人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 02日

OLYMPUS E-M10のライブコンポジットで水中花火を撮る。榛名湖水中花火大会

昨夜、8月1日ですが、榛名湖の水中花火を撮りに行って・・・今朝は少々寝不足(^_^;)

今回はカメラ3台で、色んなアングルを一遍に撮っちゃえと・・・準備したんだけど・・・
雷様が暴れ出し・・・とうとう傘差しての撮影行になってしまい・・・カメラはE-M10のみでガンバル事に(泣)

マアね、予想はしていたものの、もっと色々試さなくてはと思っていた事が出来なくて・・・
消化不良で帰って来ました(^_^;)

細かい話は後程という事で、先ずはE-M10のライブコンポジット機能を使っての
打ち上げ花火と、水中花火の競演をご覧頂きます。
こういうコラボは望むところ。打ち上げ花火も水中花火も夫々個別でも大変面白いですが・・・。

1.
OLYMPUS E-M10のライブコンポジットで水中花火を撮る。榛名湖水中花火大会_a0031821_825210.jpg
18:54
薄暮の時に始まるのは大歓迎。榛名富士が未だしっかり写ってくれます。
様々な色が華やかな花火ですが、このストロンチウムレッドが好き!♪

台船は一艘。湖のほぼ中央に移動して、打ち上げ花火はここからだけなのでアングルが決め易いですよ♪
水中花火は、移動するボートから投げ入れてドンドン逃げて行くって事になるので、
ボートの動きを監視する事に。

2.
OLYMPUS E-M10のライブコンポジットで水中花火を撮る。榛名湖水中花火大会_a0031821_8112131.jpg
18:58
靄が取れずスッキリしない湿った空気が立ち込めて・・・花火撮りにはベストとは言えない状況だった。
榛名富士もこれでは見えなくなっちゃった(^_^;)

3.
OLYMPUS E-M10のライブコンポジットで水中花火を撮る。榛名湖水中花火大会_a0031821_814267.jpg
19:17
いよいよ本格的に始まった花火大会!
打ち上げ花火と周辺で爆発する水中花火を一画面に収めるべく、ライブコンポジットでインターバル撮影を続けて・・・
刻々と重なって来る花火の光跡をまんまライブ画像を見ながら・・・これでヨシ!となったところでインターバル撮影を停止する。この繰り返しです。
これはリコーGRのインターバル合成にも無い、史上初のカメラ内蔵の新機能♪
インターバル合成結果を撮り終わってから見るのと違って、途中経過が刻々と見えちゃうというのはオドロキです。
花火撮りには・・・そりゃあ便利ですよ♪ ですが、未熟につき、満点画像は未だ未だだな・・・修行続けます(^_^;)

4.
OLYMPUS E-M10のライブコンポジットで水中花火を撮る。榛名湖水中花火大会_a0031821_824124.jpg
19:19
風が弱く、硝煙がス~っと移動してくれない。

5.
OLYMPUS E-M10のライブコンポジットで水中花火を撮る。榛名湖水中花火大会_a0031821_846767.jpg
19:50
液晶画像を見ながらのコンポジット撮影が面白くて、ついつい沢山重ねてしまった(^_^;)
これは反省材料だな・・・。
白っぽくなり過ぎですよね・・・。

見た目では一発ずつの印象が網膜に残って、次々と新たな花火を見る訳ですが、
インターバル合成はドンドン新しい画像が積み重なって、こんなに沢山の水中花火がズラリ!という画になります。
水中花火は爆発する場所がドンドン移動する!というのも見所なんですが、それがこうした画像に残ります。

こういう見え方は、現実にはあり得ませんですよ。

長時間バルブ開放でというのがこれまでの花火の撮り方だったと思いますが、デジタル技術のお陰で
私の様な素人がエライ簡単にこんなのが撮れちゃうと言う時代になりましたよ♪

6.
OLYMPUS E-M10のライブコンポジットで水中花火を撮る。榛名湖水中花火大会_a0031821_8485730.jpg
20:00
レーザビームの照射が例年通り三か所から。
花火と較べると明るさは随分暗いので同時にビームも撮りたいけど、これが厄介なのです。
これはやっと・・・でしたね。
あ~でも花火の方はやっぱし重ね過ぎだった(^_^;)

7.
OLYMPUS E-M10のライブコンポジットで水中花火を撮る。榛名湖水中花火大会_a0031821_853772.jpg
15:46
今回の撮影場所から榛名富士を望む。
以前からロケハンしていて、ここ!と決めていた場所。
幸い誰もカメラマンは居らず、でも始まれば誰か来るだろうと思っていたけど、結局最後までここで一人旅状態だった♪

この時刻、こんな感じでマッタリといい感じだったのに・・・
7時半を廻った頃から遠雷の音が近付いて来て、ポツポツと空から雫が落ち始めて
とうとう傘差しての撮影になってしまった(^_^;)
で、8時半前には濃霧に襲われて・・・結局予定より30分早く終了になってしまったのサ(泣)

通常ならフィナーレにはスターマインと水中花の大競演がある訳なのに・・・ア~あ・・・しょうが無いけどね。

又来年!

OLYMPUS E-M10
OLYMPUS DIGITAL 9-18mm1:4-5.6 ED MSC

NDフィルター使用。Kenko Zeta ND4。
2~4秒のスローシャッタなので、ISOを最低に落としても花火の明るさでは絞り切れない恐れがあるので、
NDフィルターで絞りを補助するという意味です。
ND8クラスでもいいかも・・・。これだと三段分助かりますから。

三脚使用
トリミング若干

オリンパスのライブコンポジット・・・所謂インターバル合成とか、比較明合成というものの範疇だけど、
途中経過が逐一モニターで見られるというのが新しい♪

バッテリは終盤になってアウト! 予備に入れ替えた。
ライブコンポジットは枚数が半端じゃないからしょうがないか。出てくる画は一枚だけど♪

明日も、この続きの予定です。

by sdknz610 | 2014-08-02 12:00 | 花火 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/20056448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by monopod at 2014-08-02 22:51
比較明合成ってCGによる画像処理のイメージが有りますが
もはやカメラ内で処理できるのですねぇ。
すごい時代になりました。使いこなせれば面白そうですね。
Commented by sdknz610 at 2014-08-02 23:19
>monopodさん、こんばんは。ありがとうございます。
比較明合成は後処理の世界だと思ってましたが、どんどん進化してますね。
花火はバルブでもいいんでしょうが、ちょっと試してみました。
このカメラはほぼリアルタイムで蓄積された画が刻々と確認出来るのがマア何ともビックリです。
デジカメ始まって20年近くでしょうか、スゴイものに進化してますね。
これからどうなってしまうのか?・・・楽しみは尽きません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2014-08-03 05:16
見事な榛名の花火を楽しませていただきました。
独り占めとは何と贅沢な!

Commented by sdknz610 at 2014-08-03 06:15
>shibata1さん、おはようございます。ありがとうございます。
お天気模様は演出が効かずそのまんま、ありのままに、何とか撮るしかありませんね。
水中花火だけ、打ち上げ花火だけ・・・よりは両方同じ画面に入れるのが夢なんですが、
そうはなかなか問屋が卸してくれませんです。
こういう機械のお陰で何とか撮れますけど、未だ未だ奥は深いですよ(^_^;)
花火撮りの成否の分かれ目になるのが、基本中の基本ですが場所取りですね。
今回は自分としては最良の場所だったと♪ 榛名湖へ行くとロケハンやってましたから♪ 
それから・・・今、ユウスゲがいい感じで咲いてますよ!♪
ピークは過ぎているみたいですが、まだまだあの清楚な黄色は気になります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 榛名湖水中花火大会・・・水中花...      オリンパスのマクロ60mmF2... >>