人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 17日

スズメ群翔・・・雪原を舞う(2)

真っ白な雪原の上を葭原バックに飛ぶスズメの群れ、一塊りが・・・写欲をそそります♪
身近でこういう群れなす小鳥となると、ムクドリになるかな?ですが・・・余り写欲が湧きません(^_^;)
他には?・・・どうでしょう、居ませんですよ。五月蠅いヒヨドリもこんなには群れてる所見てません。
もしか、ルリビタキなんぞがこんなに群れたらヤバイですが・・・まさか♪
やっぱりスズメ!でしょ♪
今日は、一連の群翔を撮った中で、渾身の画を!
・・・と思ったのでありますが・・・マ、こんな程度なので・・・(^_^;)

1.
スズメ群翔・・・雪原を舞う(2)_a0031821_15515478.jpg


2.
スズメ群翔・・・雪原を舞う(2)_a0031821_1553547.jpg


3.
スズメ群翔・・・雪原を舞う(2)_a0031821_15545920.jpg
ポイントは、白い雪原+ボケる葭原って事で♪
幸い、背景になる葭原とスズメの距離が離れていて・・・丁度いいボケ具合になってくれたのが良かった♪

こうして見てみると、スズメの頬の黒班は、遠目には「目」!に見えませんか?・・・
他の鳥はスズメが大きな目をした強い鳥に見えるんじゃないかと・・・巧みな偽装工作!って思えて来たよ♪

4.
スズメ群翔・・・雪原を舞う(2)_a0031821_15555067.jpg


5.
スズメ群翔・・・雪原を舞う(2)_a0031821_15581842.jpg


2月12日 多々良沼
BLANCA 80EDT
NIKON D7100
720mm相当
三脚
トリミング若干

データ:
SS 1/4000
F6固定 開放
ISO1000
+1.7EV
距離は・・・およそ50m程かな? 遠いですが、720mmなので・・・。
短いレンズで近距離で、それも群れとなると。。。。スズメに限っては、イヤ他の小鳥もそうかな?・・・難しいですよね。
こういう長いレンズでソロをしっかり羽毛の微細構造を解像して撮る、というのは近い事が絶対条件ですが、
長いレンズの使い方として、こういう距離モノを、というのもアリ!ではないかと思うのであります。

こんな写真が撮れるのは・・・こういう機材のお陰だわ♪ 私はシャッターボタンを押すだけ(^_^;)
ありがたいものです。









最近使ってる機材の中で頻度が高いのがコレです♪

6.
スズメ群翔・・・雪原を舞う(2)_a0031821_16225976.jpg
多々良沼の撮影ポイントはこんな感じです。
前回の雪の後、2月5日の様子です。

7.
スズメ群翔・・・雪原を舞う(2)_a0031821_1625029.jpg

レンズがkasai TradingのBLANCA 80EDT
カメラはNIKON D7100
BORGのヒップサポートHP-1を介して
マンフロットの504ビデオ雲台に乗っけてます。
BLANCA 80EDTは大型のマイクロフォーカサが標準装備です(BORGの9868相当)が、
その後ろの接眼部の構成は、BORGの機材がそのまんま使えるんですよ。
延長筒+カメラ回転リング+カメラマウントホルダー+NIKON用カメラアダプターという構成になります。

8.
スズメ群翔・・・雪原を舞う(2)_a0031821_16331844.jpg


9.
スズメ群翔・・・雪原を舞う(2)_a0031821_16333464.jpg


日によってカメラがNIKON1 V2になったり、毎回違ってたりしてます(^_^;)

機材の画は大分昔のしか撮っていなかったけど、結構振り返った時に参考になるので、ちょっと載せておきます。

by sdknz610 | 2014-02-17 17:00 | スズメ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ルリビタキだってジャンプ!!す...      スズメ群翔・・・雪原を舞う(1) >>