人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 15日

足利市・虚空蔵尊繭玉祭り

お炊き上げ
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_1633541.jpg
2017.1.13。足利市・徳正寺虚空蔵尊で繭玉祭やってるとの事で、写友に連れていってもらった。
去年の大晦日に館林市・茂林寺へキャンドルロードイベントを撮りに行ったけど、お祭りって難しいと思っていて
今回も勉強しようと恐る恐る・・・(;´・ω・)

先ずは旧年のダルマなどを持って来てお炊き上げしてもらう所を撮らせてもらったのを・・・。
こういう、恰も龍神が舞うが如き炎の風情は好き♪ 
SSは1/250で。ISO200、F5.6,マイナス1.0EVで。

この後は、撮影時刻に拘らず並べてます。ご笑覧下さい。

2.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_1644312.jpg
炎に拘ってます(;´・ω・)♪

3.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_1645420.jpg


4.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_16452393.jpg


5.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_16454233.jpg
燃え上がる炎をモチーフにどう画面に取り入れるか? 結構悩みます(;´・ω・)

6.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_16481359.jpg
後は普通にお寺さんだわ♪

7.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_1649865.jpg


8.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_1649241.jpg


9.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_16493913.jpg
オッと! 白梅が♪ 
直ぐ傍で紅梅も咲いてました!♪

10.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_1651593.jpg
15~30mm相当のワイドズームも持って行ったので・・・
どんなレンズにせよ、何を撮るにしても・・・寄るか? 引くか?の・・・どっちにするの?と自問して(;´・ω・)
これが中途半端だと出て来る画は何撮ったの?になるのかな~と、何時も悩んでるのよ(笑)

基本、こんな広角レンズの場合、一歩前へ!というのを心掛ける様にしてるんだけどね・・・。

11.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_17291823.jpg

お念仏を唱えながらのお坊さん達を。

12.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_16574773.jpg
HDRの試し撮り。手持ちでは本当はいけないんだけど・・・(;´・ω・)
このカメラでは自動で露出を変えて3枚連写をやって、合成した画が出て来る。
微小な位置の狂いもカメラ内で修正やってくれるのが面白い。
手前の黒潰れがかなり回避出来るので、状況によってはHDRも使えそうかな?♪

13.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_1722148.jpg
お祭りの出店・・・何が面白いかって・・・こういう極彩色の色が溢れているからね~♪
どうしてもシャッター押しちゃうわ♪

14.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_174535.jpg
繭玉。

15.
足利市・虚空蔵尊繭玉祭り_a0031821_1743335.jpg
裸電球に浮かぶ目玉達♪ 色んなキャラクターのお面がズラリ!に興味惹かれて♪

今回はPENTAのK-5に10-20mmワイド
Pana G7に12-40mmの標準ズームの二台で臨んだ。
#5,6は10秒近いスローシャッターで、三脚必須の画。それ以外は手持ちでだった。
トリミングは周辺を少しという画もあるけど、殆どはノートリです。
凡そ三時間程で二台合わせて1300枚程になっていた(;´・ω・) 炎絡みは連写を多用してるからか・・・。

お祭りは普段の生活では無縁の豊富な色が溢れていて、そこんところが一番の魅力かもと思った。
人々の動きも撮ってみたいけど、それが一番の難題だ(;´・ω・)

虚空蔵尊、足利市役所の直ぐ西側斜面にあります。駐車場は市役所のを♪




by sdknz610 | 2017-01-15 18:00 | 祭り 郷土芸能 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/23550237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< スカイツリー夜明けの詩♪ 遥か...      首切り螽斯(クビキリギス)の鮮... >>