人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 12日

ヒレンジャクが飛ぶ! ウソでしょ!自称傑作選(^-^;

ヒレンジャクは未だ居てくれるだろうか?と気になって再訪した。
今や木の芽が葺き出して来て、非常に撮り難くなっている。
そんな中、又もや飛びに拘ってボツの山を築いてしまった(^-^;
1.
ヒレンジャクが飛ぶ! ウソでしょ!自称傑作選(^-^;_a0031821_2048876.jpg


2.
ヒレンジャクが飛ぶ! ウソでしょ!自称傑作選(^-^;_a0031821_20495715.jpg


3.
ヒレンジャクが飛ぶ! ウソでしょ!自称傑作選(^-^;_a0031821_20502892.jpg


4.
ヒレンジャクが飛ぶ! ウソでしょ!自称傑作選(^-^;_a0031821_20505850.jpg
今日の一番星でもいいか♪

5.
ヒレンジャクが飛ぶ! ウソでしょ!自称傑作選(^-^;_a0031821_2052725.jpg


6.
ヒレンジャクが飛ぶ! ウソでしょ!自称傑作選(^-^;_a0031821_205228100.jpg


7.
ヒレンジャクが飛ぶ! ウソでしょ!自称傑作選(^-^;_a0031821_20524896.jpg


8.
ヒレンジャクが飛ぶ! ウソでしょ!自称傑作選(^-^;_a0031821_2053985.jpg


9.
ヒレンジャクが飛ぶ! ウソでしょ!自称傑作選(^-^;_a0031821_20533418.jpg


2016.4.12
NIKON1 V3
1NIKKOR 70-300mm
手持ち
トリミングあり
SSは1/2000や1/2500で。
殆どが空抜けになるので、補正は+2.0~+2.7辺りを状況によってチョイス

枝被り、葉被り、空抜け、逆光、そして遠い!・・・等、撮影条件としては厳しいものばかり(^-^;
望遠端が810mm相当のレンズだけど、目一杯だとフレームインが難しくなるので、
若干ズームアウトして、どっち方向へ跳び出しても捕捉出来るチャンスを増やしておく、
というのが流儀だ。

ヒレンジャクは10羽位だった。
新しく出て来た若葉を啄む木と、ヤドリギの実を食べる木と・・・行ったり来たりやってた。
昨日(11日)の猛風で、居なくなってしまったか?と思っていたけど、何とか間に合ったかな?♪
だけど、流石にもうそろそろ居なくなるのではないかという・・・
後、三日居てくれれば御の字?って感じもある。




by sdknz610 | 2016-04-12 21:45 | レンジャク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/22709463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasuyasu at 2016-04-13 09:52 x
おはようございます。

ここのところ、花蝶鳥と美しい作品が掲載されて堪能させていただいています。
特にヒレンジャクが超素晴らしいですね。
明るい空をバックにした羽根の透け具合がお見事で、目がキラリと光った顔の表情も良くて
各場面とも甲乙付けがたいですね。
#2なんか、まるでレントゲン写真を診ているようです(表現がまずくてスミマセンです(^ ^;)

810mmかァ 良いですね。 いやいや道具でないことは分かっているんですが・・・。

Commented by sdknz610 at 2016-04-13 13:34
>yasuyasuさん、こんにちは。何時もご覧頂きまして、ありがとうございます。
春は忙しいですよね♪ アッチコッチと漂流しております(^-^;
ヒレンジャク、彼らの旅程の大幅遅れで、諦めていたのが図らずも会う事が出来て望外の幸せです♪ 
こんな機会がある群馬県は素晴らしい所ですね♪
ヒヨより小さく、スズメより大きいですが、距離があると小さくしか写りませんので、
800mmクラスの望遠レンズは有難いです。
以前はBORG等で苦労して撮ってましたが・・・
飛びモノ狙いなので、V3でしか撮れないシ~ンは多いです(多分♪)。
私は只シャッター押すだけですが、こんなのが撮れちゃうなんて・・・
将にキカイの進化のお陰ですね♪ 折角の高機能を使わない手はありませんので(^-^;
それにしてもヒレンジャクにどうしてこうも惹かれるのか?♪
顔立ちは歌舞伎役者風で面白い!というのはあるでしょうね。後はやはり飛ぶところがイイんですよ♪
ヒヨやムクとは違う雰囲気に惹かれるみたいで。希少という事もありますけど。
又来年の寒い時期になれば逢えるかな?逢いたいものですね。
私よりお近くでしょうから如何でしょう? 未だ居る内に!♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 花桃の「わ鐡」のシーズンはそろ...      シラネアオイが早くも開花してた... >>