人気ブログランキング |

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 19日

利根川の川面に映える壮大な火華!・・・千代田の「川せがき花火」に驚愕!♪

8月18日 利根川・群馬県邑楽郡千代田町赤岩の渡船場付近での花火打ち上げ 
撮影地は熊谷市葛和田 グライダー飛行場・・・隣接の渡船場にて

昨夜は戻ったのが22時頃になって・・・とうとう更新が出来なかったんですが、一日遅れで又花火をアップする事に。

さて・・・花火の前に「かわせがき」の意味って何だろう?
施餓鬼(せがき)とは、餓鬼道(がきどう)にあって飢えと渇きに苦しむ餓鬼に飲食を施し、仏に供養することによって餓鬼を救済し、自身も長寿することを願う仏事をいい、特に川辺で死者の霊を弔う施餓鬼を川施餓鬼という。川辺や船を用いて行われ、施餓鬼法要の後に、水死者の法名を記した経木(きょうぎ)や供物(くもつ)などを川に流す。本来は時期を限ったものではなかったが、盆行事と結び付き精霊(しょうりょう)送りや納涼の要素が大きくなっていった。
(川せがきの説明で分かり易い記述があるので引用しました。大阪府HP 「正連寺の川施餓鬼」より)

群馬県邑楽郡千代田町の「川施餓鬼」
群馬県邑楽郡千代田町で開催される「千代田の祭 川せがき」は、120年以上の歴史を持つ伝統ある祭り。僧侶による読経と灯ろう流し(川せがき)を中心に、打ち上げ花火、民踊流しなど、各種催しが行われる。利根川の川面に映えるスターマインは見逃せない華麗なもの。後半の水中花火も間近で見られ、最大の見所!

ここの花火は初めて見る。
近くなのにこれまで行って見ようという気になっていなかったのが・・・大いに悔やまれる結果となった(^_^;)
何でもっと前から見に来ていなかったのか?・・・何ともネ(泣)

あ~でもしかし・・・始ってみればしまった!と・・・撮り逃がすシ~ンが多くて・・・
載せられる画が無い状態になってしまったのが何とも悔しいのでありますが・・・
恥ずかしながら以下ちょこっとご紹介します。ご笑覧頂けるなら勿怪の幸いなのですが・・・・(^_^;)

1.
ここで水中花火が演出されるなんて・・・それならそうと、もっと調べておけば良かったな~・・・(泣)
a0031821_19442545.jpg
利根川という大河は流石に川幅は湖みたいに広い!ここ赤岩の渡船場は数百mと思える広大な水面が広がっていて、
花火がこの鏡面に映えたらミモノではなかろうかと早くもワクワクっだったけれど・・・♪

川中に向かって斜めに噴き出す花火に水中花も加わって、
真っ黒なキャンバスに光の絵の具で思う存分書き殴ったような光の饗宴は実に見応えのあるモノだった。

このゴチャゴチャ感が意外に気に入ってしまった♪ 等と無理してます(^_^;)

2.
a0031821_200070.jpg
水中花火が好きだ♪
規模的には榛名湖の方が大きい?のかな・・・でも、川面でという独特の雰囲気は素晴らしいよ!♪
年々人気が出てるそうだけど、そりゃそうだ!と思う訳♪ 一度見たらリピータ間違い無しでしょ♪
来年が楽しみだよ。今回の反省を生かさなくっちゃ!だし・・・。

3.
a0031821_2031722.jpg


4.
a0031821_2052023.jpg


5.
a0031821_20509.jpg


6.
a0031821_205818.jpg

花火との距離を考えて、18mm相当のワイドレンズを持ち出した。
それでも画面からはみ出す花火が多く、直ぐ近くで破裂する水中花火なんぞ全然間に合わず・・・なんて事になっってしまい・・・
来年は、もうちょっと工夫しないと・・・
マ、その他数え切れない程の反省点が見つかって・・・初めてではしょうがないかと・・・慰めてくれる人は居ないので自分で納得するしか無いよね(笑)
イヤイヤ、でもしかし何とも素晴らしい花火が見られたのは良かったんだけどね♪

今回も、OLYのE-M10で、ライブコンポジットの練習と言う事であれこれ試行錯誤でした。
これも・・・そう簡単に花火が撮れるまでには至らず・・・もっと研究しないとアカンな(^_^;)

さて、
前回の記事の安曇野花火の後、高ボッチへ移動したという話をしましたが、
で、諏訪湖の花火は撮れたのか?について・・・
実は、8月15日の高ボッチは終日霧に巻かれ、時々パラっと来る雨もという・・・待つ身にとっては地獄の様な一日でした(泣)
そして・・・午後6時半頃には大雨に襲われて、これじゃあダメかな?・・・それでも時々薄っすらと諏訪湖が見える時もあったりの・・・迷うな~状態で(^_^;)

ア~でもヤッパリ・・・今回は諦めて帰るかと撤収を決意!(泣)
三重からお見えになっていたカメラマンと二人だけになって・・・お互い心を決めて、現場を去りました。とさ♪
この方と、又来年会えるといいかな?♪

それにしても去年の異常なゲリラ豪雨から逃げ帰った記憶も鮮明なのに、今回又しても撤収せざるを得なかったなんて・・・
高ボッチ高原のモノノケ姫に取り憑かれていやしまいか?どこかでお祓いせにゃいかんじゃないの?・・・ナンテ事でしたが、
今回千代田の川せがきで、モノノケ姫ともおさらば出来たかな?ナンテ♪

この後、幾つかの花火大会がありますよね。チャンスがあれば行くぞ~!♪・・・と、思っております。

追:
テレビ東京の朝の番組「おはスタ」で拙ブログの昆虫の画が出る筈とお伝えしてましたが、仕事から戻って
録画していたのを見た限りでは全く気配無しでした。
お騒がせしまして申し訳ございませんm(__)m
何か、当初の番組編成のコンセプトとは違った方向に行ったんじゃないか?という感じがしてます。
昆虫採集がどうのこうの・・・という趣旨だったのを見ると、昆虫の微細構造の画は使わないんじゃないかと・・・。
あちらからの申し出はトンボの複眼の微細構造の画を紹介した記事についてでしたから・・・。

by sdknz610 | 2014-08-19 21:00 | 花火 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/20106642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by monopod at 2014-08-20 00:12
素晴らしい花火写真ですね!
自分で撮るのがバカバカしくなるほど、ナイスな作品です(^^)
Commented by sdknz610 at 2014-08-20 09:16
>monopodさん、そう仰られると穴があったら入りたい、てな気分ですが・・・大変恐縮です(^_^;) 
でもありがとうございます。元気が出ます♪
素晴らしい花火なのに・・・キカイもいいのに・・・ウデが今一で反省しております。
花火の難しさが分かって来ました♪ 挑戦するしかありません(^_^;)
Commented by Matsushita at 2014-08-21 00:00 x
高ボッチではお世話になりました。
三重のカメラマンです^ ^
花火上手ですねー
今年の天気は残念でしたが、来年リベンジということで。
また高ボッチで会えることを楽しみにしています。
Commented by sdknz610 at 2014-08-21 00:14
>Matsushitaさん、どうもこんばんは。その節は大変お世話様でした。
マア、無事だったのを良しとしましょう!♪ 高ボッチにはどうも嫌われている様ですがめげておりませんので・・・
来年こそ!♪ 是非又お会い出来るといいですね。
花火撮りをもっと練習しないと・・・Matsusitaさんの様にキレイなのが撮りたいです(^_^;)
Commented by Hirose at 2014-08-24 17:42 x
URLありません。ごめんなさい。8/19現場の左隣でsony_camera使用していた、大泉町からの者です。その時は、大変お世話になりました。上記記載の写真、さすがにインパクトある仕上がりに撮れていて、撮り慣れている感がします。見させていただき感謝しています。私は、try2回目だったのですが、それらしく撮れたのがあり、喜んでおります。また当該ページを閲覧させていただきます。ありがとうございました。
Commented by sdknz610 at 2014-08-24 21:49
>Hiroseさん、こんばんは。アレマ!あの時の!イヤイヤあの時は大変お世話になりまして♪
私はこんな画しか撮れてなくて・・・来年こそ!と思っております(^_^;)
Hiroseさんは、きっと良い画が撮れているんだと思いますよ。
是非ブログでご紹介されたらいいんじゃないでしょうか!♪
又来年、あの場所、あの時刻にお会い出来る事を!
奥様にもよろしくお伝え下さいませ。


<< 爽快グライダー      輝け!安曇野・・・2014年第... >>