人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 23日

初秋尾瀬紀行(2)・・・アヤメ平

富士見田代池からアヤメ平へ。およそ1km、標高差100m程をゆっくりマイペースで。
斜度は、過去経験のある大江湿原から沼山峠への登りと似た様な感じだ。それでも私にはとても辛いのよ(^_^;)
やっと着いてみればワ~っ!これぞ天上の楽園!♪ 
尾瀬ヶ原は周囲が山に囲まれているが、ここアヤメ平は360°の眺望が開けていて、
高いのは燧岳と至仏山だけだが、それも遠望であって、兎に角マア何と言う、視界を邪魔するものの無い、
将に天空の高層湿原だった。

以下、時刻を追って掲載してみます。

1.
14:26
初秋尾瀬紀行(2)・・・アヤメ平_a0031821_15455338.jpg
仲間ではありません。先行するペアがいい感じだった♪

2.
14:30
初秋尾瀬紀行(2)・・・アヤメ平_a0031821_15483340.jpg
普通にアヤメ平♪
遠望の燧岳。
こちら、太陽が翳って、湿原が暗くなってしまった(^_^;)

3.
14:41
初秋尾瀬紀行(2)・・・アヤメ平_a0031821_15502196.jpg
至仏山を望む。
アヤメ平にはこんな池塘が沢山あります。

4.
14:45
初秋尾瀬紀行(2)・・・アヤメ平_a0031821_15524845.jpg
風は殆ど無かった。
水鏡だったので、至仏山が映るんでは?と思ったが、いいアングルは無し(^_^;)

5.
15:08
初秋尾瀬紀行(2)・・・アヤメ平_a0031821_15551586.jpg
北側に燧岳が存在感十分に、良く見てくれとばかりに♪
レンズは24-120mmですが、アップで。

6.
17:07
初秋尾瀬紀行(2)・・・アヤメ平_a0031821_1559458.jpg
アヤメ平を行ったり来たりでウロウロやってましたが、
段々雲が南から湧いて来て・・・この時刻至仏山方向の雲が濃くなって来てしまった。
焦るな~である。
実は至仏山に太陽が刺さるのを秘かに狙っていた目論見が大分怪しくなってしまったのサ(^_^;)

7.
17:15
初秋尾瀬紀行(2)・・・アヤメ平_a0031821_1633761.jpg
時々太陽フィルター状態になるのを・・・。
ア~しかし・・・この後、益々雲が厚くなって、太陽が見えなくなってしまい・・・ここもガスが濃くなって来て撮影どころでは無くなってしまったのよ。
仲間が撤収始めちゃった(^_^;)
この後、30分程一人で粘ったものの・・・ガスで視界がほんの20m以下になってしまい、断腸の思いで撤収する事に(泣)

ア~ア・・・この分では今夜の星空はダメか?
富士見小屋で睡眠導入剤飲んで寝ちゃおうかな?と・・・。

追加で、以下Moreをご覧下さいませ。
珍しいトンボが居たんですよ♪




8.
初秋尾瀬紀行(2)・・・アヤメ平_a0031821_16121127.jpg
富士見田代池。
目の前の木道の足元に何か黒いものが居た!と、歩を止めて良く見ると・・・見た事の無い真っ黒なトンボだった!
大きさは以前、尾瀬ヶ原で撮ったことがあるハッチョウトンボより一廻り程大きかったけど、
ムギワラトンボなんかの半分以下位に感じた。チッセ~♪ そして真っ黒!♪
木陰で暗かったし、何とも撮り難く(^_^;)

9.
初秋尾瀬紀行(2)・・・アヤメ平_a0031821_16174728.jpg

10.
初秋尾瀬紀行(2)・・・アヤメ平_a0031821_16242051.jpg
これはムツアカネでした。
陸奥茜。でも青森県では既に絶滅したなんていう記述をWebで見ると、何だかとても貴重なトンボなんだと。
赤くならない茜蜻蛉。又々大自然の不思議に出会ってしまったのサ♪
この後、翌日も含めてもう見る事は無かった。ものすごいラッキ~だったかもね♪

私にはとてもレアな経験だったので記録しておきます。

by sdknz610 | 2013-09-23 17:00 | 尾瀬 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/18663173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-09-23 17:54
富士見小屋宿泊で送迎をしてもらったのでしょうか?
こんな楽ちん・・・いいな~!
夕日は残念でしたが、ムツアカネとは!
やはり「ころんでもただでは起きない上州人?!」(笑)
あそこは楽園ですよ!
暗くなるまでアヤメ平で遊んだものです。
たいていは鳩待から入って、林道歩きで戸倉に下りていました。
尾瀬ヶ原に下りたり、皿伏山を越えて尾瀬沼に出たことも・・・・
また行きたくなりました。

写真10、クリックして見られますが、表示が変ですね。
Commented by sdknz610 at 2013-09-23 18:06
>shibata1さん、こんばんは。アヤメ平は周囲に山が無いという天空の平原で、感動モノでした。
初めてというのも・・遅過ぎですが(^_^;)
そうですね~モウお見通しですね♪
ムツアカネと分かってビックリです。何で私の足元に?・・・入国検査されちゃったのかも♪
ご指摘ありがとうございます。修整怠ってました(^_^;) 直しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 初秋尾瀬紀行(3)・・・月光富...      初秋尾瀬紀行(1)・・・富士見田代 >>