『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ

タグ:高ボッチ ( 23 ) タグの人気記事


2017年 10月 15日

高ボッチ富士山・・・大雲海に朝陽が入り始めて・・・シリーズ最終便(5)

a0031821_16264615.jpg
2017.10.11
6:08
いよいよ朝焼けのマジックアワーも終盤に。
その替りに諏訪湖を覆う大雲海に、蓼科山方向からの朝陽が差し込んで来る!
これもここでの新たなマジックアワーなのだ。


2.
a0031821_16304293.jpg
6:09
今一度富士山を・・・。



3.
a0031821_16315933.jpg
6:13
富士山方向の雲海とモヤにも朝陽が差し込んで来て・・・輝き始めた!♪



4.
a0031821_16334166.jpg
6:13
左、八ヶ岳の西麓を翳めて朝陽がこっちにも・・・。
雲海が微妙に色付いた。
左、手前は高ボッチの頂上への急斜面だ。


5.
a0031821_16364946.jpg
6:41
雲海全体が朝日で輝く。
未だ富士山のシルエットはハッキリ見えていた。



6.
a0031821_16411397.jpg
6:41
これが今回最後のショットだ。
カメラマンはこのお二人と私の、三人のみになっていた(^-^;
一番多い時で15人程だったか・・・。

雲海は、この後8時過ぎまで漂う筈で、雲海を楽しむのはこれからでも十分かも♪
ただ、私はこれにて終了で・・・帰路に着いた。
次、チャンスがあれば雲海の成長と衰退の様子をしっかり観察してみようと思う。

長々と高ボッチからの富士山の朝焼けシリーズを続けましたが
最後までご覧いただきまして感謝いたします。

このところの天候不順で、この後なかなか撮影に行けずになっておりまして
暫く更新が途絶える事になりそうです。
悪しからずご了解いただければ幸いです。





by sdknz610 | 2017-10-15 18:00 | 富士山 | Trackback | Comments(4)
2017年 10月 14日

これ程の朝焼け富士山は初めてだ♪・・・高ボッチから富士山シルエットロマン(4)

a0031821_14181396.jpg
2017.10.11
5:45だった。
雲海の向こうに浮かぶ富士山の素晴らしいシルエット! 
背景の空が見事な色付きだ。
そして上空にポカポカ浮かぶ雲が強烈な紅色に色付いた!

ほんの一瞬の出来事だった。
予想もつかない幸運! 天に感謝! 周りの全てに感謝あるべし♪

2.
a0031821_14235414.jpg
5:46
そして1分後・・・既にアノ紅色の輝きが褪せて来た。
マアそれでもこの素晴らしい絶景に息も止まるほどだった♪
諏訪湖上空を分厚く覆う雲海もね~・・・凄いゾ!


3.
a0031821_14273361.jpg
5:55
少しズームイン、240mm相当だった。
遠くモヤの上層のみが左からの日差しに赤色に染まる!
不思議な一瞬だった。


4.
a0031821_14311324.jpg
5:57
更にズームインして350mm相当で。
久し振り!♪ 紅い朝焼けの富士山シルエットは将に絶景!

ここではこれ以上の望遠レンズは余り必要とは思っていない。
望遠系は45mm~175mmの軽量、チープなm4/3のレンズで・・・(^-^;


5.
a0031821_14362493.jpg
6:01
朝焼けの赤~橙色への変化はそろそろ終盤を迎え様かという時間帯に。
富士山根元のモヤの輝きは未だ残っている。
手前、諏訪湖上空の雲海には八ヶ岳越しの朝陽が未だ入って来ておらず
暗くて、遠方の空の輝きとの明るさの差が極めて大きい状態だ。
HDRは使っていない。露出をずらして何枚も大急ぎで撮った中からの一枚だ。
少しズームアウト、120mm相当で。


今回の様に見事に色付いた朝焼けに富士山シルエットは
何時もこうあって欲しいと思うイメージに勝る、素晴らしい絶景だったな(^_-)-☆
こんな事になるから・・・高ボッチ行が止められない症候群・・・かな~(^-^;
雲海ハンターまでは行かないけれど、どうやら雲海に嵌りそうな雰囲気になって来たかも・・・どうしよう(笑)

明日がシリーズ最終回になります。





by sdknz610 | 2017-10-14 15:00 | 富士山 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 13日

高ボッチからの朝富士は大雲海に恵まれた♪・・・高ボッチ富士山シルエットロマン(3)

a0031821_11501619.jpg
2017.10.11
4:56
高ボッチで二泊して三日目の朝を迎えた。
午前3時、自然に目が覚めた。何とかイイ画を撮りたくて、焦っていたかも。
て、様子を見に行ったが霧が吹き上がって来て・・・諏訪湖は濃い雲の下(´;ω;`)
又ダメ?か・・・と、暫く車の中で待機を余儀なく・・・タブレットで衛星画像見たりで(^-^;
そして4時を過ぎて、微かに東の空が色付き始めた様で、試し撮りの画像を見ると富士山がちゃんと見える!♪
あ~でもしかし、諏訪湖の街の灯は分厚い雲の下で・・・ほんのり雲を透かして滲む街の灯、というイメージとはならず・・・
マア仕方無しだけど・・・
この画は60秒露出。ISOは200で、更に絞りはF9。
露出してる間に雲の流れは意外に早く、刷毛で刷いた様に雲がボケボケに(^-^;
ただ、濃厚なソフトクリームみたいな美味しそうな風景になったかな?(笑)

富士山の背景の空の微妙なピンク色というのはこの後ドンドン褪せて行くので
この時間帯は非常に重要で、神経を使うのよ。
ホワイトバランスはオートで十分キレイなのは特筆しておく(PanaのG7ですよ)

吹き上がって来ていた霧が晴れ、富士山シルエットがクッキリ見えて・・・
一日延長して居座ったのは正解だったかとホッとしたんサ♪


2.
a0031821_12113115.jpg
5:13
少しワイドに撮っている。東の地平近く、富士山の背景の色付きに惹かれる。
そして富士山上空の雲の下面も紅くなって来たぞ!♪
諏訪湖の街の灯はやっと見える程度だった。


3.
a0031821_12150263.jpg
5:13
ズームインして140mm相当だった。
高空の雲、富士山、諏訪湖上空を流れる雲の帯、そして街の灯・・・
盛り過ぎか(笑)


4.
a0031821_12181120.jpg
5:26
#2と似てるけど、微妙な変化。二度と同じ画は無いから・・・。


5.
a0031821_12204169.jpg
5:27
手前の雲の動きが面白くて、随分コマを消費した(^-^;


6.
a0031821_12224187.jpg
5:32
富士山を画面の何処に納めればいいのか? 試行錯誤を繰り返す(^-^;
その間、雲の動きは激しくて忙しいったらありゃしない・・・♪

願っても無い雲海が諏訪湖を覆い始め、でもしかし富士山のシルエットが安定して見えている・・・
何という幸運! ワクワクドキドキが止まらない♪

この時カメラマンの数は増えていたワ♪ そうカメラは12台程だったか。
近くで車中泊してたのは自分を入れて3人・・・。

この後、更なるドラマチックモーニングになってくれた!
明日のレポートで・・・。






by sdknz610 | 2017-10-13 13:00 | 富士山 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 12日

高ボッチ富士山シルエットロマン(2)・・・10月10日は霧とモヤに悩まされる日になった

a0031821_17510774.jpg
2017.10.10
06:05
この日、午前3時起きしたが、車の外はホワイトアウト状態で・・・鼻を摘ままれても分からん状態(´;ω;`)
暫く車の中で待機を余儀なくされる。マアね高ボッチでは普通の事さ。
天気予報では何処もどれも晴れマークが並んでいるのがワラエル♪
1600mの高地を正確に予報するなんて・・・マア無理だろうけど。

その内、上空は抜ける様な青空になって・・・富士山を見ようとポイントへ行ってみたら・・・
これだ~!♪
諏訪湖の上空に厚い雲が流れていて、富士山が微かにやっと頭だけは。


2.
a0031821_17515330.jpg
6:44
ホワイトレインボウ!
ほんの一瞬の出来事。
強烈な朝陽が照らす中、霧が西の方へ高速で流れる。
太陽を背にして・・・こんな状況ではきっと白い虹が出る、可能性があると・・・
ジッと西の方を見ていたのサ♪
そして・・・出た~!とシャッターを切った(^_-)-☆
背景が青空、霧が深くてもだめ、日差しが弱くてはダメ・・・極めて条件が難しいと思うけど
これで、ここでは二回目だ♪ 2017.6.9だった。
その時の記事は2017.6.17をどうぞ。


3.
a0031821_17523951.jpg
7:52
朝焼けの中の富士山シルエットはとうに諦めて・・・もうこんな時刻(^-^;
相変わらず遥か富士山は靄に阻まれてやっと視認出来るけど・・。
ここにはもう他にだれも居ない・・・一人旅(笑)
結構こいうのって好きだ♪


4.
a0031821_17531546.jpg
8:41
お気に入りの高ボッチ牧場だ。自転車で柵の周りの道を一走り。
残念ながらホルスタインはもう居なくなったのか・・・姿が見えずだったけど。


5.
a0031821_17534629.jpg
11:21
車のバックドアを開放。寝袋を敷いた上でうたた寝。風がとても爽やかで・・・。
路肩に軽自動車には丁度いいスペースがあり、道路にはみ出す事も無く、
ここが空いていれば必ず止める場所だ。
カメラポイントへ最短!♪ ほんの50歩ほど・・・
重いビデオ雲台、三脚を運ぶのは、ここだけ。
他の場所ではもっと軽い三脚、雲台になる。。。


6.
a0031821_17542662.jpg
13:34
高ボッチ高原の頂上大駐車場から北側、松本平を望む。
快晴なんだけど、遠方は靄に霞む状況は東側諏訪湖から富士山を見るのと同じだ。
写真にとっては地平付近が抜けて居る事が最重要なんだけど・・・。


7.
a0031821_17550891.jpg
13:36
高ボッチ高原の大駐車場。アルプス展望台。
標高1643m。


8.
a0031821_17555458.jpg
13:42
富士山方向は・・・朝と余り変わっていない。
靄が・・・邪魔なんよ(^-^;


9.
a0031821_17562579.jpg
16:23
上空は秋の空模様!♪ こういう高い雲は歓迎だよね。紅く染まる可能性大♪


10.
a0031821_17570716.jpg
17:48
そして・・・やっと訪れた夕間暮れだ。
富士山は何とか厚い靄の上に見えている。
さて・・・この画は何か変!と思いませんか?・・・

実は・・・
この時期の夕暮れでは、通常富士山が闇に消える時刻にやっと街に灯が灯るので・・・
こんな風に富士山が見えて明るいのに街の灯が同時に写るなんて・・・おかしいゼ(^-^;

今回は・・・未だ富士山のシルエットが見えている時に一枚!
そして・・・30分程時間が経過し、街の灯が盛大に灯るのを待ってもう一枚を!
多重露光してみたものです。種明かしでしたね♪
この待ってる時に重要なのは・・・カメラや三脚などに触ってはいけないって事!
位置がズレ無いよう気を付けよう!
こうでもしないと・・・シルエットと街の灯の合同出演はムリって事で。

明け方でも応用可能か? 明日もしかしてチャンスがあれば試してみよう。

画面に点々とゴミ?みたいなのが・・これ、アカトンボの群れが急に数を増して・・写ってしまった。

そんなこんなで10日は最後の一枚がやっとという事に。

このまま帰る? どうしよう・・・。
結局、明日11日も朝からガンバッテみようと・・・決めちゃった♪
車中泊2泊目に突入だった。







by sdknz610 | 2017-10-12 18:00 | 富士山 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 11日

高ボッチから富士山シルエットロマン・・・今度こそシリーズ(1) 

再びの高ボッチ富士山シリーズを始めます。
a0031821_16321736.jpg
2017.10.9
16:57
富士山が・・・何とか見えます(^-^;

前回9月29日、10月30日の高ボッチ行では60点位だったか・・・チャンスを見て再チャレンジをと
気象情報を見るのが仕事に(^-^;
そして・・・移動性高気圧がやって来たネ♪
予報では3日間位晴れそうというので・・・直前まで様子見していたけど、
どうやらホントっぽいかな?と・・・思い切って出掛ける事にしたのサ。
午後4時頃に現着。上空はほぼ雲が無く快晴!♪
あ~でもしかし・・・何時もの高ボッチらしい・・・富士山は見える事は見えるものの
諏訪湖の向こうの富士山方向地平にはモヤが立ち込めていて・・・
又何時もの惨敗か?という予感もあったけれど
来ちゃったし・・・こうなれば粘るしか無いもんで・・・


2.
a0031821_16531212.jpg
17:06
日が落ちて行くのは早い。富士山のシルエットも間もなく暗闇に消えて行くけど
貴重な時間帯だ。
諏訪湖周辺の街の灯は未だ灯っていない。
夕暮れ時+順光でシルエットという条件+この時に街の灯が欲しいんだけど、それは見果てぬ夢
じゃあどうする?・・・イヤイヤ待てよ・・・何か考えないとイメージしてる画にならないな・・・


3.
a0031821_16584266.jpg
17:19
あ~もうちょっとピンク色になってくれ~っ!と思うだけじゃあね・・・
富士山ももう殆ど視認出来ない位暗くなって行く・・・
ご覧の様に街の灯は殆ど灯っていないよね・・・


4.
a0031821_17020375.jpg
17:19
カメラは2台、ズームレンズもそれぞれ画角が違うのを2本。鉄ちゃんバーに乗っけて
画角を変え、狙うアングルを変えた画像を交互に撮る感じでやっている。
望遠気味に富士山を狙うが、こんな感じで分厚いモヤの上に頭だけ見せる富士山です(^-^;


5.
a0031821_17075354.jpg
17:50
ウダウダやってる内に街の灯の勢いが増して来たけど、富士山は・・・
もう殆ど見えないのさ(-_-;)
夕方の富士山撮りの難しさがコレって事。
綺麗な街の灯にバランス良く富士山シルエットが欲しい・・・



6.
a0031821_17121339.jpg
17:51
綺麗な諏訪湖の街の灯!♪
富士山が見えないんじゃあ・・・今夜は早く寝よう(^-^;

明日、10日の朝と夕刻に期待しよう!
折角こんな遠方まで来たんだもん・・・何とか100点の画を撮って帰りたいよ(^-^;

イエ、どうなるかは全く分からずだから・・・
取り越し苦労が一番ストレスになるからね・・・
特に自然相手では歯が立たんでしょ・・・先の事をアレコレ考えるのは無しって事で(笑)
今そこに在る危機?幸運?どっちにしろその時最善を心掛けるより手が無いんだもん!

しかし最適最善の事が出来る様になっていないと・・・それもダメだから・・・
日頃の訓練が結果に現れるから・・・
そう、例えば・・・周りのカメラマンに迷惑掛けない様に、暗闇の中でカメラの操作を手触りだけで出来るかい?とか(^-^;
日暮れ~・・・そして、未だ暗い朝焼けの頃が勝負だからネ
違うカメラ二台、夫々インターフェイスが違うし、レンズもズームとピントの回す方向が違ったりで
だから余計モタつかない様に馴れておかないと・・・と、思うもののコレが結構焦るわけヨ(´;ω;`)

夜討ち朝駆けが趣味みたいな・・・日中は昼寝(笑)
果報は寝て待とう!♪

今日11日、昼過ぎに無事帰宅出来たけど、膨大な画像処理がなかなか捗りません(^-^;
高ボッチからの絶景をお伝えしたくて・・・
ボチボチですが、懲りずに再訪をお待ちしております。どうぞよろしくm(__)m






by sdknz610 | 2017-10-11 18:00 | 富士山 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 05日

高ボッチから諏訪湖及び富士山シリーズ(6)

a0031821_11233227.jpg
2017.9.30
6:08


2.
a0031821_11244648.jpg
6:18
少し右へパンして南アルプス秀峰群
重畳たる山峰のグラデーションが美しかった


3.
a0031821_11282363.jpg
6:18
やはり気になるス~っと尾を引いて棚引くモヤ。
助演賞!♪


4.
a0031821_11304229.jpg
6:18
八ヶ岳連峰から南へ延びるスロープも美しい。
これも好きなアングルで、何枚も撮るけど飽きないワ♪


5.
a0031821_11330329.jpg
6:19
このモヤを強調してみる。
全体に薄いベールを被った朝だったけど、その中でこの棚引くモヤは(雲海とは呼べないけど)
画面に変化を付けてくれる大自然の貴重な演出と見た。
アリガトウ(^_-)-☆


6.
a0031821_11380372.jpg
7:44
時刻が飛ぶけど、これが今回の見納め諏訪湖富士になる。
すっかりモヤって来て
周りのカメラマンもすっかり居なくなってた(;´・ω・)
それでも富士山は秀麗なシルエットを何時までも見せてくれて、
マア兎に角、感動モノの高ボッチ高原の朝だった。

明日は・・・番外編を・・・。






by sdknz610 | 2017-10-05 13:00 | 富士山 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 04日

高ボッチから諏訪湖富士山の夜明け(5)

a0031821_10300735.jpg
2017.9.30
5:50
日の出後30分程経過。大分朝焼けの豪華華麗な色は褪せて来たか・・・。
まだまだ秀峰富士山のシルエットは健在だけど♪
こうなると諏訪湖の直ぐ上をゆっくり流れる綿雲が見逃せない。


2.
a0031821_10333243.jpg
6:02
その綿雲が一瞬日差しが差し込んだのか、白く輝いた!
日が昇るにつれて、背景はピンク色が暖色系の色に変わってきたね。


3.
a0031821_10362240.jpg
6:02
大急ぎで、アスペクト比を4:3に変えて。
この綿雲の輝きは想定外で・・・ビックリポン!だった(^-^;
脇役が大活躍じゃねーの♪
この時刻、気が付けば周りのカメラマンが大分減っていたよ・・・。

こっちは相変わらずグズグズと粘るのが流儀なので・・・。


4.
a0031821_10405442.jpg
上の画を後処理で白黒にしてみた。
これ結構お気に入りって事で♪


5.
a0031821_10424605.jpg
6:06
90mm相当で。
ここでは広角はそんなに要らないかも・・・。
一応24-80mm相当のズームレンズも鉄ちゃんバーに並べて
二台体制で臨んでいるけど
90-350mm相当のズームレンズを多用してた。
雲台は大型の、ボールレベリングビデオ雲台。
最初にきちんと水平出ししておけば、左右にパンしても水平がズレないのが◎だ。
自由雲台ではこの水平出しが難しくてこういう時は車に積んだまま。


6.
a0031821_10472634.jpg
6:07
右へ振って・・・南アルプスの山塊を入れる。
ド・定番(;´・ω・)
もう街の灯はすっかり消えてしまった。
未だ背景の空には朝焼けの残り香があって秀麗な富士山のシルエットは主役だけど
こうなると画面の多様性をと思い、
中間に棚引く薄いモヤの層が見逃せないな・・・。

明日に続きます・・・。







by sdknz610 | 2017-10-04 15:00 | 富士山 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 02日

夢は朝開く♪ 高ボッチから富士山シルエットロマン(3)

a0031821_08460441.jpg
5:16
いよいよ朝焼けの色付きが♪
モヤが棚引く。
街の灯が消えて行く。


2.
a0031821_08482071.jpg
5:18
ほんの少しずつパンして富士山の配置を変えながら・・・一杯撮る。


3.
a0031821_08494806.jpg
5:20
ど真ん中に富士山を(^-^;
my pointから眼下に落ち込む谷の向こうに諏訪湖となる。
日の出は左方から。
雲の紅色の変化は早い! 今の内♪



4.
a0031821_08525121.jpg
5:21
地上に張り付くモヤの上に富士山シルエットは勿怪の幸い♪


5.
a0031821_08542328.jpg
5:26
170mm相当にズームイン。
棚引くモヤが気になる・・・
これからどうなるのか? 富士山を隠さないでね(^-^;


6.
a0031821_08570231.jpg
5:27
60mm相当へズームアウト。
足元から落ち込むV字谷の向こうに諏訪湖だ。
右方、甲斐駒、仙丈ケ岳、北岳等の山塊が存在感を誇示。


7.
a0031821_09002372.jpg
5:30
似た様な画が続きます(^-^;
色付き、明るさ、雲の様相・・・微妙な変化を記録しようと・・・。

朝焼けのピンク色の背景に富士山のシルエットロマン・・・
一番美味しい時間帯(^_-)-☆
廻りでは微かなシャッター音だけが聞こえ・・・
至福の時間が駆け抜けて行きます。






by sdknz610 | 2017-10-02 15:00 | 富士山 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 01日

夢は朝開く♪ 高ボッチから朝富士・諏訪湖絶景(2)

2117.9.30
荘厳な朝が始まった。
高ボッチ高原からの豪華華麗な朝焼け富士を・・・シリーズでお届けします。
高ボッチは・・・やはり朝富士狙いが正解かな♪
a0031821_10570669.jpg
4:48
以下、時刻を追ってご紹介します。
この時は富士山は殆ど視認出来ない程の暗さだ。
でもデジカメのセンサーは遠く背景の空が薄っすら色付き始めているのを捉えていて、
そこに浮かび上がる富士山のシルエット!スゴイな♪

市街の上には薄く靄が張り付いているが、低いので辛うじて富士山への視程は何とかOKだった。

背景の空は暗く、市街の街灯の明るさの方が勝っていて、
富士山を捉えようとすると、市街地が露出オーバ気味になるので要注意だ。
露出を変えて何コマも消費する事になる・・・。
ISOを上げたくないので固定で200~400で、というのが多くなる。
SS優先で露出時間を伸ばし、絞りは開放からちょっと絞って~F8付近が目途になるように、時間を調整するのが流儀だ。
絞り優先でもいいんだろうけど・・・ついSS優先で(^-^;
因みにこの画では、
30sec +1.7EV F5.6 ISO400 ズームは120mm相当で  トリミング無し


2.
a0031821_11155725.jpg
4:51
SS60sec +0.7EV F4.5 ISO200 52mm相当
少しワイド気味に撮っている。見た目の画角に近い。
朝の微睡の中の諏訪湖の市街だけど、ポッカリと暗闇に輝く豪華な宝石の様だ♪
富士山の背景の色付きに期待が膨らむ。


3.
a0031821_11233878.jpg
5:00!
気象情報だと日の出は5:37だから・・・
朝焼け狙いは、日の出前30分というのが一番重要な時間帯だよね。
これはアスペクト比を1:1で撮っている。
30sec 0EV F14 ISO800 90mm相当
上空の厚い雲と、地上のモヤの狭間で何とか富士山への視程が確保されていて・・・幸運の極み♪


4.
a0031821_11345836.jpg
5:03
モヤのベールが・・・


5.
a0031821_11362751.jpg
5:07
30sec -0.7EV F10 IS200 60mm相当 16:9のアスペクト比で。WBは基本オートでというのが流儀。
街の灯はこの辺りからどんどん消えて行く・・・
淡い朝焼けの空とのコラボが撮りたいので、一番忙しい時間帯だ(^-^;


6.
a0031821_11413704.jpg
5:13
上空の雲が・・・色付き始めたね。
地上のモヤが目立ち始めたか・・・。
街の灯が少なくなって来た。
色んな要素が一気に増えて、絡まって・・・
構図はどうする? 露出はどうする? ホワイトバランスはどうする?とか・・・頭が混乱(^-^;
ピントは一番神経を使う。マニュアルフォーカスで拡大ピーキングを総動員して・・・
慎重にヘリコイドを回し・・・焦るな!しっかりしろ!ナンテね♪


7.
a0031821_11475894.jpg
5:14
アスペクト比を16:9で。
変化が早い夜明け。やる事は一杯。落ち着いて・・・ブレ無い様に、ピントもしっかりナ!♪

高ボッチ高原で、夢の様な朝焼けが始まったのサ♪
今年も何度かチャレンジしたものの、まるで歯が立たずで撤退を繰り返していたのが嘘みたいな・・・
こんな現場に来られて、それだけで十分なんだけど・・・。

この後暫く、朝富士の変化の様子をしつこくアップしようかと目論んでおります。
悪しからずご了解いただければ幸いですm(__)m

尚、画像をクリックしていただけるとより鮮明な画でご覧いただけます。
是非、お試しあれ。






by sdknz610 | 2017-10-01 13:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(6)
2017年 06月 17日

絶景!高ボッチ・・・雲海の向こうに槍、穂高等、北アルプスのパノラマをどうぞ!♪

a0031821_20481465.jpg
2017.6.9の午前4時40分
高ボッチの夜明けだ。諏訪湖は厚い雲海の底だった。そこから斜面を這い上る朝霧が・・・
こんな風景もここ高ボッチでは楽しみの一つ・・・なんだけど♪


2.
a0031821_20574692.jpg
陽は既に高ボッチのピークの上に。
湧き上がる朝霧が未だ消えず・・・富士山は、これでは全く見えず(;´・ω・)

細かい霧がレンズにへばり付くから・・・レンズウォーマが必携かと。
使い捨てカイロを2,3個レンズに抱かせた事もあったけど、
今は大容量モバイルバッテリで使える巻き付け型レンズウォーマにしている。
カタログだとフル充電で8時間位稼働しそうだけど、マアね、数時間はOKかな?♪


3.
a0031821_21014731.jpg
05:29
振り返ると・・・?ナンダあれは!?
まさか! 白い虹だ(^_-)-☆
普通に絞り優先モードでは・・・殆ど写っていない?(;´・ω・)
インプレッシブアートモードで撮ってみた。
コントラストを強めてるから何とか半円の白い虹が♪
白い虹・・・虹には違いないけど、太陽光を反射する水滴がミクロンオーダの微粒子の場合にこうなる・・・らしい♪
七色に分光する暇が無く、全部反射してしまうって事か・・・。
あ~でも、この現象は結構珍しいみたいで、物凄いラッキ~だったって事。
ほんの2,3分で消えてしまったからネ~(^-^;


4.
さて、ここからは諏訪湖の反対側西の方を見てみましょう!♪
a0031821_21160658.jpg
05:48
槍ヶ岳
高ボッチは・・・富士山、諏訪湖だけではありません♪
そう、北アルプス展望のベストビューポイント!ですよ。
この時刻、諏訪湖も雲海に沈んで、富士山もだんだん見えなくなって来たので、
北アルプスを撮っておこうと・・・


5.
a0031821_21243859.jpg
穂高連峰
左から西穂、前穂、奥穂、涸沢、北穂・・・素晴らしい!♪
とは言え、山登りはからきしダメな私(^-^;
山は遠くに在りて思うもの! 登り派では無く、遠望派です(笑)


6.
a0031821_21285336.jpg
御嶽山。
この山塊の巨大さにはビックリだよ♪


7.
a0031821_21300072.jpg
このランドスケープは好きだ♪
手前、高ボッチ牧場。の向こうに松本平、塩尻方面をスッポリ包む大雲海を挟み
穂高連峰、槍を望む。
白いカーボーイ小屋?作業小屋?が非常なるアクセントになって・・・どう画面構成しようかと悩んだワ(^-^;
これは再挑戦しないとアカンな♪
長野県の盆地が全て雲の下になっていそうな分厚い雲海がこの時期に・・・
まさかの大ラッキ~!・・・だよね♪


8.
a0031821_21343928.jpg
今一度御岳山を望む。
モコモコフワフワの雲海が高ボッチ牧場の直ぐそばに忍び寄って来るが、
幸いほんちょっとだけ標高が高いせいで、こっちは大快晴って訳だ(笑)
雲海の高さは1500m位か、普段目にする山塊手前の細かいものが省略されて
上に出ている山のみが際立つ事に。
この場合緑の高ボッチ牧場の広がり感が気に入って、又小さな池をワンポイントとして画面構成してるが
得難いタイミングだったと思う。
この上はホルスタインが草を食んでいると尚臨場感が出そう♪
そんな都合のいい時に撮りに来れたらサイコーだろうね(^-^;


9.
a0031821_21404736.jpg
乗鞍岳を望む。
広大な高ボッチ牧場の柵に沿って歩いている。
しかし・・・他に誰か居る訳でも無く、只一人でこの北アルプスの絶景を独占!だなんて・・・
勿体なさ過ぎだったな・・・喜んでいいのか? 悲しむべきか? ナンテね♪

10.
a0031821_21453791.jpg
今一度、高ボッチ牧場越しの穂高連峰そして槍を♪

広大な牧場、見事な雲海、そして残雪輝く北アルプスの名峰群を目の当たりに出来た事を天に感謝!♪


長々と高ボッチでの出来事を続けてしまい・・・
もういい加減にしなさい!と誰かに叱られそう・・・(^-^;
訪問頂いた皆様には心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

でもマア、スッキリ抜けた富士山とは行かなかったけれど・・・
北アルプスも素晴らしくて・・・
色々奥が深い、標高も高い、ハイレベルな(♪)高ボッチの全貌はまだまだ掴めずに居ますが、
追々チャンスがあれば、又是非チャレンジしたいものです。

明日からは、高ボッチの後訪れた奥日光・中禅寺湖・千手ケ浜でのクリンソウ撮影行をレポートします。
どうぞ懲りずに又の訪問をお待ち申し上げます。






by sdknz610 | 2017-06-17 15:00 | 高ボッチ高原 | Trackback | Comments(0)