『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:小田代 ( 17 ) タグの人気記事


2017年 06月 19日

奥日光・千手ケ浜 クリンソウ紀行(2)・・・小田代から千手ケ浜へ。夜明けだ。

千手ケ浜の前に、小田代ケ原に立ち寄る。
a0031821_04563477.jpg
2017.6.12 午前2時55分だった。
赤沼Pから折り畳み電動アシストのチャリで千手ケ浜を目指す。
途中、小田代に立ち寄り、白樺の「貴婦人」の様子を。

丁度お月様は満月をちょっと過ぎた頃なので、開けた場所ではヘッドランプ不要な程明るく♪
小田代は草紅葉風の景観に写ったのが印象的だったな(^-^;
太郎の存在感も圧倒的だ。
月光に輝く貴婦人の白い姿を拝んで・・・♪
空は大快晴といった感じで、星も一杯だった。

ド・定番な画(^-^;
我が定点観測地なので♪ 定期観測とは行かないけど・・・(^-^;

この画は、50秒露出、絞り開放のF2.8で。ISO200、補正は±0だ。ワイド側24mm相当で。
他に誰も居なくて、一人旅だった。
霧は全く出てくれず・・・マ、それはそれでいいじゃないかと♪
星のグルグルは撮らず、先を急ぐ(^-^;


2.
a0031821_05105825.jpg
03:01
少し東寄りにアングルを変えてもう一枚♪
60秒露出。
男体山の北麓、大真名子、小真名子、太郎、山王帽子・・・貴婦人。金星が昇ってた。

これから弓張峠を越え、千手ケ浜へ!
電動アシストとは言え、下りは電源スイチOFF♪
どうか熊さんに会わない様に!(^-^;


3.
a0031821_05143350.jpg
03:45
途中ピカッと目が光る野生動物に出会ったが、鹿だった。
僅か2頭のみ。去年は十数頭がこっちを見ていたけど、数減ってる?のかな・・・。
幸い熊さんには出会う事も無く、無事千手ケ浜に到着。

この時刻で、少し色着いて来た東方。湖面にケアラシ無し(^-^;
あ~雲も出ていないな・・・
これでは真っ赤な朝焼けは無しって事になりそう(^-^;


4.
a0031821_07081961.jpg
04:23
千手ケ浜船着き場方向を望む。
風殆ど無し。濃い緑、碧味の掛かった湖面に吸い込まれそうな中禅寺湖は・・・深いネ♪
これ程の色合いを見せる池とか、沼とか、湖も・・・そう沢山あるものでは無い、と思うのヨ。
白駒の池なんかは良さそうだけど、行った事無い(^-^;
赤城大沼? 覚満渕? 榛名湖? ウ~んちょっとネ~・・・
富士五湖は?・・・山中湖しか知らないけど、どうだろう?
これからボチボチと色んな湖を見て行きたいとは思うけど・・・中禅寺湖はいいナ♪
ここは秋深まる頃、魅力倍増!ですよ♪


5.
a0031821_07283051.jpg
05:34
サンライズトリプルダイヤモンド男体山!♪

ダイヤモンド男体山は狙っていた訳では無く・・・実は予想外だった(^-^;
ちゃんとあのソフト見ておかなくてはダメじゃんよ(泣)
御参考:「日の出日の入り時刻方角マップ」がよろしいかと思います。


6.
a0031821_07484890.jpg
05:52
いよいよ朝陽が仙人庵のクリンソウに届き始める。
ここの池の風情が好き♪


7.
a0031821_07511374.jpg
05:53
千手ケ浜のクリンソウ・・・いよいよか・・・。
この時刻、同じく自転車で下って来た写友と合流して・・・
朝の斜光線が入り込む今がチャンス!って事で・・・。
最初二人だけだったが、ポツポツとカメラマンが増えて来る気配。


明日もクリンソウを主に、続けます。





by sdknz610 | 2017-06-19 15:00 | クリンソウ | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 13日

奥日光・小田代ケ原・・・黄葉カラマツが眩しかった

10月10日、中禅寺湖の後、戦場ヶ原・赤沼Pへ移動。入口には整理の係員は居らず、空いているかな?と中へ。大丈夫、数台のスペースがあった。
折り畳み電動アシスト自転車で、午後1時過ぎに小田代着。快晴だ\(◎o◎)/!
空気は済んで、微風程度の爽やかな風に吹かれ・・・最高のお天気に恵まれた。
今回の奥日光はカラマツの黄葉は果たしてどんな風なのか?・・・を、見たかったのが一番の目的だった。
今までカラマツがゴールドに輝くのは未見だったので・・・(^_^;)

1.以下、画像をクリックすると大きな画になりますので・・・。
a0031821_14243678.jpg
15:00
日陰になって黒く潰れた右から男体山、大真名子山、小真名子山、太郎山。
こうなるのを待ってたのさ。

2.
a0031821_14245593.jpg
15:07

3.
a0031821_1425963.jpg
15:22
北方の山が翳って暗くなった時に、こちら側、カラマツの屏風を背景に貴婦人がポーズ・・・というシチュエイションがやっと巡って来て・・・。
これが一番の狙い目だったからね~♪

4.
a0031821_14252352.jpg
15:05

5.
a0031821_14254256.jpg
15:22

6.
a0031821_14255771.jpg
15:26

?アレっ!・・・結局、今日の画は全てOLYMPUS STYLUS1で撮ったのだった♪
このコンデジ、便利に使いすぎる傾向アリ(笑)

カラマツの黄葉は・・・一番いい時だったと、思う。念願だったので、マア満足♪

この後、日暮れちょっと前まで小田代の木道をウロウロして、一旦赤沼Pへ戻った。
夜中の星景写真に備える。

by sdknz610 | 2014-10-13 16:00 | 日光 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 21日

奥日光・小田代ガ原:濃霧の夜明け

6月17日の夜明け前。クリンソウの千手が浜へ行く途中、午前3時半、小田代ガ原着。
夜明けの貴婦人はどう見えるのか?興味アリで♪
それにしてもア~なんという濃霧(^_^;)
誰も居らずの一人旅・・・何時ものポイントで三脚を立てて、さてどうする?・・・だったけど、
こういう濃霧の朝は必ず晴れるんだよね♪
赤く染まる雲を期待して・・・カメラのセッティングで悩む(^_^;)
大体ね、霧の時の撮り方なんぞまるで経験が無いし・・・行き当たりばったりで何とかなるさの、ノーテンキだからな~(笑)

長袖に薄いウィンドブレーカではジッとしてると涼し過ぎだった(泣) 風が無いだけ助かったけど・・・ヤバイわ。
それに、手袋忘れて・・・手が悴むのだった・・・。次、気を付けよう・・・♪

さて、そんな濃霧の中、空が赤く染まるのを待ってたのに・・・ア~ア・・・ダメだったな~(泣)
その代り・・・こんな夜明けもイイじゃないか!といったダイナミックな夜明けを初体験で・・・満足したのサ(笑)

では・・・

1.
a0031821_2271069.jpg
5:00
カメラはPanaのFZ200
お日様は何処から上がるのか?事前に何も調べずに・・・そしたら大真名子の北側斜面辺りだったのよ。
秋には男体山の南斜面から顔を出すって言うから、とんでもない北からという感じだった。

2.
a0031821_2274980.jpg
5:44
カメラはリコーのGR
特筆すべきは・・・ゴーストが殆ど出ない! 不思議なレンズ(^_-)-☆

3.
a0031821_2284216.jpg
5:47
カメラはNikon D7100
レンズはTAMRON SP 70-200mmF2.8 Di VC USD

凛!と貴婦人ですが、右後方は太郎山。好きなアングルです。

このレンズ・・・鳥でないなら何とか見られる画が出てくるみたい(^_^;)

カメラマン居ない筈だ・・・貴婦人はこの時期背景の似た様な緑に埋もれてるから?・・・
これじゃあ面白くないからか?・・・
イヤイヤ私から言わせれば、とんでもないですよ! 
素晴らしいダイナミックな夜明けの中で一際素敵な貴婦人でしたから♪

今回はカメラ3台持ち込んで、あれこれ悩んでみました(^_^;)

霧の小田代は初めてで、イヤとても面白かった、と言うか反省ばっかしですが、これは・・・何だか嵌りそうな予感が・・・
ヤバイわ~(^_^;)

明日の更新はお休みします。予約投稿はせず・・・新宿で飲み会に行ってます(^_^;)
幸い、じゃあなかった・・・雨の東京になりそうで・・・弱ったな!ですが・・・
GRでスナップの練習やってみようかと♪

明後日再開したいと思います。悪しからず・・・。

by sdknz610 | 2013-06-21 05:56 | Trackback | Comments(6)
2012年 11月 06日

貴婦人が朝日に輝く一瞬・・・奥日光・小田代

2012.11.4 小田代ガ原の貴婦人が輝く時がやって来た。

1.
06:23:44
a0031821_21542930.jpg
大真名子、小真名子、太郎の頂上付近に朝日が当たり始めた。小田代は未だ眠っている・・・。

2.
06:35:43
a0031821_2156209.jpg
ムムっ! 来たのか?!・・・

3.
06:36:19
a0031821_21584099.jpg
来た~~!!!♪♪
これか~っ! 噂に聞いていた、貴婦人が輝き始めたのだ(^_-)-☆
男体山の南麓から顔を出す朝日が射し込む一瞬! 
太陽の高度が低いのがポイントなんだな・・・。
丁度貴婦人目掛けて斜光線のスポットライトを当てる様な感じで、貴重な一瞬なのだ。

何しろ始めて見る瞬間だった・・・感動でした~・・・♪
でも、写真では・・・何分の一も伝えられないな、なのである(涙)
実際にこの目で見るのにはとても敵わないのだ・・・。
この瞬間にこの場に居た幸せを感謝しなくては・・・。

4.
06:36:41
a0031821_225971.jpg


5.
06:36:52
a0031821_226373.jpg


6.
06:37:02
a0031821_22649100.jpg


7.
06:38:22
a0031821_2283589.jpg


8.
06:38:47
a0031821_2295256.jpg


9.
06:59:21
a0031821_22103162.jpg

こうなると・・・終わりか~・・・。

イヤハヤ、秒速で変わる光! 忙しいったら無いネ・・・(^_^;)  ?百枚も撮ってしまった。
以上、トリミング無しでのご紹介です。

それにしてもこの快晴無風の朝!・・・こうなるとは夢にも思わなかったけど、欲を言えば、もう少し雲なり霧なり出てくれたら又面白かったかも・・・
なんて、何贅沢言ってるのか!って怒られそう(^_^;)

イヤイヤ、これはね~ラッキ~としか言い様が無いわな♪

でも冷えたよ~(泣)・・・レンズには使い捨てカイロを巻き付けて保温してたけど、フードに霜が降りていたっけ(笑)
三脚の足にも霜♪傍に転がしていたザックも真っ白に霜が・・・。
でも真冬とは大違いで、未だ序の口なんだろうけど、一応真冬的装備ではあった(^_^;)

落葉松の金屏風も見事に輝いてくれた。落葉松の輝きは狙い目だよな~・・・もっと研究しないとアカン!♪

こうして見てみると・・・どうも下手っぴ画像ばっかしで・・・折角の素晴らしい自然現象を目の前にして腕が無いのを反省頻り(^_^;)
マアでもこの目でしっかり見られて・・・素晴らしい思い出になったのは確かなので、今回は良しとしよう(笑)

来年に備えて、修行せなアカンのは確かなので・・・さあどうしよう?♪

by sdknz610 | 2012-11-06 22:45 | 日光 | Trackback | Comments(6)
2012年 08月 02日

テガタチドリ(手形千鳥)・・・奥日光・小田代にて

テガタチドリ!・・・7月18日の画です。間が空いちゃったんですが、私にとってはレアものなので、記事にしておきます。
小田代の西側、一か所だけお花畑状態の場所があって、イブキトラノオの大群生の中にノハナショウブ、ミズチドリ、ワレモコウ等が♪

そんな中、この株たった一つ・・・記憶に薄っすらとあったのを思い出して、そう!テガタチドリだ~と♪
木道の直ぐ傍! マクロ専用レンズ持ってなかったのが悔やまれるんだけど・・・
何とか証拠写真をと(^_^;)

1.
a0031821_21232165.jpg
この花の周りだけ他の花が途絶えて・・・気が付けば結構目立つ訳なんだけど・・・
かなりのハイカーの往来があったにも拘わらず、立ち止まる人は殆ど居なかったです・・・
モッタイナイ♪

2.
a0031821_21255048.jpg
この薄紫っぽい色は覚えていた・・・。

3.
a0031821_21275651.jpg


4.
花の形がどうなのか? ちょっと大きくしてみます。
a0031821_21325036.jpg
確かにコレは蘭だ~!♪
ゲキカワ!♪
画像クリックして大きくして見て下さい!♪

振り返ってみると、2007.8.9の記事で志賀高原を下る途中でこのテガタチドリを撮って以来になる。
懐かしいな♪
奥日光で会えるとは想定外だったから何だかとても嬉しかったのでR♪

以下、テガタチドリって、どうなのよ?・・・ウィキペディアを引用しておきます。

★テガタチドリ(手形千鳥、学名:Gymnadenia conopsea )は、ラン科テガタチドリ属の多年草である。別名チドリソウともいう。

ヨーロッパから極東までのユーラシア大陸北部に分布し、日本では北海道と本州中部以北の亜高山帯から高山帯にかけての草原に分布する。茎の高さは30cmから60cm、花期は7~8月で、1cm程度の小さな花が穂状に密集して咲く。花の色は淡い紅紫色。和名は、太い根が手のひら状になっていること、花が千鳥の飛ぶ姿に似ていることから付けられている。

類似種として、ノビネチドリ(Gymnadenia camtschatica )とハクサンチドリがある。ノビネチドリは葉の縁が波打っていること、ハクサンチドリは花の先端が尖っていること、全般的にテガタチドリの方が花の色が淡い傾向があること(ただし個体差がある)などから識別できる。

戦場ヶ原から小田代を巡って、この一株しか無かった・・・木道から視認出来たのは、ですが(^_^;)
もっと頻繁に行ってないと、奥日光の季節の移り変わりが良く分からないなと、反省してるんだけどね。

追記:
御礼を♪
本日、午後10時過ぎでしたが、拙ブログへの訪問者数累計が35万を越えました。
(エキサイトで言う所のPC訪問者数です)

2004年6月からですから、足掛け8年?!・・・大分スローではありますが(^_^;)
35万というのは何となく一つの区切りみたいに思っていた数字だったので、それをクリアー出来たので
ご報告という事です。
これは・・・何しろ、一重に訪問して下さる皆さんのお陰!ご支援、応援の証と心得て・・・
これからもマイペースで・・・出来るだけですが、続けていければと思います。
ホントにありがとうございます。
心より感謝申し上げます。

再追記です。8月3日・・・ちょっと出掛ける事にしました。次の更新が明後日位になりそうです・・・。

by sdknz610 | 2012-08-02 22:00 | 高山植物 | Trackback | Comments(6)
2012年 07月 26日

奥日光散策(8)・・・イチモンジ(一文字蝶)が一杯いたよ♪

a0031821_20534181.jpg
戦場ヶ原、小田代周りにイチモンジチョウが一杯♪
アサマイチモンジやメスグロヒョウモンのメスとそっくりで・・・見た目で判別出来ないので(^_^;)・・・
家でPC画面とネットサーフィンで見る画像を見較べて・・・これが結構シンドイ作業で・・・確信持つのは容易ではない。

実は・・・イチモンジチョウは初めて撮れたって訳で、嬉しかったです♪

これまでアサマイチモンジは過去何度か撮っているんだけど、メスグロの方は未だ・・・なんです(泣)

なかなか翅を畳んでくれないんですよ。これはかなり追い掛けて・・・やっと閉じてくれたのを・・・(^_^;)
この裏面にイチモンジチョウの特徴がはっきり出ているので、これを撮っておくのは必須です。
マア蝶全般にですが・・・表と裏、必ず撮りたいんだけど、なかなかね~・・・辛抱辛抱♪

ではもうちょっと色んなアングルで・・・
a0031821_2121284.jpg
これは・・・足元に来て、休んじゃった♪
望遠マクロで・・・。

a0031821_2191073.jpg

a0031821_21101589.jpg

a0031821_21112583.jpg

これがイチモンジチョウか~・・・暗い林の中、ちっともジっとしてくれなくて、随分コマを消化してしまったじゃないか(泣)
少しだけ・・・こんな蝶の撮り方を教えてもらったのかな?・・・アリガトウ! お礼を言わなくっちゃネ(^_^;)
次撮らせてもらう時はもっと上手い事行きますように・・・なんて♪

イチモンジチョウ・・・
タテハチョウ科 イチモンジチョウ亜科
一文字蝶
英名:White Admiral・・・白い提督!だって・・・スゴイ名前♪

PENTAX K-5
55-300mm
手持ち

by sdknz610 | 2012-07-26 22:00 | 私の蝶・蛾図鑑 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 25日

奥日光散策(7)・・・キツリフネ(黄釣船)!初見初撮り♪

あの黄色い花は何だ?・・・木道の脇にブラブラと揺れる小さな花に気が付いた。
図鑑で見た事のある淡い記憶によれば・・・確かこれは・・・キツリフネか?

1.
a0031821_9221456.jpg

2.
a0031821_922327.jpg

3.
a0031821_923422.jpg

4.
a0031821_9232868.jpg


撮ってる内に、確かにこれはキツリフネ!と確信し始めて、出来るだけ色んなアングルで撮る事に♪
初見初撮りだぜ~♪
Nikon P500で。

キツリフネは以前赤城大沼で撮ってるけどキツリフネはね~・・・ズッと見ず仕舞いだったのだ。
ツリフネ・・・見れば見るほど、何とも不思議な格好してるよね・・・。
大自然の驚異!♪

小田代の西側の木道の途中で、この株の他林間に幾つか咲いていた。多くはなかったな・・・。

ブラブラと微風に揺れるカワユイ花。 いいもんですね~♪

英名でTouch-me-not Balsam。
学名にImpatiens noli-tangereと言うのは、触るな!なんだってよ♪
実りの時になると、ちょっと触っただけで、種を弾き飛ばす!って事らしいのだ。
実際やってみたい!・・・ナンテ(^_^;)

日本では鹿児島県など、絶滅指定されてる?らしいぞ・・・。
やっぱりね、野生で見れるのは珍しいみたいで・・・・。

私にも貴重な、絶滅危惧種!であります。

by sdknz610 | 2012-07-25 15:00 | 高山植物 | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 24日

奥日光散策(6)・・・ヤマオダマキ

小田代への林道をポクポク歩いていると、目の前にヤマオダマキが! 足に当たりそうな近くに・・・。
ヤマオダマキは見掛けるとついシャッター押したくなる・・・好きな花♪
木道にしゃがんで超接近を試みて・・・足首が痛くなって(泣)・・・時々休みを(^_^;)
この間、殆どハイカーは来ずだったので余り迷惑を掛ける事も無く♪
こんな窮屈な姿勢を強いられる時、可動液晶モニターを備えたNikonのP500は便利です!

1.
a0031821_13301617.jpg

  こんな姿のランプなんて無いかな?・・・埃が溜まったら掃除が大変か・・・。

2.
a0031821_13315163.jpg
木道の直ぐ傍!
  #1とは違う株。他にも別の場所で咲いてたけど、そんなに多くは無かったな・・・。
  ここでは結構貴重な花で、見付け次第撮っておかないと・・・。

3.
a0031821_13345416.jpg
この株とは、あ~でもない、こ~でもないと・・・随分何枚も・・・。長時間ここに居座って(^_^;)
同行者が居たら・・・いい加減にせんかい!と・・・顰蹙モノでしょうね♪
だから・・・単独行が好きなんです。

日差しが当たらず、いい色が出てません(^_^;)

4.
森の中のオダマキランプ♪
a0031821_13403884.jpg


5.
a0031821_13415049.jpg

6.
a0031821_13423158.jpg
ワイドで超接近を試みる。後ろの林が放射状になるのが面白かったので・・・。
このアングル、撮るのに大汗でした。姿勢は最悪で・・・。
ピントがAFではどうにもしっくり来ず・・・マニュアルフォーカスに切り替えて
拡大表示を頼りに・・・レンズに花が触りそうなスーパマクロ!結構難しいもんです(^_^;)
一応お気に入り、です♪

7.
a0031821_13465894.jpg
又違う株です。普通に草原に咲いてる、普通の画(^_^;)

以上、ラストのはK-5でちょっと距離があるショットですが、他は全てNikon P500で手持ちで撮ってます。フラッシュも炊いてません。

こうなると、・・・ミヤマオダマキは何時見れるのか?・・・って事になるんだけど・・・
未だ接見叶わずなのよね~(泣)

by sdknz610 | 2012-07-24 15:00 | Trackback | Comments(6)
2012年 07月 23日

奥日光散策(5)・・・ショウキランに会えるとは!♪

予想もしてなかったですが、まさかの絶滅危惧種に会えるなんて!
初見初撮りのショウキランでした。
a0031821_1083617.jpg

a0031821_108538.jpg

a0031821_109828.jpg

泉門池(イズミヤド)から小田代への森の途中、木道の無い裸道の脇にポっと何やら明るい花が咲いているのに気が付いて・・・
実はこの辺りでギンリョウソウが若しか咲いていないか?と探しながらだったんですが、
ギンリョウソウは気配が無く、代わりにこの花!
パっと見は似てますが、やっぱりこれはランですよね♪
いやはや珍しい花に出会って良かったです♪
何やら虫に齧られた様な傷があるし、もう花が萎んで黒くなってるのもあって、ピークが過ぎてます。
ぎりぎり間に合ったみたいで(^_^;)

ラン科ショウキラン属。鍾馗蘭、Yoania japonica
花を鍾馗様の烏帽子に見立てた名前のようです。
学名にジャポニカが付いていたとは!
数県で絶滅危惧種に指定されているようで、私的にもこの花は絶滅危惧種!♪

腐生植物の中には他にギンリョウソウ(銀竜草)が有名ですが、こちらシャクゾウソウ科とかイチヤクソウ科とか色々。
まるで科が違うんですね。今回は見付けられず、でした。

ショウキランはグルっと小田代を廻ってもたったこの株二本だけ!でした・・・。
もっとも散策路の脇にあるのしか分からない訳ですが。

こういうまさかの出会いがあるから奥日光も面白いな~です♪
見逃すのはもったいない!・・・油断出来ませんですよ。

今回の奥日光行では最大のお土産って事になりそう♪

by sdknz610 | 2012-07-23 15:00 | 高山植物 | Trackback | Comments(2)
2011年 10月 10日

秋色小田代湖・・・木道が浮いてます

1.
a0031821_19551444.jpg

2.
a0031821_1956690.jpg

3.
a0031821_19562611.jpg

4.
a0031821_1956446.jpg

5.
a0031821_1957663.jpg

男体山

小田代湖の秋を見に、10月10日・・・何で一番混む日に?・・・龍頭の滝周辺は異常な混雑ぶり♪
小田代も人の波が途切れる事も無く・・・いよいよ秋色が本格的になって来た奥日光です。
平日にユックリと言うのが定番でしょうね。
しかし仕事絡みもあり、9日の夕方赤沼P着で車中泊。
今日10日は、午前二時に起きてしまった♪ 携帯のめざまし時計は2時半に合わせていたんだけど・・・。
少々雲が多い朝だ。何とかなるかな?と準備に掛かって小田代着が3時半。
今回は先日届いたばかりの自転車を積んで行ったので、ほんの15分足らずで・・・折り畳み電動アシストは楽だ~♪
しかし・・・先着のカメラマンが既にポイントに立てた三脚で目ぼしい場所は・・・それでもやっとここにしようという場所を確保。
早い人は2時半には来てるというから・・・絶句(笑)

寒さは・・・それ程でも無く・・・寝袋は夏用を二重で。プラス5℃位だったのかな?アメダス見て無いけど♪
一応ダウンジャケットと手袋姿で。只ジっとしてると・・・体が震えて来た♪ 足元から冷えて来る。
防寒用オーバズボンまでは要らない感じだったけど、次行く時はもっと寒くなってるだろうから、エライ格好で行かなくっちゃなるまいか?・・・

未だ画像整理が間に合わずですが、取り敢えず小田代湖の水の様子からご紹介します。
前回は9月18日でしたが、あの時より水位上昇してます。湖面は更に大きく・・・。
木道は一部船に乗ってる様でプカプカ浮いている所あり。応急修理してありますが、暫くこの状態が続きそうな感じです。

黄葉は小田代周りでは見頃です。中禅寺湖廻りだともうちょっと先かな?・・・

明日から小田代湖シリーズ続けます・・・。

コメント欄閉じております・・・。

by sdknz610 | 2011-10-10 20:33 | 日光 | Trackback