『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:エゾハルゼミ ( 3 ) タグの人気記事


2017年 06月 18日

奥日光・千手ケ浜クリンソウ紀行(1)・・・赤沼Pでエゾハルゼミの飛び出しをゲット♪

千手ケ浜のクリンソウの前に・・・赤沼Pでエゾハルゼミをメッケ!♪
a0031821_14285962.jpg
2017.6.11 15:48だった。
12日は所属フォトクラブの千手ケ浜撮影会なんだけど、
前日に赤沼P入りで、車中泊して夜中に千手ケ浜へ下ろうかという作戦♪
で、11日午後3時前に赤沼Pに着いてしまい・・・カッコウがいるとの話もあったので
あわよくばと思っていたけれど・・・一回だけ森の中を遠ざかるのを目撃しただけで撮るには至らず(^-^;
その後、カッコ~カッコ~と鳴き声だけは辺りに響くものの姿は捉えられず・・
諦めて、代わりにこっちも姿は見えず、鳴き声だけというエゾハルゼミを何とかゲットしようと(^-^;
赤沼Pの周りをウロウロ・・・。エゾハルゼミってどうしてあんなに見付け難いのか?・・・
そろそろ諦め掛けていた時、目の前にパタパタと飛んで来て止まったのがこの子だった♪
一生懸命探しても見つからなかったのが、こんな偶然に出会えるとは(^_-)-☆

こうなれば次飛び出しを狙うのが上策かと(笑)


2.
a0031821_15261534.jpg
サアっ!! 行くぞ~ですよ♪
SSは1/1600で・・・翅の動きが止まるか?だったけど・・・
目一杯望遠側の810mm相当にズームイン♪
手持ちです(^-^;


3.
a0031821_16040080.jpg
実のところ、セミが飛び出す瞬間というのはこれまで撮った事は無くて・・・
大体こういうの撮ろう!という気にはなかなかならないんじゃないかと思うんだけど、
この時は是非!とか、どうしても! という気は無くて普通にサラリとレンズを向けて・・・
行った~でシャッターボタンを押していて、あの感触は今でも思い出すのサ♪
NIKON1 V3が掌に吸い着く様に扱い慣れてしまった自分が居るって感じかな?
こんな瞬間を撮れるV3は最強のウェポンだ・・・ナンテ♪


4.
a0031821_16125769.jpg
イイっすネ~・・・エゾハルゼミ♪
ちょっと後ろ向きだけど・・・実はこの姿勢がとっても貴重なんです!♪


5.
a0031821_16144298.jpg
これなんだけど・・・エ~っ! 何が?・・・
イエね、何かお尻の辺りに・・・見えます?


6.
a0031821_16161989.jpg
コレコレっ!・・・そうです! セミのオシッコ!でした~(^_-)-☆♪
オシッコ噴射しながらの発進とは(笑)

イヤイヤレンズには飛び散っておらず、距離は5m無い位だったけど、大丈夫(^-^;

まさかのセミのオシッコにはビックリと言うか、それもエゾハルゼミだったし
こいうのが撮れていたとは!♪
遡って見ると、#4では既に噴射し始めているのが分かります。

セミのオシッコと言えば・・・私は静岡県の清水の生まれで、あっちには大きな体のクマゼミが多いんだよね。
子供の頃には木に登ったりして捕まえる時に、オシッコ浴びたっけな~と、思い出したワ(^-^;

何かネ~こんなのが撮れて、こりゃ幸先がよろしい様で♪

明日の千手が浜もイイ事起きるのを期待して・・・仮眠します・・・・。





by sdknz610 | 2017-06-18 15:00 | クリンソウ | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 22日

エゾハルゼミが緊急事態!・・・レスキュウ出動だ!♪

レンゲショウマを探して散策路をトボトボ歩いていたら、?・・・オヤ?・・・大きな蜘蛛の巣に何やら引っ掛かっているのが目に入り・・・
傍に寄ってみると・・・アレマ! セミが ?若しやあのシルエットはエゾハルゼミ?
更に近寄って確かめる・・・私の記憶では、この体色、翅、全体の大きさ等からエゾハルゼミに違いないと確信。

あ~でもどうしよう? 未だ息があるのか? 様子見してると翅をブルっとやった! 未だ生きてるゼ!

1.
a0031821_10333038.jpg


2.
ちょっと逆光になるけど、裏に廻ってみる。
a0031821_10345552.jpg
この子を何とか助けてやりたくなった。

エゾハルゼミって・・・もう7月下旬だぜ・・・未だ居ても不思議はないのか?♪
5月下旬から7月に掛けて発生するらしいから、一番の後発組の子みたいだ。

この大きな巣の管理人は大きな蜘蛛だろうか?(^-^; でも、獲物を取りに来る様子はまるで無くて・・・
それじゃあ、レスキュウしようと決めた♪

3.
この子
a0031821_10382674.jpg
巣から外そうと胴体や翅に絡まったネバネバの蜘蛛の糸を何とか外したけど、
翅をバタバタと大騒ぎだったのサ・・・マ、元気って事が分かったんだけど♪

4.
暫くしたら、大人しくなって・・・
a0031821_10414191.jpg
そっと手を開いて取り敢えず撮らせてもらった。
この直後、元気に飛び去ったのよ♪
良かった良かった!♪
蜘蛛の巣にはくれぐれも気を付けるんだよ!

エゾハルゼミを手に取るような近くで・・・実際手乗りだったけど♪・・・こんな機会は私にとっては奇跡的だったな♪
それも初撮り!

こいう林間では何が起きるか?予想も付かずだから、油断出来ないな~(^-^;

カメラは3台で・・・二台は腰に特殊フックで左右に・・・もう一台は首から下げて・・・
レンズは魚眼、マクロ、300mm迄の中望遠ズームで武装・・・。
背にはアルミフレーム入りのリュックを・・・。この場合、リュックの中身は上下の雨具と傘と食料と水と、スペアバッテリ。
重量が分散してるので非力でも然して大きな負担では無い。かな?♪
なので・・・パッと見のシルエットはかなり異常?♪・・・見られると恥ずかしい(^-^;

21016年7月20日 赤城自然園
OLY E-M10
OLY 60mmマクロ
片手持ちでバリバリと撮ったんだけど、このレンズは只者ではないな♪ 鮮鋭度が素晴らしい!
今回はこのマクロレンズを用意したのは正解だった。
近接撮影、昆虫向き♪




by sdknz610 | 2016-07-22 15:00 | セミ | Trackback | Comments(4)
2016年 05月 20日

早春賦・・・水上高原・エゾハルゼミ等

2016年5月18日。水上高原ホテル200には昼に着いた。一風呂浴びる前に傍の森の散策路へ。
快晴! そしてエゾハルゼミの大合唱が木霊し、緑濃い爽やかな風の中を何か居ないかと鵜の目鷹の目で(^-^;
標高900m程の高原は未だ春真っ盛りだった。
翌朝も又歩いてみた中で撮った画を幾つかご紹介します。

1.
a0031821_21285414.jpg


2.
a0031821_2133069.jpg


3.
a0031821_21333588.jpg


4.
a0031821_21335580.jpg
アレ?! もうレンゲツツジが満開だった(@_@。

5.
a0031821_21344869.jpg
さてさて、エゾハルゼミの大合唱に包まれて・・・じゃあ、姿は?と探しても一向に見えて来ない(^-^;
マ、このセミに関しては何時もの事だけど、ホント森の忍者だよね。
で、見つけたのは幹にへばり付いていた抜け殻のみという(^-^;
カミさんと見つけっこになっていた(笑)
ア、ここに!こっちにも!・・・慣れて来るとやたらと沢山の抜け殻が目に着く様になってたのさ♪

6.
a0031821_21405420.jpg
今回はマクロレンズは家に置いて来て、基本魚眼レンズを駆使してみようという作戦だったので
そうなると、魚眼マクロでどうだ!になってしまった(^-^;

7.
a0031821_21432956.jpg
最短撮影距離はとても短くて、
レンズから5cm程まで接近して撮るとどうなるのか?になるんだけど、
この画では未だ寄り切れていない。
その替り周囲の状況も一緒に写し込めるのがいわゆるマクロレンズとは大いに異なる所だ。

8.
a0031821_21464897.jpg
二三匹が固まって脱皮した場所もある。

9.
a0031821_21474089.jpg
これは、GRのクロップモードで47mm相当で撮ったもの。
これを更にマクロモードと併用するとかなりマクロ的な画になる。
リコーのGRはこんな時に超軽いし、面白いカメラだ♪

セミの抜け殻は、どう見ても風の谷のナウシカのオームにしか見えないよ♪

久し振りの温泉旅行だった。バスは乗ってるだけで着いてしまうので、楽ちんではある♪
ホントは自分で運転したいんだけど・・・
偶には着いても何のアクティビティーもせずという超グータラ旅行もいいもんだな(笑)

このホテルのお湯は・・・ツルツルヌルヌル!濁りも香りも無しなんだけど、
不思議と爽やかなお湯は大いに気に入りました!♪
お客さんはゴルフ族が多かった様で、駐車場も満杯だったな。賑わってました。




by sdknz610 | 2016-05-20 22:30 | セミ | Trackback | Comments(0)