『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 18日

今朝も一人曼珠沙華! 彼岸花は・・・長大な蕊が魅力なんだろうな・・・

2018.9.18
我が家から直ぐ地下くの灌漑用天井川の土手に咲くヒガンバは
昨日より確実に数が増えて来たが、未だ5分咲きまでには行ってない。
今朝はやはり日の出前に撮りに出掛けた・・・

何故ヒガンバナに惹かれるか?・・・そうだ! この長大な蕊のせいではなかろうか?♪

魚眼ではないけれど18mm~36mm相当の超広角ズームでその魅力を何とか撮ってみようと・・・(^-^;

土手の下から仰ぐ様なアングルで空抜けのヒガンバナ!
a0031821_15575214.jpg
ヒガンバナ
彼岸花 学名はLycoris radiata
ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 
曼珠沙華とも・・・wikiによれば、これはサンスクリット語manjusakaの音写

学名のラジアータは将にこの放射状に広がる長大な蕊を現して納得だ♪
しかし6本の雄蕊と1本の雌蕊・・・どれがどれだかパッと見では分かり難いね・・・。 

 
a0031821_16071165.jpg
日の出を迎えた。
もうちょっと光芒が出ればいいんだけど、このレンズではムリか(^-^;

こんな風に下から撮るには
カメラの背面液晶モニターが角度可変というのが必須と思う。のさ♪


a0031821_16084974.jpg
真上から。
放射状に広がる蕊!
6個の花に夫々6本の雄蕊と1本の雌蕊だから・・・
一本の茎に36+6=42本の蕊が・・・ある筈。数えてないけど(笑)
それにしてもこんな風なラジアスな蕊の花って・・・他にあるんかいな?
クリンソウも花が放射状に着くけど・・・まさか蕊はこうでは無いし・・・。


a0031821_16123587.jpg
茎が束になってると・・・蕊は無数に絡み合う感じに(^-^;


a0031821_16135041.jpg
こういう撮り方だと、広大な群生地でなくてもいいじゃん!♪

朝一、だれも居ない土手でカメラもってウロウロしてても怪しまれないんサ♪

一人曼珠沙華(^_-)-☆

今日もイイ日になりそう♪・・・こういうのノーテンキって言うのかな?

今日はOLYのE-M10に超広角ズームで臨んだが
写真は、その時のレンズで決まってしまうみたいだ。と、思う。
箱ではなく・・・やはりレンズで決まっちゃうんサ。
昨日は42.5mmのNOCTICRONがメインだったけれど・・・。

これで望遠ズームではどうなるか?・・・明日レポートしてみますので・・・。

写真はレンズだっ!










by sdknz610 | 2018-09-18 17:00 | ヒガンバナ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/238763673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 秋めく赤城山・覚満渕。18℃程...      おはよう! 土手のヒガンバナが... >>