人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 21日

オオヤマトンボの飛翔を撮る

オオヤマトンボが頻りに沼の岸辺を巡回パトロールして、目の前を行ったり来たり。
なので又々撮りたくなって飛翔姿を何とかフリーズしようと無謀な挑戦だ(^_^;)
と、言うかこのトンボ、止まった姿を見るのは至難♪ 一日待っても止まってくれないんじゃないかと(^_^;)
それは兎も角、飛翔姿はスピード感溢れる悠々たる巡航だ。
このトンボの重爆撃機的堂々たる飛行姿は好き!♪

1.
オオヤマトンボの飛翔を撮る_a0031821_2017257.jpg


2.
オオヤマトンボの飛翔を撮る_a0031821_20202118.jpg


3.
オオヤマトンボの飛翔を撮る_a0031821_20204142.jpg
水鏡!♪ に映るオオヤマトンボの飛翔♪
下から見上げる様には撮れないからこんな事をやってしまった(^_^;)

4.
オオヤマトンボの飛翔を撮る_a0031821_20205894.jpg


5.
オオヤマトンボの飛翔を撮る_a0031821_20211362.jpg
こんな草被りでもピントは大丈夫だよ♪

オオヤマトンボの飛翔姿を撮る・・・について・・・
事前にこっちに向かって来るのを視認出来て、さて!と思っても先ずはファインダーに入れるのが一苦労だ。
そして、ピントは?どうしたらいいのか・・・。
その前にジックリ観察が先決だ。飛行コースは比較的安定していて、あの辺りを通過する筈だ、というコースが分かって来る。
とは言え、その都度微妙にズレるからね~弱るのよ(^_^;)

一つはマニュアルフォーカスにて、あそこを通る筈というポイントに置きピンを。
もう一つは、通過ポイントに狙いを定めてAF-Sでシャッターボタンを半押ししてピントを固定、
そのままジッと飛んで来るのを待つ(^_^;)

AF-Sで、ファインダーに捉えてからシャッターボタン押しても対象が小さいから先ずピンが来る可能性は期待出来ないんだよね・・・。
いえ、ピンが奇跡的に来る事もあるんだけど、その時にはもうトンボは移動しちゃってるし・・・
AF-Cで追い切れるか?と言えば、それも・・・なかなか(^_^;)

どっちにしろほぼ一定のインターバルで巡回して来るのを待つって事に。
そして来た~!となったら、未だポイントに来る前からファインダーに捉えないと始まらない(^_^;)
フレームアウトしない様に追い掛ける!
そして・・・ポイント通過する前から連写を開始すべし・・・これ、遅れるとジャスピンのポイントを外してしまう事になるから・・・
マア兎に角集中してシャッター押さないといけないんだわ(^_^;)
連写スピードは速い方がいい。
今回の画だと、秒20コマで・・・。

オオヤマトンボは途中で思わぬ方向転換、というのは比較的少ないので、実は撮り易いトンボ!と言ってもいいかもね♪

只、相当な枚数を消費する事になる、という覚悟が必要だけど。

オオヤマトンボ:
最近ではヤマトンボ科に分類される様になったらしい。以前はエゾトンボ科という説明が多かった。
ヤマトンボの仲間では最大級の大きさになる。
よくオニヤンマ!と言われる事が多いみたいだけど、それは間違い♪
顔、胸、尾の黄色の輪っか模様等が見分けのポイントに。
北海道から南西諸島まで極めて広大な分布域で、こういうトンボも珍しい様だ。

良く見掛るけど、止まってくれず飛びっ放しなので、撮るのが難しいと言う事か・・・。

以上は9月14日の画です。
トリミングあります。
1NIKKOR 70-300mm
手持ちです。

by sdknz610 | 2014-09-21 21:00 | トンボ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/20216986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ミサゴが良く出てくれたが、良く...      ショウドウツバメの大群がやって来た >>