『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:赤城自然園 ( 117 ) タグの人気記事


2017年 09月 25日

小さな秋見つけた。ツリバナのくす玉が割れていた♪ 赤城自然園

a0031821_15333856.jpg
2017.9.21 赤城自然園
何時もの散策コースにあるツリバナの高木。
今は丁度くす玉見たいな実が割れて、中から赤い種がぶら下がっている様に見える。
鈴生りの豊作! 木全体が真っ赤に染まっているかに見える♪


2.
a0031821_15422951.jpg
小さな秋が一杯ぶら下がっていて・・・カワユイな♪



3.
a0031821_15450865.jpg

4.
a0031821_15455833.jpg
樹下に入り、頭上からブラ下がる実を背景を変えて撮る。


5.
a0031821_15473886.jpg
休憩広場の高木。近くのベンチに座り持参のコーヒーを啜る穏やかな時間の経過も楽しみだ。


6.
a0031821_15495114.jpg
殻が5裂してるの分かりますか?
これが吊花の特徴らしいっす♪
そっくりさんのマユミは4裂!♪


7.
a0031821_15554242.jpg
仮種皮からぶら下がって暫くはこうして鳥に食べられるのを待ってるみたいだ。
でも木の下には足の踏み場も無い感じで真っ赤な種が一杯落ちていた・・・。


8.
a0031821_16013956.jpg
この辺りの雰囲気は好きだ。


9.
以下は、一週間ほど前の13日に訪れた時の様子です。
まだ裂開してる実は少なかった・・・。
a0031821_16043677.jpg

10.
a0031821_16053970.jpg

11.
a0031821_16063050.jpg
マクロレンズではなく、望遠ズームのテレマクロという感じで撮る事が多い。


12.
a0031821_16085756.jpg


13.
a0031821_16094617.jpg
かなり近い。AFだと背景に引っ張られてなかなかピンが来ないのに嫌気差して
結局マニュアルフォーカスになる♪
一番確実だよ♪

吊花・・・ニシキギ科。地球上では千数百種もあると言うから驚きだ。
そっくりさんのマユミは知ってる♪
榛名湖へ下る一本道の北側にはマユミの大群生があり・・・今は見頃になってるかも。
最近行ってないので分からんけど・・・。







by sdknz610 | 2017-09-25 16:30 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 24日

アサギマダラ・二頭が絡むの図

a0031821_14505533.jpg
2017.9.21  赤城自然園
アサギマダラの動きを観察していると、既にお客さんが陣取っているフジバカマレストランに
もう一頭が割り込んで来るシ~ンに遭遇する事がある。
次、そうなったら是非撮ってみたいと狙うんだけど、そう簡単に問屋は下ろしてくれない(^-^;

ただ、アサギマダラには大人気のフジバカマがあるようで、その花が分かれば狙い目だ。
一頭が蜜吸いやってる所に、きっと誰かが来るんじゃないかと・・・。

で、予想通り来ましたヨ(^_-)-☆


2.
a0031821_15015683.jpg
後から来た子が先に蜜吸いやってる子を追い出して・・・という事ではなくて
自分も吸いたいだけ。


3.
a0031821_15040657.jpg
みんな仲良く譲り合い・・・というのがアサギマダラの穏やかな習性みたいだ。
喧嘩ばかりしていては、?千キロという長距離を飛行して生き残るのは不可能なんだと思うワ。


4.
a0031821_15080692.jpg
先に来ている子は慌てず騒がず♪

5.
a0031821_15090636.jpg
こうして並んだ姿がカワユイぞ♪


6.
a0031821_15101648.jpg
こういう二頭のブラ下がりもネ♪
実を言えばこういうシーンは極めてレアで・・・待った甲斐があったかな。


7.
a0031821_15135693.jpg
もう一枚。
二頭が重なるアングルで。
フジバカマが林立する隙間を縫って、こちらも移動して狙うが
自由度は少なく、風で大きく揺らぐフジバカマという事もあり、
歩留まりは非常に悪い(^-^;

マアでも一枚でも撮れていれば満足って事で。







by sdknz610 | 2017-09-24 16:00 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 23日

アサギマダラ正面飛び出しの図

a0031821_10304405.jpg
2017.9.21
アサギマダラの飛び出しを今度は正面から撮る機会が訪れた。
背景が遠くの森になる様に目線を下げ、望遠レンズで大きくボカすのを狙った。
これで蝶が浮き上がる感じに。
中腰では保たないので、持参の超軽量折り畳み椅子に座って・・・になる。
これだと左肘を左の膝に乗せて、人体三脚風にカメラのホールドはかなりしっかりするのが◎♪
さあ! 何時飛び出してもイイよ!♪


2.
a0031821_10414585.jpg
飛び出すゾ!♪
飛行機が離陸するのを真正面から撮るのに似ている?かな・・・
イヤ、飛行機をそういう風に撮ってみたいとイメージしてるけど、未だに実現していないのよ(^-^;
マアね、チョッチョをこんなアングルで撮るのは初めてだけど、意外にカッコイイもんだから♪


3.
a0031821_10455502.jpg
アサギマダラの真正面下側から・・・。
無印の子だったし♪


4.
a0031821_10474561.jpg


5.
a0031821_10483501.jpg
ホッホウ! これだってカッコイイわ♪
ユバ様参上!って・・・。


6.
a0031821_10510528.jpg
平開する翼。イイね♪


7.
a0031821_10523502.jpg

8.
a0031821_10533540.jpg
背景を遠くの森を使ってボカしたのは正解だったか。
やはり自分が動いて、背景をどうするか選ばないと・・・
という点で今回は収穫アリだったと思う。
アサギマダラ撮りも奥が深く、限がないけど
出来るだけ、行ける時に行くべし、と思う(^-^;

SSは1/1300をチョイス
ズームは200mm相当
ISOが5000になってた(^-^;
F5.6 -0.3EV
PanaのG7だけど、高ISOでも結構見られる画が出て来るのは◎だ♪
4Kフォトモードのプリ連写秒30コマ。





by sdknz610 | 2017-09-23 15:00 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 21日

アサギマダラ・・・take off!

a0031821_20462416.jpg
2017.9.21 赤城自然園
アサギマダラが増えて来たネ♪
今日もアサギマダラの飛び出し狙い一本勝負!(^-^;
午後2時過ぎ帰宅後、ズ~ッとおよそ1000コマの中から使えそうなコマの選別をやっていて・・・
やっと幾つか拾ってみた・・・。
一次選考では1割程・・・更に二次選考になるとほんの十数コマにしかならない感じ(^-^;
百分の一?!♪・・・マアね歩留まりはそんなもんです。
300枚に一枚というのは昔からそう思っていて・・・百分の一ならいい方かも♪

さて、何時飛び出すか分からないアサギマダラ・・・予兆というのが未だに良く分からんのでありますが
そこで威力を発揮するのが、4Kフォトのプリ連写モードです。
アっ!と思ってシャッター押すと、前後0.5秒間を毎秒30コマで連写してくれる、というものです。
今回は、PanaのG7。
NIKON1 V3のベストモーメントキャプチャも似た様なもので、前後0.5秒を20コマずつの40コマ連写なんだけど・・・
使い易いのはG7だ。

マそれは置いといて・・・アサギマダラは数が増えて、ザっと10数頭と言った感じだった。
これからフジバカマが満開になる頃にはもっと増えるのではなかろうか?



2.
a0031821_21035468.jpg
Panasonic G7。の4Kフォトモード。
800万画素ということだけど、画像を見ても特に問題は無い!ですよ♪
画素数より・・・撮れるかどうか?だから・・・
こういう動態撮影って・・・撮れる方がイイに決まってる。と、思ってます♪


3.
a0031821_21082910.jpg
アサギマダラの飛び出すシ~ンだけど、千変万化!



4.
a0031821_21094909.jpg
この子は未だ無印だった♪
マーキング活動が始まっていて・・・翼にAP○○○という赤城自然園の記号のナンバーが書かれている子がチラホラいるので・・・♪


5.
a0031821_21124841.jpg
SSは1/1000をチョイス。
ISOが1600だった。
これでちょっと木陰になるとISOは3200とか、6400に直ぐなってしまう。
明るいレンズが欲しくなる所以だ(^-^;
ただ明るいと被写界深度が浅くなるのでピントという点で歩留まりがグッと悪くなる筈で・・・
痛し痒しだろうな・・・。
一番大事なのは、高感度ノイズが少ないセンサーって事だと思うよ。
カタログ最高感度が高い方がいいに決まってるのさ♪

G7だと25600・・・これより3段位低い所が常用可能な限界かな?
とは言え、イザとなれば25600でも面白い画が出てくるので、なかなかのキカイなんだけどね♪

PENTAXのKPは、max812000だったか?・・・スッゲーカタログ値(^-^;
実用的にはどうなんだろうね?・・・。

話が変な方向に行ってしまったワ(;´・ω・)








by sdknz610 | 2017-09-21 21:45 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 15日

アサギマダラ(4)・・・蜂に追われて(^-^;

a0031821_19344541.jpg
これもアザミレストランで蜜吸い中に、ハチが飛び込んで来て・・・
慌てて逃げ出すアサギマダラでした(^-^;
小さな蜂なんだけどね・・・。


2.
a0031821_19363842.jpg
蜂の方は、先客が居るのにおかまいなしで突っ込んで来るなんて!


3.
a0031821_19385573.jpg
ビュンっ!と飛び出した!
このアサギマダラ、ご覧の様に前翅、後翅には何かに齧られたのか?大きな欠損が見られ
これから南へ下るのに支障が出ないか・・・心配だ。
マーキングの無い個体なんだけど・・・。


4.
a0031821_19434518.jpg
翅の撓りが・・・緊急事態発生だからな・・・。


5.
a0031821_19460501.jpg
一瞬蜂が見えなくなった・・・


6.
a0031821_19482538.jpg
オッ! 蜂が弾かれたか?


7.
a0031821_19494876.jpg
アサギマダラのこの翼の動きが見もの!♪


8.
a0031821_19512510.jpg
こんな騒動になるなんてお騒がせ蜂君だったな♪
結局アザミレストランには入れずだった。





by sdknz610 | 2017-09-15 20:15 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 14日

アサギマダラ(3)蜜争い勃発?・・・赤城自然園

a0031821_20552703.jpg
アザミで吸蜜中のアサギマダラを撮っていたら
突然何かが飛んで来て・・・ハナバチだな。マルハナバチ系みたい。
そのまま4Kフォトで撮る・・・


2.
a0031821_20593374.jpg
どうやらアサギマダラが居るのに、そのまま突進かよ!


3.
a0031821_21011410.jpg
アサギマダラ、どうする?



4.
a0031821_21023482.jpg
ぶつかっちゃうじゃん!


5.
a0031821_21041481.jpg
オっ! アサギマダラ逃げる!?


6.
a0031821_21053811.jpg
衝突は回避したか・・・


7.
a0031821_21101587.jpg
蜜場争い、無事だったか・・・。


8.
a0031821_21150242.jpg
こんな蜜争いの修羅場が(^-^;・・・至る所で勃発してた。
アサギマダラが追い出されるシーンを何度も目撃。
アサギマダラって・・・争わず、生き抜いて南へ如何に無事行き着けるか?を最優先してると見た。








by sdknz610 | 2017-09-14 22:00 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 14日

アサギマダラ(2)・・・赤城自然園

a0031821_09534654.jpg
2017.9.13 赤城自然園フジバカマ畑 10:38頃
ここで最初に出会った子だ。フワフワ飛んで来たのを目で追い掛けていたら、
散策路から手が届く位近いフジバカマに止まってくれた♪
タテハチョウ科だからね~・・・翅を開くのは待たねばならない。辛抱辛抱(;´・ω・)
この翼で南北2,3000kmを往復するって・・・すごいゼ!アサギマダラ♪

2.
a0031821_10052503.jpg
今回マクロレンズを持って行かなかったので・・・
90-350mm相当のズームレンズ。
望遠端の最短撮影距離付近で。
近寄らずに撮れるから対象にストレスを掛けずに済む。
ピントはやはり目に!って事で(^-^;
フジバカマの極小さな花。この蜜を吸う蝶は多くないな。
ワンサと居たヒョウモンチョウ達は殆どマツムシソウ、アザミに集っていて・・・
やはりフジバカマはアサギマダラ用カフェみたいな存在かもね・・・。
でもフジバカマが満開になって他の花が萎んでくれば様相が一変するかもしれないけど。


3.
a0031821_10164520.jpg
更にギリギリまで寄って・・・。


4.
a0031821_10240098.jpg
縦割り!
翼の強度はこのギザギザ構造がキモ!みたいな♪
真後ろショットになったけど、このアングルって意外にチャンスは少ないのでラッキ~だった。


まだまだアサギマダラ・・・続けますので・・・。





by sdknz610 | 2017-09-14 15:00 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 13日

アサギマダラシーズン開幕!♪・・・赤城自然園

a0031821_20500463.jpg
2017.9.13  赤城自然園へ
目的となると・・・やっぱりアサギマダラが気になっていたんだけど、
フジバカマ畑ではようやくフジバカマの花が開き始めていて、
その他マツムシソウやアザミ等も一杯咲いていて
色んな蝶が乱舞♪ざっと数十頭はいただろうか・・・
そんな中アサギマダラを見付けようと目を皿の様に、鵜の目鷹の目、血眼になって(ウソ)♪
イヤイヤ居ましたね~・・・最初はこの子だけ、かなり近くのフジバカマに来てくれたんサ(^_-)-☆

で、何とか飛び出しを撮ろうと・・・ギラギラの日差しの中、暑さに耐えてジッと待つ事10分位だったか
パッと行きましたよ!
この子、ノーマーキングのキレイな個体。
後翅に黒い性標があるみたいなので、オスか?


2.
a0031821_21012995.jpg
こういう飛び出し狙いの時はSSを1/1600とか、1/2000にする事が多いけど、
今回は少しブラしてみようと、1/800で(;´・ω・)
ISOは650で納まった。F5.6、-0.7EVだ。


3.
a0031821_21053387.jpg
Pana G7
350mm相当
手持ち
4Kフォトモードで、秒30コマ
コマ抜き無しの連続画像
トリミング無し


4.
a0031821_21091422.jpg
このブレ感だと・・・まあ何とか、ギリギリセーフかな?(;´・ω・)


5.
a0031821_21115419.jpg
蝶の飛び出し・・・まるで予兆が無いのが困る(^-^;
但し4Kフォトなら秒30コマでズ~っと記録しているので、何分待つ事になるか分からんけど
そのまま狙っていれば何れ飛び出す訳なので・・・こんな一瞬も楽勝って事に♪

マア家に帰ってからが大変な事になるけど(^-^;
どのコマを選ぶか・・・1分間に1800コマ! 10分だと18000コマだ!(泣) モウ笑うしかない♪
撮ったはいいけど、そりゃ地獄?かも・・・イエイエ慣れれば、そんなに時間掛かりませんですよ。
狙ったシーンがどの辺にあるか、分かってるから途中すっ飛ばして目指すコマに辿り着くのは結構楽勝なんです♪

NIKON1 V3のベストモーメントキャプチャも似た様な事で、瞬間を撮れますが、
アレは飛んだ瞬間にシャッターを押さなくてはならず、見逃さない様に半押しのまま待つのがプレッシャーなんだけど
Pana G7だと、兎に角シャッター押してスタートしたら、シャッターボタンから指外して
そのまま画面から外さずに待っていればいいのは楽ちんって事♪
4Kフォトは・・・こういう瞬間を逃さない事にかけては最強でしょうね♪
撮れないより撮れた方がイイ!と思ってるのであります・・・。

やっとですね、待ちに待ったアサギマダラシーズン開幕!ですよ。
赤城自然園へ足繁く通う事になりそうです。

マーキング活動は未だ頭数が少なくて始まってなかったです。
暫く様子見かな?
今日は午前中だけで撤収しましたが、全部で4頭を確認しました。
フジバカマは蕾が多く、花は2分咲き位だったか。
今シーズンは数が少ないとの話。北の冷えが足りず南へ下って来る数が少ないみたいです。

今朝は金山頂上へ午前4時着。日の出を撮って、家に戻り朝食を自分で、
その後、赤城自然園へ。
夕方、飲み会♪
やっと更新が終わりそう…ヤバイ!もう夜中の10時近くになっていたか・・・
焦ってるので誤字脱字ありそう・・・通常何度も確認するんだけど、今日はちと粗雑になってるかも
その場合は・・・ご容赦を。
台風が来る前の貴重な晴れ間を狙ってウロウロしてしまった(^-^;










by sdknz610 | 2017-09-13 22:00 | アサギマダラ | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 15日

クマバチがカクトラノオで大忙し

a0031821_07382380.jpg
2017.8.9 赤城自然園
ピンク色の絨毯になってる群生を見て、きっと何か来てるんじゃないかと行ってみた。
居ましたね~クマバチがブンブンでした。5,6頭が大忙しの蜜集め中と見た。
これはもう撮らせてもらうしかないと・・・
花は・・・何だっけ?ど忘れして思い出せず、マいいかとクマバチに集中だ。
スタッフが偶々通り掛かったので聞いてみたら、カクトラノオ、との事。
ア、そうだったか。
茎の断面が四角なので、角虎の尾。
後でネットで調べ直したら、基本ハナトラノオと言うらしい。
別名でカクトラノオ・・。外来種、繁殖力強大らしい。

ブンブンと忙しいクマバチを、1/3200で撮ってみた。翅は結構止まる・・・。
この画では先に来ていた小さい蜂がクマバチが来たもんだから急いで逃げる様子が写っていたよ♪
ダンプカーと軽みたいな・・・。


2.
a0031821_07501154.jpg
クマバチ撮り・・・正面顔を撮りたいとか、要望はあるものの演出は効かないので
ドンドン撮るしかない。
飛んでるのを翅の動きを止めてみようと今回は1/3200で。
上と同じなんだけど、これなら何とか、かな?
毛深い様子も産毛が良く解像してくれるとウレシイ♪


3.
a0031821_08020164.jpg
花粉籠に花粉が・・・無いじゃん。これから集めに掛かるのかな?


4.
a0031821_08034247.jpg
ここではオスは来ておらず。
メスは子育てに忙しいみたいだ。蜜を沢山巣に持ち帰らないと・・・。


5.
a0031821_08055413.jpg
頭隠して尻隠さず状態ばっかしで・・・なかなか顔をしっかり撮れるチャンスが無かった。
大きなお尻はクマバチの特徴だな♪


6.
a0031821_08083253.jpg
クマバチ・・・見つけ次第撮りたくなる。
動態撮影の練習には格好の標的だ。なかなか慣れないけど・・・。


本記事は予約投稿です。
15日、遠出中です。






by sdknz610 | 2017-08-15 15:00 | 蜂の仲間 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 14日

紫金落葉松シキンカラマツ再会・・・赤城自然園

a0031821_06441072.jpg
2017.8.9  赤城自然園
シキンカラマツ・・・もう無いんではないかと思って、何時ものコースを行くと、
アレマ!株の数が減っていたが、散策路から手に取れる様にこの花が近くて・・・
まだまだ蕾もかなりあるし、元気に咲いていたのにはビックリだ。
花期が長いのネ♪
これなら来年は焦らずとも再会出来そうだわ。
今回は花の様子が分かる様に随分接近して撮らせてもらった。
ZUIKO 12-40mmF2.8 PROで。

2.
a0031821_06513984.jpg
シキンカラマツ・・・会う度に新鮮!♪
何度目かの記事になるけど・・・。


3.
a0031821_06532450.jpg
シキンカラマツ・・・紫金唐松
キンポウゲ科 カラマツソウ属
各地の植物園などで見るのが無難か・・。
東大付属植物園日光分園、戸隠神社奥社森林植物園、小石川植物園・・・

シキンカラマツの追っかけになっているけど、
秋になって、黄葉と実が出来ると又面白そうなのだ。是非行ってみよう。





by sdknz610 | 2017-08-14 15:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)