『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:トビモノ ( 78 ) タグの人気記事


2009年 01月 14日

水辺の超特急カワセミの飛びを撮る・・・多々良沼

水辺の超特急・・・カワセミの飛行姿勢はどうなってるの?・・・ですが
a0031821_4443291.jpg
川面を50cm無い位の低い高度で舐めるように、音も無く・・・どこからともなく、視界の隅に動くものが・・・。

気が付けば目の前を擦過して行く・・・当然シャッター押すどころではなくて・・・涙を呑む羽目に・・・・。
イヤイヤ・・・風が冷たくて、鼻水を啜ることに・・・♪  ナサケナ・・・。

こんなこと何度も繰り返しているけれど、
偶々、アっ!キター!で・・・ドット・照準器でターゲットに入らずとも追い掛け始め、連写を開始する・・・。
アっと言う間に遠くに行ってしまうのだ。

ターゲットに入った手応えがあったのでと、モニターで確認。
ホ~っ・・・何とか何とか・・・写っているようだ! ヤッタ~かな?・・・後は家でPCで確認だ♪

a0031821_4564818.jpg
トップの画に続く次のコマ。
キュっと翼を脇に締めて、何だか体も平べったくしているような・・・。
そんな風に見えませんか?空気抵抗を極限まで低下させ、高速を維持しているのかな?・・・

a0031821_4594371.jpg
ブっ飛んで行く時は、翼を大きく羽ばたく様には見えないな?と思っていたけど、
こんな感じで半開き状態なのか?・・・これで小さく、但し煽る回数を増やして、推進力にしている?のかな・・・。
もっと沢山撮ってみないと未だ良く分からんな♪

この時は、
SS優先で1/2000。絞りは6.3以上になるようISOを800で。尚、露出補正はマイナス0.3です。
SSはドボン!を撮る時は1/2500か、1/3200にしています・・・。
いずれにせよ、周りの光りの様子で変えねばなりませぬ。

さて、そんな訳で・・・
ガンバロウかな?・・・と、今朝もこの後、ポイントへ行ってみます!
風が治まってくれればいいんだけど・・・。?アメダスだと5時で5m!・・・これはキツイな~。
気温は?・・・アメダスだと4時には1.4℃だ。
この後、現地は0℃位にまで下がるかも・・・。

何が撮れるかわからないけど、結果が良ければネ・・・タラレバですが・・・又アップします。

by sdknz610 | 2009-01-14 05:13 | カワセミ | Trackback | Comments(12)
2009年 01月 13日

カワセミ横っ飛び。を撮る・・・

a0031821_824828.jpg

a0031821_8243429.jpg

カワセミを観察していると、どうしても撮りたいシーンが見えて来る。
それはトビモノ・・・・。
先ずは、
飛び込みの瞬間
水中からの飛び出しの瞬間
ホバリング中の翼・・・
でしょう。
そして、川面スレスレの低空を突っ走るブルーアロー!

色々試みて一番厄介なのが、
飛び込む瞬間と、
ぶっ飛んで来る超高速飛行物体を撮る、撮れるのか?・・・ですね。

今日の画は、昨日、あのオオタカ祭りの後はどうなっている?を見に行って、
結局オオタカの若様は蛻の殻ということで終結したんだけど、
これでカワセミが又戻って来てくれてかなりの大サービスを展開してくれたので、
横っ飛びを撮りたいと、マア良く連写をしたもんだ・・・(笑)
で、そんな中からご紹介しました。

まだまだ、未熟なので・・・でも、取り敢えずウレシハズカシの2枚をアップしました。

一応・・・目がヒカッている+クチバシに獲物を咥えている+ピンはマアこんなもの・・・
+バックがシンプル・・・等で一安心なんです♪

翼の様子を見たくて、勿論トリミングしてますよ。
初列風切羽が、10枚だということがハッキリ分かったので安心しちゃった!
今までは、どうしてもちゃんと見えた画が撮れていなかったんだけどね・・・。

1月8日に上げた「横っ飛び」の画はこちらです。

これからもブっ飛びカワセミを撮って行きたいんですが、どうなりますやら・・・。

by sdknz610 | 2009-01-13 09:03 | カワセミ | Trackback | Comments(12)
2009年 01月 10日

ヒヨドリの翼も素晴らしいな♪

1.
a0031821_6212074.jpg
ここはカワセミポイント。
カワセミの巡回を待っていると、このヒヨドリや、セキレイ類、キジバトまで・・・水飲みや、水浴もやり始めるので、見ているとなかなか面白い。
鳥の水浴び・・・暢気なものではなく、羽虫を落としているのかもね。
水面でバチャバチャやれば落ちるものなのか・・・良く分からないけど。

特にヒヨドリは数羽の群れで来ると、マア姦しいこと♪ バチャバチャと水浴びで大騒ぎになる。
でも、撮るカメラマンはいないんだよね・・・♪

私はオモシロイ!で・・・撮ってます♪

これは水浴び後、飛び立つところを狙ったものですが、ヒヨドリの翼って柔軟で、素晴らしいものだと思うのであります。

長距離を渡る飛行名人だからね~・・・。

2.
a0031821_6293890.jpg
こういう飛び出す瞬間は、予兆が良くわからず、失敗が多い。動きは早い!からね~・・・。
寧ろカワセミの飛び出しの方が撮り易いかもね・・・。

3.
a0031821_6321096.jpg

4.
a0031821_6323627.jpg

ヒヨドリ、この衣装ということもあるようで、余り撮る人が居ないかもしれないけれど・・・
トビモノの練習には格好の鳥さんだ。
私には非常に難しい鳥ですよ。スズメ程ではないけれど・・・♪
これからも、チャンスがあればどんどん撮ってみたいのであります。

by sdknz610 | 2009-01-10 06:36 | 私の野鳥図鑑 | Trackback | Comments(8)
2009年 01月 09日

カワセミ・・・水中発射超小型ミサイルか?

1.
a0031821_8165430.jpg
今、将に水の粘性と表面張力の膜を突き破って空中に飛び出さんとするカワセミの勇姿・・・♪
目はパッチり開けていて、キャッチライトが♪

2.
a0031821_8191776.jpg
ウワ~!出た~!!
この時点で既に羽や、頭を見ても、水で濡れている風には見えない・・・。
何だかモノスゴイ防水性能を備えているらしい・・・。ゴアテックスも真っ青?・・・。

3.
a0031821_8222665.jpg
ビュ~ンとぶっ飛んで行く・・・♪
キラキラと飛び散る水滴・・・。

4.もう1シーンをどうぞ。
これは・・・?・・・未だ水中に居る時の様子。水面は飛び込んだ後の揺れが未だ収まっていない。
飛び出しはこの直後に・・・
a0031821_824313.jpg


5.オ~! こっちに向かって飛び出したか・・・。水中では左を向いていたのに・・・
a0031821_8263049.jpg
水中では自在に泳いでいるのか?・・・
ここでも水がへばり付いているということは全然無いことが覗えるね。
水が弾き飛ばされて・・・超高性能撥水性能♪

6.
a0031821_8271421.jpg
翼を縮めて、ぶっ飛んだ!!!


先日1月6日の記事で同じ様な「飛び出し」をご紹介しているのがこちらです。

こうして色々見てみると、
カワセミのカタパルト発進みたいな飛び出し・・・その推進力は何なんだろう?という疑問が・・・。

カワセミの足はとても短くて・・・水掻きも無いんだよね・・・。
鵜みたいに、強力な足で水を蹴って、という推進力では無い筈・・・。
と、なると・・・そうか! ペンギンみたいに、翼で水を掻いて、煽って・・・という事しか考えられないんだけど・・・。
その為に、特化した翼の構造を持っているのかな?
それか、尾羽でドルフィンキックか・・・尾羽は短くて強そうなんだけどね・・・。
詳しい事が分からないんだけど・・・。

実際はどうなのか?・・・詳しい方がいらっしゃったらご教示いただけるとありがたいと思っております。

それは置いといて・・・、
マアともあれこんな水中からの発射シーンが撮れたのは、ラッキ~!ですよ。
カッコいい!と眺めております♪

☆データ:
1月6日 快晴 微風。

最初の3枚は、11:42。SS=1/3200 F4.5 ISO800
後の3枚は、10:53。SS=1/2500 F5.6 ISO800

トリミングあり。

色々試しているけれど、SSが1/1000では被写体ブレが大きくて、止まらない。
止めようと思えば・・・、
最低、1/1600かな?・・・1/2500から止まり出す。1/3200ならほぼ確実にピタリ止まるという感じ。
それ程、カワセミの動きは早い!!速い!!のであります。

後は・・・何が問題かって?・・・
そうですね~何はさておき・・・ピント!!!これですよ。
で、ピント合わせは?どうするの?・・・ですが、これは又後程・・・色々悩んでます・・・。

何しろ、カワセミ素人なので、右も左も分からないまま・・・嵌ってしまって・・・
抜け出れないかもしれないな~・・・・。

by sdknz610 | 2009-01-09 08:47 | カワセミ | Trackback | Comments(8)
2009年 01月 08日

成る程・ザ・空飛ぶ宝石! 翡翠のこの美しさ!

これぞ空飛ぶ宝石!!
a0031821_521649.jpg


もう一枚!
a0031821_5221164.jpg

超高速で水面スレスレにぶっ飛ぶカワセミを撮れる筈も無く、もちろんそんなシーンは狙いませんが、
これは有名なカワセミのホバリングの直後に水平飛行に移ろうかという瞬間でした。
撮れてました(笑)

目がキラリ!・・・光ってくれたのはオマケとは言え、大満足です。

翼の、初列風切羽、次列風切羽の撓り具合や、雨覆い羽のツブツブ模様、色の配置など・・・
翼を上から見た構造が良くわかるのがウレシイ。

水面から50cm位の高さで、急に、思いがけずもホバリングを始めたので、それを撮ろうとしたんですが、
ピンを合わせるのに手間取り・・・私とした事が・・・結局この2枚に・・・。
勿論、この直後に視界から消えちゃった。ダイブはせずに、ブっ飛んで行ってしまった・・・。

ホバの後は大抵は真下にダイブするよ・・・と言うことを聞いていたけれど、
この時は獲物が居なかったのか?見失って諦めたか・・・。
どう動くのか、サッパリわからんナ~・・・。

でも、お蔭で水平飛行をイメージさせてくれる画になったかも・・・。

1月6日。11時47分。
SSは、1/2500。F5.6。
レンズはTokina ATX AF400mmF4。
このレンズ・・・開放では自信無くて、6.3以上に絞ればそこそこ鮮鋭な画になるんだけど、
5.6でもマアマアだったかな・・・。

ここは終日順光条件ということもあるし、背中の輝くブルーが飛ぶのがコワイくて、
露出補正はマイナス0.3EVにしています。
この画はトリミング+リサイズのみで、その他、明るさ・コントラスト・ガンマ・色調など、
手を掛けていません。

なんとか色は飽和していないか、・・・な。アブナイんです。気を付けないと・・・。
でも、マイナス0.7までは必要無いでしょう。

1月8日、今日は所用で、カワちゃんポイントへはお預け・・・。大人しくしていよう・・・。

by sdknz610 | 2009-01-08 05:44 | カワセミ | Trackback | Comments(14)
2009年 01月 06日

カワセミを撮ってミタ~イ♪・・・

1.ヌヌっ!! 翡翠入道参上♪
a0031821_14234761.jpg
只今カワセミのトビモノ撮り修行中につき、ボケ・ブレ・的外れ・・・ご容赦下さい。

2.
a0031821_14274658.jpg


3.今回、水から飛び出しを特集してます。
a0031821_1429416.jpg


4.今朝も、9時から12時半まで・・・カワセミのポイントで挑戦して来たんですが・・・、今回ご紹介しているのは、昨日撮れた画の中から・・・。
a0031821_14321342.jpg


5.
a0031821_14371251.jpg
世の中にはカワセミの超高精細写真が山ほど溢れてますが、
どういう訳か、私目も、この超光速(♪)移動物体を写し止めたくて・・・誠に無謀!と分かりつつ
シャッターを押すようになってしまいました。ご笑覧いただければ幸せというものです。

6.
a0031821_14375597.jpg

7.
a0031821_14393298.jpg

カワセミ、と言うことでは、これまでトマリモノはそこそこ撮らせてもらって、幾つかはご紹介してますが、
ウ~ン・・・あの飛び!あの飛び込み!あの飛び出し!を見ていると、撮ってミタ~イ!という
欲望が頭を擡げて来ているのは事実で・・・、
でもネ私にはとてもムリムリ・・・と思っていて、まともに挑戦したことも無く、ダラダラと時間は経過していたんですが、
このカワセミポイントで何回か飛びを目の当たりにすると、やっぱり!どうしても!
撮ってみたくなるじゃあありませんか・・・♪

で、昨日・今日と・・・諸先輩のご指導を頂きながらトビモノを始めちゃいました!

これから葉が茂る前までに、更に修行を重ねて行きたいと思いますので・・・
懲りずにご笑覧いただけますようお願い申し上げます。

それにしても、カワセミってどうしてこんなにキレイなのか?
                どうしてこんなにカワイイのか?
                どうしてこんなに速い!のか?
                どうしてこんなに撮るのが難しいのか?・・・
                   最早、ハクチョウは止まっているように見えちゃう♪

by sdknz610 | 2009-01-06 14:49 | カワセミ | Trackback | Comments(18)
2007年 04月 07日

オオタカ飛び姿

a0031821_610197.jpg

翼の内側は、お腹や胸と同じ横縞模様が一面に入っている。
スパッツに包まれた両足を後に格納して・・・。
a0031821_6103173.jpg

a0031821_611296.jpg

a0031821_6112692.jpg

猛烈な枝かぶりだけど、雑木林の中では致し方無し・・・(^^;

横からだと早い! 
どっちから来るか分からない時がある。
或いは止まっている木の上から跳ぶ時もある。
何れも追うなら手持ちがイイ。

ビデオ雲台に乗せるとこの近さでこのスピードでは到底間に合わない・・・(^^;
アっと言う間にファインダーから消えてしまう。
ハクチョウを遠くから撮るのとは対応方法が大違いだ。

この飛行名人、この大きさの翼を広げて飛ぶのに、一杯出ている枝にはカスリもしない。
自分の飛行ルートを良く見極めて、開けた経路を縫って飛ぶ!という感じだ。
飛行ルートが少し分かって来た。

色々撮り貯めているが、満足出来るものは未だ無い・・・。
これからも追い続けるつもりだが・・・ムズカシイ・・・(^^;

by sdknz610 | 2007-04-07 06:29 | 猛禽類 | Trackback | Comments(10)
2007年 03月 29日

オオタカの飛び出しを撮ったのだが・・・♪

a0031821_22144021.jpg

a0031821_22133055.jpg

a0031821_22153242.jpg

a0031821_22161926.jpg

a0031821_22171549.jpg

a0031821_22174768.jpg

オオタカが丁度いい具合に止まってくれた。
傍へ、出来るだけ近くに移動する。
と言っても、これ以上はだめという直感的なところがあるもので、それ以上は近づけない。
これで30m程だった。
カメラを構える。傍に寄り掛かれる木が無い・・・。手持ち・・・。
オオタカ、向こう向きでお尻はこっちだ。
彼氏、平然と羽繕いなどをやっていて、なかなか飛び出す気配がない・・・。
しかし、気を抜くことが出来ないのだ。ファインダーから目を離せない。

と、今まで向こう向きだったのが、足を踏み変えてこっち向きになった・・・。
日差しはまともな順光に。まさかのラッキー状態だ。
何だか動きそうな気配である。緊張する!

すると程なく、体を低くした! 行くぞ!と思ってシャッター半押しの人差し指に緊張が走る!
やっぱりだ! 飛び出したのだった。
アっとシャッターを押したが、ファインダーからはもうタカの姿は無い・・・(^^;
とっくに頭上を越えて後に飛び去っていたのだった・・・。

ア~あ・・・、又飛び出す瞬間を撮り逃がしたか! 絶好のチャンスだったのに・・と、
反省の臍を噛むところなのだが、今回は違ったのだ♪ 

・・・?、オヤっ? まさに飛び立たんとするオオタカがしっかり撮れているではないか!
ホー、翼をこうやって動かしているのか~・・・。ヘ~、なるほど!   と、いう訳なのだ。

エー、何で何で・・・?

そうなんです! ちゃんと撮れていたんです♪
これは28日に撮ったのですが、
実は27日に、ネットショップに注文していた最近出たばかりの、
オリンパスのコンデジでSP550UZというヤツが届いたので、その機能や如何に?と
初撮りだったのです・・・♪

これ、キャッチがプリキャプチャ5コマで、秒15コマ!という・・・代物。
但し120万画素相当・・・♪
単独で28mm~500mmというし、単写で710万画素で、1cmマクロもOKという・・・♪
これで重さが500grに満たないなんて・・・、
およそデジイチでは考えられない中身・・・。別売りテレコンもあるでよ♪

で、問題は120万画素がwebではどう見えるかってことですが、取敢えず大画面では
だめですが、この程度には見えるというサンプルになっちゃったかな?・・・♪

何しろ、秒15コマって初めての経験。
それもシャッター全押し以前の5コマが保管されているというプリ・キャプチャアは
人間技では撮れないところが撮れているという不思議♪
私のように運動神経が鈍い者にとっては、こんな時には誠に有り難いな~と・・・。
秒3コマとか、5コマとは別世界と言っていいかも・・・♪

でもね・・・、でもやっぱり画質が・・・ね~・・・、その点でお勧め出来ないのです・・・(^^;

やっぱり?十万円を掛けて大砲で撮るしかないか・・・。
運動神経も鍛え直して・・・、というのが私的今の結論なんです♪
イエね、このカメラ、サブとしては誠に心強いのではありますが・・・。
暫くはFZ30と併用になるでしょう・・・。
勿論D200がメインではありますが・・・♪

ご参考にしていただければ、と思い、内幕を暴露してしまった・・・・♪

by sdknz610 | 2007-03-29 23:12 | 猛禽類 | Trackback | Comments(6)