人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 18日

薄紫色のシラネアオイほど・・・何時までも見飽きない森のお姫様♪・・・赤城自然園

2018.4.13は、赤城自然園に居た。
アカヤシオツツジと、シラネアオイを見たくて・・・。

今日18日の上毛新聞にシラネアオイが見頃という記事が出ていたので、
ちょっと早めに見て来たシラネアオイの風情をご紹介しておこうと思います。

薄紫色の四弁の花だけど、キレイな事と言ったら!♪
逆光気味に透けて輝くのを見れば 
心臓鷲摑みにされてなかなか現場を離れられない事になるので気を付けよう!ナンテ(^^;
薄紫色のシラネアオイほど・・・何時までも見飽きない森のお姫様♪・・・赤城自然園_a0031821_09263276.jpg
足利フラワーパークのを紹介途中でしたが、シラネアオイの見頃は今週末位までと思うので
急遽レポートします。
この時は未だ5分咲きまで行ってなかったけれど、今は見事な絨毯状態で咲いている様です。
見るならお急ぎ下さい!♪
金曜日だったせいか、お客さんも少なかったし、ジックリ撮るには具合が良かったですよ。
それよりお天気が翌日は思わしくない予報だったので、急ぎ出掛けてみたんだけど。
ほぼピーカンの好天に恵まれたのは幸いだった。


薄紫色のシラネアオイほど・・・何時までも見飽きない森のお姫様♪・・・赤城自然園_a0031821_09263210.jpg
今回はLUMIX LEICA NOCTICRON F1.2にND8フィルターを付けて
出来るだけ絞りを開けて、というのを試してみようかと・・・。
このレンズ、日中撮るとなるとF1.2などと絞りを開けると
明る過ぎてシャッタースピードが1/4000とか1/8000でも間に合わなくなるので
どうやらNDフィルターはあった方がいいと思う訳(^^;
絞り開放近くのボケ味は絶品です♪
その代わり被写界深度は非常に薄くなり・・・マニュアルフォーカスで撮るのが定石になりましょうか。
光学ファインダーでもピントの山は掴み易いと思いますが
ミラーレスでピントのピーキングがあればそれも良し!♪
ピンポイントのAFでもいいでしょうが・・・基本AFでは何処にピントが行くか、殆ど信用してないので(^^;
人間の目を信じて自己責任のマニュアルフォーカスで行きましょう!♪

薄紫色のシラネアオイほど・・・何時までも見飽きない森のお姫様♪・・・赤城自然園_a0031821_09263237.jpg
薄紫色のシラネアオイほど・・・何時までも見飽きない森のお姫様♪・・・赤城自然園_a0031821_09263216.jpg
薄紫色のシラネアオイほど・・・何時までも見飽きない森のお姫様♪・・・赤城自然園_a0031821_09263255.jpg
ひとりポツンと咲き始めたお姫様♪
この花も蕊と周りの花弁のどちらにピントを?ってな事になりますね。
保険としてどちらもピントを変えて一杯撮る事にしてます(^-^;

Panaの4Kフォトには後からピントという機能があるので、それでもいいでしょう。
カメラが勝手に(♪)ピント位置を変えて撮った30枚の画を再生して、
その中から希望するポイントにピンが来てるのをチョイスすると言うもの。

今回は自分でピントリングを回しながら連写した中から・・・マア、これも後からピントと言ってもいいかもですが♪

ピントリングを回すのではなく、一旦決めたピントを固定して自分の体を前後に移動しながら連写!というのでもいいですね。
近距離被写体用の裏ワザです(笑)

群生地には沢山咲いているけれど、背景やら距離とか、周りの状況から
これは是非撮ってみたいと思うシラネアオイはそう沢山ある訳ではなくて・・・
鵜の目鷹の目で自分の気に入ったシラネアオイを探してウロウロする事になります(^^;

毎年の事ながらシラネアオイを撮る事が出来てホッとしている。
これから雪解けの谷川岳天神平周辺でもシラネアオイが見られる様になるけど、
ここ赤城自然園程の群生は、野尻湖のシラネアオイと共に関東近辺ではベストポイントではなかろうか。
お薦め!♪






by sdknz610 | 2018-04-18 13:00 | シラネアオイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/238467808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 藤棚を魚眼で空を透かして見る(...      花よりクマバチ♪(2)・・・足... >>