人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 17日

絶景!筑波山・・・太田市金山城跡頂上から

絶景!筑波山・・・太田市金山城跡頂上から_a0031821_14402972.jpg
2017.1.16 06:15
太田市金山城跡の頂上付近から朝焼けの筑波山狙いだった。
昨日の記事の東京スカイツリーを撮り始めて、暫くして少し移動。
筑波山とスカイツリーの両方を撮れるポイントへ(;´・ω・) 
ここだと三脚に乗せたカメラをクルッと回すだけでどっちも撮れるんだけど、あ~忙しかったゼ(笑)

筑波山まで直線で凡そ70km位。左、足利市の向こうに三毳山がせり出しているね。
中央明るい道路は50号バイパスと思われる。
この時刻、未だ街の灯が多く残っていて、逃せないチャンスなのだ♪
この朝は茨城方面に雲が張り付いていて、ダイナミックな景観が望めたのは◎だ♪

渡良瀬遊水池に居たら靄が邪魔になっていたかもしれず・・・
標高が230m程の高さからだと靄が却って面白いな。
関東平野の街並みを望遠レンズの圧縮効果で楽しめるので、
my絶景ポイントに指定する事にした(^_-)-☆

2.
絶景!筑波山・・・太田市金山城跡頂上から_a0031821_14523767.jpg
06:26
トップの画とは10分程経過しているが、雲の様子は大分変っていて、次々とシャッター切らないと・・・(;´・ω・)

3.
絶景!筑波山・・・太田市金山城跡頂上から_a0031821_14531296.jpg
06:28
トップと#2は200mm。この画は300mm程で。以下、35mm版換算の値です。

4.
絶景!筑波山・・・太田市金山城跡頂上から_a0031821_14533359.jpg
07:01
250mm、16:9で。
日の出直後は急にコントラストが強烈になって・・・露出で迷う(^-^;
プラス補正すると空の微妙な赤系の色が飛んでしまうし、かと言ってマイナス補正すると手前地上は黒潰れになる。
HDRでかなり解消する。これはG7のハイダイナミックモードで撮ってみた。但し補正は大幅にマイナス1.3だ(;´・ω・)
この辺りの塩梅は色々試してみるしかない。

5.
絶景!筑波山・・・太田市金山城跡頂上から_a0031821_1454583.jpg
07:39
140mm。
この時刻にはすっかりモノクロの世界に♪ 普通に、昼間見る筑波山になっちゃうね。

6.
絶景!筑波山・・・太田市金山城跡頂上から_a0031821_14544213.jpg
07:40
810mm!♪ 
この画だけNIKON1 V3、1NIKKOR 70-300mmVRの望遠端で。
頂上のアンテナ鉄塔?が光ってる♪ 陽炎が強くなってスッキリ抜ける画になり難くなる。

マアね、日の出前から現着して準備怠り無く狙い澄まして撮る!のが醍醐味でしょうか♪
筑波山絶景ポイントは他に沢山あると思うけど、
今のところ渡良瀬遊水池からと、ここ太田市金山城跡からの二カ所がmy best pointという事になってる(^-^;

サテ、スカイツリーと筑波山を撮った後、頂上の新田神社にお参りしたんだけど、そこで奇跡が(^_-)-☆・・・ナンテ♪
この後、ご紹介に及びますので。

尚、金山城跡ですが、ここは言わずと知れた日本100名城に数えられる有名な山城跡ですよ。

太田市HPから:
金山城は、戦国時代に造られた城で、金山全体の自然地形を利用して造られた「山城」という種類の城です。
山頂を中心として金山全山にその縄張りが及ぶ金山城跡は、中世の貴重な城郭として
県内では初めて、昭和9年に国の史跡指定を受けました。
また、平成18年には公益財団法人日本城郭協会により、「日本100名城」に選定されています。

主な城主は、新田岩松氏/横瀬・由良氏/小田原北条氏と変遷があります。

標高239mの金山山頂の実城(みじょう)を中心に、四方に延びる尾根上を造成、曲輪とし、
これを堀切・土塁などで固く守った戦国時代の山城です。
特筆されるのは、石垣や石敷きが多用されていることで、
従来、戦国時代の関東の山城に本格的な石垣はないとされた城郭史の定説が
金山城跡の発掘調査で覆されました。
主な曲輪群は実城・西城・北城(坂中・北曲輪)・八王子山の砦の4箇所ですが、
山麓にも、城主や家臣団の館・屋敷があったと考えられ、根小屋(城下)を形成していたと見られます。




by sdknz610 | 2017-01-17 16:30 | 筑波山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/23555300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ルリビタキと神社の境内でオハヨ...      スカイツリー夜明けの詩♪ 遥か... >>