人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 06日

2015年佐渡紀行(1)・・・絶景「大野亀」

6月4日。佐渡の北端、大野亀に到着。午後4時を過ぎていた。
夕陽が水平線に落ちるのを期待して雲が晴れるのをひたすら待つ。

今年のトビシマカンゾウは残念ながら例年に比べると・・・花数は少なく、既にピークを過ぎた感もあり
思い描いたシ~ンは撮れるかな?ちょっと心配になって来たのよ。

毎年お世話になっている民宿の女将さんの話では、開花も異常に早く、最盛期はもう過ぎちゃったのよ・・・
という事で、佐渡行きも何とか早めた積りだったけど・・・(^_^;)

でもマア、ここは「大野亀」という絶景があるので、先ずはそれからご紹介したいと思います。
例年の事なので新鮮味は無いですが・・・
自分にとってはここは将に海絡みでの風景・景観・ランドスケープ撮りの聖地!♪(^_^;)

1.
2015年佐渡紀行(1)・・・絶景「大野亀」_a0031821_21435457.jpg
9mmの魚眼。

2.
荒海シンフォニー
2015年佐渡紀行(1)・・・絶景「大野亀」_a0031821_2144946.jpg
31mm。
砕けた波が霧となって強風に乗って舞い上がる。
眼鏡に細かい水滴が・・・乾いて残るのが塩!

3.
2015年佐渡紀行(1)・・・絶景「大野亀」_a0031821_21442427.jpg
9mm魚眼。

4.
2015年佐渡紀行(1)・・・絶景「大野亀」_a0031821_21443875.jpg
60mmマクロ。
遙か水平線に張り付いていた雲が無くなってきたゾ!♪

(上記の焦点距離はm3/4なので35mm判換算では2倍となります)

今回は、家を出てからズ~っと強風の中を走り続け新潟港に着いて、でも風は一向に収まらず、
今年3月に就航したという新型フェリー「ときわ丸」で佐渡を目指すが、海は荒れていた。
5380トンのちょっと小さ目の船のせいか、これまで経験した事の無い大きな揺れで、面白かった(笑)
イエね、大きな船が揺れるというのを経験した事が無くて・・・
これまでの佐渡行きでも凪ぎの海をまるで揺れない1万トン級のフェリーだったからね~♪

この船、中には無料WiFiが設置されていて、これは良かった♪ (NEXUS7を持っていったので)

大野亀でも猛風がなかなか治まらず、雲が頭上を猛スピードで走っていたけど、それでも段々と風が弱くなって来て、
西の水平線に張り付いていた雲が無くなって来たのよ。
?若しかして水平線に直接沈むお日様を見送る事が出来るのか?
と、期待は膨らむよね♪

大野亀ですが・・・頂上には行けなくなってました・・・。

佐渡観光協会HPには・・・
標高167メートルの一枚岩が海に突き出しているその姿はまさに圧巻。
初夏のトビシマカンゾウ、岩を彩る岩百合は険しい風景の中に華やかさを添えてくれます。
※現在、善宝寺石塔へ向かう参道が崩落などの理由で通行が出来なくなっておりますのでご注意ください。大野亀大地の遊歩道は通行が可能です。

by sdknz610 | 2015-06-06 23:00 | トビシマカンゾウ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/21314858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 2015年佐渡紀行(2)・・・...      千手ヶ浜のクリンソウ >>