人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 22日

星月夜の野反湖でグルグルを♪・・・2018秋の野反湖行(1)

2018.10.21
の、真夜中、野反湖に居た♪
星月夜の野反湖でグルグルを♪・・・2018秋の野反湖行(1)_a0031821_13362295.jpg
野反湖で星のグルグルを撮りたくて、ジッと我慢で天気の行方を毎日追い掛けていたものの
秋雨前線が居座り続けてなかなかチャンスがやって来なかったんだけど、やっとだったな(^^;
21日から三日間程晴れる!というのでヨシ行くぞ~!と決めて♪
夕方に家を出て延々130kmをひた走り
現着が夜中10時ちょっと前だった。天気予報は取り敢えず当りの様で、満天の空が降る様だった♪
あ~でも野反湖の湖面に霧が張り付いていて半分ほど湖面が隠れていた(;'∀')
月齢が12日というお月様が中天に掛かり、周囲の山も目を凝らせば良く見えて・・・。

月光が無いと、湖も周辺の山も真っ暗になって、星のグルグルだけでは面白くない訳で。。。
今回は誠に幸いながら野反湖の月光写真が撮れるという幸運に恵まれたんヨ♪

上弦の月から満月を経て、下弦の月位までが月光写真のチャンス!
でもその時に晴れてくれないとダメなので、なかなかそういう巡り合わせにならない事が多い。

北極星を入れてグルグルを撮れる湖って・・・近隣にあるのかな?
中禅寺湖は・・・その点合格だ♪ そして今回の野反湖!って事になる。

後は、出来るだけ機材を持って歩かなくても済む場所が私的には最重要事項なんだけど・・・(笑)
その点、この野反湖の南端、野反峠の駐車場はサイコーだぜ♪
峠の茶屋直下。降りて直ぐ三脚を立てれば・・・という事で。

OLY E-M10 ZUIKO 9-18mm
30sec F5.6 ISO1000 WB=3300Kで比較明合成 18mm相当で
21:46から30分露出

以下アングルを少しずつ変えて撮影
星月夜の野反湖でグルグルを♪・・・2018秋の野反湖行(1)_a0031821_14043920.jpg
22:19~30分露光
湖面の霧が徐々に成長しているので少々焦る・・・。
光跡は車のライト(^-^;
この時刻になってもポツポツと車が行き交うなんて・・・(泣)


星月夜の野反湖でグルグルを♪・・・2018秋の野反湖行(1)_a0031821_14091471.jpg
22:51~30分露光
露光中に一台の車が・・・駐車場に入って来てパ~っとヘッドライトを照らした儘・・・
マアね、直ぐ消してくれたものの・・・手前ブッシュが(;'∀')

霧は益々盛り上がって来て・・・この後間もなく、峠もガスに覆われてホワイトアウト状態に(泣)
未明に起きようと、仮眠する事にした。あと2時間か3時間?・・・やはり殆ど寝る間は無いか・・・。

実はこの日、オリオン座の流星群もという魂胆だったが、東に上がったばかりのオリオン座周辺を監視してみたものの
まるで流れ星なんぞ出ずで・・・?流星群のピークな訳なのに・・・騙されたか?・・・ナンテ(笑)
マ、いいじゃないの・・・気楽に行こうゼ♪

暫くぶりの野反湖だった。快晴とは言え、ガスが涌くのはこの時期仕方ないな。
冷えたヨ(泣) でも風が・・・全く無かったのは実に幸いだった♪
三脚なんか霧が結露してビショビショ、それが凍って真っ白けに。霜が降りてる!って事。
レンズヒータを巻きつけて何とかレンズが曇るのは防げたのは良かったけれど・・・
カメラにはタオルをチョコンと乗っけておくのが流儀だ。タオルは何かと便利なので忘れるべからず♪
手袋から出している親指の感覚が無くなって、カメラ背面のボタンが押せなくなって(^-^;
使い捨てカイロを忘れてしまったのが敗因(笑)

まあね、月明かりの中とは言え、ボタン類やら非常に見辛いし・・・暗い中でのカメラの操作は未だ練習不足(^^;
小さなLEDライトを手で絞って、になる。
他にカメラマンが一人だけだったけれど、迷惑掛ける訳には行かないので。





by sdknz610 | 2018-10-22 15:00 | 星月夜 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/238819457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< もうもうたる朝霧に煙ぶる野反峠...      渋峠から横手山のぞき、そして志... >>