人気ブログランキング |

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 26日

赤城自然園通信:アサギマダラに会えた!夢とロマンの思い出に♪

アサギマダラって聞いただけでドキっ!とする♪
超長距離を旅するトンデモない蝶さんだし、大体翅の模様がキレイなんだもん!♪
そんな憧れのアサギマダラと遭うのは一年ぶりだった。
赤城自然園へレンゲショウマの様子を見ようかと行ってみたんだけど、網の目の様な散策路の或る場所でクロアゲハをめっけて、撮っていた時だった。
フト右目で何かを捉えた!見れば、ワ~オ!やったぜ! アサギマダラじゃん\(◎o◎)/!
ほぼ出会い頭のラッキ~チャンスだったよ(^_-)-☆
こうなればクロアゲハはもういいか?と・・・   

アサギマダラに集中!って事に♪

過去を見てみると、アサギマダラの記事は7回だな。でも、どうも何時も消化不良で、なかなか難しい相手だ・・・。
去年、9月30日にイオンモールの植栽を自転車でフラフラしてたら目の前に現れて・・・10月6日の記事にして以来になる。

今回も、まさかのチャンスを逃がさじと、ガンバリ過ぎちゃった感アリ(^_^;)
1.
この子です。
a0031821_2043266.jpg
翅にマーキングが無く純正アサギマダラだ♪
前翅、後翅共に縁がちょっと欠損してるね・・・今まで随分苦労してサバイバルして来たんだろうな・・・。
でも、元気に飛んでいて、ヒヨドリバナの蜜を吸うのに一生懸命だったよ。
近くには今が満開のオミナエシやオトコエシの群落があったりなんだけど、そっちに行く気配は全然無しだった。
後翅後端部に黒っぽい部分がある。この子は♂でしょう。
この後、この子暫くは近くで行ったり来たりで、撮り放題状態だった♪
ホント、何でだろう? ラッキ~の極みって事で(笑)
そして、撮ってる間、この公園を散策する人達は多かったのに、この場所には誰も現れずという不思議な現象が♪
一人バリアーを張ってた訳でも無し♪・・・何と言う事だ・・・・。こんな事もある訳ね♪

2.
a0031821_2072635.jpg
翅を開いてくれるのを只管待って・・・。

3.
a0031821_2091315.jpg
これは花に停まる瞬間だった。胴が大きく腰折れする感じでくの字に曲がってる。これでバランスを取っているんだろうな。

4.
a0031821_20111322.jpg
これはちょっと珍しいかな?♪
この子を撮っていたら何かが横切った!・・・画像を見たらどうやらミドリヒョウモンか?
アサギマダラにちょっかい出そうとしていた様に見えたけど、続きの画像見ると特に何も起きていなかった。
連写中の予期せぬ出来事だった。マ兎に角面白いツーショットになったかと♪

5.
a0031821_20152462.jpg
手前コバノギボウシがあったので♪

6.
アサギマダラの飛び姿に・・・拘ってみた。
a0031821_2020214.jpg


7.
a0031821_20221498.jpg


8.
a0031821_20213638.jpg


9.
a0031821_20215525.jpg


10.
目に! 拘ってみた(^_^;)
a0031821_20235478.jpg
斜め逆さにぶら下がっているんだけど・・・。
複眼に点刻みたいに一杯窪みがある・・・分かるかな?・・・。
こういう複眼って初めてだ。何だろうね、コレ?

11.
a0031821_20235461.jpg
これも、目!♪
複眼には幾つかの縞模様があるのが分かった。
拡大して見ると良く見えるんですが、取り敢えずこんな画像で。

8月24日 赤城自然園
NIKON1 V3
1NIKKOR 70-300mm
OLYMPUS E-M10
60mm MACRO
手持ち
トリミングあり

こんな風に今やミラーレスだけで里山を攻める事になっちゃうのよ♪  軽いからという単純な理由だけで♪
イエ、写りは・・・意外に大丈夫!だし、問題ナシって事だよ♪

D7100は入院だったし。。。イエねセンサーに付着したゴミがブロワーで吹き飛ばせず・・・。
ゴミは皆さん良く調べてみてね♪・・F22位に絞って明るい天井でも何でもいいんだけど撮ってみて!
スゴイ黒い粒々が画像に出ないといいんだけど・・・。若し出たりしたら直ぐカメラ屋へどうぞ!
2,3日でキレイになって戻って来ますよ♪

アサギマダラ・・・時期的にはちょっと早かった様で、と、言う事は・・・本格的に南への渡りの途中で大挙押し寄せるのは?・・・
9月に入ってからだと、係の人に聞きました。
ヨーシ!楽しみにしよう♪
この子は、そんな南へ下る大軍団の中でも、先兵的な役割の子かもしれない。
ここで十分栄養補給してもらい、どうか無事に大海原を越えて故郷へ帰り付いて欲しいと思うばかり・・・。

因みに・・・アサギマダラはタテハチョウ科 マダラチョウ亜科です。
和名の由来ですが、翅の内側の白っぽい部分は厳密には半透明の薄い水色で、鱗粉が少ない。
「浅葱(アサギ)」とは青緑色の古称で、この部分の色に由来する。
独特の赤紫っぽい錆色の翅模様がとてもキレイです。
頚から下の胴に掛けて白と黒の斑模様が・・・将にマダラチョウ亜科ですね。

by sdknz610 | 2014-08-26 15:00 | 私の蝶・蛾図鑑 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/20135373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 赤城自然園通信:ホシホウジャク...      コチドリのエンゼルポーズ♪ >>