『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 14日

サラサドウダンツツジ(更紗灯台躑躅)の釣鐘が見事♪・・・新坂平

レンゲツツジの連載中ですが、一時停止!♪・・・
今日はサラサドウダンツツジをお届けしようと思います。
更紗灯台躑躅は、以前那須の五葉躑躅を見に行った時に、この花を見掛て、でもちゃんと撮れておらず
何時か撮ってみたいと思っていた花。

6月10日、新坂平へレンゲツツジを撮りに行って、レストハウスでソフトクリームを食べていた時、
ふと後ろを振り返ったら目の前に釣鐘がブラ下がっていて、オヤオヤここにあったじゃん!とビックリ♪
良く見れば他に十本程植栽されているのが分かって・・・
レンゲツツジを中止して、この花をアレコレ撮る事が出来て、マア良かったゼと(^_^;)

1.
a0031821_16562949.jpg


2.
a0031821_16565890.jpg
こんな風にズラっと並んでノブラ下がり状態なのは、何か興味が湧いて来る♪
勿論一個一個の花自体、清楚可憐優しさ溢れるフックラ系で、
更紗というのは良く知らないけど、こういう色合いも緑の中で映えるよね・・・好きだ♪

3.
a0031821_16582729.jpg


4.
a0031821_16584251.jpg


5.
a0031821_16585670.jpg


6.
a0031821_16591084.jpg


みんなの花図鑑、ウィキ等によれば・・・

サラサドウダン(更紗灯台、学名:Enkianthus campanulatus)は
ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木。別名、フウリンツツジ。
日本固有種。
北海道西南部、本州の兵庫県以東、四国の徳島県に分布し、深山の岩地に生育する。

ジャポニカとは付いていないが、日本固有種!♪だったとは\(◎o◎)/!

花の姿を更紗染めの模様に見立てたのが名の由来。
秋の紅葉も燃えるように美しい。
属名の Enkianthus はギリシャ語の「enkyos(妊娠する)+anthos(花)」からきている。
膨らんだ花の形からつけられた名である。
種小名の campanulatus は「鐘形の」という意味である。

PANASONIC GX7
45-175mm
手持ち
トリミング若干

このレンズ、近いのも結構強いな。最短撮影距離は0.9m。
マクロレンズは今回留守番だったけど、荷物を減らす時はこのレンズかなり役に立つ感じ♪
安い中古だけど、写りは取り敢えず文句無し!
マイクロフォーサーズのメリットが際立つ結果となった。
90-350mm相当だけど、軽い!コンパクト!♪

by sdknz610 | 2015-06-14 17:30 | 花追い人 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/21342534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< レンゲツツジと覚満渕と・・・赤城山      レンゲツツジの紅に染まる♪・・... >>