『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 03日

尾長ガモ飛翔

2004年ももう10月。今年も又コハクチョウ達がもうすぐ渡って来るのが待ち遠しい。
ところで、シーズン中ガバ池では尾長ガモ達が圧倒的な数で一緒に過ごしている。まるでコハクチョウ達を守る親衛隊みたいだが、実際は餌の取り合いはしょっちゅうあるし、どうして何時も一緒なのか?と思うことがある。どうやらカモ達が非常に敏感で外敵の存在をいち早く知らせてくれるからなのかな?この尾長ガモ、何時でも写真に撮れそうでいて、実は動きが早くて、ファインダーに捉えるだけでも至難の技だ。何度かトライしているが、これは高速シャッターで動きを止めてみたもの。目で見ているのとは大違いなので、カモに見えないかも、なんて。尾がピンと長いのがわかりますか?これはオスです。首が白い。
a0031821_17353455.jpg


# by sdknz610 | 2004-10-03 17:35 | 私の野鳥図鑑 | Trackback | Comments(0)
2004年 09月 27日

大野亀の麓全貌紹介

この辺りで大野亀周辺の全貌について紹介しておきます。
これは大野亀頂上への途中から、麓の駐車場を中心に俯瞰したものです。
2003年の6月、カンゾウ祭りのその日の写真です。
紅白の幕で囲まれた会場が見えます。
カンゾウは大野亀中腹まで群落が出来ているんですよ。
大野亀周辺のイメージがだんだん判って来ましたか?
a0031821_20131892.jpg


# by sdknz610 | 2004-09-27 20:15 | トビシマカンゾウ | Trackback | Comments(0)
2004年 09月 20日

佐渡遠望。あの島でトビシマカンゾウが待っている・・・

何時ものことだが、だんだん佐渡がはっきり見えて来る・・・、
新潟から40km、2時間で佐渡に着くが、出港からズーッと一番上のデッキで
過ごすのが好きだ。夏の海峡は殆ど揺れを感じない穏やかなものだが、
風を体一杯に感じて。そうこうする内に佐渡が次第にくっきりと見えてきて、
アー、今年も又来たよーって。ワクワクするシーンである。
舷側灯を配して、佐渡を捉えて見た。好きな一枚です。
a0031821_2061690.jpg


# by sdknz610 | 2004-09-20 20:05 | トビシマカンゾウ | Trackback | Comments(0)