人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 17日

シジュウカラで飛び出しフリーズ練習・・・何時もの事

シジュウカラが葦原に群れてるのを見て、近づいてみる。かなり傍に寄れたので、又々飛び出しを撮らせてもらおうかと・・・。
みんなで居れば怖く無い?のか・・・かなり人慣れしてるげなシジュウカラ達♪
練習台にはこれ以上ない被写体だよ。
どうやら葦の茎の皮を器用に剥がしては、多分あのビワコカタカイガラムシモドキを食べている様だった。

1.
シジュウカラで飛び出しフリーズ練習・・・何時もの事_a0031821_1110835.jpg
シジュウカラのオスかメスか?・・・これまで余り注意した事は無かったけれど、あらためて・・・
この子はオスですね。頚からお腹を通る下面の黒い帯が両足の付け根まで広がって幅広く通っている・・・
メスはこの黒帯の巾が狭くて、両足の付け根まで帯が広がっていません。

2.
シジュウカラで飛び出しフリーズ練習・・・何時もの事_a0031821_1111170.jpg
1/3200

3.
シジュウカラで飛び出しフリーズ練習・・・何時もの事_a0031821_11111520.jpg


別のケース。今度は頭上の枝に止まったから・・・
4.
シジュウカラで飛び出しフリーズ練習・・・何時もの事_a0031821_11171810.jpg
こちら1/4000

1月16日 大室公園にて
NIKON1 V3
1NIKKOR 70-300mm
手持ち
トリミングあり

この処、鳥の動態撮影ではISOを1600固定で、というのが多い。
これでSSを1/1600とか、1/2000,1/3200,1/4000等を明るさによって選択。SS優先モード。
多少暗くなってSSが1/1600以下で無いとダメとなると、シャッター押さないなんて事に(^_^;)
一方ジッと動かない鳥ではトマリモノ!となり、大急ぎでISOを200なんぞに下げてジックリという事なんだけど。
兎も角、鳥は飛んでナンボと思うので、基本高速シャッターで何時何が起きてもいいようにしてるのサ♪
被写体ブレは最小限にしたいからね。

V3のISO1600の画質は・・・こんなものなんだけど、マアね、何とか見られるから良しとしよう♪
ISO3200ではどうか?・・・ちょっとヤバイです(^_^;)

願わくは・・・常用ISO3200で大丈夫というハコがあるといいんだけど・・・。
高感度ノイズリダクションをOFFでもね!

欲を言えば限がないけど、常用ISO6400というキカイがあればな~・・・生きてる内に出てくるだろうか?ナンテ♪
ア、それもリーズナブルな○でという制限アリ(^_^;)

by sdknz610 | 2015-01-17 15:00 | シジュウカラ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/20733273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ヒヨドリ(鵯)の飛びを      シメ・・・超高速SSでも止まら... >>