人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 16日

オオタカの行水からの飛び出し・・・千載一隅のチャンスだった

オオタカの水浴びシ~ンは是非撮りたい対象で、みなさんそのチャンスを今か今かと待つのが日課になってましたよ♪
これまでなかなか上げる事が出来なかった水浴びシ~ンですが、やっと今日になって(^_^;)

私の場合、狙いは水浴びを終わってさてどうするか?の直後にやってくれる
水面からの飛び出し!なんですよ。
イヤ、これはみなさんと同じかな♪
飛び出す瞬間を撮りたくて、飛び出す直前の仕種に集中!!
延々待って、待って・・・今だ~!とシャッター押し始めるのが快感になってます(^_^;)

1.
オオタカの行水からの飛び出し・・・千載一隅のチャンスだった_a0031821_15462614.jpg
飛び出す直前の翼を振り上げた瞬間でした。
後ろにもう一羽が居ます。しかしこの画だとこの子何やってるのか?良く判りませんね(^_^;)

2.
オオタカの行水からの飛び出し・・・千載一隅のチャンスだった_a0031821_15501714.jpg
バサっ!と・・・水飛沫を引き連れて♪・・・飛び上がりましたね~♪
この瞬間をフリーズ出来たのは、実を言うと・・・とてもウレシイんです(^_^;)
それと、この脚! 体の割に長い!と思いますね♪
これだもの、近付いたカラスを一撃でやっつけられるって事か・・・♪

3.
オオタカの行水からの飛び出し・・・千載一隅のチャンスだった_a0031821_15532283.jpg
後は流れですが・・・もう一羽との絡みもちょっと面白いかな?と・・・。

4.
オオタカの行水からの飛び出し・・・千載一隅のチャンスだった_a0031821_15545973.jpg
翼の動きも面白いな。
どうやら堀の縁に降りたくて、スピードを調整してるみたいです。
ホバリング気味に強いエアブレーキ!

5.
オオタカの行水からの飛び出し・・・千載一隅のチャンスだった_a0031821_15574667.jpg

6.
オオタカの行水からの飛び出し・・・千載一隅のチャンスだった_a0031821_15583670.jpg
ネっ! 縁に降りようとしてますよ♪

今回のは丁度上手い具合に水深のある、掘割での出来事でして、撮ったのは7月28日だから
オオタカ幼鳥も未だ未だ訓練に励んでいて、でも成長著しい時でしたよ。
この堀での水浴びはその後、直ぐ側にある池でやるようになってしまい、ここでの貴重なシ~ンとなりました。

暗い木陰の堀で、しかし強い水面反射を考えるとほぼ逆光とも考えられ、
明るい背景に負けない様、補正をプラス1.7で撮ってます。
これでも主役の顔は暗めですが、これ以上プラスだと背景が完全に飛んでしまいます。
事前に試し撮りして決めてます。

バシャバシャと水浴びするのも沢山撮ってますが、
やはりね~・・・こういう飛び出しが面白くて、こっちメインで更新しますので・・・♪

追:
さてさて、ちょっと更新が途絶えてまして、失礼しました。
14日、15日長野へ行ってました。16日の今日帰還しましたので更新再開しますね。
2車中泊3日という事でしたが、

もうニュースでご存知かと思いますが、実は諏訪湖の西方の1600m程の高原に行ってたんですが、
15日にあの地方の観測史上最悪の時間70mmを越える豪雨の真っただ中でした(^_^;)
横走りする稲妻!! 雹混じりと言うか雹の方が多そうな猛烈な豪雨!!に追い立てられて車に逃げ込んだんですが、
諏訪湖の花火を撮ろうと、三脚を立ててもう直ぐ始まるか?という時になって
パラパラと来て、近くに雷鳴が響き始めたので、諦めてカメラをリュックに仕舞い、レインカバーで覆い、
400m程を駐車場迄下る途中で、土砂降りに見舞われ・・・もうずぶ濡れのコンコンチキに(泣)
実はその前に一回豪雨があって、その後治まったかに見えたので、もう大丈夫だろうと、傘は車に置いてたのが不味かったな~・・・(^_^;)
ウィンドブレーカも防水性能は最悪で・・・ゴアにしないとダメかな?♪

皆さん頂上の観賞ポイントに集まって居たんだけど・・・
かなり軽装の観客が多く、びしょ濡れになって寒いし、直ぐ近くに落ちるカミナリの腹に響く大音響!
女性は泣き出す方も居たり・・・
イヤ、あんな大雨は生まれて初めてでしたよ(^_^;)

ずぶ濡れで車に戻って・・・どうする?だったけど、軽のワゴンはそんな時もスペース大で、助かりましたよ♪
パンツまで濡れ濡れ(泣)という状況。着替え、タオルの予備は必須だ。
そのまんまシートに座るとシートが水吸って大事になるので、大型タオルを敷くナンテ事も大事♪
その後はエアコン掛けっ放しで・・・濡れたモノはみんな乾いちゃったけど。

結局諏訪湖の大花火大会は・・・歴史始まって以来の中止になっちゃったな(泣)

と言う訳で、我が花火撮り・・・今期は最低だ(泣)
雨が降るかどうか?では・・・今のところ三戦三敗なのであります。必ず降る!!!
晴れ男だったのに・・・もう最悪(^_^;) オマエはアメフラシ大王か?って・・・ハイ、そうなんです♪
中止になるかどうか?だと・・・三戦二敗という・・・とんでもない成績なのであります。
だから・・・碌な画が無いな・・・イヤ、撮れないんだよね(泣)

でもね、今回の長野行き・・・イヤね、色々ロケハンだったし、高原の様子も良く分かったし、
片道およそ250kmの行程も、狭い林道の様子も分かったし・・どのサービスエリアで何を食べるか?とか・・・
一番は、撮影ポイントはここだ!って決めたし♪ 得る所大な訳よ。
もう来年はバッチリだぜ!ナンテ・・・♪

by sdknz610 | 2013-08-16 17:00 | オオタカ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/18370766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とちろい at 2013-08-16 18:38 x
やはり、行ってましたか。車の傍らで撮影だと思い影響は軽微だと思っておりましたが、400mは結構きついですよね。
私は12・13日と戦場ヶ原でした。こんどは椅子を出し、なーんもしないでビールを飲んで来ようと思っています。結構そういう方居ますね。
ちなみに、日中は25度、朝方は15度でした。くせになりそう。
Commented by sdknz610 at 2013-08-16 19:06
>とちろいさん、こんばんは。ハイ、何とか無事に戻って来ました。
こちらも日中何にもする事無い珍しい経験でした♪ 
車のガラス、バックドア開けっ放しでゴロンと寝っ転がって・・・
気温27というのは日差しがあると車の中は、風が無いと苦しいけど(^_^;)
木陰がまるで無い所なんですよ。日光で25度で木陰ならグ~ですね~♪
長めのベンチシートとタープが欲しくなっちゃった♪
パンツまでびしょ濡れはこれまで一回あったかな?ですが、
稀に見るスゴイ大自然の威力を目の当たりにして成す事無い人間の小ささを実感した次第です(^_^;)
ちょっと遠いですが、秋は入り浸りになるやも知れず・・・ヤバイです♪
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-08-16 21:43
オオタカの水浴び・・・みたい所です。
いい写真になりましたね。段々に成長しているのが一層楽しい記録となりますね。

諏訪の花火大会へ!フットワーク、抜群ですね。
ちょうどゲリラ豪雨があったと聞いた所、そちらにいらしたとは!
なんとも異常な発生の仕方で、何度も降ったりしますし、・・・・
山や運転中ですとこわいものがあります。
カメラは大丈夫でしたか?
私は一度修理に出した経験が・・・・
ゴアのレインコート、最近のは撥水性がいいのですが、それでもずっと着用するには負担ですね。
特に猛暑ですから・・・
尾瀬は全然降らない2週間で、乾燥化が心配されています。おつかれさま!
Commented by sdknz610 at 2013-08-16 23:02
>shibata1さん、こんばんは。オオタカの成長過程で色々起きますね。
水浴びも大事で確実に1日1回はやるようなので、何処で?が大事ですが、この狭い堀は撮るには最適な場所で、飛び上がりをしっかり撮るのには最適だったようです。
諏訪湖のは・・・突然の雷雨が過去最悪のが来ちゃった訳で、高ボッチの方が帰るにしても良かったのかも・・・体感ではホントに困ったな~とみんなずぶ濡れでしたが・・・こんな事が今の時期の花火大会で着きものの様な気がして来ましたよ♪ 備えるのが仕事! 最悪がどういうものか思い知らせてもらった様な気もします(^_^;)
幸いカメラは早めのザックへの収納が終わって、何とか大丈夫でした。
成程ゴアはイザと言う時で無いと重いのか~・・・他ので似た様なモノはどんな様子か見て置こうかと♪
尾瀬が降って居ないのは珍しいでしょうね。逆に二年前でしたか、小田代湖が懐かしく♪
天候は成す術が無く、早めに逃げるのが一番でしょうね。
良く寝ていないですが、やっと眠くなって来たかな・・・明日はどうしよう?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< オオタカ・・・水上の舞い♪      オオタカ若がカラスのモビングに... >>