人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『私のデジタル写真眼』

sdknz610.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 06日

雉のお出まし! 国鳥である。極彩色に輝く十二単と見紛うばかりの衣装は何時見ても大自然の芸術を思わせる。

雉のお出まし! 国鳥である。極彩色に輝く十二単と見紛うばかりの衣装は何時見ても大自然の芸術を思わせる。_a0031821_14301436.jpg
雉とは! 久し振りだな。
何時見てもこのお姿には感嘆符しか無いぜよ♪
まさか、こういうのが進化の末に出来たとも思えぬのよ(^-^;
きっと誰かの手によって・・・ナンテ(^^;

さて、折角のお出ましである。
渾身の一枚を!と思い決死の連写を放つも・・・いやはや難しいもんだわ(笑)

この長大な尾羽を見ると思い出すのが・・・
しだり尾の長々しというフレーズで・・・うろ覚え(^^;

百人一首にあったと思うが、調べなおしてみたら・・・
あしびきの 山鳥(やまどり)の尾の しだり尾の 長々し夜を ひとりかも寝む
                       柿本人麿
だった♪
マア山鳥ではないけれど・・・キジのしだり尾も素晴らしいかと。

雉のお出まし! 国鳥である。極彩色に輝く十二単と見紛うばかりの衣装は何時見ても大自然の芸術を思わせる。_a0031821_14461018.jpg
雉のお出まし! 国鳥である。極彩色に輝く十二単と見紛うばかりの衣装は何時見ても大自然の芸術を思わせる。_a0031821_14500171.jpg
雉のお出まし! 国鳥である。極彩色に輝く十二単と見紛うばかりの衣装は何時見ても大自然の芸術を思わせる。_a0031821_14502325.jpg

雉のお出まし! 国鳥である。極彩色に輝く十二単と見紛うばかりの衣装は何時見ても大自然の芸術を思わせる。_a0031821_14504465.jpg
後頭部をマジで撮れたのは初めてか♪

2019.3.5
所属フォトクラブの撮影会が多々良沼であったので参加した。
多々良沼となれば,長いレンズがあった方がいいだろうと
600mm相当の超望遠と、
85mm相当の
何れも単焦点を持ち出した。
三脚無し、手持ちで。

行けば行ったで、面白かった♪
ハクチョウの数は半減してる様でどんどん北帰行しているかと。
他の鳥は・・・オオジュリンを一羽だけ見たものの、殆ど何も出ず。
ただ、沼には未だ鴨達は数種類居残って大勢がワサワサだったけどね。
この日、地平のモヤがきつくて、富士山ももちろん見えず(^^;
ビジターセンター辺りでスナップを楽しむしか無かったな・・・。

LUMIX GX7MkⅢ
LUMIX G7

Tokina ATX AF300mm F4(NIKON用) +m4/3用アダプター
LEICA NOCTICRON 42.5mm F1.2





by sdknz610 | 2019-03-06 15:30 | キジ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sdknz610.exblog.jp/tb/239138247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 雉に睨まれた!♪ これぞ国鳥!...      百舌鳥の♂回り舞台♪ >>