人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 16日

火と共に去りぬ? ハクチョウ・葦焼きから避難(^-^;

今日はこの一枚!
火と共に去りぬ? ハクチョウ・葦焼きから避難(^-^;_a0031821_18592365.jpg

2016.3.16・・・多々良沼の葦焼きがあるとの事で、出掛けた。
前日の大風が治まり、薄日も射す葦焼きには絶好の条件になったのは幸いだったな♪
手前に水を配置した画像をと思い、撮影ポイントはガバ沼にした。

未だハクチョウが居てくれれば、是非とも葦焼きの火の中を飛ぶ姿を撮りたいと
以前からズ~っとイメージしていたんだけど(^-^;

実はその前に、夜明け直後の富士山をと何時ものポイントに行ってみたが、
南方には部厚い靄が張り付いていて全く見えずでガッカリ(泣)
上空はピーカンだったのに、朝焼けもいい色だったのに・・・。

ガバ沼に着いたら2羽のコハクチョウが未だ居た。
数を記録している看板を見ると、前日には30羽ちょっと居たハクチョウなので
ンじゃあ朝日をバックに飛来して来るのをと、待っていたら、
6羽の家族が本沼から来てくれて、都合8羽になった。
只、最早朝焼けのいい色の時刻は過ぎていて、撮ったけど画にならず(^-^;

こうなると、トビダシをどうしても期待してしまう訳ヨ♪
さて、葦焼きは9時スタートと聞いていたけど、実際は9時半ちょっと前に火が入った。

そして・・・程なくハクチョウ一家がトビダシだ~となって、
この画はNIKON1 V3の秒10コマで追い掛けてのもの。

飛び出す仕草が分かったので直ぐ連写開始したけど、そのままだと途中で撮影可能枚数を消費してしまい
肝心の火をバックにした構図が撮れなくなる危険があり、
一旦撮影を中断して、途中から再度シャッター押し始めて・・・
何とか火とのコラボレーションが写っていたかという・・・
火と、煙と、水鏡の沼・・・そこにハクチョウが飛んでる?・・・何というシチュエイション!♪
薄氷の大チャンスを手中にした・・・自画自賛(笑)

今日は標準ズーム、中望遠ズーム、超望遠ズームのカメラ三台体制で臨んだ。
他に膨大な枚数が・・・整理がなかなか捗らずだけど、
面白そうなのがあれば・・・ご紹介してみようと思う。

飛んで行ったハクチョウは本沼へ行っていて、弁天近くで休んでいた。
他には見当たらなかったのでみんなもう北へ帰っちゃったみたいだな。
この6羽の家族は何時まで居てくれるか? 
こうなったらもうソメイヨシノを花見してから帰ればいいじゃん!・・ナンテ♪
何年か前、そういうハクチョウが居たな。

追:
葦焼きの火に追われてタヌキ等が姿を現す、という話を聞いていたので、若しかそれもアリ?と
勝手に期待していたんだけど・・・

出た~!!♪♪ タヌキだった(^_-)-☆
無事だったな♪ 良かった良かった。
何れその画も。

その後、寒緋桜メジロを撮りに♪ 4羽が来てた。
そしたら又ヒヨが・・・で、ヒヨもかっこいい画を撮ってやったから、それもネ♪





by sdknz610 | 2016-03-16 20:00 | ハクチョウ専科 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/22606900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasuyasu at 2016-03-16 21:38 x
こんばんは

やはりsdknz610さんは、普通の葦焼き写真は撮らないですね(^ ^;
白鳥を絡ませましたか。
白鳥の写真ってかなり多いと思いますし、夕日、朝日を背景にとか富士山との組み合わせとか
それはそれで素晴らしいですが、野焼きとの組み合わせは斬新ですね~

次のタヌキも期待してます。 
かちかち山を連想するようなヤツ? おっと動物虐待のつもりはありませんですm(_ _)m
Commented by sdknz610 at 2016-03-16 22:40
>yasuyasuさん、いつもありがとうございます。
ハハ♪ イヤイヤ、そうなのかな~ですが、葦焼きの炎のダイナミックな様子は好きですが、
今はハクチョウが居る!となれば・・・是非とも絡めたくなりましたので♪
こういう生き物は火は天敵でしょうから避難するに決まってますよね・・・
このシーンはズ~ッとイメージしてたものだから、逃す訳には行きません(^-^;
どうやらそこで何がどうなる?というのを想像だけでアレコレ考えて、
ほんとにそうなった!というのは、写真の醍醐味なのでは?と思える節がありますね。
タヌキは・・・無事な姿だけでウレシイものでした♪ 奇抜なものではありませんです。
野生動物って、結構ワクワクするもんだと言うのを実感しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ミサゴの獲物は大きかった?♪      メジロの正面顔って・・・♪ >>