人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 10日

クマガイソウを初見初撮りだった・・・赤城自然園にて

クマガイソウとか、アツモリソウとか・・・その特異な形は知っていたけど、
マア見るのは一生不可能かもと思ってた(^-^;
それが、目の前に! ?ナンダ?あれは!・・・ビックリだった(^-^;
2016.4.30の赤城自然園での出来事。

僅か2輪だけのクマガイソウだった。その存在感は気付けば辺りを圧倒していて・・・♪

ロープより僅か内側のを、腕を伸ばし、スーパワイドで超接近を試みたり、中望遠で狙ったり、
ワクワクドキドキで撮る事が出来たのを、やっと今になって載せてみます。

1.
クマガイソウを初見初撮りだった・・・赤城自然園にて_a0031821_14574921.jpg
クマガイソウは各地に有名な群生地があるみたいだけど、行った事は無い。
希少な花を赤城自然園で見れたとは、青天の霹靂だったナ♪

2.
クマガイソウを初見初撮りだった・・・赤城自然園にて_a0031821_1501597.jpg
スタッフの話では、これまで林の中にあって、誰も見られなかったのを、散策路の近くに移植したそうな・・・。
そうだったのか!♪

3.
クマガイソウを初見初撮りだった・・・赤城自然園にて_a0031821_1503715.jpg


4.
クマガイソウを初見初撮りだった・・・赤城自然園にて_a0031821_1522619.jpg


5.
クマガイソウを初見初撮りだった・・・赤城自然園にて_a0031821_1524333.jpg


6.
クマガイソウを初見初撮りだった・・・赤城自然園にて_a0031821_1525935.jpg


7.
クマガイソウを初見初撮りだった・・・赤城自然園にて_a0031821_1531712.jpg


8.
クマガイソウを初見初撮りだった・・・赤城自然園にて_a0031821_1533456.jpg

クマガイソウ(熊谷草)・・・ラン科アツモリソウ属の希少な花! 
Cypripedium japonicum・・・日本の自生種!ジャポニカだったのネ♪

森林伐採や盗掘の横行等で環境省のレッドデータブックでは
絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している種)に分類されてるみたいだ。
盗掘か~・・・ダメだよそんな事やっちゃあ!
とっていいのは写真だけだぜ!




by sdknz610 | 2016-05-10 17:00 | 花追い人 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/22796324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kimiko_shibata1 at 2016-05-10 18:37
クマガイソウとアツモリソウ・・ユニークな姿です。
どのように蕾が咲いていくか・・知りたいです。(笑)
赤城自然園、いろいろと咲きだしましたね。
Commented by sdknz610 at 2016-05-10 21:17
>shibata1さん、クマガイソウは以前shibata1さんの「山歩風景」で教えてもらったものです♪ 以来、何時か見てみたかったんですが、今回やっと実現して、感動モノです♪ 蕾の開き具合・・・面白いでしょうね。来年機会があれば是非見てみたいです。赤城自然園、春の開園は6月5日までですね。もう暫く通ってみようと思ってます。
Commented by momo at 2016-05-10 23:04 x
今晩は🎵相変わらずパワフルに行動されて何よりです。
クマガイソウは栃木の花之江の郷にあって今年は動画でと思いながら時期を逸してしまいました。
自然園でしか見られなくなりましたね。
赤城にもあって良かったですね。
Commented by sdknz610 at 2016-05-11 08:23
>momoさん、おはようございます。足利の大藤の記事拝見しましたが、モノスゴイ混雑ぶりが良く分かりました(^-^; 昔は年間パスで、朝一に入園、なんてことやってましたが、余りに造っているのに嫌気して最近はほんの時々って感じになってます。赤城自然園の方が未だ自然の儘の雰囲気があって最近は専らこっちが多いです♪ 花之枝の郷というんですね。調べて来年は行ってみようと思います。ありがとうございます!♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< カワラヒワのホバリング擬き      フデリンドウ!小さいけれど華麗... >>