人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 21日

ハロ(halo)を背に将に着陸せんとするグライダーを狙う・・・妻沼滑空場にて

ハロ(halo)を背に将に着陸せんとするグライダーを狙う・・・妻沼滑空場にて_a0031821_21021185.jpg
夕空に日暈(ひがさ)が出ている!
ここはグライダーの聖地!妻沼滑空場。
次々とグライダーが着陸して来る。そこで出来れば太陽に丁度掛かるアングルがあればと、狙うが・・・
そうは問屋は卸してくれず・・・だったけれど
日暈の中に進入した瞬間をと、連写の嵐に♪

日暈(ひがさ、にちうん等)(Halo:ヘイロー、ハロ)は高層の薄い雲の氷晶を屈折した太陽の光が造る虹の一種らしい。
結構珍しいものだ。それも真夏にというのはね。。。。
折角のグライダーの着陸シーンだけど、普通に撮っても面白くないので・・・こうした変化点があると助かるんサ♪
川せがき花火を撮りに来たんだけど、夕日との絡みが魅力的だったので
スーパワイドで目の前を擦過する機体をシルエットでいいからと、狙ってみた。

この画はしかし・・・カーブフィットで、思い切ってノーマルから大幅にずらして
ソラリゼーション風にコントロールしてみたもの。
明暗の反転、色転び等過度にならない様に寸止めしてるけど、
何しろ日暈が特徴なので・・・これで原画より随分日暈を強調出来た♪

ハロ(halo)を背に将に着陸せんとするグライダーを狙う・・・妻沼滑空場にて_a0031821_21163288.jpg
若干緩めに調整したのがこれ・・・。
画面下の植物の反転状況が違うね・・・。

ハロ(halo)を背に将に着陸せんとするグライダーを狙う・・・妻沼滑空場にて_a0031821_21190229.jpg
これは飛翔するグライダーのみにしてみた。
日暈の全体像は残しながらだ。
原画だと、グライダーは黒く潰れたシルエット状になっているけど、
カーブフィットの調整で如何様にも変身可能♪

ハロ(halo)を背に将に着陸せんとするグライダーを狙う・・・妻沼滑空場にて_a0031821_21224235.jpg
スーパワイドで撮った原画ではこんな風に。
見た目の印象はこれに近いな・・・。

ハロ(halo)を背に将に着陸せんとするグライダーを狙う・・・妻沼滑空場にて_a0031821_21254169.jpg
上空にはグライダーが何機も飛んでる状況だ。
スーパワイドで撮るとグライダーが豆粒状態に。小さいな~~(^-^;
マア日暈も主役だったので、これはこれでイイと思ってる♪

2018.8.18
千代田の渡しの「川せがき花火」を撮りに昼過ぎに現着。
午後7時打ち上げ開始迄延々待つ間、グライダーを撮るのもイイと思う♪

そんな中、稀に見る素晴らしい夕焼けが♪
ハロ(halo)を背に将に着陸せんとするグライダーを狙う・・・妻沼滑空場にて_a0031821_21360843.jpg
遥か赤城連峰と夕焼け空。川面も赤く染まり、涼し過ぎる川風に吹かれて暫し癒された。
花火は今暫く待たねばならない・・・。





by sdknz610 | 2018-08-21 13:00 | 航空機 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/238716829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 千代田の祭 川せがき花火2018      アオスジアゲハを撮るのは至難(... >>