人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 30日

荘厳! 夕陽煌めく「千貫門」・・・合掌m(__)m

憧れの「千貫門」行って来ました。3月26日(金曜日)。
夕陽が千貫門に落ちるのを期待して・・・。
?何?何? 何がどうしてどうなったのよ!♪

イエイエ・・・海食洞の向うに駿河湾が覗ける筈!とイメージして・・・
そして若しかしてその穴から夕陽が沈んで行くのが見えるんじゃないか?とイメージして・・・
春分を少し過ぎたんだけど、どうやらお天気が良いという予報を信じて、
ちょこっと行って見よう!と決めたのが前日の夜だった(^_^;)

そしてとうとう・・・コレだ~~~!(^_-)-☆

1.
荘厳! 夕陽煌めく「千貫門」・・・合掌m(__)m_a0031821_1547781.jpg
17:42:29

2.
荘厳! 夕陽煌めく「千貫門」・・・合掌m(__)m_a0031821_15475989.jpg
17:43:05

3.
荘厳! 夕陽煌めく「千貫門」・・・合掌m(__)m_a0031821_15481837.jpg
17:43:47

4.
荘厳! 夕陽煌めく「千貫門」・・・合掌m(__)m_a0031821_15483237.jpg
17:47:19

5.
荘厳! 夕陽煌めく「千貫門」・・・合掌m(__)m_a0031821_15484550.jpg
17:47:48

6.
荘厳! 夕陽煌めく「千貫門」・・・合掌m(__)m_a0031821_1549574.jpg
17:57:27

千貫門・・・
IZU PENINSULA GEOPARK
Rock Gate in the sea 「Senganmon」

千貫門で荘厳なる落日を見られるなんて、心震えるものがある・・・思わず合掌!m(__)m

サンセットダイヤモンド千貫門!・・・でもいいか♪
又はゴールデンゲート千貫門!・・・ナンテね(笑)

この日、午後4時過ぎに雲見港着。
途中西伊豆の海岸を富士山のビューポイントをロケハンしながらだから、
6時間位掛かりそうと思っていたんだけど、マそんな所だったかと。片道300km弱です。

車を海縁の駐車場に停めて、
グーグルの地図と地理院地図で千貫門へのアプローチを頭に叩き込んでいたので、イザ!♪
雲見の民宿街を抜けて、程なく山越えの階段が目に入って、およそ130段を登る。
乗っ越しの頂上から千貫門は直ぐ下に見え、ワ~オ!♪ やっとここまで辿り着いたかと一安心。
大汗掻いたけど・・・。

日の入りまでは未だ時間があるので、お日様の動きを見ながら、洞を抜ける夕日はどの辺を照らすだろうか?
そん時はどのレンズでどう撮るのか?頭の中でシミュレーションを繰り返しながらその時を待つ事に。
幸い風は微風、只ジッとしてると寒いのよ。
波はとても穏やかで、岩に砕けるシ~ンは無し・・・真冬の西風が強い時だと波被りが酷くて長居は出来そうにないな。
誰も居ない千貫門の波打ち際で・・・一人旅というのもなかなか貴重なものだわ(^_^;)
イエ、やせ我慢では無くて・・・こういう時間は好きですよ♪
たった一人だけだし、人によってはシンシンと締め付けられる様な寂しさを感じるかもしれませんね・・・私は鈍いのかも(^_^;)

千貫門は前回3月4日に記事にしてますが、あの時は少し南の崖上のキャンプサイトから千貫門を見下ろして、
富士山を撮っていますが、
次は下の海岸まで降りてみようと、決めていたんですよ。不言実行!♪
ここ迄降りると富士山は見えません。
専ら千貫門の海食洞目当て、と言う事になる訳です。

初めてだったけど、将に絶景!だった。
千貫積んでも見る価値があると言う事で千貫門と呼ばれる様になった由。
言い得て妙なり♪

いずれ又機会を窺って来る事になりそうな予感がする。

それにしても、ですが・・・無事帰れて良かったのであります。
海岸はバスケットボールやラグビーボールの様なゴロ太石だらけで
足元は非常に不安定(^_^;)
ウッカリ滑って、足でも挫いたりしたら・・・誰も来ない海岸で夜中を迎えるなんて事になりかねないし、
背後の垂直にそそり立つ崖からは岩が崩れて累々と麓に累積していて、波打ち際迄転がってる岩もあったし・・・
ヤバイ所ですね~・・・お薦めはしない事に。

ここまで来るとなると他にもついでながら撮影ポイントは幾つかある訳でして・・・
西伊豆は富士山絡みもあって矢鱈と奥が深いのであります。 
マアね、時間があれば・・・二泊三日かそれ以上でもいいけど、何時かは・・・なんて(^_^;)

by sdknz610 | 2015-03-30 15:00 | 夕焼け | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/21059320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yさん at 2015-03-30 20:34 x
流石です。
知力・体力・技術などの総合力による成果、
お蔭さまでとても良い場面を拝見できました。
Commented by sdknz610 at 2015-03-30 21:36
>Yさん、こんばんは。ハ!どうもありがとうございます。
イエもう何とかの一つ・・・みたいなものでしょうね(^_^;)
上から見た千貫門の印象が強烈だった事もあって、今度は下に降りて洞を是非見て見たかったものですから・・・。
取り敢えず無事帰宅出来たのが何よりでした♪
画の方は・・・アレコレ反省点多くて、次回行くとすれば対策しないと・・・です(^_^;)
ここは、でも、みなさんにお薦め出来るかとなると・・・アブナイ所なので・・・。
夏には海水浴が出来るので人は多いみたいですが・・・。
Commented by 豊栄のぼる at 2015-03-31 09:01 x
ブラボー!
Commented by sdknz610 at 2015-03-31 12:43
>豊栄のぼるさん、ハ!どうもありがとうございます♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 千貫門に沈むダルマ太陽♪      ツバメが来てた! そうだツバメ... >>