
a0031821_12575305.jpg
撮れる花が少ない、撮れるアングルの自由度も少ない・・・
少ない尽くしの中で苦戦(;´・ω・)


7.
a0031821_13004847.jpg
蕾はものすごい数。なんだけど・・・これだと見え難いか・・・m(__)m
今年はどうやら豊作の予感が♪
最盛期が楽しみですよ~♪

武蔵丘陵森林公園とか、丹沢の御岳山とか、レンゲショウマの名所があるみたいだけど、
ここ赤城自然園のがお気に入りなもんだから・・♪

ほぼ10日前の旧聞レポートになってしまったけど
開花までじっくりな花が幸いして・・・未だ間に合ったか?なんて・・・(笑)

8月に入って雨模様でない日に又行ってみよう!♪






by sdknz610 | 2017-07-29 15:00 | レンゲショウマ | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 28日

クマバチとアベリア

a0031821_14461473.jpg
2017.7.19 朝の散歩。イオンモールにはアベリアの植栽が数カ所あって昆虫撮るにはいいポイント。
そのアベリアが今は満開なので、蜜吸いに来る昆虫が若しか居たら撮っちゃおうかと思って散歩してるんだけど、
この時は熊蜂が数頭ブンブンやってる所に遭遇!♪
ただ何時もそうかとなると、それがなかなか・・・こんなチャンスは実は極めて稀なんだよね(^-^;
だからこれはもう是非!って事で♪
この日以降、やはり昆虫は殆ど見掛けず・・・だから撮れる時に撮っておかないと・・・これ鉄則だね♪


2.
a0031821_14580599.jpg
熊蜂撮り・・・SSは1/2000で、と言うのが多い。
翅をピシッと止めるには1/3200位は必要なんだけど光が足りないとISOがとんでもない事になるので・・・。


3.
a0031821_15011448.jpg
花から花へ飛び移りを繰り返すのを見ていると、時としてホバリング気味になるので、チャンス!って事に。


4.
a0031821_15042422.jpg
花にしがみ付いて蜜吸いをしようとする時は殆ど静止画的に撮れるチャンス♪


5.
a0031821_15071482.jpg
そんな時でも翅はブンブンと動かしてバランスを取っているので、どうしても翅はブレるけど、
マ適度なブレは欲しいので、1/2000というのは狙いだと思う。


6.
a0031821_15094796.jpg
この位翅が止まって撮れたのは久しぶり・・・かな?♪
翅の剛性確保のための山脈と谷筋が入り組んだ構造になってるね。


7.
a0031821_15132519.jpg
この子、メスだね。両眼の間隔が広く開いている。白いオムスビ状のお印が目と目の間に無いし。

クマバチ撮るのも久し振りだった♪
NIKON1 V3+1NIKKOR70-300mmVR
手持ちで。
トリミングあります。





by sdknz610 | 2017-07-28 16:00 | 蜂の仲間 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 27日

バンの雛が4羽!・・・母さんバンにベッタリ♪

a0031821_15525668.jpg
2017.7.19 
朝散歩の帰り道、イオンモール直ぐ西の遊水地Aに差し掛かった所で、
バンを見付け、良く見たら雛と一緒にいたので、証拠写真をと出来るだけ近くへ寄ってみた。
でも距離的には30m位あったかな?・・・810mm相当でもこんな風にしか(;´・ω・)
ノートリミングです。

最初3羽の雛が母さんバンにベッタリなのを確認。
アレっ!? もう一羽居る筈なんだけど・・・都合4羽の雛が居るのを数日前に見ているので
辺りを探すものの見つけられず(^-^;
取り敢えずこの3羽と母さんを撮って置く事に。


2.
a0031821_16010813.jpg
そしたら程無く、もう一羽が向こうからやって来たんサ♪
何処へ行ってたん? ダメだよ母さんから離れちゃ!
もうてっきりカラスに持って行かれたと思ってたので、ホッとしたゼ♪

例えば、カルガモの雛も、ゾロゾロと母さんに着いていても翌日は1羽減り、その次には又1羽居なくなりで
どんどん数が減って行くのを見てるので・・・バンの雛もほんとヤバイんだよね・・・。
繰り返す! 母さんから離れて一人で遊んではいけないよ!


3.
a0031821_16082645.jpg
ポイントを変えてもうちょっと近くで・・・。
このお母さん、頻りに朝のおめかし中で♪
子供らは放って置かれてた(^-^;
あ~でも又さっきの一羽が居なくなっちゃった!
雛にも色々個性があって、ちっとも母さんの言う事を聞かないやつがいるんだワ。


4.
a0031821_16122645.jpg
又戻って来たヨ♪
ほんとにこの子ったら、しょうがないわね(^-^;


5.
a0031821_16140685.jpg
30分程粘ってみたが、ここから動く気配がなく、程々に切り上げた(^-^;
母さんは羽を伸ばしたり、羽繕いに忙しく♪
子供達への餌遣りは見られず。朝ご飯はもう済ませたのかも・・・。
この時、7時18分だった。

その後、天気が良くなくて、朝散歩は暫く中止している。
今日は27日なんだけど彼らが無事かどうか?未確認だ。
無事に居てくれることを願う。早く大きくなってカラスの餌食にならない様祈るばかりだ。
大体カラスもワルで、小さな雛より、適度に大きくなった雛は寧ろ狙われやすいので、
これからがサバイバルの正念場になるな・・・。






by sdknz610 | 2017-07-27 17:00 | バン | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 26日

キジが跳び上がってフェンスを越えた!♪ 無事川を飛び越えたよ♪

a0031821_15010729.jpg
昨日の続きになります。
垂直上昇でフェンスの高さまで飛び上がって来ましたよ。


2.
a0031821_15024516.jpg
いよいよフェンス越えだ!


3.
a0031821_15031751.jpg
足とフェンスの距離は一番近くで15cm程だったかな?
マ、キジにとっては余裕だったかも♪


4.
a0031821_15051975.jpg
これで無事に足がフェンスをクリアーって事になるでしょう♪


5.
a0031821_15063119.jpg
高度も更に上がってます。


6.
a0031821_15072703.jpg
こうなれば川を飛び越えて、右にある畑に向かって更に加速だ♪


7.
a0031821_15085319.jpg
空飛ぶキジの雄姿!♪
1/2000でも風切り羽根の先端はかなりブレるね。
全力飛行!


8.
a0031821_15105956.jpg
幅広の広大な翼! 風切り羽根の長いこと!♪
やはり顔が見えた方がカッコウいいかな?♪


9.
a0031821_15132189.jpg
飛行コースは緩い放物線状になって来たか・・・。


10.
a0031821_15142616.jpg
靡く尾羽もカッコウいいぜ♪


11.
a0031821_15153076.jpg
目前のフェンスを跳び越えて川向うへと飛んだ!
その瞬間を逃さじと狙ってほぼイメージ通りの画が撮れた(^_-)-☆

こんなことは二度と無いだろうし、
万一こんなチャンスがあったとしてもこんな風に撮れないだろうし・・・
千載一遇のチャンスってこういう事かと、
今でもあの時のシャッターボタンを押した感触が蘇る思いだ。

NIKON1 V3ならではのショットになったと思う。
他のカメラでは、こうは行かなかったと思うな。
ほぼ間違いなく、撮れなかったのでは・・・。
可能性があるのはPanaの4Kフォトなんだけど、あれは800万画素で、
このNIKON1は1800万のフル画素の画だからね~♪
そういう意味では、素晴らしいキカイだと・・・

マアでも家の近くはこんな風にキジがウロウロしてる、
周りは田圃や畑が未だ残っていて、なかなかの、自然が一杯の里って感じだ♪
イオンモールが直ぐ傍なんだけど(;´・ω・)

朝の散歩にカメラは欠かせない♪
どのカメラを持ち出すか?毎度の悩み(^-^;






by sdknz610 | 2017-07-26 18:00 | キジ | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 25日

キジのジャンプ!って見た事あります?・・・フェンスを越えられたかな?

a0031821_17204886.jpg
2017.7.19
昨日の記事の子はあの後土手のブッシュの中に消えちゃったので、諦めて帰ろうかとした時だった。
川沿いの帰り道に出て歩き始めたら・・・アレっ!一羽のオスが・・・ノコノコと目の前を(^_-)-☆
結局、近くに二羽居たのね! 分からんかった(;´・ω・)

この子、立ち止まって右のフェンスを前にして行ったり来たり始めちゃって・・・
どうやらフェンスを越えて、川の右の、先の子が居た畑の方へ行きたい様子がありあり♪・・・

なので、これはきっと飛ぶに違いないと・・・

どうなったのか?・・・以下、その一部始終をご紹介に及びます。


2.
a0031821_17350834.jpg
体を沈め始めます。
目はフェンスの高さを測っているみたい♪


3.
a0031821_17361800.jpg
ンじゃあ行くぜ!


4.
a0031821_17370873.jpg
更に力を溜めますよ。


5.
a0031821_17384123.jpg
最も体を沈めた瞬間です。


6.
a0031821_17395893.jpg
いよいよ脚のバネを使って伸び上がり始めます。
秒40コマですが、間を抜いてのご紹介になってます。悪しからずm(__)m


7.
a0031821_20382154.jpg
脚が伸びると同時に翼を広げ始めてます。


8.
a0031821_17440928.jpg
先ずは強力な脚の力で重力に逆らって体を上空に持って行き、
それに合わせて翼を全開にして、次の空気抱え込み動作に繋げようかという瞬間♪
このコマが一番のハイライトかも♪


9.
a0031821_17472987.jpg
ここら辺りから翼で抱え込んだ空気の反力で更に上昇するって感じでしょうか。
広大な翼! 重い体もこの翼で持ち上げるって訳だ♪


10.
a0031821_20385130.jpg
結構激しく煽る翼! ドンドン加速する感じだけど、
何しろ垂直離陸なので、こりゃ大変だ(;´・ω・)


11.
a0031821_17522983.jpg
高さは1.5m程のフェンスだけど・・・どうだろう? 上手く越えられるか?(;´・ω・)
真剣な表情だよね~・・・ガンバレ!


12.
a0031821_17544906.jpg

13.
a0031821_17563320.jpg
上半身がフェンスを越える程までに上昇したネ!

ア~さてさて・・・この続きがあるんですが、長くなり過ぎるので、
この後のフェンス越えの飛翔を、明日お届けする事としましたm(__)m

安心してください!無事川を越え、右の畑へ飛んで行きましたので・・・♪


NIKON1 V3 ベストモーメントキャプチャにて秒40コマで撮ってます。






by sdknz610 | 2017-07-25 18:30 | キジ | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 24日

散歩の帰り、雉と再び遭遇! 今度は飛ぶか?な・・・♪

a0031821_08250224.jpg
2017.7.19 散歩の帰り、8時を回った頃。
朝一、キジと接近遭遇した後、イオン一周の散歩。ウロウロして、又戻って来た。
どうだろう? さっきはブッシュに隠れて見えなくなってしまったけれど、未だ居てくれるかしら?
と、
畑の中程にキジを発見(^_-)-☆
ワ~っ! 未だいてくたのか~♪ ヨ~シ!又撮らせてもらうよ!

どうやら、コンクリの段差を前にして、降りるか?飛ぶか? 少々考え中だったみたい♪
取り敢えずの静止画。


2.
a0031821_08333239.jpg
飛ばれた場合に備え、左を空けて少しズームアウトして・・・
と、思っていたら
ワ~オっ!である(^-^;
跳ぶみたい♪
沈み込んだね。


3.
a0031821_08371190.jpg
以下、秒40コマで撮っている中から間をコマ抜きして、秒20コマでの一連の動きをご紹介。
キジの割とユックリな動きなので秒40コマだと細か過ぎて載せるには不適なためです。


4.
a0031821_08420157.jpg
この辺りは未だ微妙な動きです(^-^;


5.
a0031821_08431577.jpg
オっ! 踏み出したね。降りるって訳か・・・♪
段差は50cm位だろうか・・問題にしないみたい。


6.
a0031821_08455192.jpg

7.
a0031821_08465286.jpg
落下中♪


8.
a0031821_08475271.jpg
着地寸前!
こんな時、尾羽はコンクリの角に接触してるのか?・・・


9.
a0031821_08503230.jpg
着地は問題なく完了だね。
キジの脚の逞しさ!♪
尾羽はちょっと触った位で大丈夫みたい。


10.
a0031821_08522116.jpg
キジにとってこの位の段差は問題にしないみたいだね。

キジってなかなか飛んでくれないんだわ。
何かが無いと、何かが迫らないと・・・で、
歩く!走る!のが得意なんだからしょうがないわな♪

それにしてもこんなシ~ンに遭遇したのは初めてだ。
野生のキジが、近所でウロウロしているにせよ、こういうのを見られるのは
ス~っと散歩で通り過ぎるのではチャンスは無くて、
結局ジッと待つしかないって事かと(;´・ω・)
待つのは得意ですよ(笑)

さて、この後に・・・劇的なシ~ンに遭遇する事になったのですが、
それは明日レポートします。






by sdknz610 | 2017-07-24 15:00 | キジ | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 23日

近所には野生生物王国がある?ナンテ♪ そこで、雉とバッタリ出逢ってしまった!

a0031821_08210729.jpg
2017.7.19 06:17
朝の散歩。日差しがあったのでこの時刻、もうすっかり明るくなっていた。
傍の川でハグロトンボを撮り飽きて(^-^; イオン方面へ歩き始めたんだけど、
ふと左目の視界に何かが・・・?と思って目をやれば
ワ~オ! キジが・・・それもオスが・・・
ノコノコと脇の農道を向こうへ歩いているではないか!
こっちは初めて気が付いてビックリだったけど、彼はこっちの存在はとっくに分かっていたんだろうな(^-^;
私が歩き始めたので距離を置く様に動き始めたって訳か? するって~と・・もっと近くに居たって事かい?♪
気が付きませんでm(__)m

イヤイヤ・・・何しろ国鳥だし♪ この大きさだし、立派な尾羽だし、スッゲー綺麗だし・・・
素晴らしい野生生物!・・・モウ撮るしかないよね!♪
距離は15m位だったな。向こうは逃げる気配無し!流石に貫禄十分だったナ♪
こっちはワクワクドキドキでフリーズ状態に陥っていたっけ♪

ハグロトンボの飛び出しを狙っていたので、SSが1/2000のままだった(^-^;
よってISOが2000!・・・に、なってた・・・ので、若干画像が・・・(;´・ω・)
突然のバッタリ出会い頭だったので、気が回らずというお粗末(;´・ω・) 慌てていたんだわ(笑)


2.
a0031821_08375737.jpg
家から100,200m位の場所でこんな野生にバッタリ出会えるというラッキ~♪
ここは放し飼い野生生物王国か!・・・なんて♪
イエ、只の田舎って事だろうね(;´・ω・)
田舎ってイイよね♪

過去何度かここら辺りでキジは撮っているけど、馴れないと言うか、何時も心臓バクバクになるんサ♪
息を止めてファインダーを覗いていると、その内呼吸困難になりそうでもある(笑)


3.
a0031821_08503310.jpg
これは810mm相当の画。上の二枚は500mm相当なんだけど、何れもトリミング無し。
勿論画角の違いは分かるけど、背景のボケ具合とか、立体感もかなり違って来るのが分かるね。
絞りはF5.6開放で。

雉の後ろ姿だけど、ン、この佇まいは好きだ♪ 侍ジャパン!って・・・♪
獲って食っちゃえ、なんて言わんで下さいよ・・・国鳥でっせ!


4.
a0031821_08585821.jpg
それが・・・この子、こっちに向かって来ちゃったのよ!
わ~どうしよう?(^-^;
こっちも、ちょっと後ずさりして道脇に遠慮申し上げたんだけど・・・
この堂々たるお姿にちょい威圧されちゃったナ(^-^;



5.
a0031821_09024841.jpg
直後、脇のブッシュに歩いて入ってしまったんサ♪
結局飛び出しは無かった(^-^;

それで、殆ど姿が見えなくなってしまったけど、未練がましくブッシュに見え隠れするのを
無理して撮ってる(^-^;

夏草や兵共の隠れ場所ってか♪

ピントは?・・・これが意外にピシピシ来たりするからV3って面白いよね♪

ラメに煌めく首の後ろ周りの羽模様! 独特のメタリックブルーがキレイなのよ♪


6.
a0031821_09083990.jpg
?そこのオッサン! 未だ撮ってるの?! シツコイね!
ハイ、どうもすみませんです(^-^; 
目にキャッチライト入ってくれたぞ♪・・・
何やってるの? 大体こんなブッシュ隠れじゃ画にならんじゃないの?!
イヤイヤこういうのって、結構大事なシチュエイションだよ。
AFでピントがどうなるのか? 露出補正はどうする?とか、 SSはどうする?とか
やっておきべき事は一杯あるんよ。


7.
a0031821_09145947.jpg
何とか顔が見えそうな位置へ移動だ。
むこうもこっちを監視してるぜ(^-^;

もうこれでお仕舞にするからネ♪ ハイ、どうもありがとさんでした(笑)
侍ジャパンにお別れして又散歩へ戻る♪

散歩はグルっと一周してからもう一度ここへ戻ってみようと思う。
若しか、未だ居てくれるかも・・・ナンテ♪

以上、折角なので、画像をクリックして、大画面でご覧いただければ幸いですm(__)m





by sdknz610 | 2017-07-23 15:00 | キジ | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 22日

ツバメ幼鳥達の朝は賑やかだった

a0031821_08012226.jpg
2017.7.19 午前6時31分
散歩途中の川岸。川にせり出した木の枝に止まってるツバメに気付いて足を止めた。
近い!♪ ほんの5mちょっとだったか、これ以上近づけずフリーズ(;´・ω・)
どうやら今年生まれの若様♪

V3のスイッチを入れて、飛び出すのを待つ事にした。
そう長居はしないと思ったのでファインダー覗きっ放し(^-^;
ところが・・・この子、羽繕いやら欠伸?やら、何やかやとちっとも行ってくれないのよ(泣)

そこへ仲間と思われる、これも幼鳥の数羽の群れが代わる代わるこの子の近くに来てホバリングや、急旋回等をやり始めて、
盛んに、オイどうした? 遊びに行こうよ! って感じで
どうやら早く飛べよ!と頻りに促している様だった♪

その時の一枚!

結局、皆に誘われてもこの子動く気配無く、みんな諦めたか来なくなってしまった・・・


2.
a0031821_08144265.jpg
それでもこっちは必ず飛び出す筈と、待ち続ける訳(^-^;
こんな場合、飛び出す方向を予想して、少しズームアウトで画角を広げて・・・
この場合だと、左を開けて待つ事にしたんだけど・・・

以下、NIKON1 V3、秒40コマで。


3.
a0031821_08194273.jpg
サア! 行きますよ!

燕の重みで撓っていた枝が飛び出しのシーケンス中にどう動くか?にも注目してみる。
翼を振り上げるタイミングで脚を伸ばし始めるみたいで、
上の#2に比べ、下に動いてます。脚の蹴りで下向き荷重が一瞬増えたと思われます。


4.
a0031821_08240181.jpg
翼を降ろし始めて、揚力が出始める。そのため下向き荷重が減り枝の撓りが戻り始める。


5.
a0031821_08304371.jpg
燕の体が浮き上がり始めて、枝に掛かっていた荷重が無くなって来る。


6.
a0031821_08330291.jpg
いよいよツバメが飛び出すぞ!♪
撓っていた枝が跳ね返り始める。


7.
a0031821_08351945.jpg
?もう足は枝から離脱したか?な・・・


8.
a0031821_08372221.jpg
コレコレ! 飛び出しの最も美しい瞬間なのだ(^_-)-☆


9.
a0031821_08392207.jpg
良いですね~ツバメの飛び出し♪


10.
a0031821_08411487.jpg
翼の裏側も良く見たいので、半逆光な事もあり、プラス1.0補正で。
SSは1/2000,F5.6,ISOは2200、WBオート、500mm相当で。
フェンスに腕を載せての半固定。

終始目にキャッチライトが入ってくれたのはラッキーだった。

イヤー#1から飛び出し完了まで5分越えていたワ。
ジッと我慢で・・・5分って長いゼ(^-^;

未だ白い所が多い幼鳥達、これから猛暑を乗り切って、あと一か月半位だろうか、無事南へ帰れるよう頑張ってネ♪

こんな事が起きる朝の散歩。NIKON1 V3とmax810mmの超望遠レンズは必携かな?♪






by sdknz610 | 2017-07-22 15:00 | ツバメ | Trackback | Comments(0)