『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:赤城自然園 ( 120 ) タグの人気記事


2017年 11月 17日

晩秋の赤城自然園点描

a0031821_10354556.jpg
2017.11.15  赤城自然園
m4/3の9mmレンズ (以下焦点距離はm4/3の値)


2.
a0031821_10383043.jpg
毎年クリンソウが群生する場所もキレイに均されてこの風情に
赤城自然園唯一間近に触れられるせせらぎは貴重♪

42.5mm F1.2 NOCTICRON


3.
a0031821_10420895.jpg
風は殆ど無くて、ピタリと止んだ瞬間の水鏡に映る紅葉を。
ここはミズスマシの池。
42.5mm F1.2 NOCTICRON

4.
a0031821_10441587.jpg
夏に較べればミズスマシの数は激減してたけど、相変わらず水面のグルグルは面白い♪
42.5mm F1.2 NOCTICRON


5.
a0031821_10465989.jpg
散り残りのガマズミの実?
周りの紅葉を背景に。この時季ならではのマイクロ絶景♪
42.5mm F1.2 NOCTICRON


6.
a0031821_10493157.jpg
もう一枚♪
42.5mm F1.2 NOCTICRON


7.
a0031821_10502078.jpg
吊花の蒴果散り残り
42.5mm F1.2 NOCTICRON


8.
a0031821_10521154.jpg
ポツンと・・・
42.5mm F1.2 NOCTICRON

9.
a0031821_10534823.jpg
正面遠望は榛名連峰
42.5mm F1.2 NOCTICRON



10.
a0031821_10550181.jpg
トンボ池の東屋
14mm



11.
a0031821_10562765.jpg
赤城自然園入口へのアプローチ
9mm

次、春の開園は2018年4月1日だったか・・・
暫くのお別れだ。






by sdknz610 | 2017-11-17 13:00 | 赤城自然園 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 16日

朱に染まる・・・赤城自然園で紅葉ハンターやって来た♪

a0031821_19305179.jpg
2017.11.15
赤城自然園
ここのもみじとなると、私の標本木として、いろはもみじの高木が二本あるので
今回もその木に逢いたくて・・♪
ところが一本は既に殆ど落葉していて・・・
もう一本は、絶頂期だったという・・・木によって大きく季節の進行が違うもんだと・・・。
その元気なもみじの様子をメインにレポートします。

大きく枝を広げているので、その笠の中へ。
逆光に輝く紅葉が素晴らしくキレイだった。
そこら中が真っ赤に染まり、ホワイトバランスが異常を来すやもだったけど、イエ何も起こらず
素晴らしい紅色を忠実に再現してくれたOLYのE-M10を褒めておこうかと♪


2.
a0031821_20035095.jpg
レンズはOLYの9-18mmワイドズームだ。


3.
a0031821_19434125.jpg

4.
a0031821_20043210.jpg
枝を大きく広げて枝垂れていて、真っ赤なカーテンになってた♪


5.
a0031821_19465205.jpg
今季最高の真っ赤っかに出会えたゼ♪
それにしても大快晴に恵まれて・・・やはり燦々と降り注ぐお日様こそ紅葉狩りの最大の助演者だ。


6.
a0031821_19500270.jpg
紅葉ハンターにとって、こういう裏紅葉は絶好の獲物だ♪


7.
a0031821_19515492.jpg
せせらぎに溜まるモミジの落ち葉と手前ボケのモミジのコラボレーションを試みる。
上の#6とこの画はPanaのG7にLEICA NOCTICRON 42.5mm F1.2だ。
35mm版換算85mmになり、それも開放F1.2で撮ってるので
大きくボケるのを生かして、になる。





by sdknz610 | 2017-11-16 20:30 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 15日

赤城自然園の紅葉は・・・F1.2レンズを試す

a0031821_20362601.jpg
2017.11.15
赤城自然園へ紅葉狩りに行ってみた。
もうピークを過ぎたか? 間もなく閉園になるし・・・
晴れ間を待っていたんサ♪
昨日とは打って変わって快晴、無風の赤城自然園は
未だ緑のもみじと既に落葉したもみじが混在していて複雑だったけど、
丁度真っ盛りのもみじはかなりあって、行って良かったか♪

今日の主な目的はスーパワイドレンズで接近した画と、
開放F1.2という大口径単焦点レンズでもみじをどう撮るか、検証してみようと思って・・・
この画は18mm相当で、F5.6開放、補正はマイナス0.3、ISO200、1/60で。WBはオートだ。
OLY E-M10


2.
a0031821_21261020.jpg
せせらぎに被るもみじを
85mm相当のLEICA NOCTICRON F1.2開放で、
ー1EV ISO200 1/1600 WBオートで撮っている。

極めて薄い被写界深度は何処にピンを置くか細心の注意が必要で、
その上で主目的の背景のボケ味を見てみたかったけど、これは素晴らしいナ♪
Pana G7

今日は二台態勢で。何れも手持ちで。

膨大なコマ数になってしまい、今日は帰宅後、飲み会へ・・・
本格的な画像処理は明日以降に、なんだけど、
20時過ぎ帰宅したので、やっとこの二枚を先行してアップします(^-^;

赤城自然園のもみじは今週一杯位はいいのではと思います。
19日の日曜日で晩秋の開園は終了して、来年4月1日の開園までお休みになります。
お急ぎ下さい!♪

尚、サポータ特別開園日は
2018年は1月21日、2月18日、3月11日予定になってます。





by sdknz610 | 2017-11-15 22:00 | 紅葉 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 25日

小さな秋見つけた。ツリバナのくす玉が割れていた♪ 赤城自然園

a0031821_15333856.jpg
2017.9.21 赤城自然園
何時もの散策コースにあるツリバナの高木。
今は丁度くす玉見たいな実が割れて、中から赤い種がぶら下がっている様に見える。
鈴生りの豊作! 木全体が真っ赤に染まっているかに見える♪


2.
a0031821_15422951.jpg
小さな秋が一杯ぶら下がっていて・・・カワユイな♪



3.
a0031821_15450865.jpg

4.
a0031821_15455833.jpg
樹下に入り、頭上からブラ下がる実を背景を変えて撮る。


5.
a0031821_15473886.jpg
休憩広場の高木。近くのベンチに座り持参のコーヒーを啜る穏やかな時間の経過も楽しみだ。


6.
a0031821_15495114.jpg
殻が5裂してるの分かりますか?
これが吊花の特徴らしいっす♪
そっくりさんのマユミは4裂!♪


7.
a0031821_15554242.jpg
仮種皮からぶら下がって暫くはこうして鳥に食べられるのを待ってるみたいだ。
でも木の下には足の踏み場も無い感じで真っ赤な種が一杯落ちていた・・・。


8.
a0031821_16013956.jpg
この辺りの雰囲気は好きだ。


9.
以下は、一週間ほど前の13日に訪れた時の様子です。
まだ裂開してる実は少なかった・・・。
a0031821_16043677.jpg

10.
a0031821_16053970.jpg

11.
a0031821_16063050.jpg
マクロレンズではなく、望遠ズームのテレマクロという感じで撮る事が多い。


12.
a0031821_16085756.jpg


13.
a0031821_16094617.jpg
かなり近い。AFだと背景に引っ張られてなかなかピンが来ないのに嫌気差して
結局マニュアルフォーカスになる♪
一番確実だよ♪

吊花・・・ニシキギ科。地球上では千数百種もあると言うから驚きだ。
そっくりさんのマユミは知ってる♪
榛名湖へ下る一本道の北側にはマユミの大群生があり・・・今は見頃になってるかも。
最近行ってないので分からんけど・・・。







by sdknz610 | 2017-09-25 16:30 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 24日

アサギマダラ・二頭が絡むの図

a0031821_14505533.jpg
2017.9.21  赤城自然園
アサギマダラの動きを観察していると、既にお客さんが陣取っているフジバカマレストランに
もう一頭が割り込んで来るシ~ンに遭遇する事がある。
次、そうなったら是非撮ってみたいと狙うんだけど、そう簡単に問屋は下ろしてくれない(^-^;

ただ、アサギマダラには大人気のフジバカマがあるようで、その花が分かれば狙い目だ。
一頭が蜜吸いやってる所に、きっと誰かが来るんじゃないかと・・・。

で、予想通り来ましたヨ(^_-)-☆


2.
a0031821_15015683.jpg
後から来た子が先に蜜吸いやってる子を追い出して・・・という事ではなくて
自分も吸いたいだけ。


3.
a0031821_15040657.jpg
みんな仲良く譲り合い・・・というのがアサギマダラの穏やかな習性みたいだ。
喧嘩ばかりしていては、?千キロという長距離を飛行して生き残るのは不可能なんだと思うワ。


4.
a0031821_15080692.jpg
先に来ている子は慌てず騒がず♪

5.
a0031821_15090636.jpg
こうして並んだ姿がカワユイぞ♪


6.
a0031821_15101648.jpg
こういう二頭のブラ下がりもネ♪
実を言えばこういうシーンは極めてレアで・・・待った甲斐があったかな。


7.
a0031821_15135693.jpg
もう一枚。
二頭が重なるアングルで。
フジバカマが林立する隙間を縫って、こちらも移動して狙うが
自由度は少なく、風で大きく揺らぐフジバカマという事もあり、
歩留まりは非常に悪い(^-^;

マアでも一枚でも撮れていれば満足って事で。







by sdknz610 | 2017-09-24 16:00 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 23日

アサギマダラ正面飛び出しの図

a0031821_10304405.jpg
2017.9.21
アサギマダラの飛び出しを今度は正面から撮る機会が訪れた。
背景が遠くの森になる様に目線を下げ、望遠レンズで大きくボカすのを狙った。
これで蝶が浮き上がる感じに。
中腰では保たないので、持参の超軽量折り畳み椅子に座って・・・になる。
これだと左肘を左の膝に乗せて、人体三脚風にカメラのホールドはかなりしっかりするのが◎♪
さあ! 何時飛び出してもイイよ!♪


2.
a0031821_10414585.jpg
飛び出すゾ!♪
飛行機が離陸するのを真正面から撮るのに似ている?かな・・・
イヤ、飛行機をそういう風に撮ってみたいとイメージしてるけど、未だに実現していないのよ(^-^;
マアね、チョッチョをこんなアングルで撮るのは初めてだけど、意外にカッコイイもんだから♪


3.
a0031821_10455502.jpg
アサギマダラの真正面下側から・・・。
無印の子だったし♪


4.
a0031821_10474561.jpg


5.
a0031821_10483501.jpg
ホッホウ! これだってカッコイイわ♪
ユバ様参上!って・・・。


6.
a0031821_10510528.jpg
平開する翼。イイね♪


7.
a0031821_10523502.jpg

8.
a0031821_10533540.jpg
背景を遠くの森を使ってボカしたのは正解だったか。
やはり自分が動いて、背景をどうするか選ばないと・・・
という点で今回は収穫アリだったと思う。
アサギマダラ撮りも奥が深く、限がないけど
出来るだけ、行ける時に行くべし、と思う(^-^;

SSは1/1300をチョイス
ズームは200mm相当
ISOが5000になってた(^-^;
F5.6 -0.3EV
PanaのG7だけど、高ISOでも結構見られる画が出て来るのは◎だ♪
4Kフォトモードのプリ連写秒30コマ。





by sdknz610 | 2017-09-23 15:00 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 21日

アサギマダラ・・・take off!

a0031821_20462416.jpg
2017.9.21 赤城自然園
アサギマダラが増えて来たネ♪
今日もアサギマダラの飛び出し狙い一本勝負!(^-^;
午後2時過ぎ帰宅後、ズ~ッとおよそ1000コマの中から使えそうなコマの選別をやっていて・・・
やっと幾つか拾ってみた・・・。
一次選考では1割程・・・更に二次選考になるとほんの十数コマにしかならない感じ(^-^;
百分の一?!♪・・・マアね歩留まりはそんなもんです。
300枚に一枚というのは昔からそう思っていて・・・百分の一ならいい方かも♪

さて、何時飛び出すか分からないアサギマダラ・・・予兆というのが未だに良く分からんのでありますが
そこで威力を発揮するのが、4Kフォトのプリ連写モードです。
アっ!と思ってシャッター押すと、前後0.5秒間を毎秒30コマで連写してくれる、というものです。
今回は、PanaのG7。
NIKON1 V3のベストモーメントキャプチャも似た様なもので、前後0.5秒を20コマずつの40コマ連写なんだけど・・・
使い易いのはG7だ。

マそれは置いといて・・・アサギマダラは数が増えて、ザっと10数頭と言った感じだった。
これからフジバカマが満開になる頃にはもっと増えるのではなかろうか?



2.
a0031821_21035468.jpg
Panasonic G7。の4Kフォトモード。
800万画素ということだけど、画像を見ても特に問題は無い!ですよ♪
画素数より・・・撮れるかどうか?だから・・・
こういう動態撮影って・・・撮れる方がイイに決まってる。と、思ってます♪


3.
a0031821_21082910.jpg
アサギマダラの飛び出すシ~ンだけど、千変万化!



4.
a0031821_21094909.jpg
この子は未だ無印だった♪
マーキング活動が始まっていて・・・翼にAP○○○という赤城自然園の記号のナンバーが書かれている子がチラホラいるので・・・♪


5.
a0031821_21124841.jpg
SSは1/1000をチョイス。
ISOが1600だった。
これでちょっと木陰になるとISOは3200とか、6400に直ぐなってしまう。
明るいレンズが欲しくなる所以だ(^-^;
ただ明るいと被写界深度が浅くなるのでピントという点で歩留まりがグッと悪くなる筈で・・・
痛し痒しだろうな・・・。
一番大事なのは、高感度ノイズが少ないセンサーって事だと思うよ。
カタログ最高感度が高い方がいいに決まってるのさ♪

G7だと25600・・・これより3段位低い所が常用可能な限界かな?
とは言え、イザとなれば25600でも面白い画が出てくるので、なかなかのキカイなんだけどね♪

PENTAXのKPは、max812000だったか?・・・スッゲーカタログ値(^-^;
実用的にはどうなんだろうね?・・・。

話が変な方向に行ってしまったワ(;´・ω・)








by sdknz610 | 2017-09-21 21:45 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 15日

アサギマダラ(4)・・・蜂に追われて(^-^;

a0031821_19344541.jpg
これもアザミレストランで蜜吸い中に、ハチが飛び込んで来て・・・
慌てて逃げ出すアサギマダラでした(^-^;
小さな蜂なんだけどね・・・。


2.
a0031821_19363842.jpg
蜂の方は、先客が居るのにおかまいなしで突っ込んで来るなんて!


3.
a0031821_19385573.jpg
ビュンっ!と飛び出した!
このアサギマダラ、ご覧の様に前翅、後翅には何かに齧られたのか?大きな欠損が見られ
これから南へ下るのに支障が出ないか・・・心配だ。
マーキングの無い個体なんだけど・・・。


4.
a0031821_19434518.jpg
翅の撓りが・・・緊急事態発生だからな・・・。


5.
a0031821_19460501.jpg
一瞬蜂が見えなくなった・・・


6.
a0031821_19482538.jpg
オッ! 蜂が弾かれたか?


7.
a0031821_19494876.jpg
アサギマダラのこの翼の動きが見もの!♪


8.
a0031821_19512510.jpg
こんな騒動になるなんてお騒がせ蜂君だったな♪
結局アザミレストランには入れずだった。





by sdknz610 | 2017-09-15 20:15 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 14日

アサギマダラ(3)蜜争い勃発?・・・赤城自然園

a0031821_20552703.jpg
アザミで吸蜜中のアサギマダラを撮っていたら
突然何かが飛んで来て・・・ハナバチだな。マルハナバチ系みたい。
そのまま4Kフォトで撮る・・・


2.
a0031821_20593374.jpg
どうやらアサギマダラが居るのに、そのまま突進かよ!


3.
a0031821_21011410.jpg
アサギマダラ、どうする?



4.
a0031821_21023482.jpg
ぶつかっちゃうじゃん!


5.
a0031821_21041481.jpg
オっ! アサギマダラ逃げる!?


6.
a0031821_21053811.jpg
衝突は回避したか・・・


7.
a0031821_21101587.jpg
蜜場争い、無事だったか・・・。


8.
a0031821_21150242.jpg
こんな蜜争いの修羅場が(^-^;・・・至る所で勃発してた。
アサギマダラが追い出されるシーンを何度も目撃。
アサギマダラって・・・争わず、生き抜いて南へ如何に無事行き着けるか?を最優先してると見た。








by sdknz610 | 2017-09-14 22:00 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 14日

アサギマダラ(2)・・・赤城自然園

a0031821_09534654.jpg
2017.9.13 赤城自然園フジバカマ畑 10:38頃
ここで最初に出会った子だ。フワフワ飛んで来たのを目で追い掛けていたら、
散策路から手が届く位近いフジバカマに止まってくれた♪
タテハチョウ科だからね~・・・翅を開くのは待たねばならない。辛抱辛抱(;´・ω・)
この翼で南北2,3000kmを往復するって・・・すごいゼ!アサギマダラ♪

2.
a0031821_10052503.jpg
今回マクロレンズを持って行かなかったので・・・
90-350mm相当のズームレンズ。
望遠端の最短撮影距離付近で。
近寄らずに撮れるから対象にストレスを掛けずに済む。
ピントはやはり目に!って事で(^-^;
フジバカマの極小さな花。この蜜を吸う蝶は多くないな。
ワンサと居たヒョウモンチョウ達は殆どマツムシソウ、アザミに集っていて・・・
やはりフジバカマはアサギマダラ用カフェみたいな存在かもね・・・。
でもフジバカマが満開になって他の花が萎んでくれば様相が一変するかもしれないけど。


3.
a0031821_10164520.jpg
更にギリギリまで寄って・・・。


4.
a0031821_10240098.jpg
縦割り!
翼の強度はこのギザギザ構造がキモ!みたいな♪
真後ろショットになったけど、このアングルって意外にチャンスは少ないのでラッキ~だった。


まだまだアサギマダラ・・・続けますので・・・。





by sdknz610 | 2017-09-14 15:00 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)