人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 07日

オオヨシキリ撮りのハイライト・・・トビツキ寸前ショットはエキサイティング!(2)

昨日に続いて、オオヨシキリが葦に飛び付く瞬間フリーズです。
上空から舞い降りるというスタイルは見た事無いな。
どうなのか?と言えば、例えば対岸の葦の密生する根っこ辺りから水面スレスレに飛んで来て
葦原の上を殆ど葦の葉に埋もれる位のこれもスレスレに飛行して、目指す葦に一直線!!♪
この目指す葦が分かれば・・・待ち構えて止まるところを撮るか、
或いはすっ飛んで来るのを止まるところまで視野から外さずに、追い掛けながら連写を咬まして(^_^;)・・・どちらでもお好みで・・・という感じかな?♪

FZ200だと秒12コマは連写可能枚数が12コマなので・・・たった1秒間の勝負って事に。
これが秒5.5コマだと終わりの無い連写が可能なもので・・・さあどっちで撮るか?考え処に・・・。
途中は捨てて只管止まる瞬間狙いなら、12コマがいい、と思います。
あわよくばスッ飛びの途中も、という事だと5.5コマがお薦め。・・・ですが、細かい動きは抜けるんですよね・・・。
マア、色々やってますが、使える画はとても少なくて(泣)・・・代表例を以下、ご笑覧いただきましょうか。

1.
オオヨシキリ撮りのハイライト・・・トビツキ寸前ショットはエキサイティング!(2)_a0031821_1144915.jpg
似た様なトビツキ方をやってくれますが、撮ってみると同じものはありません。
何回でも、撮れる時に撮る!・・・これしかありませんですよ(^_^;)

2.
オオヨシキリ撮りのハイライト・・・トビツキ寸前ショットはエキサイティング!(2)_a0031821_1146734.jpg

3.
オオヨシキリ撮りのハイライト・・・トビツキ寸前ショットはエキサイティング!(2)_a0031821_11463967.jpg
これはとてもラッキーな事に、足がね・・・葦の茎に触るか触らないかのホント寸前ショットに(^_-)-☆
遙か遠くから、ココに止まるんだ!と決めてるみたいで・・・風で大揺れになる時もあるのに・・・
目標を外してズッこけるなんてシ~ンは見た事無いわ♪
こんな狭い所に百発百中です\(◎o◎)/!

4.
次のケース
オオヨシキリ撮りのハイライト・・・トビツキ寸前ショットはエキサイティング!(2)_a0031821_11493239.jpg
サーっと、飛んで来ましたよ~♪

5.
オオヨシキリ撮りのハイライト・・・トビツキ寸前ショットはエキサイティング!(2)_a0031821_11495861.jpg
振り上げた翼がちょっと逆光気味の光りで輝く♪

6.
オオヨシキリ撮りのハイライト・・・トビツキ寸前ショットはエキサイティング!(2)_a0031821_11553063.jpg
止まる寸前ですが、もう啼き始めるのね♪

7.
オオヨシキリ撮りのハイライト・・・トビツキ寸前ショットはエキサイティング!(2)_a0031821_11565353.jpg
あと5cmで着地だ! エアブレーキも最大限効かせて・・・
こういう止まる寸前と言うのは翼がね、空気に最大限抵抗するので、一番面白い瞬間だと思います。
それにしてもこの葦にというのは、葉っぱが立て混んでいて・・・ヤバイです(^_^;)

オオヨシキリの止まる寸前ショットはそんな訳で今は一番の狙い目だと思ってますが、
南へ帰る前にもうちょっとちゃんと撮らせてもらわなくっちゃ!なのであります♪

FZ200の万能ぶりはこんなチャンスにも生きて来ます!
手持ちでジャンジャン撮りましょう!♪

データは昨日のと同じです。6月5日に撮ったものです。

§お知らせです§
明日、8日からちょこっと不在になります。
佐渡へ佐渡へと♪・・・例年の通りの定点観測なんですが、トビシマカンゾウに会いに行く事にしました(^_^;)
今日の情報では近年に無い素晴らしい咲き具合らしいですよ。

お天気任せもあったり、浮草の様にフラフラと自由気ままな旅ですが、
ネット通信環境が無いため、暫く更新をお休みいたします。
今のところ11日には再開出来ると思いますので、悪しからずご了解下さいm(__)m

それでは皆さんどうぞ良い週末を!

by sdknz610 | 2013-06-07 15:00 | オオヨシキリ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/17912449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by puntamama at 2013-06-07 21:35
こんばんは!
sdknz610 さまの観察力は凄い!
何となく葦原を掠めて飛ぶ、とか葦の根元から飛び出すとかは見ているつもりでしたが
あのみんな同じような葉っぱのうちからたった1本をめがけて飛付いているなんて
まったく予想もしてませんでした
↓ のお写真の葉っぱの上のフン、着眼点が違いますね @@
楽しく拝見しました!

佐渡の旅、どうぞ楽しんできて下さいね!
成果をお待ちしてます!
お気を付けて行ってらっしゃい ^^
Commented by sdknz610 at 2013-06-07 22:09
>puntamamaさん、こんばんは。そうですね~私も最初の頃は飛び回ってるのを追い掛けて実は何も分かっていなかったようです(^_^;)
観察眼は・・・とても鈍い方なので・・・お言葉冷汗モノですが、ありがとうございます
決まって止まる葦が分かると面白くなりますね♪
フンはどの鳥もそうですが重要なポイント!というのがこのオオヨシキリでよりハッキリと♪
先ずは双眼鏡なんかでグルッと探すのも手でしょうね。
マアでも兎に角飛びの様子をじっくり見てからですね。オオヨシキリに教えて貰ったと思ってます♪
佐渡は・・・梅雨が無いというのが定説なようでして、この先の天気予報もどうやらピッタリ晴れそうで、いい感じになってます♪
勝手に晴れ男と自称してますが、この佐渡も過去雨に祟られた事がないんですよ(笑)
何とかなるでしょう! 無事帰るのが仕事になります。気を付けます。
ありがとうございます♪
Commented by たぬきの夫 at 2013-06-08 07:03 x
sdknz様 それ系の雑誌とかでも、ほとんど見たことないシーンですね。というか、こんなシーンを撮ろうと思わないし、というのは、撮れないですから。
ぶっ飛んでくるのを云々と簡単におっしゃいますが、望遠で追えないし、葦は密生して前も後ろも(ピントシステムにとって)じゃまだし、それが不規則にむちゃくちゃ揺れるし、接地の瞬間は、鳥さんは固定翼から回転翼(?)に移るのでそれがピントを邪魔するし、重機だと振り回せないし・・・・もうめまいがするくらい、いや~な、でも撮りたいシーンですね。手持ちじゃないと撮れないし、でも手持ちで撮るのは難しい、というパラドックスの極みの画ですね。それに、これを撮ろうとすると、下手をすると「使えねえ!」と、カメラを投げ捨てて破壊することになりかねないので、カメラにとっては「厳しすぎる」淘汰の瞬間でもあります^^。
Commented by sdknz610 at 2013-06-11 05:33
>たぬきの夫さん、おはようございます。ハ、そうなんですか、雑誌等見なくてネットだけですが、そう言えばこんなシ~ンは・・・記憶に無さそうです(^_^;) イエ、このオオヨシキリの動きを見てると何とかあの飛び姿を!なんて無謀な挑戦を(^_^;)、でもその内ハハ~こうすればいいじゃん!とか色々見えて来るもんですね。観察9割理論と怪しい事言ってます(^_^;)これをモンスターコンデジで撮る!・・という快感があるのは確かのようでして、やめられない♪とまらない!何とかの一つ覚えに・・・♪ この鳥を見たからにはモウ飛び姿を撮らないのは野鳥撮影基本法の第何条かにある法律違反!!って事にしましょうか♪
撮ろうと思わないのも違反♪ イヤ~なシーンを撮らねばなりませぬ♪
パラドックスの極み、固定翼から回転翼への切り替え(まるでオスプレイ♪)これ頂きます! 更にカメラを投げ捨ててしまう・・・これはかなりの重罪でしょうか?(^_^;) 撮れないカメラをお蔵に入れる・・・これなら罪が軽いかも・・ナンテ♪ 色々参考になるコメントを何時もありがとうございます。佐渡から無事帰宅しました。が・・・大量の画像が待っていて・・・苦行が始まってます・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 2013年佐渡・トビシマカンゾ...      オオヨシキリ撮りのハイライト・... >>