2017年 03月 09日

日の出を多重露光で実験中(^-^;・・・今朝も筑波山をモデルに♪

2017.3.9 今朝の日の出、ドラマチックで凄かった♪
a0031821_11205109.jpg
日の出前の街の灯と、お日様の顔出しを一緒に撮りたくて
又金山頂上へ朝も早よから出掛けてしまった

衛星画像では雲無し! 晴天な訳だったので♪
行くのか?止めるのか?を見極めるのに、高頻度衛星画像を頼りにしている
今朝は3時前に目が覚めてしまい、直ぐ衛星画像を確認して・・・
もう一つ、水蒸気の画像も見て、気温、湿度、等・・・
関東平野の気象全般を見るのが起きて直ぐの初動なんだけどね(^-^;

今回も、先ずは日の出前30分程の街の灯が消えない内に一枚撮って、
その後、お日様が1/3程雲間から顔を出した時の2枚を合成したものになる
街の灯を撮るのは特に問題は無いんだけど、
未だ良く分かっていないのは、太陽の強烈な明るさをどう抑えられるか?なんだけど
上の画では、1/800、-4EV, F14、ISO200だ。WBはオートに任せてる
NDフィルターは使っていない。
この画では太陽が飛んでしまってハレーションを起こすって事も無く、無事だった♪

キモは、SS優先で、ISOが200を維持出来るぎりぎりまでSSを速くしている、って事かな?
やはりISOは低い方がいいのよ!♪
それと、補正で大幅マイナスにしてるって事も。この補正量をどうするかも実は非常に重要だね。

ミラーレスなのでモニター画像を見ながら調整出来るのは大いなるメリット、と思う。PanaのG7なんだけど。
太陽の面積が増えるとSSをドンドン速くしないといけない。
何時二枚目のシャッターを切るか・・・今回はこの位顔を出した時にしたんだけどね。
基本、このカメラの多重露光のやり方は分かり易いな!♪

この画像も良~く見ると、まさか!おかしいゾ!なんだわ(^-^;
昨日の記事でも言ってるけど、日の出前には街の灯は消えちゃうし、
朝焼け色も褪せてしまってる筈なのに・・・って事なんだけどね♪
マア、画としては手前の街の灯は是非欲しいし、曙の微妙なキレイ色も欲しいので
こんな多重露光で、どうだろう?と・・・アレコレ実験中なのであります。


2.
a0031821_12032939.jpg
太陽は既に高度を上げて、筑波山(右)と三毳山(左)の間にある。
遥か東方、茨城県或いは太平洋上の雲だろうか、
千変万化しながら、まるで怪獣がのたうつかの様に(チョットオーバー♪)
劇的な様相を呈しているのを、撮る!
筑波山の向こうの雲が黒くて肝心の筑波山が見難いけど(^-^;
何か夏の入道雲的にも見えた。
太陽の光が強烈過ぎて、殆どシルエットだけになってしまう。

こんな場合、ゴーストやらハレーションに悩まされる事になりそうだけど
ビデオ雲台に載せているので、微妙なアングル調整はやり易いのが◎だ。
ハレ切りでも取り切れない事もあるけど、微小にアングルを変える事で回避出来る事があるので
スムーズなパン、チルトが出来るビデオヘッドは重宝するね。
これが自由雲台、3way雲台では極僅かのアングル調整に苦労する事になりそう
なので、ちょい重ビデオ雲台を載せた三脚を担いで山道を・・・(;´・ω・)


3.
a0031821_12404643.jpg
オ~っ! 筑波山の向こうに口から火を吹くゴジラ風怪獣が・・・ナンテ♪
上の画は400mm相当、この画は600mm相当で(トリミング無し)


4.
a0031821_12431521.jpg
三毳山の向こうにも怪しい雲の巨魁が♪

こういう雲の演出があるんだな~・・・
これだと、鉄チャンプレートにカメラを二台載せておいて・・・なんて考えちゃうよ(;´・ω・)
何しろ変化が早いから忙しい訳で・・・。

こんなに高度が上がった太陽の強烈な光の中で、筑波山の存在感を写し止めたいんだけど、
G7のHDRモードでもやってみたけど、難しくて・・・
只のシルエットにしかならず・・・弱りました(;´・ω・)

マア、肉眼でも眩し過ぎて、筑波山どころでは無かったけどね。
やはりハーフNDフィルターなんぞを使って、先ずは太陽を抑え込まないと始まらないのかな?
日の出もバリエーションがあり過ぎて・・・対処するのは容易ではないわ(泣)

今日の画でも分かる様に、太陽はどんどん北進中で、
筑波山絡みもそろそろ撮れなくなりそう
秋まで待とう!かな?・・・







# by sdknz610 | 2017-03-09 16:00 | 筑波山 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 08日

陽はまた昇る♪

a0031821_10350522.jpg
2017.3.8
金山頂上直下から筑波山と日の出を

?この画、こういうのは・・・普通あり得ないんだけど・・・(;´・ω・)
エっ、何言ってるの?

今朝の日の出時刻は、6:04
なんだけど、筑波山の北側スロープがあるのでそれより若干遅れて出て来たよ♪

実はこの時刻、街の灯はほぼ全て消えてしまってる筈なんだけど・・・
未だ残ってるなんて・・・?
それと、東の空はこんなに雲が上空に無いピーカンだと陽が出る時には既に色褪せてしまって、
こんな色付きはあり得ない筈なんだけど・・・

ハハ~・・・そうですよね、確かにおっしゃる通りですよ・・・(;´・ω・)

イエね、これまで日の出の写真は沢山撮ってはいるけど、何時も殆どモノクロ風シルエットロマンばかりで(^-^;
何かもうちょっと手前の風景やら、空の色も出したいもんだと悩みが消えず・・・
どうしたものかと色々考えていたんだけど
一つはハーフNDフィルターで太陽光を抑えて・・・と思ったり・・・
でもそれだと街の灯は既に消えているから写らないんだよね

それで・・・今回多重露光でどうだろうか?と
初めて挑戦してみた。のが、この画です♪

日の出前に街の灯を先に撮って、陽が出たら思い切り露光を切り詰めて
カメラ内で合成・・・というものです。
こんなの初めてで・・・どうすべ~と悩んだんだけど、ン!これなら面白いんジャネーノ♪
次、もちっとマシな画を目指そうかと思い始めている(^-^;♪(^_-)-☆


2.
a0031821_11005631.jpg
日の出まで50分程前だとこんな感じで未だ街の灯が豊富なんだわ
筑波山もこれでは暗くて良く見えないよね(^-^;


3.
a0031821_11041247.jpg
日の出直前だともう街の灯は殆ど消えてしまうのさ


4.
a0031821_11055842.jpg
ウワっ! お日様が顔を覗かせたよ!♪
お日様に露出を合わせるので周囲は殆ど黒潰れになる
でも既に街の灯は殆ど無くなっているから問題無し♪

そこでトップの画に戻ると・・・
#2と、#4を合わせた様な画になるって事♪ (トップの画とは実際は若干異なるコマなんだけど)
異なるタイミングの画の合成になる

こういう多重露光は経験が無くて、今朝もどうなるのか? まるで予想も出来なかったんだけど
こういう使い方もありそうだな・・・という感触は掴めた感じだ
明るさがまるで違う二つの光源を同じ画面に閉じ込めるという事だけど、

今回の様に、長時間、間を置いて撮るとなると、その間にカメラが位置ズレを起こしたら台無しになる
少々ガッチリ系の雲台を担ぎ上げて(^-^;
カメラの周囲では出来るだけ静かに振動を与えないようにして・・・(笑)
なんて事だった(;´・ω・)


5.
a0031821_11312836.jpg
これは・・・日の出から既に15分近く経過
まだまだ筑波山はシルエットのまま
太陽に露出を合わせているので周りは暗いわ(;´・ω・)
これで周囲を浮かび上がらせると太陽の周りはシロトビになるし
処置無し状態に(;´・ω・)
マア、こういうのは無理して撮る事も無いんだけどね♪

そんなこんなで今朝は多重露光なるものを研究するいい機会になった様な

大分冷え込んだ朝になった(泣)
周囲の芝には真っ白な霜が・・・
でもレンズの曇り対策は何もしなかったけど問題無しだった

ダイヤモンド筑波山は3月2日だった(筈♪)
一日遅れで3日に撮った後、お天気の都合もあって今朝8日になってしまった
太陽が昇る位置はドンドン北へ進行中だ
早いんだわ(笑)

この時期にこんなに条件のいい朝も珍しいかもね
ラッキーだったな♪

寒いけど、冬型気圧配置は大歓迎なのよ

Pana G7
LUMIX G VARIO 100-300mm
三脚





# by sdknz610 | 2017-03-08 15:00 | 筑波山 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 07日

ヒヨドリを撮ってますか?♪

1.
a0031821_17190531.jpg
寒緋桜に来るメジロを見張っていて、来ると直ぐ出動!♪
追い飛ばした後は、ユックリ蜜吸いというパターンになってるけど
そんなヒヨの飛び姿は、鳥が飛ぶという事の素晴らしさを見せてくれるので
狙い目だな~
ちょっと大きめの鳥で結構迫力なんよ♪


2.
a0031821_17053178.jpg
傍の枝垂れ桜に止まるのも定番スタイルなので
そこからの飛び出しを狙う


3.
a0031821_17250682.jpg
2017.3.5  多々良沼
NIKON1 V3

これからソメイヨシノが咲くと又違ったヒヨドリのシ~ンが撮れると思う
結構遅くまで居て、
桜の花見をしてから北へ向かうヒヨドリ
マア元気でガンバッテくれ!
あんまりメジロを虐めるなよ!♪






# by sdknz610 | 2017-03-07 17:45 | ヒヨドリ | Trackback | Comments(0)