『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 02日

荒川のラフティング。激流に突っ込んでずぶ濡れなるのを岸から狙う・・・

a0031821_09465186.jpg
2017.8.27 10:10
長瀞のラフティングで最もエキサイティングなポイントの、直ぐ近くの岩棚の上に陣取り
ゴムボートが来るのを待つ。
チリチリと岩が熱くなって来た。日除けの傘持って来て無いから我慢大会(^-^;
ラフティングのゴムボートが少し上流のトロ場で数珠繋ぎになって順番待ちしてた。
そして次々とこの落差の大きな場所に突入して来る。
何艘位か? 数え切れなくなってしまった(^-^; 20艘は越えて居た感じだ。

ここからは、この激流を乗り切る連続写真です。トリミング無しで。


2.
a0031821_09560614.jpg
サア! 覚悟はいいか!


3.
a0031821_09574114.jpg
突っ込むと同時にボートの先端で水が弾け始める。


4.
a0031821_09591102.jpg
大量の水がボートに襲い掛かる!


5.
a0031821_10002554.jpg
ボートは水浸し! 乗員が見えなくなってしまった(^-^;


6.
a0031821_10022556.jpg
要するに、ボートの先端で跳ね上がった大量の水幕の中を、
水流に乗って加速したボートが突き進むといった図式なんだ!♪
思いっきりズブ濡れになって・・・みんな大丈夫か? 水飲んでいないか? 息してる?♪


7.
a0031821_10065613.jpg
大量に被った飛沫を突き破ってボートは進む!


8.
a0031821_10091518.jpg
落っこちた子は居ないよね? 大丈夫か?♪


9.
a0031821_10104539.jpg
突然の大量の水に沈んだかの様に見えたボート。みんなもう笑顔が戻ってるな♪


10.
a0031821_10142662.jpg
これ程の落差のある場所はこの先もう無い。
ラフティングの一番のハイライトポイントを無事乗り切ったね。
オメデトさん♪
これ、頭から終わりまで、ほんの1秒程の、アッと言う間も無い瞬間の出来事なんですよ・・・。

それにしても乗ってるみなさんの笑顔と歓声は
ラフティングというアウトドアアクティビティーが如何に人の感性を刺激するのか良く分かった気がしたんさ♪
じゃあ、自分が乗ってみたら?・・・イヤまあ、こういうの大好きだけど・・・
取り敢えず、撮る方でいいと思うよ♪

この水飛沫シリーズは明日も・・・。

ラフティング・・・あらためて調べてみれば大量の情報がネット上に溢れているね。
ラフト…raft・・・所謂、筏(いかだ)って事。
ラフティングとは、ラフトで急流を下ってスリルを楽しむホワイトウォータラフティングとして使われる事が多い。
日本では20年程前から普及し始め、
今では小学校生から中高年老若男女まで楽しめるアクティビティとして認知されているそうな。
マアでも安全第一でお願いしますよ。











by sdknz610 | 2017-09-02 15:00 | 荒川 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/237704473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 白竜 (はく りゅう) at 2017-09-02 18:45 x
こんばんは!
ラフティングですか・・・見たことないんですよ(*^^*)
暑い中 直ぐに通り過ぎるのを 良く撮られましたね!
ボートから落ちる人は居なくても・・・眼鏡を落とすことが多いので・・・要注意ですね♪(^^) 
Commented by sdknz610 at 2017-09-03 16:54
>白竜さん、こんにちは。
みなかみとか、でもやってるようですが、初めて間近に見る事が出来ました。
ここは河原に降りるのが比較的楽なので、乗るのも見るのも、
面白い所だと思います。
是非、一度訪れてみたら如何でしょうか。お勧めです♪


<< 豪快!ラフティング・・・夏の思...      荒川・長瀞で急流下りを見る撮る... >>