『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ジャポニカ ( 7 ) タグの人気記事


2017年 08月 13日

ヤマシャクヤクの実が弾けた。赤と黒、鮮烈なコントラストが見ものだ。

a0031821_11075585.jpg
2017.8.9 赤城自然園
5月初に咲き誇っていた真っ白な貴婦人達。
今はヤマシャクヤクの実が弾ける季節が到来。もう山には秋の気配が忍び寄って来ている・・・。
赤と黒! 気づけばその強烈なコントラストが網膜に張り付く。
黒は結実した種子。赤は結実していない種。


2.
a0031821_11184457.jpg
雌蕊が3裂した花が多かったけど、その雌蕊が今はこんなに膨らんで・・・
如何にも弾けた!という感じに♪


3.
a0031821_11224484.jpg
出来るだけ近くで撮りたいけれど、なかなか無いので・・・
300mm、500mm、まさかの810mm相当なんかで狙う事が多い。


4.
a0031821_11271657.jpg
3m位でこっちを向いているのを、500mm相当で。
超望遠マクロになっちゃった。
真っ赤っかだ。黒い種があったかどうか? 既に落果したのかもしれない。


5.
a0031821_11305401.jpg
初めて見たヤマシャクヤクはこういう真っ赤な種子だったので、ナンジャコレ!に。
花を見なくっちゃになり、翌年の春にアノしっとりと美しい花を見て感動したのを思い出す。
これはこれで・・・森の中のミラクルって感じで毎年是非見たいと思うべな♪


6.
a0031821_11353527.jpg
真っ赤な口を開けた食虫植物?に見えない事も無いか・・・。
黒の結実した種は先に鳥に食べられたか、既に落果してしまったのか、分からないけど。

これは80mm相当で真上から撮っている。近かった♪


今回の赤城自然園、目的の一つがこのヤマシャクヤクの実を撮る事だったので、マア良かったな。

ヤマシャクヤク:ボタン科
学名がPaeonia japonica! ジャポニカだよ~♪

各地で絶滅危惧種になっているのが心配。
東京都、千葉県は既に絶滅!
群馬県は絶滅寸前、あるいは絶滅危惧種だそうな。

環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種(NT)に指定されている。

減少の主因が、園芸用の採集、森林の伐採、林道工事だと言うから・・・
特に園芸用に、というのは盗掘ではないか、ダメじゃん!






by sdknz610 | 2017-08-13 15:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 12日

熊谷草は蘭科の王者か・・・サムライ・ジャポニカ!なんて♪

a0031821_16175395.jpg
2017.5.11 赤城自然園
イヤ~咲いてましたよ!♪ たった一輪でしたが。
蘭科 敦盛草(アツモリソウ)属 熊谷草(クマガイソウ)
ジャポニカだよ♪
各地の群生地が色々有名の様だけど、
私にはここの僅かな株数のアツモリソウで十分楽しめるからね~♪
日本の蘭の中では一番大きな花らしい・・・。
この佇まいは一見の価値ありって事で♪
サムライ・ジャパンならぬサムライ・ジャポニカだぜ~(^-^;


2.
a0031821_16233145.jpg
上空を流れる雲で日差しがくるくる変わって・・・。
丁度背景が黒く潰れてくれた・・・。
スポットライト熊谷草♪
唯でさえ花弁がシロトビし易いから、基本マイナス補正。
この場合はマイナス0.7に。
それでもアブナイ感じだった(^-^;
思い切ってマイナス1.0でも良かったかも。


3.
a0031821_16290201.jpg
ギザギザと、扇を広げた様な葉っぱが特徴。
そっくりなアツモリソウの葉はこういうギザが無いと覚えているんだけど・・・。


4.
a0031821_16312443.jpg
侍が只一人・・・の、風情がイイネ♪
ロープがあるし、アングルの自由度は無い。
もうちょっと正面からの画も欲しかったけどね・・・。
望遠レンズがあるといいでしょう。
因みに
#1は500mm、#2は600mm、#3は400mm、#4は200mm相当でした。
NIKON1 V3に、1NIKKOR70-300mmですが、これ一本で間に合います♪
次々と見る人、写真撮る人が来るから長居は出来ず・・・
手持ちでバリバリと(^-^;




by sdknz610 | 2017-05-12 18:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(3)
2016年 09月 11日

ムラサキシジミ翅全開!♪

2016.9.11の朝の散歩。目の前の葉っぱに止まっている超キレイなブルーに輝くシジミチョウを発見!♪
今朝はNOCTICRON 42.5mm F1.2を装着したPanaのG7だったけど、
ジッとしてるのを見て、出来るだけ接近して(-_-;)
何とか・・・マクロレンズではないけれど・・・。
薄日が差していて、体を温めていたのか、翅を閉じる事もなく、全開のままだった。
これはラッキ~だった♪

a0031821_1425436.jpg


a0031821_1426254.jpg

ムラサキシジミ 紫小灰蝶 シジミチョウ科
Narathura japonica アレアレ!ジャポニカだったとは!♪
Japanese Oakblue

初めて撮る。キレイだったな♪ 紫というか、見事にキレイなブルーだ。
この子、メスみたいだ。オスはブルーの面積がもっと大きい様なので・・・。

それにしても、朝散は油断ならじ(^-^; 何が居るか分からんから、急いで歩くのは禁物だ。
ユックリでいい。目を皿の様にして何か居ないかと歩いている(笑)

イオンモールの植栽にて。




by sdknz610 | 2016-09-11 15:00 | 私の蝶・蛾図鑑 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 10日

クマガイソウを初見初撮りだった・・・赤城自然園にて

クマガイソウとか、アツモリソウとか・・・その特異な形は知っていたけど、
マア見るのは一生不可能かもと思ってた(^-^;
それが、目の前に! ?ナンダ?あれは!・・・ビックリだった(^-^;
2016.4.30の赤城自然園での出来事。

僅か2輪だけのクマガイソウだった。その存在感は気付けば辺りを圧倒していて・・・♪

ロープより僅か内側のを、腕を伸ばし、スーパワイドで超接近を試みたり、中望遠で狙ったり、
ワクワクドキドキで撮る事が出来たのを、やっと今になって載せてみます。

1.
a0031821_14574921.jpg
クマガイソウは各地に有名な群生地があるみたいだけど、行った事は無い。
希少な花を赤城自然園で見れたとは、青天の霹靂だったナ♪

2.
a0031821_1501597.jpg
スタッフの話では、これまで林の中にあって、誰も見られなかったのを、散策路の近くに移植したそうな・・・。
そうだったのか!♪

3.
a0031821_1503715.jpg


4.
a0031821_1522619.jpg


5.
a0031821_1524333.jpg


6.
a0031821_1525935.jpg


7.
a0031821_1531712.jpg


8.
a0031821_1533456.jpg

クマガイソウ(熊谷草)・・・ラン科アツモリソウ属の希少な花! 
Cypripedium japonicum・・・日本の自生種!ジャポニカだったのネ♪

森林伐採や盗掘の横行等で環境省のレッドデータブックでは
絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している種)に分類されてるみたいだ。
盗掘か~・・・ダメだよそんな事やっちゃあ!
とっていいのは写真だけだぜ!




by sdknz610 | 2016-05-10 17:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(4)
2014年 08月 12日

ヤマシャクヤクの真っ赤な実にはビックリだった♪・・・赤城自然園

8月11日、赤城自然園。レンゲショウマを見る前に、ヤマシャクヤクの真っ赤な実にノックアウトだった(^_^;)

1.
a0031821_20541674.jpg
三裂した鞘に真っ赤な実と青黒い実が同居。これは一体何者?・・・

レンゲショウマの群生地点へ着く途中途中の林下に何やら真っ赤な実を着けた然程背が高く無い、
でも最早葉っぱが大分チヂれて来ている植物が相当な数あって・・・
只、名前が分からず、困ったなと。
取り敢えず証拠写真を撮って・・・家に帰ってからWebで調べるしかないかと・・・(^_^;)

イエね、この植物の種名を書いたカンバンを探したんだけど一向に見当たらず・・・。
色んな植物園を見ているけど、いちいち細かく植物名をしっかり表示してるかどうか?・・・
これは私の植物園を評価する一つの基準にしているんだけど、ここ赤城自然園は・・・ちょっと今一だな? マイナス点だよ。
ポツポツとは、他の花にはカンバンがあることはあるんだけど・・・。まるっきり何も表示が無い植物も結構あって、こいうのヤなのさ!
撮っても後で調べるのはエライ大変だからネ。

余りにポピュラーなのか? それにしても相当な数をきちんと植栽しているこの植物・・・
何で?書いておかないのか?大いに疑問だった♪

と、思っていたら、偶々職員さんらしき女性が通り掛かったので、
この赤い実を着けた植物の名前を教えてもらえますか?
あ、これは、ヤマシャクヤクと言います。ヤマシャクヤクね・・・フムフム♪
ところで赤い実と青黒い実が同居してますが・・・
そうですね、あの赤い実は脂肪分が豊富で、でも種がありません。青黒い実には種が入っています。
赤いのは鳥に来て欲しくて目立つようにしていて、その時ついでに青黒いのも食べてもらって、と言うヤマシャクヤクの作戦と言われているんですよ♪
ワ~オ、そうなんですか~イヤイヤどうも色々教えて頂いてありがとうございました!
植物の仕掛けも面白いなと思った次第♪
この人、どうやら朝の園内パトロールの途中だったみたい。

2.
a0031821_21194584.jpg
鳥が来るなら・・・何処か離れたところにブラインドを設置して、この実を食べる瞬間を撮ってみたくなった・・・マアでも無理でしょうが・・・(^_^;)

3.
a0031821_21202837.jpg
目の悪い私でもこの鮮やか赤い実はやたらと目につくのでありました♪
今時こんな真っ赤な実を着けてる植物は他には見当たらなかったよ。

4.
a0031821_21204288.jpg


ヤマシャクヤクって教えてもらったけど・・・あらためてWebで調べてみた。
山芍薬
金鳳花科
ボタン属
学名がPaeonia japonicaだった!♪ ここにもジャポニカがあったとは!
それに・・・
何とまあ!花の美しさと言ったら、サイコーじゃん!♪・・・イエね、牡丹にそっくりなんだけど(^_^;)
これが林間に咲いてるのをイメージすると・・・こりゃ来春絶対見に来なくっちゃ・・・でR。

by sdknz610 | 2014-08-12 22:00 | 赤城自然園 | Trackback | Comments(2)
2012年 01月 06日

寒の入りというのにカメムシ と ツチイナゴ!

ツヤアオカメムシ:
1.
a0031821_202529.jpg

2.
a0031821_20254638.jpg

3.
a0031821_2026486.jpg

4.
a0031821_20262187.jpg

5.
a0031821_20263868.jpg

この緑一色のカメムシなんだけど、そっくりさんにミナミアオカメムシとアオクサカメムシがいて・・・
見分けがとんでもなく難しくて(^_^;)
あれこれ調べまくって・・・結論はツヤアオカメムシ!
生息域の違い、個体の部位は触角から後肢まで違いを見分けねばならぬ(泣)
少し見分け方が分かってきたぞ(笑)

超寒い朝、足元に緑色に輝く葉っぱ?じゃあなかった・・・良く良く見れば何とマア・・・カメムシだった♪
ポケットに忍ばせたコンデジを取り出して早速パチパチと♪
スーパーワイドマクロだけど、結構良く撮れていたのにはビックリだった。
CASIOのFH100。

トノサマバッタ:⇒ツチイナゴに訂正
1.
a0031821_20344492.jpg

2.
a0031821_20352487.jpg

3.
a0031821_2035445.jpg

帰り道、舗装に何やら居るので歩みを止め、ソッと近付けば・・・バッタが?今頃?何やってんねん!♪
今度はBORG 50FLで撮る。最短撮影距離ギリギリの超望遠マクロ! 手持ちで。
褐色型のバッタ。あ~でも左足は既に失われていた。
ツチイナゴのようです。写友から教えてもらいました。
成虫でこの厳しい冬を越すようです。大人しくジッとお日様で暖をとっていたのか?

まさかの昆虫と遭遇したのだった。
この冷え冷えの真冬だからな~・・・この子達の命は何時まで永らえるだろうか?

12月5日 三毳山
鳥待ちの間も足元注意!だな♪
こんな虫達に会えるとは・・・ちょっと気候変動がやっぱり進行中なのかも・・・。

コンデジで接近するか・・・超望遠マクロにするか・・・昆虫も面白いね!

トノサマバッタと思ってましたが、ツチイナゴだそうです。TOMさんありがとうございました。訂正しました。

ツチイナゴ:Patanga Japonica!・・・ジャポニカだ~\(◎o◎)/!
 成虫で越冬する。今時のバッタだったのね♪



by sdknz610 | 2012-01-06 20:47 | カメムシ | Trackback | Comments(2)
2011年 12月 17日

センダンの実って・・・

雑木林をウロツイテいたら、何やら実が一杯落ちているのに気付いて、歩みを止めて上を見上げれば・・・
ワ~スッゲ~何だこりゃ?状態に♪


1.
この高木でした。
a0031821_14185620.jpg
ここはかなりの頻度で様子見に訪れる場所なのに、なんて事だ、今まで気が付かなかったとは!♪
センダンでした。こんな実が生るなんて・・・知らなかったぜ(^_^;)

2.
a0031821_1421577.jpg
樹下に入って見上げれば・・・降る様な鈴生りのセンダンの果実。

3.
a0031821_14231917.jpg

4.
a0031821_14233833.jpg

5.
a0031821_1423592.jpg

6.
a0031821_14242379.jpg

7.
a0031821_14253696.jpg
落果。

8.
a0031821_1426252.jpg
落果。

せんだんはふたばよりかんばし・・・このせんだんは白檀(ビャクダン)の事なんですって。この木ではありません。

さてセンダン(栴檀)は、大体がビャクダンの仲間で熱帯・亜熱帯系なんだね。こんな冬は寒い所でよくぞ♪
西日本では良く見る木らしいが。

学名は、Melia azedarah var.japonicaとある。  そう!ジャポニカだったわ\(◎o◎)/!
ムクロジ目センダン科

実は、1,2cmの楕円形の核果で、今回見たのは大分萎んで来ていて皺皺になっていた。
有毒なんだってよ! 食べてはいけないのだ(^_^;)

これだけ沢山の実が生るってことは・・・花はどうなんだ?
例年5月に淡紫色の5弁の小さな花が・・・そりゃ物凄い数咲くらしい・・・。
残念・・・これまで気が付かなかったのだ(泣)
来春には必ず見てみよう!なのである。

鳥待ちの間に・・・こんな事があって・・・実は良く周りを見てなかったと言う事をあらためて認識して愕然(^_^;)
反省だ(涙)

CASIO FH100
PENTAX K-r+BORG 50FL
手持ち

12月16日 my fieldⅡ

by sdknz610 | 2011-12-17 14:44 | 果実 | Trackback | Comments(4)